アニメ感想(9)

2008年10月06日

絶対可憐チルドレン 第27話「宣戦布告!パンドラからの挑戦状」

神回だったわ!
原画スタッフが鬼だな。
好き勝手やりすぎで統一感がまったく無いけど、
楽しく作ってるというのは伝わった。
日本人の本気を見たぜ……。

そこかしこにパロネタが散りばめられてて、
それを探すだけでも楽しめる。
らき☆すたとかウィッチがいたのには吹いたw
グラハムwwwww

ストーリーは普通だった。
あの放送が一般人にどのような影響を与えたのかが
描かれなかったのが残念。
「……別人か」で片付けるクラスメイトもどうかと。
一般人もああいう冷めた反応だったのかしらね?

OPはどうでもいいや。
EDはカッコイイ!
男だらけだが、歌も絵も凄く良い。
正直、前のED曲は好きじゃなかった……。

at 00:27|PermalinkTrackBack(0)

2008年10月05日

狂乱家族日記 第二十六話「再び、閻禍伝説!」

ダメだぁぁーーーーー!!
意味不明すぎるwwwww
苦笑い→ポカーン→理解不能→オワタ\(^o^)/
こんな最終話だった。

言ってることと、やってることが滅茶苦茶すぎて、
まったく繋がらない。
オアシス、君は何だったの?
まとまりかけていた話を最後にかき乱したよね……。

凶華のポールダンスだけが印象に残った。
あと尻。

月香と強欲王のカップルはねーよ……。
せめて強欲王はもっとカッコイイキャラにしてくれ。
つまり何が言いたいかというと、月香は私のだ!(オイ
佐藤利奈さんボイスが反則過ぎます!

死神さんは何やってたんですかね?
結局出番が無かった……。

演出は楽しめる作品だった。
今回もそうだけど、銃のデザインとかきっちりしてるよね。
そういうところは評価できる。
シリーズ構成と脚本、つまり池田眞美子さんは私には合わない。
この人が手がけると原作の良さは死ぬな。

キャラソンアルバムの発売中止。
これがこの作品の人気を物語っているようで悲しくなった……。

at 04:56|PermalinkTrackBack(0)

2008年10月04日

夏目友人帳 第十三話「秋の夜宴」

これで終わりかー。
毎話楽しみだった作品が終わると寂しいなぁ。

今までのキャラが秋祭りに集う話。
今回もニャンコ先生はギャグ要因。
坂道を転がり落ちるとき盛大に笑った。
あとロープで縛られるとか(苦笑)。

笹田さんはいつも楽しいなぁ。
夏目はもっとかまってやれよ(笑)。
女子が苦手なのか?
逆に田沼とはフラグ立てまくり。

ショタキツネ来たー!!(笑)
普通の人にはただのキツネにしか見えないのね。
車に乗って来たけど、帰りも同じ方法か?(苦笑)

柊はカッコイイなぁ。
面を付けたままなのが残念だ。

うーん、夏目は優しすぎるかなー。
どこまで自分を隠して接するのかって、人間関係で悩むところだけどさ。
家族にはあまり隠し事はしない方がいい気がする。
最終的には話すことになるのかしらね?

2期は来年1月からか。
のんびり待っていようっと。

at 01:19|PermalinkTrackBack(0)

2008年10月03日

アリソンとリリア 第26話「私の王子様」

ふむ、犯人の狙いはトレイズでしたか。
それならリリアをさらうよりも
直接殺した方が早いような?
自分が死んでもいいので、列車ごとトレイズを谷へ落とす
って計画だったけど、その場で撃ち殺して、
列車止めて逃げればいいのに……。

目的のトレイズが逃げようとしているのに、
追いかけずリリアを捕まえたまま棒立ちの知能犯w
もうやってることが意味不明すぎて、
どの辺りが知能犯なのか分からない(苦笑)。

って、落ちたー!!
トレイズは生死不明に……。
って、生きてたー!!
トレイズはリリアの学校に転校して来たよ。

えーっと?
え?なにが起こったの?
これで終わりでいいの?
ねーよwwwwwwww

いやー、面白い作品だったんだけど、
展開が速すぎてついて行くのが大変。
あと1クールは欲しいね。
作画とか、色々と残念な作品だった。
しっかり作れば化けたと思うんだ……。

次回からは宇宙戦争ものに。
また男キャラばかりの作品かー!(苦笑)

at 01:37|PermalinkTrackBack(0)

2008年10月01日

鉄腕バーディー DECODE 第13話「Stand by Me」

最終話は見れたー。
でもピークだったのは前回だったらしい。

いやー、面白かった。
つとむの男っぷりには痺れた。
第1話の印象では、ここまで熱血になるとは思わなかったぜ。
好きな人ができると男は変わるものなのでしょうか?
まぁ、バーディーと色んな事件を見てきたからというのもあるのでしょうけど。

あまりバーディーが活躍せずにリュンカを処理。
主人公が2度も死ぬことになるアニメって、
そうは無いよなぁ(苦笑)。

結局、小夜香は記憶をなくして転校。
これでつとむの恋は終わりなのかなぁ?
2期で戻ってきたりは……しないか。
シリーズ構成は、今後のバーディーとの関係を描くために、
最初から別れることは決めていたのかしらね?
あそこまで熱く告白したのに、可哀相です……。

この作品は妙に懐かしい感じがすごくあって、
その雰囲気が凄く好きだったなぁ。
一見パッとしないけど、飽きずに見られるアニメってのが良い。
2期も楽しみにしていようっと。

at 00:56|PermalinkTrackBack(0)

2008年09月30日

マクロスFRONTIER 第25話「アナタノオト」

問答無用の歌メドレーで細かいことをどうでもよくした。
そんな内容かなー。

どうしてこうも話数を上手く使えないんだ。
収まったからいいけど、最後に伏線回収しすぎて息苦しいわ。
内容理解に頭が付いていかないので、全力で歌に乗れない。
とりあえず歌っておけばいいやーと割り切ってしまうのが
一番なんだろうけどね……。

うーむ、やっぱりシェリルの歌がいい。
戦闘向きで熱いわ。
ってか、叩くの逆だろ。
なんでランカがシェリルに喝入れてるんだろ……。
シェリルはここで弱さを見せるようなキャラじゃないはず。
「あたしは銀河の歌姫シェリルノームなのよ!」って言って
自分の力で立って欲しかったなぁ。

戦闘シーンですか?
手描きじゃないっていう思いがどうしてもあって、
過去のマクロスシリーズには劣るなぁと感じてしまった。
ただ真っ直ぐ飛ぶだけのミサイルとかさ……。
うん、でも一応盛り上がったからいいや。

えーっと、裸になるのはアレかい?
セクシャルアピール?
アイモが恋の歌とか言ってたし、バジュラも魅力的な裸体の方の
味方になったということですね(ねーよ

うん、和解したよってことでいいのね。
人の個性とコミュニケーションってのがテーマかぁ。
それならもう少しそれらしい話をすれば良かったのに……。

なぁに、結局アルトは役者はやらないの?
ってか二股エンド?
おいしいなぁ、性的な意味で!

クランだけ隣に居るべき人がいないよ?
何度も言うけど、ミシェルは殺すべきじゃなかったと思います。

グレイスの脳内会話は誰としてたんだろう?
その辺りは劇場版でか?

この作品はまとめると、『キラッ☆』っとことでいいんだな。
過去のマクロスのネタを入れたり、とにかく歌さえあればOK。
作画とか内容とか気にしたら負け。
みんなで『キラッ☆』ってやっておけば解決さー。

どの曲が良かったか。
ダントツで『ノーザンクロス』だな。
サビの歌詞が大好きなんだよ。
1番のサビの歌詞は何度歌っても鳥肌です。
次に『インフィニティ』、『射手座☆午後九時Don't be late』と続く。
見事にシェリルソングばっかりだ(苦笑)。


余談
ナナセは桑島ジンクスによる死亡を回避。
桑島さんよかったね!台詞無いけど!

at 03:28|PermalinkTrackBack(0)

2008年09月29日

コードギアス反逆のルルーシュR2 TURN25 「Re;」

な、なんとか収まった……。
伏線をちょこっと放置してる感じはするけど、
お話としては無事に(?)完結。

とりあえず、ナナリーも全ての罪を自分が背負おうとしてたのかな?
けど、ナナリーはまだまだ世界を知らな過ぎたな。
ルルーシュが見てきた世界はそんなに甘いものではないのさ。
ナナリーの目は、今開いたばかりなんだから……。

藤堂さん、あんたは最後までダメだったな。
亡くなった部下よりも無能なんじゃないか?

ゴッドバルトのゴッドバードアタック!(違う
全力過ぎてカッコイイ!
オレが、オレンジが……ヒーローだ!!(だから違う
あとアーニャがエロすぎて興奮した(マテ

機体性能って紅蓮の方が上だったのかー。
輻射波動が強いからかな?
一応カレンが勝ったけど、ルルーシュのことを何も分かってないからなぁ。
所詮はレジスタンスでしかなかったか……。
神楽耶様には幸せになってもらいたいですね、性的な意味で(えー

……2ヵ月後。
またぶっ飛んだなぁ。
この間の補足はどこでするの?
あ、エロ同人誌でみんながしてくれるんだったな!
期待しているぞ冬の祭典!!(マテ

結局ブリタニアが日本にしてきたことを、
全世界の人に分からせたってことですね<強政治

生きろギアスの力か、あのナイトメアの爆発でも生きてるスザク。
普通に脱出したら生きてるのバレるし、どのようにして生還したのやら。
表向きは死んでるスザクがゼロとして生きる。
これが生き続けることの罪。

ルルーシュは全ての罪を背負って死んだ。
これが奪ったものの代償。

さて、最後のエピローグ。
C.C.さんのシーンで意見が分かれておりますね。
生きて帰ると誓った以上、あの馬車引きはルルーシュでいいと思った。
鶴は平和と長生きの象徴ってことで、ルルーシュが不死の暗示とも取れる。
「王は孤独と言ったけど、ちょっと違った」の台詞は、
私がいるからという意味か。
それともナナリーに最後まで愛されていた、スザクという友がいた
ということを言っているのか。
まぁ、両方だろう。

ってかね、C.C.さんが一人で放浪の旅とか無理。
生活能力ないし(笑)。

余談。
オレンジのオレンジ畑は吹いた。
一言も喋らず真剣に見てたのに、あのシーンだけは思わずオレンジー!!と
叫んでしまったw
アーニャは養子にしたのか?
あと、咲世子さんはどこへ行ったんでしょうか……。
ああ、超昂閃忍としてノロイ党と戦ってるんですね(えー

at 01:30|PermalinkTrackBack(0)

絶対可憐チルドレン 第26話「予知改変?未来は踊る!」

あー、予知のあった事件って結局防げてないのね。
被害を最小限にって言ってたけど、余計に被害が大きくなる場合もありそう。
特にエスパーが絡むと報道関係がうるさいし……。

レベル7の予知イルカの死を防げ。
これも結局自分が死ぬって言ったのは嘘なんだろうなぁ。
皆本を呼び出すための口実として利用したんだろう。
と思ってしまったり。

あの未来の映像。
こっちは本当の予知っぽい。
しかしエスパーとの全面戦争に核はねーよ!
この予知を止める方法は、今のうちに薫を殺すことだな。
世界のためを思えばできなくはない決断だ。
でも、第二、第三のクイーンが現れて同じ結果になりそうね。

エスパーを正しく導くことも大事だけど、
普通の人も正しく導かなければならない。
エスパーは人を救うために生まれた力だとしても、
その力を受け入れてもらえなければ意味が無いしね。

ナチュラルとコーディネイターが戦争するアニメがあったけど、
結局はあれと同じようなもんだろ(えー
核とか出てくるし(ぁ

at 00:48|PermalinkTrackBack(0)

2008年09月28日

狂乱家族日記 第二十五話「凶華様、狂乱!」

演出すごいわー。
脚本……。

そんな回でしたが、一応終わりには向かってる。
凶華に『水』が取り付いていた。
ふむ、これで前回からの唐突な凶華の心情暴露にも納得かな。

しかし、このなんとも狂乱らしくない、しんみりとした空気は何だ!
これで狂乱と言えるのか!?
これでは、ただの錯乱ではないか!!
ええい!ご託はいい!
とにかく暴れて、事を強引かつ無理やりに納めて
しまってこその狂乱家族だろう!
操られている者どもに手加減などいらんわ!!
操られた己を恥じろ!!

……ぐらいの勢いが欲しいなぁ。
最終話に期待できるかしら?

at 03:40|PermalinkTrackBack(0)

2008年09月27日

夏目友人帳 第十二話「五日印」

邪鬼に呪いを受けてしまった夏目。
久し振りに友人帳を使ったなぁ。
顔を知らないと呼び出せないのは、受け継いだだけだと不便だね。

女好きの妖って(笑)。
純粋にレイコと仲が良かった妖怪も珍しい気がする。

レイコは最後まで人間が嫌いだったのかしらね?
ヒノエの話だとそんな風だったが……。

帰りたい場所、帰るべき場所があるのは良いことだな。
おばさんは出番多いけど、おじさんは若干空気に(苦笑)。

次回で終わりですね。
二期があるそうなので楽しみに待っていよう。

at 01:12|PermalinkTrackBack(0)

2008年09月26日

ストライクウィッチーズ 第12話 「ストライクウィッチーズ」

なんかねー、私はこの作品がイマイチ好きになれなかった。
高く評価されてるのは分かるんだけど、
肝心のお話が楽しめなかったんだよー。

伏線を貼る気がないし、回収する気も無い。
細かい設定とか全部説明せずだし、色んなことが中途半端。

最終話への流れも強引。
なんかマロニー大佐が悪いって感じになってるのがなぁ。
元はといえば芳佳が悪いんだぜ……?

ウォーロックもちゃんと使えば立派な兵器。
ネウロイ対策としては完璧に近かった。
敵側のテクノロジーを利用するのは間違いじゃない。
ただ独断投入っていうのと、タイミングが悪かったとしか……。
自分の手柄にこだわってウィッチを追い出そうとしたのもダメダナ。

最後だからって特殊能力のバーゲンセール!
切り札は隠しておくものさ!
芳佳が地味だよー(苦笑)。

えー、解散するの?と。
部隊としての実力はあるんだから、
別の場所で戦わせた方がいいんじゃないのかしら……。
って次期へ続くのー?
今度は2クールでお願いしますー。

この作品を1クールにしたのは失敗じゃないかと思うんだ。
お話的にも、商売としても。
人気が出るのは分かってるんだから、
もっと儲けることが出来たはずである。
おしい、色んな意味でおしい作品であった。
2期に期待する。スタッフに敬礼!

at 01:08|PermalinkTrackBack(0)

アリソンとリリア 第25話「犯人は密かに笑う」

作画が酷いですー。
日本人スタッフがほとんど居ない。
こりゃダメだわ……。

お話は唐突にアックスについて語られる。
この諸々の端折りっぷりは酷いなぁ。
もう少しきちんと伏線貼って、もっと上手く話に組み込んで欲しかった。

列車の方は、狙いはリリア(?)だったらしく、
罠にはまってまんまとリリアと引き離されてしまう。
何故リリアなのか……?

マティルダ王女がカッコイイ!
もう主人公でいいよ(笑)。

次回が最終話なのかー。
収まり切るかしらね?
端折られそうだなぁ……。

at 00:48|PermalinkTrackBack(0)

2008年09月25日

セキレイ 最終羽「縁ノ鶺鴒」

色々終わってないけど最終話。

最後だから今までの伏線を全部回収するという
かなり詰め込んだ内容でしたね。
それでもきっちり収まってるから凄い。
シリーズ構成さんの実力かしら?

久能の能力は歌ってる間だけ効果があるので、
実戦では何の役にも立たない(苦笑)。
歌いながら逃げるしかないなw

月海到着!
とはいえ、懲罰部隊二人相手じゃ、
初期ナンバーでも苦しい戦いに。
この戦闘シーンはグリグリ動いてかっこよかったですねー。
私は水系の攻撃って好きなんだよなぁ。

妹さんの方も羽化。
どんな力かは見せずですかー。
かなり強いことだけは確かなようですが?

さて、鶺鴒紋が消失しちゃってた結ですが、
何か別人格登場で懲罰部隊をあっさり倒しちゃいました。
こうなることは前回で予想できてたから驚きは無く。
ナンバー08の人なんだねー。
「愛」がどうとか言ってたけど、何を意味するのかしら?

主人公が自分の無力さに涙するっていうのも珍しい気がする。
最終話なのに泣いてばっかり(笑)。
これから成長するのかなー。

結局、2期へ続くという感じで終わりましたね。
そこそこ面白かったので2期にも期待したいです。
スタッフさんお疲れ様でしたー。

at 10:31|PermalinkTrackBack(0)

2008年09月23日

マクロスFRONTIER 第24話「ラスト・フロンティア」

えー、これって『全部ランカが悪い』でおしまいじゃん……。
何なのこの作品?

私が思うに、この作品は7話で終わったと思う。
あれでこの作品は全部じゃないかなと。
盛り上がりも、ワクワク感も、キャラクターの魅力も。
それ以降はズルズルと落ちていっただけ。

もひとつ言うなら、やっぱり20話だな。
ここでミシェルを失ったのは痛い。
主人公を支えるのが『女』という風になってしまった。
男は女を支えるべきだし、男を支えるのも男だろうと。
ただでさえ土台が無さ過ぎるアルトなんだから、
男キャラが一発殴っておかないと……。
オズマ隊長もさっさと女作ってそっちに夢中だしなぁ。
部下をどう思っているのやら……。

今回の話。
人間が侵略者ってことが言いたいらしい。
あー、じゃあこれは最後は共存の道へで終わりだよなぁ。
人間側には後が無いんだから、ハッピーエンドはそれしか残ってない。

戦闘か……。
状況的に盛り上がれないよね。
どっちも応援したくないというか……。
双方自分の正義があるとはいえ、
踊らされてる感じが残る。
じゃあ、オズマたちが正義かと言われると
それも違うような気がする。
とすると『ランカが悪い』に行き着くしかない。

次回がどうなるか次第ですかね……。

at 03:57|PermalinkTrackBack(0)

2008年09月22日

コードギアス反逆のルルーシュR2 TURN24 「ダモクレスの空」

おおー、カレンがうざーい!
ナナリーもうざーい!
どうすんの?

フレイヤで殺した数はいくつですかー。
「人がゴミのよう」とはこのことを言う。
人間は駒じゃないんだよー。
作戦を「命を大事に」に変更してください……。

星刻、最後の見せ場!
天子さま補正ですね、わかります。
それに比べて藤堂は……。
何なのあいつ?
玉城は生き延びたようで何よりだ。

コーネリアとギルフォード。
生きてたのかよ!
ってか、コーネリアは寝てる場合じゃねーだろ……。
暴露しちゃってくれないと困る。

C.C.が正ヒロイン。
カレンは言ってることが意味不明。
お前は何のために戦っているんだ……?
流石も何も、機体性能が高いだけです。
力任せに吼えるだけの犬みたいなものか。
って、酷いこと言いまくりだな(苦笑)。
カレンは好きだったのになぁ。
意味の分からないキャラになって残念だ。

どういう仕組みで問答してたのかは分からないけど、
シュナイゼルを騙して、ギアスをかけることに成功。
どう利用するのかしらね?

ナーナーリー。
自力でギアスを解いたとかはどうでもいい。
とにかく死んでくれ……。
もう永久戦犯ですよ。
ボタン一つで何人殺してんのさ。
そのボタンに必死にすがる姿……なんと無様なことよ。

これでどう終わるのかな?
3期はいらないんで、ちゃんと終わってね。

at 01:20|PermalinkTrackBack(0)

絶対可憐チルドレン 第25話「安産祈願!こんにちは、赤ちゃん」

うむ、マジメな話をすると安心して見れるな。
バベルの汚名返上にもなったし。

生まれる前から強力なエスパーというのも複雑だねー。
将来はどうしても不安になる。
しっかり保護して欲しいものです。

一般のレスキューの人たち。
こう「俺たち必要ねーじゃん」って考えを抱くこと自体がおかしい。
そこは嘆くんじゃなくて、悔やむところだろ!?
仮にもレスキュー隊員なのに、そんなことでどうするんだか……。

念波干渉で能力が不安定になる。
これってエスパー対策に使えるよねー。
この子が成長したらどういう扱いになるんだろうか?

次回は予知関係の話らしい。

at 01:00|PermalinkTrackBack(0)

2008年09月21日

狂乱家族日記 第二十四話「宇宙からの物体X」

キャストが豪華すぎるだろ!
水・小野涼子に盛大に吹いたw

もう無理やり締めに入ってるなぁ。
ここにきて凶華にスポットを当てるのか……。
もうごちゃごちゃしてて意味不明。
狂乱っていうか、さっぱり混沌だよー。

新キャラは尻。
としか言いようが無い。
うむ、尻だった。

ミサイルのボターーン!!
「押しちゃった」じゃねーだろwwwww
お前が一番の災厄だよw
さすが雷蝶様、なんとも無いぜ!
そこに痺れる憧れる!

ミリオンの正体はビタミンCの森で明かしてるね。
いつも後姿なのだが、顔を見せる機会はあるのかしら?

水がどうこうって話と強欲王。
両方解決しないといけないのか……。
残り話数で収拾つくのかしら?

at 04:08|PermalinkTrackBack(0)

2008年09月20日

夏目友人帳 第十一話「ニャンコ徒然帳」

ニャンコ先生と離れて――という話。

こういう展開は王道だけど面白いなぁ。
ニャンコ先生にスポットが当たることが初めてなので、
色んな一面が見れたのが大きいかな。

「エビCDいーえふじー」フイタw

クラスメート二人は哀れな……(苦笑)。
これ、夏目の知り合いだからお金を出したんだろうなぁ
と考えると、ちょっと興味深いね。

友人帳を狙う妖・猿猴と戦うニャンコ先生。
うむ、ツンデレだな(えー

幼女が可愛い(オイ
ってか、この子はキーキャラクターだよね……。
両親とピクニックにいけなかったり、
交番でのお巡りさんの言葉が重いなぁと思った。

最後はさわやかに終わった。
ギャグが入らなかったのは意外だ(苦笑)。

at 02:25|PermalinkTrackBack(0)

2008年09月19日

ストライクウィッチーズ 第11話 「空へ…」

どうなんだかなぁ。
やっぱり2クールじゃあ足りない描写が多すぎるよ。

うーん、ここでウィッチーズ追い出しかぁ。
これは命令違反で殺されてもおかしくなかったと思う。
そうしないのは貴重なウィッチーズだから?
別にそんなこともないか……。
ま、アニメの都合でいいか。
ってか、みんな芳佳に優しいなぁ。
お前の所為だ!ってハッキリ言ってやってもいいんだぜ?

ぐわっ、みんな可愛いすぎだろ。
なんでこんなにポジティブでいられるのやら……。
ミーナの指の動きはEDのときから好きだったけど、
本編でもやってくれた!
ここだけループすると新世界が見えるぜ!(えー

新兵器無双。
この兵器かっこいいので困る。
ネウロイとの関係は?

坂本さんの魔眼は自身の魔力とは関係ないのかしら?

どこからストライカーユニットを(笑)。
ここで芳佳が名乗りを上げるか……。
守りたい想いからってやつですかね。
でも仲間を守れないようでは人類も守れんぞ。

at 00:48|PermalinkTrackBack(0)

アリソンとリリア 第24話「列車大作戦」

何度聞いてもサブタイトルがダサい。
しかも内容と繋がってねー(苦笑)。

列車内で事件。
毒を飲まされたということで、トラヴァス達と客が揉め事に。
犯人はあっさり捕まりましたが、まだまだ裏があるようで?

マティルダ王女の空気を読む能力がハンパないです。
リリアとは大違いだ(笑)。
冷静な状況判断が出来るっていうのは頼もしいな。
両親も立派な人なんだろう。
ベゼル王国は安泰だ。

アリソンかっこいい!
このかっこよさは桑島さんボイスだから可能だったんだと思う。
そのまま水樹さんじゃ無理だった気がする。
タイムリミットが全然10秒じゃなくて笑った。
誘導の仕方が上手いなー。
役に立たないトラヴァス涙目w

事件の方は面白いことになってきた。
何が狙いなのか、気になるところですね。
まぁ、大体の予想は付いてるけどさ。

次回は「犯人は密かに笑う」

再放送決定は予想できたこと。

at 00:23|PermalinkTrackBack(0)

2008年09月18日

セキレイ 第十一羽「鶺鴒紋消失」

最終話の前って感じがしない……。
次回でどう終わるんだろう?
2クール欲しかったなぁ。

アバンで意味深な内容が。
命を分け与えたのか?
ってことは、結は初期ナンバーの力を持っていることに?
でもって、鶺鴒紋も2つありそうなヨカーン!

帝都脱出作戦は当然、情報筒抜けですみやかに包囲網がしかれる。
くーちゃんは頑張ったよ!
さすがロリは強いな!(えー

松は戦闘には参加しないと思っていたのだが、
基礎スペックは充分高いんだなぁ。
バイクが無駄にカッコイイので困る(笑)。

月海もようやく協力する決意を固める。
出遅れた分を取り返せるだろうか?

結の相手も拳系。
3人を気にかけながら戦う以上、
結が不利になるよなぁ。
負けたのはその所為ということにしたい。
まぁ、相手もかなり強かったけど。
技名の間に☆入れるなw

さて、鶺鴒紋消失でオワタ!なことになりましたが、
これからどうなるんだろうー(棒読み

EDがキャラソンだったので、追悼エンドに見える(苦笑)。

at 13:23|PermalinkTrackBack(0)

2008年09月17日

鉄腕バーディー DECODE 第11話「Bye bye Buddy」

サブタイ通り、つとむの身体が戻ってきた。
これで2期はどうするんだろう?
また、つとむは死ぬのかしら?(苦笑)

小夜香の祖父が殺された。
シャマランが小夜香を引き取るためですが、
小夜香の不幸っぷりに泣ける……。
シャマランから逃げたとしても、
リュンカに寄生されてるから殺される運命。
可哀想なヒロイントップ10に入るな。

地球をリュンカの実験場にする案もあるとかで、
バーディーとネーチュラーもしばらくは手が出せない状況。
そうこうしているうちに小夜香はシャマランの手に。
これからつとむはどうするんだろう……。
関係者だけど部外者になっちゃってるからなぁ。
記者の室戸さんと便乗していく形かしらね?

残りあと2話ぐらいか?

at 11:40|PermalinkTrackBack(0)

2008年09月16日

マクロスFRONTIER 第23話「トゥルー・ビギン」

ふむふむ、今回の脚本は良かったなぁ。
人物描写がキチンと出来ていた。
アルトがランカを選んだということに関しては
ちょっと疑問もあるけどねー。
でもランカルートっていうのは最初から決まってた感じもする。

道具として利用するなら冷徹に。
これがシェリルとランカの違いかな。
やぱりシェリルはカッコイイです。

アルトの決意。
役者だから演じることが得意って話をしてたけど、
目指すもののためにする行為は演技じゃないよね。
色々思うところもあるだろうけど、
役者のまま終わるのか、そうでないのか。
ここからが正念場。

記憶が戻ったランカ。
戻った明確な理由ってのは無いよね。
勺の都合でって感じしかしない。
まぁ、ブレラとの交流が大きかったということにで。

極まってきたグレイスさん。
未だに目的が良く分からない……。
リトルクイーンが何の意味を持つのだろう?

次回は戦闘シーンが多めかしらねー。

at 12:12|PermalinkTrackBack(0)

2008年09月15日

絶対可憐チルドレン 第24話「専業主夫!洗われちゃった…!」

パンドラの少女・澪の話。

釘宮ボイスじゃなければ好きになれたキャラだった。
1作品に2キャラ同じキャストを使わないで欲しいわ。

澪やコレミツの境遇はなぁ……。
バベルのエスパー保護はどこまで機能しているのやら。
無能っぷりしかアピールしてないと思うんだ。

賢木が無駄にかっこいい(笑)。
エスパーの戦いは意味が分からないけど面白いな。
分身とかどういう応用で可能なんだ?
身体の一部だけをテレポートさせるっていうのも、
ある意味ホラーだよねw

オチがパンツ……。
葵の恥じらいに萌えた。

澪の妄想とはいえ、京介の「ボクは変態」宣言にフイタw

at 05:53|PermalinkTrackBack(0)

コードギアス反逆のルルーシュR2 TURN23 「シュナイゼルの仮面」

あんまりシュナイゼルの言っている意味が分からない。
武力による支配と、ギアスによる支配。
何が違うんだろ?
どちらも【強制する】という意味では同じな気がする。
自由意見が無視されてる……。

一気に戦闘突入まで持って行きましたね。
なんていうか、音楽つけてモノローグすればいいって
問題じゃない気がするんだ。
キャラクターの内面をもっと描けよ……。

咲世子さんが生きてたことが一番嬉しい。
でもオレンジとのフラグはいらん。

ん?カレンとジノもフラグか?
いらねーよ……。

え、コーネリア死んだの?
扇は死んでていいのに……。

ナナリーのアホさに頭を抱えた。
素でフレイヤ撃ってんじゃねーよ……。

各キャラクターがどんな思想で動いているのかが
まったく分からない。
近年のロボット作品はどうして無駄に尺を取って
こういう脚本にしかならないのか……。

at 05:43|PermalinkTrackBack(0)

2008年09月14日

狂乱家族日記 第二十三話「その名は強欲王!」

そろそろ終わりが近いので、これがラストストーリー。
そのわりには恋がテーマと地味な内容。
地球のピンチって感じが全然しないんだぜ……。
危機感があるのか無いのか。

ともかく、月香がメインということで、
佐藤利奈さんのボイスがいっぱい聞けるよ!という点は
嬉しいですね(えー
一方で強欲王のキャストにフイタw

オアシスは月香の分身なのかー。
このあとどのように係わるか注目だな。

強欲王は一応は神なので殺すわけにもいかず、
穏便に帰ってもらうしかないと。
うむ、迷惑すぎる!
さっさと諦めてお帰りください。

冒頭の死神さんはどうなったのか?
デカメロンは何してるの?
などなど色々放置されてるけど、気にしたら負け。

予告でフイタw
出番が減り続けるメインキャラ涙目。
これ以上キャラ増やしてどうするんだろ?

at 03:42|PermalinkTrackBack(0)

2008年09月13日

夏目友人帳 第十話「アサギの琴」

体を病んでしまった蒼琴弾き「アサギ」のために、
傘持ちの「アカガネ」は夏目にアサギを憑依させる。
もう一度アサギは琴を弾くことができるのか?という話。

ずっと一緒に居たい場所がテーマかな?
この妖怪との交流で自分を見つめ直すというのは
相変わらず上手いですね。

夏目、女になる。キラキラ〜☆
前回といい、男が輝き過ぎですw

ちょ、最後に素で泣いた。
なんだ、予想していたのに不意打ちだったという
意味不明な感じで泣いてしまったよ。
能登さんボイスはこういう役で真価を発揮すると思うんだ!

最近友人帳が関係なくなってきたな……。

次回はニャンコ先生との喧嘩。

at 02:14|PermalinkTrackBack(0)

2008年09月12日

アリソンとリリア 第23話「偶然の旅行者たち」

また列車か!
とツッコミを入れつつ。
今回はベゼル王国のマティルダ王女が登場。
暗殺者が列車に乗り込むが、その標的は?
みたいな事件。

本当に巻き込まれるのが好きですね(苦笑)。
メインキャラが勢ぞろいだよ。
今回の収録は賑やかだっただろうなぁ。

トレイズとマティルダ王女の間に会話が無い!
この空気を何分も耐えられるってある意味すごいぞ?
トレイズのヘタレには困ったものです(笑)。

フィオナのカメラ好きという話。
新機種が出るたびに買ってるのかw
あの時代って言い方もあれだが、
作中でのカメラってどれくらいの値段なんだろうね?
そういえば、テレビは白黒だったなぁ。

さて事件の方ですが、鉢合わせにフイタw
なんというシンクロ。
この二人はもう結婚しろ!(笑)

次回は「列車大作戦」
もっと良いサブタイは無かったのか?(笑)


能登さんへのインタビュー。
パジャマについて聞くなよw

at 00:49|PermalinkTrackBack(0)

ストライクウィッチーズ 第10話 「信じてほしい」

何を信じろと言うのやら……。

治癒魔法ってどれほどの効果があるんだい?
症状の悪化を抑えるだけ?
完全治癒は不可能なのかなぁ?
ただ魔力を流し込むだけじゃダメで、なにかコツがあって、
芳佳はそれが出来ないってことかしら。
じゃあ、そういう特訓を普段からしてろよ……。

ペリーヌの怒りが切ないわ。
よくビンタ一発で許したなぁ……。

お風呂シーンだけは和む。
精一杯和ませてもらった。
シリアス入れるくらいならエロ入れてくれる方がいい!(コラ

よーしーかー!
これは擁護できない。
しっかりと罰を受けてください……。

ネウロイの秘密に迫りそうになった(?)ところで、
超兵器の投入きたわーーーー!
変形したよ、カッコイイ!!
玩具の発売はいつですか?(えー

髪の毛の描き込みが凄すぎるw
ここ描いたの誰なんだろうか?

さて、坂本さんよ。
眼帯は何の意味が?
目は普通の状態になっていたはずだが……。

次回は重そうな内容に?

at 00:24|PermalinkTrackBack(0)

2008年09月11日

セキレイ 第十羽「脱出前夜」

ん、本当に前夜だけだった。
作戦説明にあわせて、懲罰部隊の存在にも触れてましたね。

メインは月海かな。
稽古をつけてもらうことになったけど、
相変わらず般若さんは強いな、色んな意味で。

くーちゃんとの会話が良かったと思うんだ。
ロリこそ正義!(えー

以外にも協力者がたくさん居て、脱出は困難では無さそうだけど、
うずめの様子が気になるところ。
月海はお約束として、ピンチで参戦してくれるはず。

次回は激しくなりそうですね!
性的な意味で(マテ

at 12:42|PermalinkTrackBack(0)

2008年09月09日

マクロスFRONTIER 第22話「ノーザン・クロス」

ランカがいないだけで安心して見れる不思議。
ダブルヒロインじゃなくていい気がしてきた……。

バジュラへの新対抗策も完成して、外敵は退けているものの、
内側の被害が大きすぎて資源が尽きそうな状態。
物資がどれだけ行き渡っているのか……。

シェリルは歌うことをやめなかった。
歌こそが自分自身の存在の証明だから。
バジュラへの対抗手段として歌うことにも躊躇いは無いみたい?
アルトに勇気をもらって舞台に立つことにしましたが、
やっぱり歌を『愛という文化』以外に使って欲しくはないなぁ。

海賊たち。
ああ、こういう展開になるのかー。
まぁそうだよなー。
あからさまに怪しい奴の下でなんて戦いたくないよねー。
補給はどうするんだろうか?

勢力が3つに分かれましたね。
ガンダムとかギアスと同じような展開か……とつい思ってしまった。

残り話数もわずかです。
最後で熱い展開を待ってますよー。

at 05:19|PermalinkTrackBack(0)

2008年09月08日

コードギアス反逆のルルーシュR2 TURN22 「皇帝ルルーシュ」

別の作品か?というぐらい物語が一変。
ルルーシュがブリタニア皇帝になって国の破壊を実行。
良い国にはなっているが、各国の代表はルルーシュの
実質的な世界支配に難色を示す。

これはこれで面白いんじゃないかと思った。
最初からこうすれば良かったんじゃね?という意見は置いといてw

ロイドさん、こっち側なのかー。
オレンジも健在っと。

ナイトオブワン、通称:犬(ぇ
ナイトオブゼロ、通称:ゼロの使い魔に敗れる。
隠しギアスという設定まであったのに、あっさり死んだよ……。
弱い犬ほどよく吼えるってやつですか?(えー
未来予測って範囲は何処までなんだろうね?

ジノはこれからどうするのかしら……。
ところで、モニカさんは死んだの?

神楽耶は頑張ったと思うんだ、うん。
お前は今泣いていい、泣いていいんだ!

シュナイゼルも行動を開始。
ナナリーが生きてました。
予告では咲世子さんも無事っぽい。
これは次回が楽しみですね。

at 01:14|PermalinkTrackBack(0)

絶対可憐チルドレン 第23話「急転直下!奪われちゃった……!」

次の展開への導入編。
比較的のんびり進行したので大して面白くもなく……。
あれだ、魔法少女の乳揺れだけは印象に残ってます(えー

九具津とマッスルが脱獄。
正式にパンドラの一員になりました。
役に立つのかしらね?

皆本がさらわれてさあ大変。
メインは次回なので、今回はおざなりに終わり。

at 01:00|PermalinkTrackBack(0)

2008年09月07日

狂乱家族日記 第二十二話「落ちてきたプリンセス」

もう終わらないといけないらしく、
メインストーリーのラストへ突入。
来るべき災厄とは……?

宇宙人・オアシス。
狂乱家族は、彼女が災厄をもたらす宇宙人だと勘違い。
なんとか宇宙に帰ってもらおうとする。
そして、オアシスは恋を知りたいということで、
色々と騒動になりました。

最後が消化不良だったことを除けば、なかなか面白かったですよ。
オアシスのキャラ性が話を引っ張ってくれた感じがする。
凶華の嫉妬も見てて楽しかった。

しかし、最後の優歌の行動は問題があるなぁ。
静かな怒りから暴走、という感じだったけど、
もうちょっと丁寧に描いて欲しかった。
優歌は想いを溜め込むタイプでありながら、
家族はそれに気づいていないところが何とも……。
昔と違って吐き出すようになったからいいけど、
そうじゃなかったら優歌は壊れてしまいそう。
こういうところで『家族』としての行動が見えてこないのは
良くないと思うなぁ……。

さて、次回どうなることか……。

at 12:47|PermalinkTrackBack(0)

2008年09月06日

夏目友人帳 第九話「あやかし祓い」

この作品はハズレが無いですね。
毎回楽しみですよー。

石田さんキャラ来たー!
無駄に光るんでワラタw

妖が見える名取は、夏目のように妖と理解し合うことはしない。
危害を加えてくるのなら祓ってしまえばいいという考え。
まぁ、これが普通なんじゃないかと思う。
ただ、妖にも何かしら事情がある場合が多いので、
ただ祓うだけじゃなく、対話もしてみるべきだよね。

これまでの妖たちを見てると、妖も人間と変わらないんだなと思う。
話をすれば分かり合えることだって出来る。
きっと逃げてちゃいけないんだよ。
向き合うこと、それは人も妖も同じ。
友人を作るって難しいけど簡単なことなのかもしれない。

次回は琴弾き。

at 13:58|PermalinkTrackBack(0)

2008年09月05日

アリソンとリリア 第22話「明かされた秘宝」

もう終わったw

トラバスの助けであっさり事件解決。
トレイズも無事だったし、活躍はしたんだけど、
すっごく簡単に解決しちゃったので拍子抜けした。

リリアの空気読めてないっぷりが酷い。
ぺらぺら喋りすぎだろ……。
あと、同じ父親が居ない境遇だからってだけで共感するのはおかしい。
犯した罪は相当重い。
同情とかで慰める価値もない連中だと思います。
トレイズが死んでても同じことが言えたんだろうか……?

秘宝とは、地形そのものでした。
谷が二国を繋ぐ近道になっていたと。
確かに、この谷が発見されていたら戦争は激化してただろうなぁ。
しかし隠していたって、空から見たら簡単に分かるんじゃないのか?

結局、自分の正体については明かさぬままのトレイズ。
ヘタレすぎ。
言うタイミングが無かったって、ありまくりだったじゃん……。

次回は「偶然の旅行者たち」


能登さんへのインタビュー。
キャストに展開早いって言われるアニメもどうなんだろうね?
演じるときに戸惑うと思うんだ……。
山寺さんとの共演は初めてだったのかー。
最後の方、浅川さん自重してくださいw

at 01:03|PermalinkTrackBack(0)

ストライクウィッチーズ 第9話 「守りたいもの」

坂本少佐がー!という話。

もう二十歳なのかー。
魔法力のピークって16〜18ぐらい?

クリスが目覚めた。
急すぎだろw
話数が足りないからって……。
看護婦の服装についてはツッコミ入れたらダメなんだろうなw

手紙。
差出人の予想はついているみたいですが?

ペリーヌ。
本人が言っているように、今までは坂本少佐の隣に普通にいられたんだろ?
それが芳佳が来た途端にできなくなるってなぁ……。
気持ちは分からないでもないけど、もっと積極的でいいじゃないかと思う。
まぁ、それがペリーヌのキャラなんだろうけどね。

で、坂本少佐も芳佳にこだわるのは何故だ?
ペリーヌにもっと構ってあげろよ……。

芳佳が成長しすぎでワラタw
得意空域ではないとはいえ、先輩に勝つってすげーよ。
しかも高難易度の技まで見よう見真似でやってのけるって……。
そういうのは実践中にやるから盛り上がるんじゃないの?
訓練で普通に出来るとなんだかなぁ……ってなる。

揺れるおっぱい!
間違いなく最強ウエポンだ。
無敵すぎるw

芳佳の命令無視。
これは酷い。
調子乗ってるって思われちゃうよ……。

ネウロイにも何か秘密があるようですが、
芳佳は何を感じたんだろう?

今回坂本少佐が撃たれたのは芳佳の所為ではないと思う。
前の戦闘でシールドが張れないと気づいているのに、
シールドによる防御に頼ったことが間違いだ。
耐久度が無いなら俊敏さで補うべき。
あそこは防御より回避だと思う。
最初に不用意に突っ込んだも悪いな。

さぁ、これからはシリアス一直線かな?
それでも肌色は多めそうですが(苦笑)。

at 00:30|PermalinkTrackBack(0)

2008年09月04日

セキレイ 第九羽「比礼ト風」

あっはっは、当然規制されてました_| ̄|○
サンライトフラッシュ!!
不自然すぎだろ……(苦笑)。

風花の本格登場。
ナンバーは03ってことで初期なんだね。
初期ほど絶対に強いってわけでもなさそうだけど、
04ぐらいまでは特別なのかなー?

セキレイ計画の目的は謎だけど、きっかけは明らかになった。
遺跡に108人のセキレイが眠っていた。
すげー、上手くやれば超ハーレムじゃないか!(えー

久能とその葦牙・ハルカ。
戦いたくないから帝都から逃げる。
うーむ、全体で帝都に反乱すればみんな戦わなくていいんじゃね?
戦いたくない派と、事情があるから戦って願いを叶えたい派に
分かれる形になるのだろうか?
「懲罰部隊」はどういう理由で服従してるんだろうね?

次回は前夜ってことですが、本当に脱出するのかなぁ……。

at 10:14|PermalinkTrackBack(0)

2008年09月03日

鉄腕バーディー DECODE 第9話「The champion of justice」

小夜香の別荘がある沢尻村近くに来ていたつとむたち。
そこで起きた事件を調べるため室戸さんが来るところからスタート。

今回でちょっと室戸さんのキャラが好きになったかも。
これからも夏美とのタッグで活動してくれると面白そうだ。
危うく死にそうになってましたが(苦笑)。

小夜香の祖父と一緒にシャマランが訪れる。
自身にリュンカを宿らせたいようで?
拾って養子にした子供は2期への伏線かしらね?
あの子供が生き残ったのは偶然か、必然か……。

マリオネット・オンディーヌとの対決。
久し振りに派手な戦闘シーンでした。
格闘戦なのにエフェクトがかっこいいので見てて迫力あるよね。

苦戦しつつも勝利したが、そのあと現れた男に腕をやられてしまう。
あのおっさん強すぎ(苦笑)。
あれは折ったんじゃなくて、脱臼させたのかな?

相変わらず小夜香が可愛いので困ります。
さすがにバーディーは小夜香の中にリュンカが宿っていることに
気づいたよね。
次回はその辺りの話みたいだが……。

at 00:26|PermalinkTrackBack(0)

2008年09月02日

マクロスFRONTIER 第21話「蒼のエーテル」

この作品も迷走してるなぁ。
ストーリー自体はそこまで悪くないんだけど、
キャラクター描写がダメすぎ。
今回のランカの行動も、それなりに過程はあったけど、
どうも突発的な行動にしか見えない。
この成長しないわがまま少女をどうにかしてくれ……。

歌うことが嫌になって、バジュラに感情移入するようになって、
ブレラと一緒にどこかへ行ってしまった。
敵になりそうな予感が……。

ミシェル先輩、本当に死んじゃった?
予想通り、クランというキャラクターが崩れ去ったなぁ。
人気があるキャラなのに勿体無い……。

ちょっと駆け足気味になってきているが、
削りすぎるとギアスみたいになるから勘弁してね。
最初の頃の盛り上がりが無くなってきた……。

at 14:57|PermalinkTrackBack(0)

2008年09月01日

コードギアス反逆のルルーシュR2 TURN21 「ラグナレクの接続」

台詞で説明されても理解が出来ない。
結局皇帝は何がしたかったんだ……?
人間の意志を一つにするとかそんな感じですかね?

うーん、ちょっとダメっぽい。
今回は感想を書くとか無理だ。
話がぶっ飛んでて、ツッコミの嵐になる。
まともに感想を書く気になれない。

とりあえず、マリアンヌ暗殺の件が回収されて良かった。
犯人はV.V.だったんだね。

一ヶ月経過で全てが終わった。
もうこれで最終回でいいよ……。

なんかさ、アニメとして終わってる気がするんだよね。
今回を映像化する意味は何処にあったんだ?と言いたい。
こんな脚本なら小説でやればいいと思うよ。

at 01:00|PermalinkTrackBack(0)

絶対可憐チルドレン 第22話「孟母三遷!皆本、凶弾に散る!?」

皆本は凶弾に散ってません……。
撃たれたのは賢木です。

九具津がスパイだと発覚する話。
それはいいんだけど、話の筋書きが微妙だなぁ。
殺すだけなら不意打ちでいくらでも殺せたはず。
賢木にスパイ容疑をかける意味が分からない。

今回の事件。
合コン場所に来た賢木を九具津が撃つ。
席に居たのはロボットの賢木と九具津。
席を立つロボットの賢木。
トイレで資料を受け渡す現場を皆本とダブルフェイスが目撃。
九具津が「早く逮捕しろ」とけしかける。
皆本は、賢木がロボットだと見抜いて銃で撃つ。
九具津もロボットだったと判明。
本物は何処だ!?
……という流れでした。

さて、疑問なのだが。
トイレで資料を渡しているのはロボットである。
それを逮捕すれば、ほたるがテレパスなのでロボットだと即バレる。
では、ロボットの賢木を「逮捕しろ」とけしかける意味は何処に?

「まだ生きてましたか」
そんなことを言ってる暇があるなら早く撃てよ……。
これはお約束なんだけどね。

九具津はチルドレンには来てほしくないはず。
なのに、あんなバレやすいロボットなのは何故?
単に時間が無かったからなのか、チルドレンが気づく前に
事が済むと思ったのか。

ナオミの居場所が分かる1000の方法。
説得力がありそうでないよね。
まだ発信機をつけていたぐらいの方がシンプルでよかった。
まぁ、谷崎主任らしさを優先したのかな。

「残念だよ……」という皆本の台詞。
前回の話が酷かったせいで、まったく重みを感じない。
前回からの流れだと、皆本は九具津を仲間とは思ってない気がする……。

次回はくぎゅ。

at 00:30|PermalinkTrackBack(0)

2008年08月31日

狂乱家族日記 第二十一話「黒サンタさんは夜眠れない」

唐突にクリスマスの話。
相変わらずシリーズ構成の人は何を考えているのか分からない。
OPの凶華様、クリスマスはまだまだ遠いです……。

お話は肝心のブラックサンタについてをちょっと端折って
凶華様の方をメインにしたためか、ハチャメチャで面白かった分、
中身が薄めになったかなーと思う。
でも家族からプレゼントをもらう辺りのシーンで上手く
まとまっていたので素直に感動した。

今回はパロディが多めだったみたいだね。
DBのような戦闘シーンは笑った。
おじいちゃん頑張りすぎ!

番外編の話は安定して面白い。
本編も頑張って欲しいなぁ。

at 00:25|PermalinkTrackBack(0)

2008年08月30日

夏目友人帳 第八話「儚い光」

妖が見えなくなったら?という話。

持っている力がなくなるっていうのは、
何にしても不安を感じるものだと思う。

夏目は以前ほど妖に対して嫌な気持ちを持っていないので、
今は妖が見えなくなることを望んではいないみたいですね。
妖という表面だけを見ていた頃とは違う。
人間、成長すれば考え方も変わるよね。

でもようやく成長した頃になって妖が見えなくなるという……。
なんだろうね、このジレンマ。

最初から見えない方が幸せなのかもしれない。
それでも、妖が見えてよかったと少しでも思えるのなら、
それはそれで素敵なことだよね。

妖もホタルみたいな美人ばかりだと良いのだけど(苦笑)。

at 09:15|PermalinkTrackBack(0)

2008年08月29日

アリソンとリリア 第21話「運命の父娘」

救出作戦の話。

二ヒトーの娘が事件の首謀者でした。
って、それは前回の流れで予想ができてたからどうでもいい。
問題は、その言い分だ。
終始開いた口が塞がらなかった。
どう考えても父親の二ヒトーが悪いだろ。
何が国のために尽くしてきただ。
王女を殺しておいてその台詞を言うのか?
その後の行動も酷いものだったし……。
しょせん蛙の子は蛙だな。
気持ち悪さ抜群!

さて、救出作戦。
今回はリリアが悪いな(苦笑)。
ダイナマイトは落としていくなよ。
持ってれば役に立ったかもしれないのに……。

トレイズは相変わらず言えないまま。
「帰ってきたら……」とかどう見ても死亡フラグです。
お約束は守る、とばかりに銃で撃たれました(笑)。
まぁ、これもお約束の主人公強運スキルで無事なんだろうけどさw

次回は「明かされた秘宝」

来週は能登さんが来るー!
おそらく2週だよね。
楽しみだ。

at 01:40|PermalinkTrackBack(0)

ストライクウィッチーズ 第8話 「君を忘れない」

男女交際禁止、という話。

今回はすっごく微妙。
ミーナが自分の過去を周りに押し付けているだけにしか見えない。
「規則だから」で納得しろと言われても、
個人的な私情が入りまくってるのがなぁ……。
まぁ軍隊だから命令には従うだろうけど、
なんか気に入らないわ。

久し振りにまともな戦闘シーン。
こういう敵が1機ずつ来るからまだマシだが、
数が増えたら手に負えないと思うんだ。
なのに毎回1機ずつでしか襲ってこない。
ネウロイは何がしたいんだろ?

ペリーヌだけ攻撃魔法使ってる!(えー
戦闘シーンでの活躍が少ないから見せ場は作らないとね!
芳佳も普通に戦えてるなぁ……。
ウィッチって飛べさえすれば、戦闘自体は魔法でどうとでもなるのかなー。

今回は結局どうしたいの?
ミーナを好きになってもらいたいのか、
嫌いになってもらいたいのか良く分からないです。
あの歌のシーンだって、唐突に挿入されえても意味不明。
軍オタじゃないんだから、あのシーンに感動するべきなのか分からない。
で、最後に坂本少佐に銃を向けるとか、何がしたいの?
魔力が弱ってるから辞めろと言いたいらしいが、
坂本少佐の特殊能力が無かったら、この隊戦えないよ?
どうやってコアを捜すの?

あの目の力は魔力の消耗が激しいとかいう設定ではないのだろうか?
目については後半で語られるのかなー。

at 01:24|PermalinkTrackBack(0)

2008年08月28日

セキレイ 第八羽「閉ジタ帝都」

早いところでは九話なわけだが、
その九話はTOKYO MXで凄いことになってるw
乳首解禁ってバカだろ!(苦笑)

さて、八話。
前回からセキレイ達のバトルロイヤルが始まったのですが、
皆人は戦うよりは逃げる方を優先してる感じ。
その方が危険も少ないし楽だけどさ。

とはいえ、戦いに行くのを止めたりはしないみたいで、
結と月海は規則を無視する謎のセキレイを捜しに。
正体はあっさりとバレ。
うずめがこんなに早く舞台に上がるとは思ってなかったが、
葦牙に事情があるようですね。
最新技術の手術とかが必要なんだろうか?

風花さん登場。
何しに来たのかは次回へ。

妹さんの方は進展が遅いなぁ。
羽化はまだー?

at 11:38|PermalinkTrackBack(0)

2008年08月27日

鉄腕バーディー DECODE 第8話「Ghost Village」

小夜香の別荘へ行く話。

2期があるとはいえ、残り話数も少ないので、
そろそろ物語が動き始めました。

小夜香の中に“リュンカ”が入っていて、
それが小夜香の体調を改善させたと。
ってことは、最終的に小夜香は死んじゃうのかなぁ……。

廃墟での足跡はなんだったんだろう?
あとスクラップ記事に映っていたのはシャマランだよね?

“リュンカ”の力は本当に強大だなぁ。
完全覚醒したらどうやって止めるんだろ……。

at 09:45|PermalinkTrackBack(0)

2008年08月26日

マクロスFRONTIER 第20話「ダイヤモンド・クレパス」

お前が死ぬんかい!とツッコミを入れた。
最後に盛大に死亡フラグ立てたからなぁ。
オズマ隊長は生き残ったのに……。

ランカのことをどう擁護すればいいのか分からない。
まだまだ子供なんだなぁという感じがする。

絶望からの〜♪
シェリルは自分の道を決めたみたいですね。
身体が治る見込みがないので、先行きはまだ不安ですが……。

うーん、これで本当にミシェルが退場するのなら、
クランの立ち位置が不安定になるし、
アルトを支える人が居なくなってしまうよね。
アルトが役立たずなので、実質ストーリーを
動かしていたのはミシェルだったと思うんだ。
そのミシェルが居なくなって、これから先を
どうやって動かしていくんだろう?
アルトがちゃんと主人公してくれれば問題ないけどね。
戦闘シーンでの共闘が見られないのも残念だなぁ……。
生きてることを願いたいです、本当に。

at 03:59|PermalinkTrackBack(0)

2008年08月25日

コードギアス反逆のルルーシュR2 TURN20 「皇帝失格」

「私……わからなくって……こんなに酷いことになるなんて……」
主に脚本的な意味で。
「殺した」
視聴者的な意味で。

そんな20話、とっても超展開!
アーニャがマリアンヌの人格持ってたり、
C.C.の記憶があっさり戻ったりしたよ!
ギアスの能力は様々だけど、マリアンヌはどういうギアスなんだろう?
マリアンヌのキャラは嫌いじゃないんだけど、言動が軽すぎるよね。
ルルーシュがそこまで慕うような母親なのか疑問だ。

ゼロは死んだことにしようって、無理があるだろ……。
案の定、神楽耶に押されてるし。
独断で行動するからこうなる。

ギアスのことを話しても、信じてもらえないから黙っておこう。
えーっと、じゃあ君たちは何故信じたの!?
ばかなの?

ギアスで問答無用の命令。
ルルーシュも皇帝を殺すだけなら、黒の騎士団なんて作る必要
なかったってことだねー。
結局ギアスキャンセラーを活かした戦略は考えないのかー。
何のためにあるのよ?

スザクの言ってることが意味不明で理解できないよー。
君が守りたい物は何だ?

ボソンジャンプ!
いきなり皇帝に剣向けててフイタw
移動に何を使ったんだ?
ナイト・オヴ・ワンはギアス持ちっぽいが、
今頃出てきても……という印象。
それよりもジノの行く末の方が気になるわー。

マリアンヌはもっと早い機体に乗ってる方がしっくりくるなぁ。
演技派っていうのは『昔から色々演技してたよ』ということなのか?

さて、ルルーシュは皇帝を閉じ込めたのはいいが、
自分はどうやって出るんだい?
出るつもりが無いのかしらね?

ところで、カレンの出番が少なくて泣いたのは私だけ?

作画が〜という話があるけど、そこまで酷くは無いと思う。
怪しい箇所はあったけど、許容範囲じゃね?

at 01:03|PermalinkTrackBack(0)