Memorise Off♯5〜Promies&Wish〜

2005年11月05日

Memorise Off♯5〜Promies&Wish〜

電撃G's magazineで8月号から連載されているオフィシャルプレストーリー
Memorise Off♯5〜Promies&Wish〜の紹介最終回です。

その前にちょこっと宣伝
実は、連載時の約2倍にも加筆された単行本が11月25日に発売されます。
麻尋と雄介の出会いから、雄介の死までを書いた「黄昏色の夢」も収録されるので、
ファンには必須でしょう。
というわけで、ここのあらすじ読むより、単行本を買って読んでください……。
どうしてもそれまでに読んでおきたいという人はどうぞ(  ・ω・)つ

この小説はゲーム本編より約1年前、春の終わりから初夏にかけての物語で、
日名雄介の事故死から1ヶ月が経過しています。
そして内容は、日名あすかと仙堂麻尋の視点で書かれています。
え〜っと、今回は都合によりいつもと構成を変えて書きます。
最終回ということもあって長いですけど許して〜。

最終回『雨と涙とそれぞれの想い』
続きを読む

at 17:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年10月07日

Memorise Off♯5〜Promies&Wish〜

電撃G's magazineで8月号から連載されているオフィシャルプレストーリー
Memorise Off♯5〜Promies&Wish〜の紹介4回目です。

え〜何かね、単行本化するみたいですよ。大幅に加筆されて、連載時の約2倍にもなるとか。
麻尋と雄介の出会いから、雄介の死までを書いた「黄昏色の夢」も収録されるんだって!
すご〜く楽しみですよね、普通なら……。でも私は複雑です。
だってここであらすじ書いてる意味がなくなるじゃないか!うわ〜ん(泣)。
2倍の加筆って何?それだとこっちも加筆する必要が出てきちゃうだろっ!
そんなのいじめだ〜!!もうやってられないよ……。
ここのあらすじ読むより11月25日発売の単行本を買って読んでくださいな……。
どうしてもゲーム発売前に読んでおきたいという人はどうぞ(  ・ω・)つ

この小説はゲーム本編より約1年前、春の終わりから初夏にかけての物語で、
日名雄介の事故死から1ヶ月が経過しています。
そして内容は、日名あすかと仙堂麻尋の視点で書かれています。
ここでの紹介も二人に分けることにしています。
第4回『相合い傘と告白と探偵のまねごと』
続きを読む

at 21:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年09月02日

Memorise Off♯5〜Promies&Wish〜

電撃G's magazineで8月号から連載されているオフィシャルプレストーリー
Memorise Off♯5〜Promies&Wish〜の紹介3回目です。

この小説はゲーム本編より約1年前、春の終わりから初夏にかけての物語で、
日名雄介の事故死から1ヶ月が経過しています。
そして内容は、日名あすかと仙堂麻尋の視点で書かれています。
ここでの紹介も二人に分けることにしています。
第3回『ゲームとデートとアルバイト』
続きを読む

at 16:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年08月06日

Memorise Off♯5〜Promies&Wish〜

Memories Off#5 とぎれたフィルムよりメインキャストのコメント発表。知ったところはNIGHT★FLOWさんです。
では電撃G's magazineで8月号から連載されているオフィシャルプレストーリー
Memorise Off♯5〜Promies&Wish〜の紹介2回目です。

この小説はゲーム本編より約1年前、春の終わりから初夏にかけての物語で、
日名雄介の事故死から1ヶ月が経過しています。
そして内容は、日名あすかと仙堂麻尋の視点で書かれています。
ここでの紹介も二人に分けることにしています。
第2回『過去と学校と自転車』
続きを読む

at 11:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年08月05日

Memorise Off♯5〜Promies&Wish〜

電撃G's magazineで8月号から連載されているオフィシャルプレストーリー
Memorise Off♯5〜Promies&Wish〜の紹介です。
「メモオフが好きで小説の内容は気になるけど、G's magazineなんて恥ずかしくて買えないよ〜」という人のために、重要ポイントを抜き出して短くまとめたので参考にしてください。

はじめに、この小説はゲーム本編より約1年前、春の終わりから初夏にかけての物語で、
日名雄介の事故死から1ヶ月が経過しています。
そして内容は、日名あすかと仙堂麻尋の視点で書かれています。
ここでの紹介も二人に分けることにしますね。では、
第1回『居場所と誤解と恋心』
続きを読む

at 14:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)