2013年02月26日

2クールのアニメ 第19話のまとめ

「新世界より」
バケネズミの襲撃により、甚大な痛手を負った人間は、
五人一組になってバケネズミの掃討を始める。
早季と覚も五人一組で行動を開始するが、
とある病院の調査中にバケネズミの切り札を知ることとなるのだった……。
思わず2周してしまったわ。
話自体はあまり進んでないけど、濃い内容だったなぁ。
作画も気合入ってたし、かなり面白かった。
全体的に死亡フラグが立ちまくりで、
しかもそれを全部回収するとかハンパないな(苦笑)。
覚が一番年下だと思うのだが、誰よりもしっかりしてて驚く。
まあ、子供の頃から激戦を重ねてきたからね。
そこら辺の平和ボケしてた大人とは経験値が違うわな。
早季も冷静な判断力は健在だし、気配感知能力も高めで優秀だなぁ。
バケネズミを相手にするだけなら、負けはないだろうに……。
悪鬼は攻撃抑制と愧死機構が機能してないから、
人間を攻撃し放題だけど、こちらはどうにもできないんだよね?
悪鬼を生み出さない対策はしてきたけど、
倒すための対策はなにもしてこなかったのだろうか?
関係ないけど、久しぶりに小林早苗さんのボイスを聞いたわ。
やっぱり良い演技をするなぁと思った。

「リトルバスターズ!」
クド回でした。
まだルート入りはしてない感じ?
クドって通信制度で入学して飛び級だったのか。
英語ができなくても飛び級ってできるの?
あれか、通信制度だと緊張しないから英語も良い点取れたのかな?
実力テストに向けてお勉強。
西園さんにスポットが当たったよ!
でも出番は少なめだった……(苦笑)。
はるちんの新たな天敵は西園さんだな(笑)。
お姉ちゃんとはすっかり仲良しになってて微笑ましかったわー。
クドを賭けの対象にしていた子たちは、別に悪気は無いんだろうなぁと。
もっとちゃんとした形で仲良くなれる道があるだろうにね。
ラストのシーンはちょっとウルっと来たわ。
仲間をひとりぼっちにはさせない、という気持ちがすばらっ!
次回はささささの出番か!(ぉ

「さくら荘のペットな彼女」
仁さんも美咲先輩も卒業するわけだし、
そこまでさくら荘にこだわらなくてもいいんじゃないか?とは思った。
でも、回想シーンでの出来事とか見てると、
住人の意思確認も無く取り壊しが決まるのは、
納得がいかないもの無理はないか……と思い直したわ。
今の生活より楽になることは確かかもしれないけど、
人には愛着ってものがあるからな。
想い出は想い出として残るとはいえ、無くなった場所はもう二度と戻ってこない。
建て替えるものなんか違う気がするので、せめて補強工事くらいにしてほしいよね。
今回はいつも以上に空太の中の人が全力だったので大笑いした。
「ふわぁっ!?」とか、どこから声を出してるんだよ(笑)。
逆にましろの出番が少なめだったのは残念でした。

「イクシオン サーガ DT」
これは酷い(笑)。
姫さまご乱心の回はキャラ崩壊しすぎだろ(苦笑)。
それぞれのキャラソンをちゃんと作ってあるのは凄いな。
全曲、大和屋さん作詞ってどんだけー!
脚本まで担当してるし、仕事しすぎです(笑)。
何気に全員歌が上手いのね。
キャラソンの発売日は2月27日か。
タイミングとしては完璧だなぁ。
ところで、謎の女の人はキャラソン無いのか……。
そこはちょっと残念だわ。
さて、残る儀式は4つだが、それはアバンで回収されそうだな。
そんなことより、次回はついに姫様の結婚&初夜か……。
NTRですね、わかるわ(マテ
というか、年齢的にいろいろダメだろ(苦笑)。
いや、ファンタジー世界だから大丈夫なのかもしれない!(えー


以上で終わりです。
それでは、ごきげんよう!

at 23:01│TrackBack(0) アニメ感想まとめ記事 

トラックバックURL