2013年02月25日

今期のアニメ 第7話のまとめ

「D.C.掘船澄Εーポ掘繊
葵ちゃんの当番回でした。
清隆、ちょっと私と代わらないかい?
むしろ代われ!
さあ、今すぐにだ!!(落ち着け
これだけセクシャルアピールされても、
鉄の意志を貫く清隆はヘタレなのかイケメンなのか(苦笑)。
18禁じゃないアニメで、女の子のパンツを脱がすシーンを描写するとか、
チャレンジャーすぎるわ!(笑)
しかもその後、裸エプロンイベントまで入れてくるとか、
とてもスタッフが正気とは思えない!(褒めてます
眠ったあとは好きにしていい、とか!もう!なんだ!
おっぱいモミモミくらいはするのが普通だろ!
こんなことを言われる清隆が羨ましすぎて壁ドンですわ!
今回はやたらと肌色率が高かったですが、

このくらいのパンチラでも充分ですのよ?
絵コンテと作画について。
今回はいつもに比べるとチェックミスが多かったですね。
背景が夜から夕方になったり、さらのリボンの色が違っていたり、
るる姉が分身したりと、おかしい箇所が多すぎました。
アップの多用と使いまわしの多さは気になるところですが、
まあ小俣真一さんが絵コンテ切ってるとあっては納得かな。
この作品のスタッフって、ほんとシャフト演出が好きなんだなぁ。
いっそのことシャフトで作ればよかったのに(苦笑)。

「閃乱カグラ」
アバンで一部チェックミスがあったものの、
全体的に作画が凄く良かったわ。
大道寺さん登場。
もう全部この人に任せればいいんじゃないかな?(苦笑)
今回の修行、割と普通に死にそうな場面が多々あったと思うのだが、
別にそんなことはなかった(笑)。
服を破くだけのピラニアさんマジ紳士!(えー
今週の太巻きノルマも回想で回収。
こんな子供の頃から、太いのを咥えるための修行をしてたんですね!(マテ
凛についてはまだ謎が多いな。
果たして生きているのだろうかー(棒読み
ED変更。
原田さん、さすがの歌唱力ですわー。

「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」
アバンから事後である。
これはもうコンバインして良いということですよね?
ではさっそく……(マテ
冬海愛衣の登場。
プライドが高くて墓穴を掘るタイプだったか(笑)。
ちょっと意外だったけど、これはこれで可愛いな。
鋭太の回想的に、二人が幼い頃になにかあったっぽいね。
あれ?これって愛衣ちゃんメインヒロインじゃね?(笑)
鋭太は早く愛衣ちゃんと付き合うべき!
というか、鋭太の鈍感っぷりが酷すぎる。
あれだけのアピールになぜ気づかないのか……。
名前を鋭太から鈍太に変更するべきです(ぉ
まあ、恋愛に興味が無い男だから仕方ないのかなぁ。
最後とか、愛衣ちゃんが可哀相すぎて見てられなかったわ……。
ピンクは淫乱の法則で、愛衣ちゃんには同人誌方面で頑張ってもらおう!(マテ

「キューティクル探偵因幡」
ショートストーリーの詰め合わせでした。
主に聡明さん関係。
ここでこのエピソードを入れられても、よくわからないですね。
聡明さんが身体を借りてる人って誰なのか、一切説明なかったし。
あと、浜田さんの登場も唐突すぎだよなぁ。
野崎って、探偵所で寝泊りしてるわけじゃなかったのね。
学園編。
この設定でも面白い話が作れそうだな(笑)。
配役とか完璧すぎる。
これは、あらゆる意味で通いたくない学園だわー(苦笑)。
ツッコミ不在編。
何気にガブリエラが大活躍してる話でもありました。
そこ突っ込むところ!ってシーンに、誰も突っ込まないので、
そのままシリアスっぽく進行するという。
まずドンの姿からしておかしいのに、全員スルーだからな(笑)。
というか、ドンはなにをされたら死ぬのだろうか?
今回はギャグ補正もなかったはずなのに!(笑)

「琴浦さん」
なぜ温泉シーンが無かったし!(憤怒
そこは原作通りじゃなくても良いんだよ……?
温泉掘ってたら石油が出たのにはワラタ。
森谷の料理は、なにがどうなってそうなるんだろうか?(苦笑)
超能力だとか、そんなチャチなもんじゃ断じてねぇ!
朝チュン……だと……?
序盤のクズっぷりが無ければ、森谷さん可愛い!って素直に言えるのに……。
琴浦さんと和尚さんとのシーンは泣いた!
本当は母親がまっさきに受け入れなくちゃいけないのにね。
家庭崩壊したのは浮気した両親にも責任があるだろうに……。
サプライズバースデー。
またもや真鍋のイケメンっぷりが炸裂!
「生まれて来なければ良かった」と言われた琴浦さんは、
自分の誕生日とかまったく気にしてなかったんだろうなぁ。
だからこそ、生まれてきたことを祝福されることが、どれだけ嬉しかったか。
一緒になって泣いてしまったぜ……。
本当に良い最終回だったな!(違

「ビビッドレッド・オペレーション」
脚本は吉野さんだったので、話の大筋に問題は無かった。
でも、ツッコミどころは多々あったなぁ。
あかねたちが無償労働であること、
あかねがこんなに苦労しているのに、おじいちゃんはなんとも思っていないこと、
れいは他者と関わってはいけないのに学校に行くのは強制されること、
れいが示現エンジンの開発者を知らなかったこと、
冷蔵庫から出したおじいちゃんの身体を放置したままなこと、
アローン襲撃時の住民の避難状況が不明なこと、
あかねたちに連絡が来てから現地に到着するまでの時間がかかりすぎなこと
(昼食時に連絡が来て、到着する頃には夜って……)、
れいの移動方法の謎……とまあ、全部挙げるとこんなところかな?
これ全部、話の都合です!で説明放棄されてるわけで……。
もっとちゃんとしようよ……って思いました。
今回の戦闘を見て思ったが、あおいとわかばが囮になって、
ひまわりとドッキングした必殺技を撃つだけで良さそうだよね。
威力的に、他のドッキングなんて必要ない気がするのだが……。
せっかくの設定もまったく活かせてないのは、どうなんだろうと思うわ。


7話の感想は以上となります。
それでは、ごきげんよう!

at 16:06│TrackBack(0) アニメ感想まとめ記事 

トラックバックURL