2013年04月

2013年04月17日

2クールのアニメ 第25・26話のまとめ

「新世界より」
悪鬼はバケネズミに育てられたため、攻撃抑制と愧死機構がバケネズミに働いていた。
そのことに気づいた早季は、奇狼丸を犠牲にすることで悪鬼を倒すことに成功する。
それから月日が流れ、野狐丸は無限地獄の刑となり、バケネズミは徹底的に駆逐された。
早季は奇狼丸の最後の願いを叶えるべく、一部のコロニーのみ存続を願い出る。
その願いは達成され、さらに早季は覚と結婚した。 
そしてバケネズミの研究によって明らかになったのは、
驚くべき事実だった……。
終わってみれば、あっさりした結末でしたね。
攻撃抑制と愧死機構がバケネズミ働くというのは、
乾さんがバケネズミの鳴き声で逃げ延びたり、
奇狼丸が近くに居ると攻撃して来なかったりと、
今までにかなりの数の伏線があったんですね。
攻撃抑制と愧死機構によって呪力で人間を攻撃できないようにしたのはいいけど、
呪力を持たない人間からは攻撃され放題になる。
じゃあどうするかというと、人間を人間として認識できない存在に変えてしまえばいい。
ということで作られたのが、人間とハダカデバネズミを組み合わせた生き物。
すなわちバケネズミであったと。
呪力そのものを無くすことはできなかったのかねぇ?
真言を封じるだけでいいのだから、全人類が呪力を使えなくすれば、
昔と同じ社会秩序が作れたのでは……。
一度力を手にして優位に立った以上、その地位を維持したかったってことか?
なんか、結局は人間のエゴに始まって終わった感じですね。
本当に良くできた作品ですわ……。
全体としては、作画の維持さえできていれば完璧だったと思う。
どうしても原作からカットされるシーンや説明があるのは仕方ないしね。
点数としては88点。

「リトルバスターズ!」
謙吾加入の話。
最近の理樹は倒れてないなぁって書いた次の週にこれだよ(苦笑)。
ナニかを忘れている。
アーッ!な記憶?(マテ
運動部キャプテンオールスターとの試合。
普通に野球部と試合するのじゃダメなのか?(苦笑)
古式みゆきさん、中の人が本多陽子さんだと!?
出番コレだけとはいえ、嬉しかったわ。
屋上から落ちて腕にひびが入っただけ……。
謙吾の身体、頑丈すぎるわっ!(苦笑)
片腕では野球ができないと誰が言った?
ホームランを打てば別にゆっくりベースを走っても構わんのだろう?
急に作画が神になって吹いた。
こういうの凄くいいわー、好きだわー。
まあ、一番良かったのは鈴のお尻ですけどね!(マテ
さてさて、次回でラストなわけですが、既に二期の発表がされてるし、
最終話として見る必要は無さそうだな。
二期は半年以内にお願いしたいわー。

「リトルバスターズ!」
さて、最終話という名の26話。
急に謙吾がバカになってて吹いた。
屋上から飛び降りた時の打ち所が悪かったのか(苦笑)。
これは病院へ行け!(笑)
今回は1期の総集編って感じだったかなと。
理樹は何人の女の子を攻略してんだよ!と(笑)。
だが京介ルートだ!(ホモォ…
試合開始。
相手がロリコンばかりじゃないですかー!(笑)
そして姉御のチートな動きにワラタ。
あれは瞬間移動してるとしか思えない。
ここから2期へと続くわけですが、残るヒロインは姉御と鈴だけだよね?
2クールあるなら、どこで尺を使うのだろう?
物語の全容がまだハッキリしていないので、
原作を知らない人からすると、先の展開がまったく読めないわ。
なにはともあれ、2期が楽しみですわー。
点数は100点あげていいわ。
原作を知らないからというのもあるだろうけど、なんの不満も無かったわ。

「イクシオン サーガ DT」
最終話でした。
フォレゾーとはまともに戦うこともなく、口先で丸め込んだか……。
作画は凄いけど、動きが少ないので手抜きに感じたわ(えー
つーか、結局あらゆる出来事を投げっぱなしにしたー!(笑)
兄さん、アニキ、お兄様はどこへ行った!?(苦笑)
DTの卒業は無しかよ!
期待だけさせといてコレだよ、ちくしょう!
EDさんの玉が戻ってきただけでも良しとするべきなんだろうか?(苦笑)
いろいろあったけど、そのほとんどが意味のないものだったなぁ。
まあ、数々の思い出があったからこそ、
最後の姫との別れが感動的になったところはあるけどね。
エンディングで流れる映像が酷いシーンしかなくてワラタ。
意味不明なアニメだったけど、楽しめたことは事実なので良しとしよう。
この終わりだと2期があっても不思議じゃないな。
でも、予定は無いってことだったし、元のゲームも人気はイマイチっぽいので、
もう予算を用意するのは難しそうだから、2期は無いと思っておこう。
点数としては88点。


以上で終わり。
それでは、ごきげんよう!

at 22:46|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想まとめ記事 

2013年04月04日

今期のアニメ 第13話のまとめ

「D.C.掘船澄Εーポ掘繊
最終話でした。
結局なにがしたかったんだよ!
誰とも結ばれないし、話も完結して無いじゃん!
原作では、ここまでがプロローグらしい……。
13話も使ってプロローグだけって、どういうことなの?
これは2期をやるってことか?
でも、直後に発表が無かったから、現状は未定なのかなぁ。
円盤の売り上げ次第ですかね?
となると、原作を買った方が早そうだな……。
曲芸商法が怖いので、原作も即座に手を出すのは躊躇われるのよね……。
なにかしら追加が来て、さらにファンディスクが出て、
最終的には全部まとめた版が出るパターンががががが!

作画班、謎の頑張り!
それはいいんだけど、後半に行くにしたがって、作画と演出が雑になったよね。
今回なんておっぱい揺らしてただけじゃん……。
今までのアップの多用はギリギリ我慢できてたけど、
さすがに最終話くらいはもっとちゃんとキャラの表情を映してほしかった。
シャフト風ではあるけど、劣化すぎますわ……。
全体としては悪くない作品だった。
ヒロイン達のキャラ萌えとあざといアピールが楽しかったので、
ボーっと見る分には充分な出来だったかと。
一応、原作にも興味が出たしね。
点数としては78点。

「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」
最終話でした。
すごく無難な終わりだったなぁ。
自らフラグを折りに行って、うっかりフラグを立てる鋭太は、
完全にエロゲの主人公ですわ(笑)。
あれ?婚姻届に判を押してもらえた愛衣ちゃんが一番有利じゃね?
愛衣ちゃん大勝利!
だが、一番雰囲気がいい感じなのは姫だよなぁ。
千和も諦めてないし、真涼さんもフェイクとか言いながら積極的だし……。
やっぱりハーレムルート確定じゃないですかー!やだー!
というわけで二期早く!
総合的には、序盤イマイチで、後半グッと面白くなった。
愛衣ちゃんが登場してからが本番でしたね(笑)。
でも、最後まで真涼は好きになれなかったなぁ。
メインヒロインなのに魅力なさ過ぎますわ……。
鋭太はドM、ハッキリわかんだね(笑)。
点数としては70点。


以上で終わりです。
それでは、ごきげんよう!

at 17:12|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想まとめ記事 

2013年04月03日

2クールのアニメ 第24話のまとめ

「新世界より」
奇狼丸と覚に合流した早季は悪鬼を倒す作戦を決行する。
作戦は紙一重で進行し、なんとか悪鬼の足元にサイコ・バスターを叩きつけることに成功する。
これで悪鬼は倒せる……それで全てが終わるはずだった。
しかし、悪鬼と覚の距離が近すぎると感じた早季は、
覚を失いたくない一心で、サイコ・バスターを燃やしてしまう。
切り札を失い、追い詰められる早季たち。
そのとき、早季の中の瞬が語りかけてきて……。
もう最終話が配信されてるけどね!(ぁ
早季の気持ちはわからなくもないが、あそこで全滅したら元も子もないよねっていう……。
でも、なんだかんだで、この物語って全人学級1班の物語なんだよねー。
それぞれが数奇な運命に翻弄されてここまできたわけで。
早季はずっと失い続けてきた人生だし、
最後の覚まで失いたくないって思うのも仕方ないかなー。
早季が望む未来って、どんな未来なんだろうね?
バケネズミが必死になって人間に反乱してる中で、
早季はあまり未来のことを口にしないよね……。
そんな余裕が無いってのもあるだろうけどさ。
次回ついに最終話!(とっくに配信はされてるけど!

「リトルバスターズ!」
日常回……ってわけでもなかったか。
どちらかというと、謎めいた伏線回だったね。
最近の理樹は倒れたりしてないけど、
あの病がなにか関係しているのだろうか?
人形劇を一日で用意するとか無理がありすぎるだろ(苦笑)。
最低でも3日、良くて一週間はほしいところだよな。
裁縫のスキルレベルアップ早すぎぃ!
パンダがペンギンになったのには吹いた(笑)。
小毬ちゃん消失事件?と思わせて、ちゃんといたので安心した。
願いごと。
そういや、鈴の心情ってあまり語られてないよね。
一応、鈴が正ヒロインになるのだろうか?

「さくら荘のペットな彼女」
最終話でした。
去る人とのお別れ、そしてただいま、そんでもっていらっしゃい。
前半で壁がなくなったぞ!どうしてくれるんだ!
床か!床を叩けばいいのか!(ドンドンドンドン
でもまあ、みんな幸せそうで何よりですわ。
七海は両親の説得できたのね。
そりゃ当然だわな、あれだけ頑張ってきたんだし。
反対する親から逃げ出して、自分ひとりで突っ走ってきた七海。
本当は正面からぶつかっていくべきだったのに、
まだ子供だったために、それができなかった。
それでも、逃げるのだって楽じゃない。
だって誰にも頼れないから。
そんな中で、空太に出逢い、さくら荘のみんなと出逢えたことは、
七海にとって本当に救いだったんだなと。
新入寮生。
眼鏡っ娘きたー!これで勝つる!
次回からが楽しみだわー(今回が最終話です
男の後輩くんはトラブルメイカーっぽいな。
栞奈とくっ付く展開はいらないよ?(酷
妹ちゃんも合格してました、ですよねー(笑)。
さくら荘の住人にはならないのかな?
美咲先輩はお隣さんかよ!
豪邸建ててるし!
学生時代にどれだけ稼いでるのっていう(苦笑)。
結婚届は勝手に出すなよ!(笑)
美咲先輩がいるだけで、以前と変わらぬさくら荘になるなぁ。
ある程度、話を引っ張ってくれるキャラは必要だよね。
そんなこんなで、無難に終わりましたが、是非2期も期待したいわ。
世間では些細なことで騒ぎになったけど、普通に良アニメでした。
点数としては90点。

「イクシオン サーガ DT」
怒涛の展開ってこともなく、割と普通でしたね。
前回のエピソードって必要なかったと思うんだ!
本当に、無駄に2クール使ってるよな(笑)。
戦闘能力的には、インゴクニートって優秀だよな。
ただ、頭が致命的にわ(ry
EDさんの台詞キャンセルやめたげてよぉ!
つまり、「みなまで言うな」ってことですね。
仮面ライダービーストと繋がった!(えー
ラスボスはフォレゾーという名前らしい。
なるほど、NHKがラスボスということか(笑)。
こ、これぐらいならセーフ……だよな?(苦笑)
さて、次回が最終回ですが、どうまとめるんだろう?
ちゃんと現代に帰れるのか、DTは卒業できるのか、
いろいろ残ってるのに、尺が足りそうに無い(苦笑)。


以上で終わりです。
それでは、ごきげんよう!

at 17:03|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想まとめ記事 

2013年04月01日

今期のアニメ 第12話のまとめ

「D.C.掘船澄Εーポ掘繊
引き続き前作を知らない人は置いてけぼりでした。
清隆がロリとデートしてたことしか印象に残ってない(笑)。
さくらは無事に帰れたようでなによりだわ。
他のヒロインがほぼ空気の中、立夏さんはさすがに正妻の余裕を
見せつけてくれましたね。
で、これを次回でどうまとめるのかしら?
清隆の前世の記憶が蘇って、立夏さんと結ばれるのかしら……。

「閃乱カグラ」
最終話でした。
結局共闘して急にラスボス感を出してきたおっさんと戦って終わりかぁ。
悪くは無かったけど、ちょっと駆け足展開だったと思う。
もう1話使ってゆっくりやってほしかったなぁ。
作画が頑張ってて、お肌がエロいわー。
最終的にはみんな水着で戦ってるという(笑)。
忍者とはいったい……(苦笑)。
最後の展開は、もっと他になかったのか?
おっさんと道連れになる必要は無いと思うのだが……。
というか、おっさんもさっさと外法を使ってしまえば良かったのにね(苦笑)。
最後に未来ちゃんだけ残しておけば脅しになるだろうに(酷
とまあ、最後だけちょっと不満はあったけど、
全体的には良くできていました。
適度なエロだけでも充分楽しめたしね。
円盤ではいろいろ解禁される楽しみが……と思わせて、
実はまったく無いんだよなぁ……。
おっぱいポロリとかはなかったし、そもそもゲーム原作の都合上NGっぽい?
おっぱいアニメなのに乳首が見えないとかおかしいですよ!(憤怒
アニメの総合得点としては、86点くらいです。

「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」
ようやく夏合宿へ!
水着!水着!
( ゚∀゚)o彡゜ おっぱい!!おっぱい!!
あざとい、真涼さんあざといですわー!(モミモミモミモミ
優勝できる要素が無い、真涼にも自覚あったのか……。
辞退したら事実上の敗北宣言なわけですが、
そういう逃げ方は卑怯だよなぁ。
妹ちゃんのキャラが変わり過ぎててワラタ。
姉が側にいなければ、素直なんだな。
そんな妹ちゃんの後押しで、真涼のために行動を起こす鋭太。
自転車でぶつけられた尻は大丈夫なのか?(気にするのはそこかよ
さて、はっじまるよー!したコンテストですが、
この結果が出てアニメは終わりってのは物足りないなぁ。
2クールほしかった……。

「キューティクル探偵因幡」
最終話でした。
いきなり毛コレクションでフイタ!
気持ち悪すぎるわ!(笑)
毛から偽造ダイヤモンドが作れるだと?
なんだかすごい錬金術だな……。
因幡さんの本気すげー!
ってか荻さんもそうだけど、みんな普段に本気出して無さすぎだろ(苦笑)。
無駄な3Dは最後だから予算を使ったのかな?(えー
ポッと出の新キャラ!また中二病か!
中の人いい加減にしろ!(笑)
マフィアの圧迫面接怖すぎる……!
つか、これ以上の人材って必要なくね?(苦笑)
最後はいつものオチか。
最後まで捕まえる気が無いとしか思えない(笑)。
ポッと出の新キャラは原作だと今後も出番があるのだろうか?
なにはともあれ、最後まで笑わせてもらいました。
途中のシリアスはギャグをバランスよく入れることで、
重くなりすぎないようになっていて、
それが大衆の受けも良かったようですが、
個人的にはシリアスはシリアスを貫いてほしかったなぁ。
ギャグでシリアスを台無しにするのなら、そもそもシリアスいらない気がするし。
どっちつかずってのがあまり好きではないのよね。
評価としては80点ってところだな。

「琴浦さん」
最終話でした。
お母さんと和解。
安定のツンデレですな(笑)。
あれが初めての親子喧嘩だったんだろうなぁと思うと泣けた。
琴浦さんは相手の感情が読めるから、
相手の考えてることは聞かずともわかるけど、
琴浦さん自身の気持ちは口にしないと誰にもわからないんだよなぁ。
今までは自分の気持ちを上手く相手に伝えられなかったけど、
これからは自分に正直に生きていけそうですね。
読んでいた心は表面だけだったという反省。
人の心は複雑だからね。
超能力であっても、その全てを読み取ることなんてできないさ。
自分と相手の両方が心を開いてなければ尚更ね。
最後はキスしないのかよ!
真鍋は相変わらず妄想だけのヘタレだな(苦笑)。
全体としては、非常に良かった。
シリアスとコメディの配分もちょうどよかったし、
適度なお色気要素も楽しかった。
森谷も改心してからはマトモだったしな。
とはいえ、やっぱり暴力キャラはご遠慮したいですの……。
点数としては96点。

「ビビッドレッド・オペレーション」
最終話でした。
れいを取り込んでラスボスと化した代弁者(カラス)。
この時空の世界は価値がないということで、
示現エンジンのエネルギーを使って崩壊させるつもりらしい。
れいを助けるためにも、あかねたちは最後の戦いに挑む!
と、あらすじだけ書けば悪くない最終話に見えるのだけど、
その実態は呆れるほどにお粗末でした。
無駄ってことは散々わかってるのに何故ミサイルで攻撃するのか……。
あえて囮になったったのだと、好意的解釈をしておこう。
しかし、顔も名前も無い人間を殺しすぎだよなぁ……。
今までメインキャラたちはあまり危機感を抱いてない感じだったけど、
アローンの襲撃で死者ってどれくらい出てるのだろう……。
たった一個のエンジンに全世界が頼ってるとか、諸刃の剣すぎる……。
よく今までテロの標的にならなかったなぁと。
最後までドッキングシーンは短くカットですか……。



最終話『友情を胸に すべてを終わらせる時!』
「あかねよ、戦う前に一つ言っておくことがある。
ワシはあやつを倒すのに対抗する手段はないと言ったが、あれは嘘だ。
あやつの攻撃は防げるし、こちらの攻撃のダメージも通る」
「な 何だって!?」
「そしてお前の母親はやせてきたので退院手続きをしておいた。
あとはあやつを倒すだけだなクックック……」
(ゴゴゴゴ)
「フ、上等だよ。あたしも一つ言っておくことがある。
あたしの妹ともドッキングできる気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
「そうか」
「ウオオオいくぞオオオ!」
「さあ行けあかね!」
あかねの友情が世界を救うと信じて! ご愛視聴ありがとうございました!



たぶん、これで間違ってないと思う(マテ
友情パワーは使い捨てるもの。
させません!→させませんをさせませんでした!
れいちゃんとのドッキング!って赤かよ!
参戦するカードゲームには黒色がないからね、仕方ないよね(えー
トドメはパンチってどういうことなの?
そこは弓でお願いしたかった……。
良かったね、全部元に戻してくれるってさ!
つまり、アローンの襲撃で死んだ人も全部生き返るってことか。
だから前半にあんなに犠牲を出しても問題なかったのかぁ、なるほどぉ。
おい……脚本家はちょっと前に出ろや!
総合としては、はっきり言ってダメダメでした。
脚本の作りが甘すぎる。
吉野さんは2クールないと、ちゃんとした話を作れないとみた。
私としては、吉野さんの脚本は嫌いじゃないんだぜ?
作画と音楽は良かったので55点。


12話の感想は以上で終わりです。
それでは、ごきげんよう!

at 23:44|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想まとめ記事