アニメ感想

2006年05月08日

RAY The ANIMATION Episode3「ガラス越しの風景」

篠山の車で海に向かう美里たちと零。
今回の患者は海辺にある水族館の水槽の中にいた。
特殊な病原体によって皮膚細胞が破壊されていく少年。
その病原体は水中の特定の微生物がいないと進行を食い止めることができない。
放っておけば水の中で死を迎えるしかない少年に、
零は沢病院に長期入院している賢治と重ね合わせていた。
意を決して水中手術に挑む零だが、停電と言うアクシデントが発生して……という話。

零以外の看護師は普通に遊んでるからワラタw
( ゚∀゚)o彡゜水着!水着!
水着姿で手術とか素晴らしいですね!(もちろん性的な意味で
篠山がちゃっかり用意してて感心した(笑)。

停電しても対策を次々に考える看護師たちはすごいと思った。
車のバッテリーとか普通の人は考え付かないよなぁ(意味なかったけど
篠山はいざという時は頼りになってカッコイイね。
留美がんばれ!(笑)

次回は何か戦ってるーw

at 09:52|PermalinkTrackBack(0)

2006年05月07日

涼宮ハルヒの憂鬱 第5話 「涼宮ハルヒの憂鬱掘

ハルヒとその周辺メンバーについての話。

ついにハルヒが望んだ通りに、長門=宇宙人、みくる=未来人、古泉=超能力者
がSOS団に集まりました。
自分の意思が情報として周囲の環境及び世界に影響を与える。
すなわち、それは神と等しい存在。しかしハルヒ自身はそのことを知らない。
そこで、この世界のバランスを保つために、いくつかの陣営がハルヒを監視している。

ということですが、話を大きくするならば、この世界は何なのか?
という話にまで発展する可能性がありますね。
3年前(中学1年)に、情報の爆発、時空の亀裂、超能力者の発生を起こした。
これらは情報の進化、過去との断絶、力が暴走した際の対抗策ですよね?
これも全てハルヒが望んだことなのか?
それともハルヒ自身に世界から(?)何らかの使命が与えられたのか?
私は後者じゃないかと考えますが……?

と、こんな早い段階で考察しても意味ないので、ここらでストップ。
原作読んでないから、的外れなことを書いても恥ずかしいし(汗)。

で、今回妙にキョンを意識しているハルヒが見られましたが、
何故力が発動しなかったのでしょう?
ハルヒが本気で望めば、クジ引きも操作できるのでは?
その分、EDのキョンとハルヒのフォントが大きくなってたりしましたが(笑)。

キョンがみくるの写真に撮ったとき、
さりげなく胸のホクロを写した写真があるのは上手いと思った。

次回は今話の続きではないようですね。
話がポンポン飛ぶのは、ハルヒの影響でしょうか?(笑)

at 14:17|PermalinkTrackBack(0)

2006年05月05日

ZEGA PAIN #05「デジャビュ」

公式HPの更新の遅さをどうにかしてください……。
一応あらすじ
昨日があって明日があるこの世界こそが現実と考えるのが普通だが、
キョウは何か違和感を感じ始める。

一方のオケアノスでは敵を発見、追跡していたが、
逆に罠にハマってしまう。
キョウは無意識に向こうの世界に行くことを拒否しているのか、
オケアノスにやってこない……。
そのためアルティールは出撃できず、ガルダのみでの応戦となっていた。
ガルダのQLが尽きかけたとき、ようやくキョウがやってくる。
戦闘後、キョウが見た街の様子、そして現れた謎の人物。
キョウの世界は目まぐるしく変化していく……という話。


前回辺りから面白くなってきたこの作品。
いよいよ世界に隠された真実を追い始めます。
どちらかが現実ならどちらかは虚構。
量子力学の授業とか上手い演出でしたね。
人の意思は――とかいう部分がキーワードかしら?
そして最後に現れた謎の人物。
シズノは相手を知っているようですが?
ここで次回へ続く……。

at 12:40|PermalinkTrackBack(0)

2006年05月01日

RAY The ANIMATION Episode2「パートナー」

私の地域では第1話から三週間ぶりの放送。

零のよき協力者であり、人工臓器開発のエキスパートである篠山。
篠山は完全内蔵型の人工心臓の開発に成功した。
そんな折、零は沢病院に入院していた重度の心臓病患者・杏奈の担当に指名される。
杏奈の手術には心臓のドナーが必要だった。
杏奈の姉・環奈は、零に「自分の心臓を使って欲しい」と頼むが……という話。

相変わらずキャストが豪華ですばらしい!
一回しか登場しないキャラなのにね。

人工心臓ってどれくらい研究が進んでるんだろう?
実際の医療事情は全然分からないです。
ここまで完璧なものが作れるのかな?

賢治は心を読むことができるとか。
今後重要なキャラになることは間違いなさそうです。
「白い部屋」との関係は今のところ不明。

沢院長が何を隠しているのか。
この人も謎が多いよなぁ……。

次回は特殊患者の治療。

at 12:27|PermalinkTrackBack(0)

2006年04月30日

涼宮ハルヒの憂鬱 第4話 「涼宮ハルヒの退屈」

さてさて、前回の宇宙人がどうのこうのという話はどこへやら、
いきなり野球をすることになったSOS団のみなさん。
普通に副団長の古泉がいるが、その辺りはスルーで。

みくるちゃんの表情に性欲を持て余した件について。
ハルヒはテクニシャンだったんだなぁ(黙れ

オデコがチャームポイントの鶴屋さんも登場。
みくるの発言はさりげなく伏線なのだが、そのことについては別の機会に。
鶴屋さんって結構運動神経いいのね。

ポジション決めがクジ引きにも係わらず、割とまともな配置になっているのは、
ハルヒがそれを望んだかららしい。
キョンが4番だということ意外もね。
確かにキョンの妹がキャッチャーとかになったら悲惨だよな(笑)。

ハルヒのチアガール(*゚∀゚)=3ハァハァ
どうもありがとう!今回はこれだけで満足さ!(マテ
あのサインは不思議な踊りにしか見えないw
野球部の方はリアルでやって欲しいです、是非に!(無理w

不思議な力で一気に逆転するSOS団チーム。
有希の力やハルヒのことは全然明かされていませんが……。
まぁハルヒの機嫌次第で世界が滅びるかもしれないということだけは
分かったのではないかと。
原作の知識はある程度持っていた方がいいかもね。
私はネタバレバッチコーイ主義なので調べましたよ。
あくまで大筋だけですが。

次回が3話の続き。とはいえ、メインはみくるっぽい?
この作品は話の進み方が特殊ですが、私は全然OK。
ハルヒが破天荒なら、京アニもそれに合わせるということかな。

at 13:03|PermalinkTrackBack(0)

2006年04月28日

ZEGA PAIN #04「上海サーバー」

どちらが現実でどちらが虚構か?という話。

艦内の人はやっぱりAIなのね。
じゃあ実際に生きてる人はほとんど居ないことに……。
それにしてもAIかわいいなぁ(ぉ

キョウの精神ダメージの心配はまったく必要なかった(笑)。
やっぱりゲームだと思ってるからなんでしょうねぇ。
最後の台詞は痛すぎる……。

初級編だけで200面もあるゲームなんてやってられるかー!!
普通に口で説明してくれた方が断然早いよ!
リョーコがさくさくプレイしているのは何かの伏線か?

戦闘シーンは砲撃メインで確定?
今回はゼーガタンクが戦闘。
支援メカって好きなので嬉しいな。
カラドリウスは砲撃が良く似合う。

キョウが真実を知るのはまだ先かな?

at 16:47|PermalinkTrackBack(0)

2006年04月23日

涼宮ハルヒの憂鬱 第3話 「涼宮ハルヒの憂鬱供

前半の笑いと後半のシリアスにギャップが!(笑)
謎の転校生は次回ですかね?

巻き込まれて悲惨な目にあったコンピューター研究部。
他の部員がこれじゃどうにもならん!弱すぎ!
というわけで諦めたまえよ……。
ハルヒの蹴りは見事だったと思うぞ、うん。

ハルヒのバニーガール(*゚∀゚)=3ハァハァ
今回はこれだけで満足です!
ありがとうハルヒ!(マテ
散らばった服は(ry

みくるは今後大丈夫なのか?
キョンとのフラグは既に立ってるけど、
このまま恋愛に発展するとは思えんし……。

原作をある程度知っているため、長門さんの発言には驚かない。
てかハルヒの自己紹介の台詞って、まさにそのまんまなんだね。
ここから物語は急展開……にはならずに、次回は野球。
って何それ(苦笑)。

at 12:50|PermalinkTrackBack(0)

2006年04月21日

ZEGA PAIN #03「デフテラ領域」

戦う理由は分かった。
その代わり、新たに大きな謎が……。
40年後の世界と、それをゲームにして販売する意味。
このゲームは一体何なんでしょうね?
異世界が本当に今の世界の40年後だとしたら、
ゲームでパイロットの養成をしているとか?

キョウの明かされていない過去が二つあるのも気になるなぁ。
1話冒頭の戦闘と、水泳の出来事ね。
どちらも同一人物なのか?

異世界の物に触ることができないのは何故?
キョウ自体が何らかのデータという可能性も?

キョウにメッセージを発信した人物は誰か。
『ミテイルセカイ』はどっちの世界を指しているのか……。

謎が多すぎて理解するのが大変だよ。
子供向けの作品では無いなぁ。
深夜放送でよかったんじゃないか?
とにかく気になることが沢山あるので、今後も注目ですね。
戦闘シーンはアレぐらいで十分ですよ。

at 16:55|PermalinkTrackBack(0)

2006年04月19日

.hack//Roots 第2話「Twilight Brigade(黄昏の旅団)」

ええい!感想書きづらいぞー(ぁ
仲間に誘われたらとりあえず入ってみてもいいと思うが……?
一人でレベル上げしてもつまらないでしょ。
それなら普通のRPGでいいわけだし。
こういうゲームは人との交流が目的じゃないの?

タビーかわいいなぁ。
この作品の癒し担当ですよ。
タビーは今後何か重要な役割を持つのかな?

「黄昏の旅団」はなぜ『キー・オブ・ザ・トワイライト』を探しているのか。
そもそも実在するのか?
私は無いと考えますが果たして……。

伏線を張りまくった今話。
今後もこんな感じで話が進むのかしら?
戦いが少ないと楽しめないよ〜。
脱退メンバーが復帰したりすれば面白くなるかな?

at 17:16|PermalinkTrackBack(0)

2006年04月16日

涼宮ハルヒの憂鬱 第2話 「涼宮ハルヒの憂鬱機

とりあえずキャラの第一印象でも。
ハルヒは『電波全開不思議系破天荒少女』と名づけましょう(マテ
でもハルヒは美少女だから許されるのであって、
実際にこんな人いたら、ただの変人ですよね(ぁ

有希は眼鏡っ娘ですが、今後外すのかな?
第1話とEDではつけてなかったし。
とりあえず『無関心寡黙系読書少女』と名づけよう。

上級生なのに拉致られたみくる(笑)。
みくるは『天然癒し系巨乳少女みくる』でいいよね?(ぉ

キョンは『世話焼き巻き込まれ型主人公』ということで。

今後のSOS団に期待が高まりますっ!
副団長はいつ登場なのー?

at 12:30|PermalinkTrackBack(0)

2006年04月14日

ZEGA PAIN #02「セレブラム」

進展がありそうでない回でしたっと。
敵の情報が少ないので、何のために戦ってるのかがよく分からないんですよね。
主人公も未だにゲーム感覚でいるみたいだし。
その辺りの話は次回かしらー?

いきなり裸で表れるシズノに大爆笑。
直前まで服着てたじゃん!(笑)

戦闘シーンは若干使い回しっぽい感じがする。
単に単調な動きだからそう見えるだけなのかもしれないが。
拳でトドメは良かったですよ!

転校してきたことになってるシズノ。
生徒会長の態度が違いすぎて笑った(笑)。

水着とか胸とか無駄にエロイ作品なんだけど狙ってるのか?
時間帯は深夜に回した方が良かったと思います。

異世界への移動や、転送のシステムとかもきちんと説明して欲しいなぁ。

at 16:38|PermalinkTrackBack(0)

2006年04月12日

.hack//Roots 第1話「Welcome to "The World"(歓迎)」

この手の知識はまったくないです。
コンプティークで連載されてた小説をちょっと読んだくらい。
OPだけが楽しみな作品になりませんように(笑)。

本編は、前作から7年後の世界。
これは初心者は見るなという意味ですか?(苦笑)

いきなり襲われるなんて主人公も災難ですね。
だからと言ってやめちゃったらそこで終わってしまうので、
資質があるという理由で続けることに……。
ネトゲーの資質なんて無くてもイイと思います!(ぁ

とりあえず今回は以上で。
1話だけでは分からないことだらけだし。
今後も感想書けるのかなぁ……。

at 15:12|PermalinkTrackBack(0)

2006年04月10日

RAY The ANIMATION Episode1「神の目」

医療アニメですが、キャストが豪華なので見ることにした作品。
野川さんの演技力に注目しようという名目であります(ぉ

話は公式読めば大体分かるでしょう。
あらすじも詳しいし。
零は、沢医院に勤務することになった朝、ガス爆発の現場に出くわし、
そこで沢医院の看護婦である美里と出会う。
重傷者の患部も見ずに的確な処置をする零に驚く美里。
零はブラック・ジャックと名乗る謎の無免許医に移植された
「透視能力を持つ眼」を使う天才外科医だった……。

零が沢医院へ来た早々、麻薬密売組織の一員であるという重症患者の手術を頼まれる。
しかし、臨床実験もしていない新薬を使わないとこの男は救えない。
躊躇いを見せる零だが、麻薬密売組織が男の口封じに来たことで事態は急変する……。

美里たちが組織の相手をしている間に、零は手術に取り掛かる。
(この病院の看護婦強すぎwwwww)
麻酔を使うと腫瘍が影を潜めてしまうが、新薬のお陰でその問題は解決された。
しかしその効果も長くは持たず、しばらくして腫瘍が見えなくなってしまう。
そこで零は「透視能力を持つ眼」を使って腫瘍を探し出す。
無事手術は成功し、沢医院での初仕事は終わった……という話。

とりあえず下着アニメだと思いました!(マテ

at 10:01|PermalinkTrackBack(0)

2006年04月09日

涼宮ハルヒの憂鬱 第1話 「朝比奈ミクルの冒険 Episode00」

これはすばらしい電波アニメですね!(ぁ
1話に電波全開の自主制作映画を持ってくるなんて誰も思わないよ(笑)。
事前に感想サイトで情報を得てなかったら何が何だか分からなかっただろうなぁ。
放送が遅くて助かったかも……。
あと公式ページは普通にしてください_| ̄|○

本編にツッコミ〜。
未来から来たウエイトレスがバニーガールって何だ!
走るとき胸が揺れてヤバイですwwww
戦闘シーンエロス!しかも負けたの?!
いつの間にかラブコメになったーーーー!!
無理やり打ち切りワロスwwwwwww
ビームのエフェクトがショボ過ぎてワラタ。
パンツ見えたよ?(←ここ重要
最後までパンアップを活用するのはどうかと思うぞ!

大体これの3倍は突っ込みいれたと思う(笑)。
次回からはまともな話になるのかな?
ED曲は映像ばかり気になって耳に入ってこなかったよ。
あの振り付けを体育祭でやってくれる人いませんかね?(えー
応援合戦とかでやればウケると思うんだけど、どうかな?(笑)

視聴は継続しますが、放送が土曜深夜なので感想書くのは遅くなりますね。
ご了承くださいな。

at 13:05|PermalinkTrackBack(0)

2006年04月07日

ZEGA PAIN #01「エンタングル」

場所は舞浜南高校。主人公・キョウは、プールで謎の美少女・シズノを目撃し、
水泳部への入部希望者と考えて勧誘しようとするが……という話。

これはアレですね、機神咆吼ッ!デモンベ(違
じゃあコッチか、GO!アクエリ(だから違
でも大抵の人はみんなこう思ったはずだ!(笑)

幼馴染のリョーコはもっと上手い人使おうよ。
他の脇役で有名な声優使ってもしょうがないと思うんだが……。
とりあえず川澄さんのために見ることになりそう(苦笑)。

この時間帯にエロで攻めるてくるとは意外。
ブルマキター!って男かよ_| ̄|○

リョーコはすでにフラグ立ってるのか。
声がよければもっと萌えられるのに……。

ロボアクションはこんなもんかなぁ。
迫力不足な感じもするけど、私的には許容範囲?
武器の出現はかっこいいと思った。
でも、それは単にシズノがかっこいいだけとも言う(ぁ
稼働時間とか言ってたから、あまり長くは戦えないのね。
確か6分?短いよ!
まぁウルトラマンの2倍なだけマシか(笑)。

今後も見るので、感想は書くことにします。
次回もエロそうな感じ……(ぉ

at 13:09|PermalinkTrackBack(0)

2006年04月05日

かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜第12話「やがて恋がはじまる」

一週間遅れでようやく最終回。
でも確かDVDで続きがあるんでしょ?

結局はずむが選んだのはやす菜。
でもそのやす菜は今回置いてきぼり……。
とりあえず治ってよかったねと(笑)。

はずむのファッションはツッコむべきなのか?
へそ出しってなんだ(;´Д`)
はずむはもっとボーイズファッションをするべきです。
あの親じゃ無理か(笑)。
ってかウエスト細っ!(゚Д゚;)

はずむが「やす菜ちゃんの側にいる」って言ったとき葉っぱから滴が落ちるんですが、
それがとまりの涙を表しているように見えて感動した。
その後のデート(?)も切ないよ……。

河原でのシーンは終始涙……。
最後まで涙を見せようとしなかったとまりがああああーーー!!
とまりが「男だろっ!」と叫ぶところで一気にきましたね。
この一言には深い意味があると思う。

やす菜の元に駆けつけるはずむ。
よく場所が分かったね?
明らかに歩道で抱き合ってたんだけど車は……?
ここまであっさりと治るのは不自然な気がするが……。
ハッピーエンドにするためには仕方ないかな。

みんなで仲良くお友達。
って、ええええぇぇーーーー!!
それはちょっと無理なんじゃ……。
終わりが寸止めだから余計に意味が分からない。
まぁみんな善い人ということで納得しよう(オイ

全体としては微妙!
はずむのへタレ具合しか印象に残らない。
百合作品は、主人公がヘタレというだけで面白みが半減しますね。
変態たちの織り成す妄想によるギャグも苦手……。
普通に少女たちの三角関係を描いてくれればそれで良かったのになぁ。
この作品はあゆきの心遣いが光る話でした。
以上〜。

at 12:16|PermalinkTrackBack(0)

2006年03月30日

かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜第11話「やす菜の瞳から消えたもの」

公式ページのサブタイトルが違うのは何故?

ここで走り去った方がやす菜のためだったんだけどなぁ。
ビンタ合戦をやってしまいましたか……。
あの後、ちゃんと誤解は解いたのでしょうか?

女の人も判別できなくなったやす菜。
ちゃんと病院には行ってたんですね。
こういうのは本人の問題だから治療方もないということか。
お母さんは思ったより優しい人で安心した。
やす菜が泣き崩れるシーンでは、ほっちゃんの演技に感動しましたよ。

とまりの真剣な告白にも明確な返事をしないはずむ。
いい加減にしてください_| ̄|○
ヘタレ主人公は好きだけど、ここまで来るとフォローできない。
はずむに関しては元々フォローしてないけどね(苦笑)。
男ならいいけど、優柔不断な女はあまり好きじゃないので。

あゆきの空気を読みまくりな登場には笑った。
タイミングの良さは神クラスw
はずむに説教するシーンは視聴者が思っていることの全てだったと思う。

仲直りしちゃった(゚Д゚;)!!
この二人がいくら成長してもなぁ。
自分が傷付くことを怖れない心、相手を思って身を引く考え。
これらをはずむもちっとは見習えよな!

やす菜は都会にいるより、田舎でのんびり療養した方が良かったんじゃないかなぁ?
宇宙人(仁)の話は分からなくもないんだけど、人間は個体の特徴が多い生き物で、
その他の動物は個体の特徴が少ないというだけの話ではないのか?
あと、やす菜は他者への興味がないわけではないと思う。
幼い頃に表れた症状で、しかも父親と楽しそうにしているときに突然だったわけだし。
それと、恋愛で症状が回復するなら、はずむを好きになった時点で治るんじゃないの?
その辺りが何だか矛盾及び説明不足ではないですか?

次回ではずむは決断できるのかなぁ……。

at 09:27|PermalinkTrackBack(0)

2006年03月29日

灼眼のシャナ 第24話 「紅蓮の想い」

今回で最終話。
無料配信24回目。原作は結局未読のままです。

まぁ最終回としては上手くまとめたのではないでしょうか。
結果的に街はちゃんと救われたみたいだしさ。
普通に考えればもう手遅れだと思うが……。
この際だから、その辺はもうスルーします(苦笑)。

戦闘シーンは特に盛り上がることはなかったですね。
ヴィルヘルミナは負けてるしさ……。
今回はあれだよね、先の戦闘で消耗してたから押されたと。
万全の態勢なら、ベルペオルとも互角以上の戦いをしてくれると信じてます。
怪獣合戦はもう見飽きた(ぉ
だって遠距離攻撃ばっかりなんだもん。
もっと殴り合って欲しかったなぁ(笑)。
「麗しのビンターーー!!」とか叫びながらさ(えー
シャナはパンツしか見てませんでした!アァ?(#゚Д゚)σ)Д`)アゥアゥ

ヘカテーについては最後までエロか(ry
敵の三人には結局逃げられてしまいましたね。
原作でもまだ決着はついてないのかしら?

池くん、最後に出番があったーー!!
けど恋に希望はなさそうですよ?(笑)
ラミーさんも元気そうですね。
存在をすっかり忘れてましたが!(ぁ

正直、この作品のキャラはあまり好きになれませんでした。
恋愛に対してはっきり意見を言わないキャラは何かダメだわ。
その点、吉田さんは比較的好きになれた。
でも微妙に腹黒いんですよね〜(笑)。
何か嫉妬深くて怖い……(ぁ
それで悠二は結局どっちなんだよ!

これでアニメは終わるけど、まだ劇場版があるんですよね。
できれば先代の話とかにスポットを当てて欲しいなぁ。
まぁ私は見に行かないだろうけど…(オイ

この作品はネット配信に感謝でした。
今後もこういうのが増えるといいなぁ。

at 09:58|PermalinkTrackBack(0)

2006年03月23日

かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜第10話「小さな嵐」

二人が今の関係のままでいようとしても、はずむがしっかり向き合わない限り、
結果的にはお互いに傷付くだけ……。
前回泣くほど苦悩したのに、今のはずむの無邪気さはどこから来るんでしょうね?
「二人っきりで」という言葉にもまったく反応しないし……。
元男なのに女の子ばかり遊びに誘うのもどうかと思うが…?
女になった途端に積極的になり過ぎですよ!

気持ちを抑えるのってつらいね……。
はずむの性格からしても、一気に攻めた方が有利っぽいし。
水族館ではよく耐えたと思います。
駅員さんに恐怖するって、普段の生活は大丈夫なのか?
いい加減病院に行け!

誤解をしてしまったとまりは、負けたくない気持ちが膨らんで……。
結局とまりエンドに進むの?
なんではずむは拒否しないんだよっ!
こいつの態度はマジで分からない……。
流されやすいタイプはダメですね。
これで次回二人が仲直りしたらどうしてくれよう!

公衆電話のシーンでおかしな作画がありましたが、一瞬の絵だからまぁ許そう。
次回は修羅場かしらー?

at 10:01|PermalinkTrackBack(0)

2006年03月22日

灼眼のシャナ 第23話 「星黎殿の戦い」

今回はシャナの決意の話。
無料配信23回目。原作は未読。

だからヘカテーはエロイって(*´Д`)
能登さんボイスは反則だろ……。

星黎殿に突入したシャナとヴィルヘルミナ。
教授の罠に追い詰められていく……。
正面から入らずに、建物を壊して別の場所から入ればいいのにね。
あと広間は立ち止まらずに走り抜ければよかったのに!
とアニメにツッコミ入れてもしょうがないか(苦笑)。

兵法は知力と数で勝るものが勝つみたいな戦いでしたね。
マージョリーさんが来なかったらどうするつもりだったのかしらー?
佐藤たちもマージョリーさんの声が聞けてよかったですね。

あとは決戦のみか……。
シャナの決意はかっこよかったと思うよ。
悠二は「えっ!いまさらなの?」と思いましたが(苦笑)。
名前をつけた時点でその問題は終わったと思ってたのに。
この作品のテーマは『存在』でいいのかな?
なのに、一般人の存在をスルーしてるのはどいういことかと(笑)。
次回で最終回ですが、乱れた世界のバランスとかはどうするんだろう?

at 12:52|PermalinkTrackBack(0)

2006年03月16日

かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜第9話「この願いはかないますか?」

今回は夏祭りと浴衣。
呼ばれてないのに現れる明日太ワロスw
あゆきの容赦ない時間変更にみんな何も言わないから素敵(笑)。
明日太はギャグ担当に決定みたいだね。
妄想シーンは相変わらずキモイので萎えた。
ああいうシーンはもうどうでもいいのですが……。

最近のとまりが可愛くてしかたない。
今まで浴衣なんて着たことなかったのね。
家族の慌て方には笑ったよ。

やす菜との会話シーンは見ててハラハラするんですが!
二人の間にある微妙な間が何だか怖い…((;゚Д゚)ガクガクブルブル
普通なら耐えられない空気なんだが、犬が緩和剤になってるのかな?

いや、その奥義は使ったらダメだよ!
店が赤字になっちゃうって(笑)。
とまりの金魚すくいは達人を凌駕してると思います。

さて、今回問題となったのは選べないことの苦悩。
どちらも魅力的で二つに一つと言われたら誰でも迷うからなぁ。
でも好きな人はやす菜なんでしょ?え、とまりのことも好きになったの?
うわー、それってただの二股……。
最初の告白とやす菜からの告白の時点でやす菜を選んだはずですが?
やす菜への気持ちは4話の出来事だけで揺らぐものだったのか?
そう考えるとはずむの態度はあまり理解できないなぁ……。
フラグ立てるだけ立てておいて選べないとなるとバッドエンドになりますよ?
せめて誰かはずむに説教したらいいのにね。

とアニメにまじめに意見するのもバカらしいので黙って見守ることにします。
次回はとまりがメインかな?これでますます気持ちが揺らぐ羽目に……。

at 11:20|PermalinkTrackBack(0)

2006年03月15日

灼眼のシャナ 第22話 「揺らぐ炎」

今回はヘカテーエロスの話(マテ
無料配信22回目。原作は未読でコミックも未読。

使命と感情の間で揺れるシャナ。
アラストールの話はヴィルヘルミナにも分かってはいるのでしょう。
ヴィルヘルミナがシャナに望むことはフレイムヘイズとしての成長だけなのか……。
それでも最後にはシャナと悠二のことを認めてくれると信じてみる。

一方の星黎殿。零時迷子の力を教授の仕掛けで吸いだして放出するでいいのか?
ヘカテーと同化するシーンは声だけ聞けばエロイw
悠二はこの状態で生き続けることになるのだとしたら羨まし…アァ?(#゚Д゚)σ)Д`)アゥアゥ

こちらはただの人間チーム。えーっと、池くんは?・゜・(ノД`)・゜・
佐藤と田中は宝具・ブルートザオガーをシャナに託す。
このシーンは非常によかったと思う。
シャナも人間だと言われたようなものですし。
恋することは人間ならあたりまえのことだからね。
そして吉田さんの言葉でシャナは自分の気持ちに素直になれたのかな?
シャナは平井さんじゃないんですけどね(苦笑)。
本当の平井さんの存在が忘れられてるのはやっぱり悲しいな……。

次回は決戦ですが、マージョリーさんの活躍が気になるところ。

at 11:42|PermalinkTrackBack(0)

2006年03月09日

かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜第8話「見ているだけが…」

私は蝶々って苦手…。一匹なら平気だけど、数が多くなると無理です。
蝶々に限らず、昆虫全般に言えることかな?
関係ない話ですね、はい。

あゆきがメインと言いながら、あまり掘り下げられなかったなぁ。
とりあえず、あゆきの距離感は分かった。
しかしその理由が語られないのはどういうことか…。
せっかくメインに持ってきたのに勿体無いよ。
シリアスなシーンでますみんのボイスだとちょっと笑ってしまうのはナイショだ(笑)。

今回はとまりとやす菜の話の方が大事。
ずっとギクシャクした関係だったけど、今後は大丈夫そうだね。
良きライバルと認め合ったって感じ?
やっぱり三人ラブラブの方が見てて楽しいし。
まぁ百合作品に嫉妬は付き物なんですけどね。

はずむの怖がりには大爆笑。とまりがすごく羨ましい(オイ
明日太…前回見直したのにもう暴走してるよ(笑)。
妄想もほどほどにな!

このままゆっくり三角関係の恋愛を描くのかしらー?
そろそろ大きな事件でも起こってくれないとダレそうな気が……。
まぁとまりが可愛いからいいけどね!(ぁ

at 09:48|PermalinkTrackBack(0)

2006年03月08日

灼眼のシャナ 第21話 「遠ざかる想い」

今回はシュドナイ、ロリコン宣言の話(ぁ
無料配信21回目。原作は未読という状態で後3話?

ピンチはあっさり切り抜けるのが主人公。
アラストールの機転は見事でしたね。

だらだらと会話シーン。
バットは分かるが、竹刀で徒は倒せないと思います(笑)。
人間模様は『近くて遠い』という言葉がピッタリ。
側にいるはずなのに、想いはすれ違う。

ところで、もう死んでる人間が生きようとするのは何でかなぁ?
悠二の決心も、世界より自分を取ってるようにしか見えないんですが……。
死んだらいいじゃん!どうせ誰も覚えてないんだし。
この辺りの問題を悠二はどう考えているんでしょうか?
悠二の言葉には説得力がないよ。シャナに頼る気満々だしさ。
ヴィルヘルミナの判断がもっとも正しいです。

星黎殿が御崎市上空に現れる事態にまで発展。
この次点で世界に多大な影響を及ぼしているのに、
敵を倒せばそれでいいと考えるのもどうかと思う……。
こうならないようにするのがフレイムヘイズなんじゃないのかと。
世界に影響を与えてからでは遅いです!!
まぁここまで来たら被害を最小限に抑えるために敵を倒すことが優先になりますが。

うわヤバイ、原作ファンに怒られそう……。
批判しちゃったけど、細かいツッコミを入れなければ普通に面白いです。
ラストまで盛り上がってきましたよー!

あと予告は考えて作りましょう。シャナがピンピンしてる_| ̄|○

at 12:26|PermalinkTrackBack(0)

2006年03月02日

かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜第7話「みんなで海へ」

いつの間にか夏休みになっててビックリですが、夏といえば海ですよね!
リアルの時期は2月ですが(苦笑)。

今回は明日太の気持ちに決着をつけつつ、やす菜ととまりが本音を打ち明ける話。
冒頭からはずむがエロくて大変です。前屈みはヤバイって!!w
これじゃあ惚れるなという方が無理だな。明日太の気持ちも分かる。
しかし明日太はどれだけ幸せな環境にいるんだ?
女4人と一緒に海に行くイベントなんてあるわけねぇ!!
けど明日太がカッコイイから許す(ぉ

海のイベントって大抵挿入歌が入るような気がする(笑)。
約3名どうでもいいキャラがいますが、私には背景にしか見えないので(オイ

明日太の葛藤が面白いなぁ。
はずむの微妙な発言が追い討ちをかけたわけでw
でも考えてることは男らしかったと思うよ。
これからも親友ということで終わったけど、すごく頼もしく見えました。
まぁ、とまりのドロップキックで台無しになりましたが(笑)。

アレで甘口のカレーって、いつもはどんな辛さなのかとw
両親があまり料理してくれないっぽいからね。
味覚がおかしくなってもしょうがないよ(えー

ラスト、とまりの「好きだから」という台詞。
今後の展開はどうなることか……。

次回はゆあきがメインですか?

at 09:41|PermalinkTrackBack(0)

2006年02月27日

灼眼のシャナ 第20話 「非情のヴィルヘルミナ」

今回はヴィルヘルミナが怒る話(少し違う
無料配信20回目。原作は未読なんだ。

リュックから掃除機が出てきたよ?(笑)
ツッコミ役のいない作品には視聴者がツッコミを入れるしかない。
というわけで、どう考えても無理があるだろそれはッ!!
ふぅ、スッキリしたっと(マテ

さて、いろいろややこしい事になってきましたが、
ヴィルヘルミナは事態の把握が早すぎますw
ほんの数時間で、シャナの現在の環境と心境を理解してしまいました。

そしてやってきたヴィルヘルミナVS千草ママ。
結果は千草さん圧勝ですか?マジで強えぇぇーーーーー!!
ほんわか属性は最強ですね(笑)。
アラストールのダメっぷりワロスwww

一方の悠二は吉田さんとお話中。
悠二は告白には答えないみたいですね。
トーチじゃなかったらOKしたのかな?
このまま保留でいいのかしら〜。
吉田さんがそれでいいなら別にいいんだけどさ。

マージョリーさんはもう登場しないのか?
結局は戻ってきそうな予感。
田中は緒方さんからの告白どうするつもりでいるんだよっ!!

強攻手段に出たヴィルヘルミナ。
零時迷子を狙う紅世の正体も分かっている以上、
他に方法がありそうな気もするんですけどね。
こういうときに限って悠二とシャナがすれ違ってたんじゃぁどうしようもないか。
さあ、次回以降どうなることか……。

at 16:38|PermalinkTrackBack(0)

2006年02月23日

かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜第6話「お嫁さんとお婿さん」

あれ?とまりはここで身を引くのかよ!
ここで詰め寄って修羅場になる展開を期待したのになぁ(ぉ
「スパッとあきらめるか、とことんやるか」のどちらかですよ?

失ってから初めて気付く〜♪
はずむは避けられると気にするタイプなんですね(笑)。
二人とも傷つけたくない…それはエゴじゃぁないのか?

いぬ!犬がエロスw
はずむのお風呂といい、毎回サービスシーンには力入れてるね(苦笑)。

さて、典型的な二股ルートに入っちゃいましたよ!
やす菜を受け入れたのなら、ケジメは付けようぜはずむ〜!!
結局は自分が損するだけですよ?

次回はう〜み〜♪(笑)

at 10:27|PermalinkTrackBack(0)

2006年02月20日

灼眼のシャナ 第19話 「戦いの中で」

今回は変形ロボVS巨人ゴーレムの話(違
無料配信19回目。原作は未読なんだけどさ。

ゆかりちゃんの正体も明かされて、吉田さんはますます困惑。
悠二がトーチだという事実から逃げた吉田さんと向き合っているシャナ。
想いの強さはどちらも同じなんですけどね?

一方の美少年2人。何だか友情以上のものが芽生え……
    _, ,_  トンファーパーン
┣( ・ω・) 
┃  ⊂彡☆))Д´)

問い詰めシーン。
悠二は証拠を見せた(宝具・ジェタトゥーラ)。
カムシン冷静に対応。
吉田さん感激中。
シャナは動揺している。
吉田さん「私のために争わないで!」と駆け寄る(違
マージョリーさんラブシーンに耐えられず判決の言い渡し。
判決は…目の前のことを優先せよ!でした。
……えっと、何の話だったっけ?(オイ

無意味な変形ワロスw
しかもダサっ!!バランス悪すぎだろ(笑)。
さらに飛行船と合体までしましたよ!!
ますます意味が分からないwwwww

何かでっかいのキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!
マージョリーさんの逃げ方がハンパじゃねぇw
合体飛行船は一撃で撃沈。教授、あんた最高だよ!!

最後にヴィルヘルミナさん登場。
リュックから覗くレトルト食品がカッコイイ!(えー

アイキャッチのヘカテーが可愛かった…(*´Д`)

at 21:19|PermalinkTrackBack(0)

2006年02月16日

かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜第5話「やす菜の目に映るもの」

とりあえず、やす菜が何故はずむを好きになったのかが分かったので良し。
こうして見ると、別にやす菜は百合というわけではなかったんですね。
ちょっと残念だなぁ……。現状だけ見れば百合だけど(笑)。
症状の原因と、病院には行ってないの?という疑問は抱いちゃダメかな?(ダメだよ♪

とまりちゃんの攻勢も見逃せない展開となりました。
しかし、これでもしやす菜が退いたとして、とまりははずむに告白するのか?と聞かれ
ると微妙ですよね。やっぱり気持ちは素直に伝えないと意味ないよ?

「ぼくが受け止めてあげなくちゃ」ってことは、
もうやす菜と恋人になるということでいいの?
元々好き同士なんだから別にいいけど、この作品が何を描きたいのかが
分からなくなったような……。
とまりがもっとアピールして、はずむがとまりを気にしはじめない限り、
三角関係にはならないような気がする。
はずむはとまりのことは幼なじみとしか思ってないでしょ?
今後どうなるのかは、とまりのアピールにはずむの心が揺れるかしだいですね。

ん、んん…違うのかな?もう分かんないよぅ!
とにかく次回を待つ。

at 10:08|PermalinkTrackBack(0)

2006年02月13日

灼眼のシャナ 第18話 「砕ける願い」

今回は様々な事実が発覚する話。
無料配信18回目。原作は未読だよっ!

楽しいお祭りは悲しみの舞台でしかなかった……。
吉田さんは悠二がトーチだと知ってしまい、シャナは悠二とケンカ。
マージョリーと一緒にいる佐藤や田中もハッキリしない関係が続き、
その田中は真竹から告白されて、佐藤も悠二と封絶の中で出会っちゃうし。
ついでに池くんは出番ないし…(ぁ

とりあえずシャナの浴衣姿に萌えて、千草さんに(*゚∀゚)=3ハァハァして、
マージョリーさんにちょwwwwおまwwwwwすればいいかな(マテ

カムシンが異常にかっこよく感じたのは気のせいですか?
ヘタに慰めるより、男は語らない方が素敵です(たぶん違う
ところで、マーキングはもっと目立たない方法はなかったのかと小一時間。
普通なら警察に事情聴取されちゃうよ(笑)。

赤い浴衣に炎髪灼眼って似合いすぎてたまらない!(≧∇≦)b
でも夜笠を纏うなら制服の方がかっこいいかも?

教授のセリフが視聴者の気持ちを代弁してくれたのには大爆笑でしたw

次回は…あれー?もう決着ですか?

at 16:43|PermalinkTrackBack(0)

2006年02月09日

かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜第4話「少女三角形」

修羅場な展開を楽しむべきなのか迷う……。
いきなり積極的になったやす菜にビックリです。
逆にとまりは遠慮しちゃってるわけで……。
いつになったら三人仲良しになるのー?

ペアルックとか姉妹ですか?
いや、姉妹でもペアルックはしないか…(苦笑)。
密室空間で二人きりのカラオケイベント!!
ただの女友達なら普通ですが、百合となると話は別。
魅惑のシチュエーションに早変わりです!!
お約束の展開にちょっと笑っちゃったよ。

とまりはもうゆあきとの百合でいいんじゃない?(えー
でも最後の叫びにはかなり心震えた!!
とまりも真剣にはずむのこと考えて悩んでるんですね。

さてさて、唐突に告白したやす菜ですが、この展開にとまりファンは納得しないような……。
次回も修羅場は続くのね。
どちらかと言うとやす菜の話がメインのようですが。

at 10:26|PermalinkTrackBack(0)

2006年02月08日

灼眼のシャナ 第17話 「新たなる序章」

今回はカムシン登場の話。
無料配信17回目。原作は未読なんだからね。

OPが変わったけど、私にはどうでもいいことです(えー

高校でプール?体操服がブルマだったりと、本当に変わった学校ですね。
しかし楽しそうじゃない_| ̄|○

シャナの料理。
ステップ1、卵焼き。
まぁ当然失敗するわけですが、卵焼きって結構難しいよね。
証拠隠滅までの手際のよさには感動した!(マテ
確かに戦うだけなら料理は覚える必要ないけど、
それは単にヴィルヘルミナができないから教えなかっただけ(笑)。

ミサゴ祭のお誘い。
吉田さんがんばったよ!お弁当に関しては非常に気まずいが……。
誘いを受けた悠二君ですが、シャナは……。あぁ、次回は修羅場な予感。

そして池くんがまたイイ!勝負に出るとか言ってますよ!!
果たしていつまで出番があるのか(オイ

さて、新たなフレイムヘイズ・カムシン登場。
吉田さんが世界の真の姿を知ることに。
協力がどうのと言ってますが、いったい何をするつもりなんでしょうか?

一方その気配を感じつつ、敵に対する警戒も考え始めるシャナたち。
町を出るなら早い方が良いよ?

ヴィルヘルミナさん、あなた何してるんですかーーーーーー(笑)。

at 13:54|PermalinkTrackBack(0)

2006年02月02日

かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜第3話「はずむの心、やす菜の心」

ジャン・プゥは何のために必要なキャラクターなんだろう?
先生はいい加減どうでもいいので今後はスルーします。
教科書の朗読には爆笑した。誰か突っ込めよw

今回のメインはやす菜だったわけですが、話が重いなぁ……。
ギャグを挟んではいるものの、全体的に明るい作品ではない感じ。
思ったより複雑な人間関係が描かれるのでビックリです。

やす菜の男を認識できないのは父親もなのね……。
これっていつからの症状なんだろう?
やす菜の瞳に光がないのにはマジで焦った。

はずむのまっすぐな心に動かされたやす菜。
これでやす菜の心も救われるかな?
しかしただのお友達で終わらないのが百合作品。
次回はまた修羅場っぽいよ?

at 14:28|PermalinkTrackBack(0)

2006年02月01日

灼眼のシャナ 第16話 「炎髪灼眼の討ち手」

今回は過去編終了の話。
無料配信16回目。原作は未読なんやけどね。

戦闘と過去のシーンを織り交ぜながら進む構成。
ウィネは最後まで可哀想な扱いでした(笑)。
炎髪灼眼の討ち手は天目一個と対決。
さらにここで、天目一個の目的が語られる。
トドメが頭突きでいいんですかーーーーー(笑)。
ここはキックにしておきましょうよ!

ヴィルヘルミナの愛する?メリヒムは、役目を果たすために姿を戻す。
オルゴンを一撃で葬った後、炎髪灼眼の討ち手の元へ。

先代の話もちょこっと語られますが、断片的過ぎてよく分からないですね。
やっぱりマティルダさんの話はアニメではやらないのかな?

自在法について教えを説いたメリヒムは自らの役目を終える……。
このシーンは会話が省略されているそうなので残念です。

ラスト、ヴィルヘルミナとの別れ。
泣かずにはいられませんでした・゜・(ノД`)・゜・
メロンパンはヴィルヘルミナとの想い出の食べ物ということなのね。

次回は吉田さんが?

at 14:10|PermalinkTrackBack(0)

2006年01月26日

かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜第2話「彼女は彼女であることを自覚した」

ちょっと反則なんじゃないか?
はずむが本当に元男なのかというくらい可愛い。
何だか羨ま(ゲフン

とまりちゃんがっ!!戸惑いながらもはずむをフォローしてがんばってます。
そしてブラのつけ方講座〜。
  _  ∩
( ゚∀゚)彡 おっぱい!おっぱい!
 ⊂彡
何てエロイシーンなんだ!!これでテレ東でなかったらもっと……(マテ

マスコミは本当に邪魔です。これからも付きまとわれるとしたら嫌だなぁ。
とまりが上手く追い払ってくれるかもしれないが。

ジャン・プゥはいらないと思うんだ、うん。
物語はメイン三人で動いて欲しいです。
先生とか親もイマイチ好きになれないし……。
この作品ってサブキャラクターが無駄に個性的だよね。
正直うっとうし(ry

次回はこの宇宙人関係の話かな?

at 09:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年01月25日

灼眼のシャナ 第15話 「炎の生まれた日」

今回は炎髪灼眼の討ち手誕生の話。
無料配信15回目。原作は未読ですわ〜。

ヴィルヘルミナは天道宮へ。
オルゴンは天目一個に斬りつけられましたとさ。
まぁ何ていうか、オルゴン弱えぇーーーーーー!!

シロの大暴走も落ち着いたようで、謝るシャナが可愛い。
この頃のシャナは素直で良い子ですね。

とそこへウィネが襲撃してきて、シャナは初めて紅世の徒と対峙する。
しかし凄まじいヘタレっぷりを披露するだけの捨て駒(ぉ
ヴィルヘルミナに放り投げられて星となりました(笑)。

シャナ、前回の下着姿の次は裸包帯ですか?
サービス精神高いなぁ。男を知らないってすばらしい(マテ
以後シャナは身体に包帯を巻いただけの姿で動き回ります(笑)。

ヴィルヘルミナがオルゴンと戦ってる間に、
シャナは天目一個を従えて?アラストールの元へ。
先代の炎髪灼眼の討ち手がチラッと登場。
マティルダさんの話はこれだけなのでしょうか?

「邪魔だ斬れ!」ウィネよサヨウナラ……。
そういえばあの鍵みたいなのは何だったのさ?

ついに炎髪灼眼の討ち手が誕生。シャナがかっこいい!!
何だかキャラが違って見える。今のシャナより全然好きなんだけど。
悠二と知り合ったがために……。

ED曲が変更されました。雰囲気的にはこっちの方がいいかも。
前回のED曲はOP向けだったしさ。

次回は天目一個との対決かな?

at 13:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年01月19日

かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜第1話「少年はその日変わった」

冒頭、『女同士の すごい 三角関係』。
百合百合でエロい作品になりそうな予感…(えー

うわっ、はずむ君は見た目も声も男じゃないよ(笑)。
そのため、植田佳奈さんのボイスに違和感はないです(あれ、私だけですか?

やす菜ちゃんの態度がよく分からないなぁ。
はずむ君に好意はあるけど、男だからダメってことか?

とまりちゃんははずむ君が好きだということが明らかなので、
女になったはずむとどう接するのか気になります。
というか、ゆかりんボイスでツンデレ属性だよ!
そんなの最強じゃないか!!素直じゃないところが可愛い過ぎる!
とりあえずブルマが(*´Д`)

個人的にはあゆきが良いキャラだと思う。
こういう作品に眼鏡クールは欠かせない!!

明日太はヤバイって!絶対はずむと気まずいよ……。
エロゲだったら襲って(ry

両親と先生は面白いけど好きじゃないです。
ギャグ担当のようですね。

宇宙人も地球に在住するそうですが、全世界に公表しちゃって大丈夫なのか?
はずむに係わる人たちだけに話せばいいのに……。

さてさて何の運命か美少女化してしまったはずむ君。
単に前髪が短くなっただけのような気もしますが、身体もちゃんと女になりました。
とまり!手を、手をどけてくれ!!(最低だ
あの胸のサイズは何を基本にしたのかな?(笑)
とまりは戸惑ってるのに、やす菜は妙に嬉しそう。
百合百合〜〜〜♪(ってオイ!

次回はお着替えパラダイスw
今後はずむ君がどのような生活を送るのか楽しみです。

at 17:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年01月18日

灼眼のシャナ 第14話 「偉大なる者」

今回はヴィルヘルミナさん萌えの話(ぇ
無料配信14回目。原作は未読であります。

シャナのメロンパンの食べ方講座w
ごめん、激しくどうでもいい(オイ

過去編の舞台は天道宮。最大級の宝具とのこと。
チャイナ姿で戦うシャナが(*´Д`)
特定の型ではない様なので、武術は我流ですか?

ヴィルヘルミナさんキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!
「であります」口調って大好き。家のメイドさんになりませんか?(マテ
チャイナ服についての知識披露。いや、戦闘力は全然関係ないって!!(笑)
って何だその倒れ方wwwwww
直立のままキレイに倒れましたよ?素敵過ぎるよヴィルヘルミナさん!!
家事全般が得意でありながら、料理はまったくできないとか。
おかげで料理はほとんどがレトルト食品をレンジでチンw
でもそこがいい!!(えー

シャナの下着姿再び!!
ってヴィルヘルミナさん何いきなり脱がしてるんですか!!
ここから先は別のお勉強がはじま(ry

メイド服姿で背中には大量の荷物。
しかも独り言をぶつぶつ言いながら人ごみを歩くヴィルヘルミナさん。
怪しさ全開です(笑)。

ウィネとオルゴンが過去編メインの敵らしい。
オルゴンVSヴィルヘルミナさんは次回に持ち越し?

骸骨…じゃなくて!シロというかメリヒムの暴走。
ケチャップが血に見えたことが原因なんだろうけど、よく分かりません。
過去に何かあったのでしょうか??

ついに天道宮の場所が知られてしまいました。
さらに天目一個まで登場。
次回はアラストールとシャナの契約かな?
ヴィルヘルミナさんが活躍すればそれでいいよ!(マテ

at 17:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年01月15日

ウォンレイ最後の鉄拳

3月で打ち切り説がある中、まだまだ熱いガッシュベル。
今回だけ特別更新。それも全ては池澤さんのため(オイ

ウォンレイ&リィエンVSロデュウ&チータ
瞳に強い意志を宿した二人に敵はない。
確実にロデュウを追い詰めていくウォンレイ。
だがロデュウはファウードの力を借りるという卑怯な手を使う。
分身にリィエンが襲われ、ウォンレイはロデュウに集中できない。
ウォンレイが傷ついていく姿を見るリィエン。
「私は、守られてばかりじゃない…!!」
リィエンは立ち上がり、分身の攻撃をかわしながら術を唱える。
その一撃で吹き飛ばされるロデュウ。怒りに震えるロデュウはもはや手段を選ばない。
今度はファウードの力によってチータのこころの力を増加させる手段に出る。
リィエンだけでも逃げろと言うウォンレイだが、リィエンは離れないと腕を掴む。
その想いを受け取ったウォンレイは、リィエンの手を強く握る。
そして二人は愛の力を込めた最大の術でロデュウに挑む……!!
ぶつかり合う「ディオガ・ラギュウル」と「ゴライオウ・ディバウレン」。
爆発する光の中で、リィエンは『守る王・ウォンレイ』の姿を見た。
二人で過ごした数々の想い出がその背中に映る。
目が覚めたとき、リィエンの手にはウォンレイとの想い出だけが残った……。

ウォンレイ送還……。
うわーん°°(≧□≦)°°
大好きなコンビだったのに、ここでお別れだなんて。
これでロデュウがやられてなかったら恨む……。
てか、チータは無事なんでしょうか?
ガッシュで死人を出したりはしないと思うのだが。
最後まで冷静だったチータなだけに大丈夫だとは思うんだけどね。
生きてたらとりあえず半面の理由を語ってくれ! アァ?(#゚Д゚)σ)Д`)アゥアゥ

次回からガッシュの声が吉田小南美さんに変わるそうです。
ってことはエリーと二役になるの?激しく不安なんだが…。
私はエリーラブだから余計にね(ロリコン…

原作も休載だし、アニメもオリジナル展開にしたはいいがどうなることか……。
次回予告に回想シーンを使うというのにはガッカリ。
ウォンレイが生きてると誤解してしまうじゃないか!!
スタッフさんどうか投げないでくださいね。

at 17:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年01月12日

ARIA The ANIMATION 第13話 「その まっしろな朝を・・・」

ようやく最終話。年明け前に見たかったよぅ!

今回はネオ・ヴェネツィアの年越しの話。

アイちゃん登場で挿入歌とは上手いですね。
水橋さんのロリボイスは少し違和感があったかな?
ツンツンしたキャラを聞き慣れてるせいかも……。

広場にみんなで集まって年越し。
ネオ・ヴェネツィアにはいろんな風習があるんですね。
豆料理っていうのに笑った(笑)。

再び過去を見る灯里、そしてアイちゃん。
擬人化ネコちゃん大好きだーーー!!

アリア社長のモチモチポンポンが三回連続でっかいピンチ(笑)。
アテナさんのドジっ子も微笑ましい(ぁ

年越しの瞬間に自分が去年使っていたものを投げる。
ウンディーネは帽子と決まってるみたい。
アイちゃんはリボン。グランマとアリア社長は何だろう?

最後に初日の出を見るシーン。
赤ちゃんかわいいよ!ほんと幸せ家族だなぁ。
お父さんは顔見せなしですか?あぁ男はいらないと(えー

アリア社長ぉぉぉーーーーーーーー・゜・(ノД`)・゜・
泣いたよ、アリア社長の灯里に向けたサインに超感動。
ARIAの半分はアリア社長でできている!!


すごく良い作品でしたね。癒しとか暖かさを持ったステキな作品でした。
第二期の制作も決定したそうなので、もう今から楽しみ〜。
評価は98点ですが、その半分はアリア社長ポイントだったり(笑)。

では、恥ずかしいセリフで締めとします。

私たちと世界は、時間という水の中を緩やかに進んで行く。
その流れは止まることなく上から下へと続き、太陽の光を受けてキラキラと輝く。
そうして流れの上(過去)から受け継いだものが、下(未来)へと繋がって行く。
静かに、生きる喜びを感じながら……。


ARIA The ANIMATION 第一期終わり。

at 17:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年01月11日

灼眼のシャナ 第13話 「校舎裏の宣戦布告」

今回は愛染兄妹編ラスト。
無料配信13回目。原作はまだ未読ですー。

贄殿遮那を奪われたシャナ。
気合の入ったディープキスが……。
唾液と舌が絡み合ってエロ過ぎです(´・ω・)
お前たちのキスは違う…!ってシャナの怒りはキスの方なのね?
世界のバランスを壊すことは二の次ですか?
そもそもよく考えたら、戦闘中にも人が大勢死んでるんだよなぁ……。
建物は元通りになるからいいけど。これってどうなの?

ブルートザオガーでソラトに反撃。さらに投げ返してティリエルの胸を貫く。
「返す…!」って返すなよ!と突っ込んだ(笑)。
そのまま使えば相手は丸腰だと思うのだが……。

シュドナイVSマージョリー
守るものを見つけたマージョリーさん。もう失うことはしたくない!
ってノリノリ過ぎ!「どっかーん!」って何だ (;´Д`)
結果はシュドナイが退いて終了。

愛染兄妹も最後を向える。側に悠二がいればシャナの勝利は確定。
ソラトがバカ過ぎるためティリエルの想いは届きませんでした。
生まれ変われたなら今度こそ幸せにね、とか言ってみる。

戦い終わってまた戦い。
校舎裏で吉田さんに宣戦布告。
これから長ーーーい恋のバトルが始まります。
悠二はシャナのことしか頭にないんだろうけど(苦笑)。
って貴様はご褒美に何を期待してんだよ!!死人のくせに(ぁ

次回はシャナの過去。原作読んでない人でも分かる構成でありますように。

余談ですが、公式サイトの用語解説『けっこう着痩せするタイプ』に爆笑した!

at 15:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年01月07日

見れないアニメの感想

最終話について。

まずは『魔法少女リリカルなのはA's 』。
去年に放送終わってるけどいいよね?
最終話まえのラスボス戦。はやてが魔法少女になったー!
はやての衣装はかなり好きですね。髪の色も私的にはOKかな。
そして騎士達の復活。セリフも決めてかっこよ過ぎです!!
みんな揃ったところで敵を滅多打ち……。
視聴者に同情されるラスボスって(笑)。
あっけなくラスボスにはサヨウナラしてもらいました!
ところでこれRPGにしたら面白そうだよね。作って欲しいなぁ。
さていろんな意味で涙した最終話。
リインフォースが・゜・(ノД`)・゜・
はやてとの別れは切なさが込み上げます。
映像で見てたらボロ泣きだったかもしれません。
あとはみんな仲直りして魔法少女のことも話しておしまい。
そして6年後。何だかいろんな意見がありましたが、
私としてはこういう終わりでも良かったと思います。
みんな可愛いというよりは美人になったという感じ。
クロノ君の声変わりが聞きたい(笑)。
それぞれの地位で仕事?をこなすのは偉いね。
この作品はこれで終わりということでいのかな?
ああ見たかったなぁ……。映らないのが悔しい!
でも感想サイト回るだけでも面白かったから満足です。
本当に良い作品でした。

次に『D.C.S.S.〜ダ・カーポ セカンドシーズン〜』です。
幸せエンド?で終了。何だかあっけない感じ。
アイシアは結局何がしたかったんだよ!
こんなのアニメ化しなくても良かったんじゃないの?
OVAの4話ぐらいで結婚エンドに持っていけばいいだけじゃないか!
26話とか無駄に長いだけ……。D.C.兇離▲縫甓修眄簑个△襪鵑任靴腓Δ諭
そんなにダ・カーポで儲けたいのかあんたたちはぁぁぁーーーーーーーーー!!
悪くはなかったけどちょっと残念な作品でした。

続いて『SHUFFLE!』。
亜沙先輩エンドでおしまいでした。
特に原作(PC版)との変更はなかったみたいですね。
後日談はプリムラ視点のモノローグ。
分かりやすい構成でいいと思います。
もっとプリムラの話が欲しかったけど。
楓はあそこまで壊れたのに最終話ではもう完全に元通りみたい。
楓が稟を刺して亜沙先輩が魔法を…という展開を期待してたんだけどなぁ。
流石にそこまではできなかったようです(あたりまえだ!
原作未プレイ、アニメも見れないわけですが、SHUFFLE!という作品は好きです。
キャラクターの魅力が高いし、設定も面白いしね。

今期は見たくても見れないアニメが多かったなぁ……。
というわけで以上です。読んでくれてありがとう。

at 11:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年12月31日

蒼穹のファフナー RIGHT OF LEFT

あらかじめ言っておきますが、私はTVシリーズを見たことがありません_| ̄|○
本編放送時は見れない県に住んでたもので……。
でも「蒼穹のファフナー」の1年前〜半年前を描いた番外編ということなので、
ある意味TVシリーズを知らなくて良かったのかもしれません。
世界観も設定もよく分からなかったけど、結末がアレとは予想外でしたよ。
深夜だというのにマジ泣きして大変だったし(苦笑)。
結晶化とか普通の死より衝撃ですよね。キレイだけど…(オイ
幻想(偽り)の平和が作られていく過程が上手く描かれていました。
冲方丁さんの脚本はやっぱりすごいね!1時間しかなかったのが勿体無い。
またアニメ化する企画があるとか聞いたけどどうなのかな?
冲方丁さんの脚本で作ればきっと成功するよ!!(ぁ
短い感想でごめんね……TVシリーズ見てたらもっといろいろ書けるんだけどさ。
作品としてはかなり良かったと思います。

at 14:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年12月29日

ARIA The ANIMATION 第12話 「その やわらかな願いは・・・」

あれー?公式ページでサブタイトルが違うのは何故??
テレビ東京の公式ページはあってるのに……。

ほとんどの地域はもう最終話ですかね。こっちは年明けになります。
ああ、何だか頭が回りませんよ……思考回路がぼんやりしてる。

今回は過去に行く不思議なお話。

雪を食べようと奮闘するアリア社長かわいい!

本で見つけた橋を見に行く灯里。
物語はここから動きます。

ドジっ子眼鏡っ娘がーーーーー!!
いいキャラだ、不足していた眼鏡っ娘を補ってくれた(えー
灯里に似てるとはいえ、ここまでドジっ子ではないと思う(笑)。

水のない時代で、気候も安定していない。
ここはアクアが水で潤う前の時代。
始めは気付かなかった灯里も、カードレコーダーで気付いたみたい。
水路に水が流れるのを待つ街の人たち。
社長のモチモチポンポンはでっかいピンチに(笑)。
水が来たのと同時に挿入歌が!!
おかげで感動が3割増しになった・゜・(ノД`)・゜・
アリシアさんに抱きつくシーンはヤバイよ……。


注目のセリフ
「過去と未来を繋ぐために」
「さようなら、私のアッペニーデ(未来)」
今回は4話とも係わりのある話でしたね。
私たちは未来に何を与えているのでしょう?
高度な文明、環境破壊など、未来に影響を与えるものは様々です。
でもそれは物や結果でしかありません。
本当に未来に繋げていかなければならないのは人の心です。
いま人は、未来を想う心を少しずつ忘れていっています。
自分さえ良ければ、今が良ければいいと考える人たちばかり……。
世界の歴史は心の繋がりです。そのことを忘れないでくださいね。

at 14:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

灼眼のシャナ 第12話 「ゆりかごに花は咲いて」

今回は問い詰めバトル話。
無料配信12回目。原作は未読ですよっ!

ああ、何だこの恋のバトル (;´Д`)
池が一番報われない状態だし……。
しかもついに吉田さんがシャナに宣戦布告しちゃったよ(゚Д゚;)!!
おかげでシャナも自分の気持ちに気付いたっぽいし。
悠二くんモテモテ、池くん放置……(´・ω・)カワイソス
でも私が気になるのは、この問題にアラストールがどう動くかだったりしますが(笑)。

恋のバトルも熱いが、戦闘もかなりのもの。
シャナの持つ大太刀・贄殿遮那を狙って兄妹が行動開始。
用意が完璧な兄妹に苦戦するシャナ……。触手プレイ(*゚∀゚)=3ハァハァ
一方、悠二は仕掛け探し。マージョリーさんもかな?
あの戦闘狂はどこへやら、すっかりいい人になってるマージョリーさん。
次回は悠二と手を組むっぽいし。悠二も結構大変だ(笑)。

最後に一言、ベットの上の吉田さんに萌えた(*´Д`)

at 11:40|PermalinkComments(0)TrackBack(2)

2005年12月28日

ぱにぽにだっしゅ! 総合感想とかなんとか

まだ一部終わってない地域もあるようですね。最終話、見逃さないように!!

さて、大好評のうちに終わってしまったぱにぽにだっしゅ!
半年間お疲れ様でした。スタッフや声優の皆様には本当に感謝です。
放送中に「黒板ネタ」を募集し、そのネタを本編に採用するという試みには驚きました。
しかし私にはそのネタの4分の1も分かりません。
でもね、『ぱにぽにWiki』さまも仰っているように、こんなもの全部分からなくても
このアニメは楽しめます。キャラの魅力が高いので、どんな些細なことも面白いです。
テレビに向かって何度ツッコミを入れたことか(笑)。
笑いと癒しとエロ(ぁ が三種そろったすばらしいアニメでした。
総合評価はもう100点をあげていいですね。
第二期があることを信じて、また出会える日を心待ちにしています。

ここからは各キャラへの個人的メッセージです。読みたい人だけどうぞ。
続きを読む

at 15:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年12月27日

ぱにぽにだっしゅ! 第26話 一寸先は闇

物事の終わりは思えば人生の恩師である。桃月学園校長
冒頭、冬なのになぜか夏になっている桃月学園。いまや室温38℃。
授業は中止。へちょい(笑)。

OPはなし。

最終話ということでストーリーはなく、ほのぼのとした日常を語る。
季節を無理やり夏にして水着でサービスというスタッフには感謝(笑)。
感想を書きにくい構成なため、もうめちゃくちゃに行きます!!
あらかじめ確認しておきますが、くるみの髪がショート→ロング→おさげと変わります(笑)。
通常の3倍のテキスト量のため分けますね。
続きを読む

at 17:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年12月26日

ガンダムSEED DESTINY FINAL PLUS「選ばれた未来」

まず始めにお断り⇒私はアス×メイを激しく応援しています。
そのことを踏まえた上でよろしくおねがいしますね(えへ〜

というわけで、年末スペシャル「選ばれた未来」の感想です。
全50話の総集編と聞いていたのだけど、実際は最終話をまるまるリメイクしたものでした。
使いまわしだった部分を新規カットに差し替え、時間の都合で端折ったシーンを追加。
結果、25分だった内容を50分ほどに拡大したという感じ。

まずオープニング曲は『vestige-ヴェスティージ』T.M.Revolution
こちらも新規カットを使い、最初からこっちにしろと誰もがツッコミを入れたことだろう。
おかげでかなり盛り上がる…と思ったのだが、ラクスとキラの裸が出てきたところで大爆笑!
以降は普通に良かったんですけどね。特に最後のMSバトル!

冒頭はキラ×シン×アス×レイのバトル。
事態の切迫具合が強調されていて、苦戦していたことを上手く伝えている。
本放送では圧勝だった感じが強かったから、これはかなり良い感じ。
オーブ軍が苦戦しており、レクイエムの破壊を優先しているというのがよく伝わった。

ダコスタが一言とはいえ喋った!!(そこかよ
イザークの「違うわっ!バカ者ぉ!!」に大爆笑。
ムラサメが最高にかっこいいんですが。トラサメいらない機(笑)。

アスランVSシン
こちらもアスランの圧勝だった感じがありましたが、実はそうでもなかったようです。
しかしアスランは種割れしてないからね?時間がないなら早くシードを発動させろよ!
発動したら一瞬で勝負が付きました(笑)。

ヒルダとディアッカが被弾した!!これにはビックリでしたよ。
ディアッカがブレイズウィザードで出たのはMS戦闘がメインだったからなんですね。
同じ長距離射撃タイプでもガナーではバスターみたいに複数攻撃できないからと。
ムゥがまたかっこいいし。HGシラヌイアカツキ売れるだろうなぁ(ぁ

キラVSレイ
これは本放送と特に変わりなし

ネオジェネシス発射シーン
アスランの「大佐っ!」って言うところに燃えた!

レクイエム破壊シーン
ジャスティスは自爆しないけどファトゥム-01は犠牲にしたようで(自爆大好き

ステラの魂が一時的に会いに来た(シンの見た幻覚?
「ステラ きのうをもらったの やっと」
「だからわかるの どっちだかわかる あした うれしいの」

昨日=過去、明日=未来
これは意味不明なようで重要なシーン。
ステラは記憶を操作され「昨日」がなかった。
シンにとって「昨日」はつらいものであり消したいと思っていた。
でも「昨日」があるからこそ「明日」が感じられる。
それは未来へ向かうことへの喜び。
シンが見失っていた「明日」を、ステラは思い出させてくれたのです。
これはキルバートととの会話でキラも同じようなことを言っています。
キラ「僕たちは変わっていける、だから「明日」が欲しいんだ」
「どんなに苦しくても、変わらない世界は嫌なんだ…!」
とね。
またそれを受け入れていく覚悟も必要であること。
シンにはそれが足りなかったのかもしれませんね。
アスランの言葉
「過去に囚われたまま戦うのはやめるんだ! そんな事をしても、何も戻りはしない!」
「すべてを壊し未来も殺す、お前が欲しかったのは、本当にそんな世界か!力か!」

子供だった自分。見失っていた未来。苦しみを受け入れる覚悟。
何もかもひとりで抱え込んで生きてきたから。道を示してくれる人が欲しかった。
でもそれはただ流されていくだけの変わらない世界。
シンは今ようやく自分で自らの道を示し、またそれに向かって歩んでいくのです(長っ!

議長とキラの会話
新たにアスランを加えて5つの銃が交差します。
この場にアスランがいることで、レイやグラディス艦長の別れが強調されました。

崩壊していくメサイヤ。ラクスの呼びかけで発射される信号弾の光……。
帰還するムゥ、シンとルナマリアを回収するジャスティス(アスラン)。
モニターで戦闘跡を見る両国の国民。
こうして戦いは終わった……。

エピローグ
停戦、和平協議の開始。ラクスはプラント本国へ。
ラクスの傍らにはイザークとシホの姿が!

慰霊碑の前に立つシン、ルナマリア、アスラン、メイリン。
周囲は崩れ、瓦礫と化していた。
「ずっとここ嫌で…でもずっと気になってて……」
ここに来ると過去を思い出す。だけど忘れることはできない。
過去を見つめ未来を生きると決めたシン。その姿はちょっとだけ大人になっていた。
「こんな風じゃなかった…こんなところじゃ……」
前に見たときは花が咲いていた。だけど今それは踏みにじられ無くなっている。
自分がかつて言った言葉を思い出す。でも本当はそんな世界は見たくなかった。
分かっていたことなのに悔しさが込み上げる……。
そんな4人のもとにキラとラクスが現れる。シンは二人を知っていた。
あのときのように花を添えるラクス。そして改めてキラを紹介するアスラン。
「彼がキラだ、キラ・ヤマト。フリーダムのパイロットだ」
不思議と憎しみは生まれなかった。彼もただの人間なんだと知ったから。
キラから指し出された手……シンはまっすぐ前を見つめその手を取った。
散らされた花はまた植えればいい。未来は僕たちが作っていく。
そのための覚悟はできているから……。

アスラン「それが俺たちの戦いだな……」
何と戦えばいいのか?それが今なら分かる。未来と戦っていくこと。
戻れない過去に悩んでいてはいけない。平和な未来のために今できること。
6人はそれぞれの道を歩き出す。明日という未来に向かって――――。
機動戦士ガンダムSEED DESTINY -Fin-


本編と比べると遥かに良かったです。
本放送ではバカバカしさしか込み上げてこなかった作品が、
新規カットが入るだけでここまで違うとは思わなかったよ。
これは3作目も期待できそうです(なんか決定したとか聞いた
でももうSEEDはやらない方が……。それよりアストレイを!

アスランとメイリンのカップリングは成立したと言っていいのかな?かな?
えへ〜嬉しいですよ。超満足です。メイリン可愛いよメイリン(*´Д`)
あのシーンにカガリがいたらここまで評価しないよ?カガリなんていらない子(言い過ぎ

本当に良かったです。DVDはこっちが収録されるんだよね?
DVD最終巻に40分のスペシャルエピソードを収録ってこれのことだと思う。
違うのかにゃ?分かんないけどたぶんそうなのでしょう。
何にしても面白かったので買って損はないと思う。
ただ最後に一言、総集編を一話なくせば本放送でできたんじゃねぇのかよ!!
バカーーーーーーーーーー!!!!

at 11:24|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2005年12月22日

ARIA The ANIMATION 第11話 「その オレンジの日々を・・・」

三大妖精の修行時代のことを含め、ちょっと切ないお話。

見習い時代の三大妖精さんたちですが、アテナさん最高だよ!
全てにおいてトロ過ぎる……。頭ぶつけたのには爆笑した(笑)。
今は大丈夫なんだろうか?カンツォーネが上手でよかったね!(オイ
晃さんは髪短い方が好きかも。あどけない感じがイイ!
アリシアさんは今も昔も変わらない気がする(えー

アリア社長ぅぅぅ〜〜〜〜。相変わらず可愛さ全開(≧∇≦)
こんなペットがほしいと言う人多数だろうなぁ……(ぁ

最後は号泣してた・゜・(ノД`)・゜・
灯里が藍華とアリスを見送るラストシーンにボロ泣きです。
作画良好で、もうこれが最終話でいいんじゃないかと思ったほど。
ああ、これを超えるラストを作れるのか心配だ……。

注目のセリフ
アテナ「確かに、今のままではいられないと思う。時間はときには優しく、
ときには残酷に全てを変えていくものだから……。
でも、少なくとも私には今だってまんざらじゃないわよ。
お仕事は楽しいし、それに可愛い後輩たちも出来たし……とか」

アリシア「うん。アテナちゃんの言う通り。あの頃の楽しさに囚われて、
今の楽しさが見えなくなっちゃったら勿体無いものね」

晃「あの頃は楽しかった。じゃなくて、あの頃゛も″楽しかった……だな」

アテナ「きっと楽しいことって比べるものじゃないのよね。あの頃も、今も、これからも。
一緒に居る人と過ごす時間の中にいくつもの小さな楽しいことが生まれては消えていく、
そのひとつひとつを捕まえる事ができたら楽しいことは尽きることが無いのよ……
いつまでも、ずっとね」


9話でグランマの言っていた『人生を楽しむ』という言葉。
それをより深く考えさせられました。
今と昔、どちらが良かったかなんて関係ない。
すべてが大切な想い出で、また未来がある。
人が生きていくことは、過去と現在そして未来を見なくてはならない。
時の流れを一番に感じるからこそ悩み、不安になる。
忘れてしまう想い出もあるかもしれない……。
でも、想い出は必ず心のどこかで強い輝きを放っている。
楽しいことの中で、ほんの一握りでも大切な何かを見つけられたなら、
あなたの未来はきっと輝かしいものになることでしょう……。
過去と今に囚われることなく、未来を見つめて歩んでいくこと。
それが人生を楽しむことに繋がっていくのではないでしょうか?

at 17:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年12月21日

灼眼のシャナ 第11話 「悠二とシャナとキス」

今回は荒須徹さんと千草さんの対決話(マテ
無料配信11回目。原作は相変わらず未読。

明らかに浮いた存在のソラトとティリエル兄妹。
キスし過ぎ!エロイよ(*´Д`)
誰の教育ですか?世の中って広いねー(違

唐突なシャワーシーン(*゚∀゚)=3ハァハァ
学校にシャワー室なんて普通はないよね?ここは良い学校だな!(オイ
ってか裸でキスの話なんかするんじゃありません!
最近の女の子はちょっと大胆なの。世の中って(ry

手作り弁当 キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!
恋する乙女は必ず行うイベント!
料理が得意なことをアピールするチャンスです。
しかし!シャナのツンデレがそれを阻む(笑)。
美味しいかどうかの感想すら聞けなかったんじゃ……。
吉田さんがんばってー。

シャナというのはニックネームとして容認されているのか!
それで悠二が学校でシャナって呼んでても誰も不審に思わないと。
なーんだ、それなら納得…できないよ?おかしいって!
『平井ゆかり』のどこから『シャナ』というニックネームが生まれるんだーー!!
でもそう解釈されてるならそれで良しとしないとダメか……。

アラストールの悩み。それはシャナにどこまで人との係わりを教えるべきか。
そこへやってきたキスの話。考えの違うアラストールと千草さん。
直接対決は千草さんの勝利に終わりました。
二人のやり取りワロスwwwww
敬語の応酬で堅苦し過ぎ!話題が話題なだけに余計に笑えるw

「お前とは絶対にしない…!」ということで、悠二とのキスはありませんでした。
代わりに兄妹のディープなキスが堪能できましたがね!
これ毎回あるとしたら中の人もつらいwwwwww
視聴者的には嬉しいですけど(笑)。

次回は宣戦布告?

at 14:47|PermalinkComments(0)TrackBack(1)