2013年03月05日

2クールのアニメ 第20話のまとめ

「新世界より」
バケネズミの切り札が悪鬼であることを知った早季と覚は、
町へ報告しに戻るため、悪鬼の追跡を逃れつつ川を下る。
その途中、改良されたバケネズミの自爆攻撃によって覚とはぐれた早季は、
偶然知り合った少年からバケネズミの狡猾さを知ることとなる。
そして、早季は富子さんから神栖66町を託されるのだった……。
敗色濃厚すぎて笑えない。
愧死機構まで知られている以上、攻撃するのも命がけだからなぁ。
バケネズミは捨て駒のように兵を使ってくるから、
精神的な意味でも負けてるしさ……。
死を覚悟してる者と、してない者なら、どっちが強いかは明白ですわ。
粉塵爆破するバケネズミとか、どうやって作ったんだろうね?
水路の水を抜くことになったのは痛いな。
足の速い移動手段が船しかないから、逃げるのも一苦労だし。
この絶望的な状況からどう反撃するのやら……。
次回は肆星オワタ?

「リトルバスターズ!」
ささささ!キマシツンデレ!(何
鈴の速球は80キロしかなかったのか。
これは変化球を身につけないと打たれまくるな。
って、なんか凄い技習得したー!
130キロとか、女子が投げる球速じゃねぇ!
ライジングニャットボール!どやぁ!(笑)
ひさしぶりの手紙指令。
恋煩いの解消……ようやくギャルゲーっぽい内容!
だが、理樹は恋してない(苦笑)。
相川君は、ずいぶんと乙女チックですね(笑)。
鈴の直球!剛速球!そしてデッドボール!
うむ、下手に遠まわしに訊ねたり答えたりするよりは良いな。
おかげでテンポ良く話が進んで面白かったわ。
謙吾が爽やかイケメンすぎて、これはささみさんが惚れるのも仕方ない。
そして何気に、ささみさん@がんばってた!
いろいろあったけど、最後は良い感じに収まりましたね。
好きな女子と一日1回メールできるだけでも幸せだよね……うん(ぉ
何気にささみさんの取り巻きの中の人が豪華すぎて驚いたわ。

「さくら荘のペットな彼女」
署名活動。
名前を書くぐらい協力してあげても……。
まあ、さくら荘なんで他の生徒にはどうでもいいし、仕方ないか。
目に見えてましろの画力が落ちているわけでもないのに、
さくら荘が影響を与えている!っていうのも、おかしな理論ですよねー。
というか、ましろ本人の意思を無視しすぎだろ!
龍之介の言葉が正論すぎて完全論破ですわ。
つーか、空太は我侭すぎる。
いつもの『自分の理想の押し付け』でしかないよなぁ。
確かに自分がどうしたいかは大事だけど、
そのためにどうするかの方がもっと大事だと思うんだ。
全部を守りたいという気持ちはわからんでもないが、う〜ん……。
龍之介の過去。
才能は人を孤独にするよね……。
とはいえ、これは龍之介が悪かったんじゃ?
七海はオーディション落ちたのか……。
でも、オーディションなんて役に合わなければプロでも落とされるわけだし、
たった1回だけしかチャンスがもらえないのは理不尽すぎると思うわ。
署名は300人も集まったのか!
思ったより多いなぁ。
しかし、冒頭の様子からここまで増えた理由が弱い。
美咲先輩とか、明らかに迷惑行為だしなぁ。
学校のホームページとか、生徒は普段見ることも無いと思うのだが、
その辺りどうなんだろう?とかさ。
予告は明るかったけど、次回もシリアスなのかなぁ……。

「イクシオン サーガ DT」
18の儀式終了、ついに結婚へ。
前回の段階でまだ3つぐらい残ってたのに、全部妨害失敗したのかよ!
最後とかもう見てるだけだしな。
お金が無いと妨害ひとつできないインゴクニート……(苦笑)。
姫の初夜。
ジャグラバークはぬいぐるみフェチ……だと……?
アカン、これはマジキチすぎる。
DTのDTらしい行動にワラタ。
ちょっと落ち着け(笑)。
姫のアホ毛が3本立ったー!
世界が滅びなくて良かったですね(震え声
鼻毛を嫌がる姫が可愛すぎる!
みかしーの演技いいわー。
ジャグラバークを暗殺未遂の容疑がかけられたDTと、
その仲間扱いされるEDさん(笑)。
そういう流れだからね、仕方ないよね(苦笑)。
次回はようやく物語の本筋に入るのか。
エンド曲変更。
曲はいいのに歌詞が酷いのは、この作品の曲すべてに言えることだな(笑)。


以上で終わりです。
それでは、ごきげんよう!

at 16:17│TrackBack(0) アニメ感想まとめ記事 

トラックバックURL