2013年03月

2013年03月26日

2クールのアニメ 第23話のまとめ

「新世界より」
悪鬼を倒すための兵器「サイコ・バスター」を求め東京の地下を進む早季たち。
その途中、水流によって進行を阻まれた一向は、
一旦二手に分かれて行動することになる。
覚と奇狼丸のペアが囮になっている間に、
早季と乾さんのペアは洞窟の外へと引き返す。
なんとか潜水艇へと戻ったきた早季たちは、
それに乗って水流を進んでいく。
合流地点に覚たちがいなかったため、
早季たちは先行してサイコバスターを探しに行く。
だが、その途中で乾さんは命を落としてしまう。
そしてサイコバスターを手にした早季は、
かつての友人の姿を思い出すのだった……。
最初から潜水艇で進んでいれば……。
そして乾さんあっさり死にすぎですわ。
だが、水中にいながらまず早季を逃がし、
その後相打ちまで持って行く呪力コントロールはさすがだわ。
あの生物、かなりの速度出てたしな。
サイコバスターは凝ったデザインのケースに入ってるのね(笑)。
瞬を思い出した早季。
呪力は想いの力かぁ。
あの瞬は、早季の呪力が作り出しているって感じなのかな?
ある意味、無意識の呪力の漏出と言えるのかしら……。
さて、手に入れたサイコバスターはどう使うんだろうか?
呪力で防がれたら終わりだしなぁ。
なにか良い作戦があると信じたい。

「リトルバスターズ!」
展開自体は重かったものの、解決はあっさりしてたなぁ。
謎の歯車ワープには「えっ!?」ってなったけど、
西園さんルートの話の時点で、普通の世界じゃないことはわかっていたことなので、
今更気にすることでもなかったわ。
事前に異変を感じて脱出していたクドのお母さんたち。
テレビの映像では打ち上げ始まってたけどなぁ……。
あの時点では先の話なんて知らなかったので、演出とズレが生じたのかな?
打ち合わせの段階ですり合わせられなかったのかしら……。
でも、ロケットの打ち上げって自動操縦なんだっけか?
それなら無人なのに打ち上げスタートしてても不思議ではないな。
クドの裸マント姿には触れないでおこう、うん。
個人的に、今回一番泣けたのは西園さんの台詞でした。
みんなをしっかりと見てるのは、やっぱり西園さんなんだなと。

「さくら荘のペットな彼女」
卒業式ゲリラライブ!(違
すごく泣けたシーンもあったのだけど、ツッコミどころも多すぎて、
ちょっと感情移入しづらかったなぁ。
美咲先輩の答辞はあまりにも長すぎだよね。
もう少しコンパクトにまとめてくれたほうが、より感動できた気がする。
煽って誘導して票を集めるという手段は上手いと思ったが、
これでこの学園の生徒みんなに感謝しようとは思わないな。
できれば、ちゃんと正攻法で署名が集まったという展開にしてほしかったわ……。
今回が最終話っぽい終わりだったけど、もう1話残ってるのか。
先輩たちとさよならして、次の入寮者の登場でEDって感じかしらね?
ここまでいろいろあって濃い内容の作品だったけど、
今回を見ただけで、ある程度はこの作品を理解できるんじゃないかな?
それくらい今回の話は良くまとまった総集編だったわ(違

「イクシオン サーガ DT」
死亡フラグを回避せよ!
あと2話しかないのに、なにやってるんだ!(笑)
話が進んだようで進んで無さすぎる……(苦笑)。
マリアンの兄上と姫の兄さんとセングレンの兄貴が登場。
これは見せ場も無く一撃でやられる連中だな(笑)。
ロリ幼女キタコレ!これで勝つる!(マテ
中の人は赤崎さんだったのね。
バリアシオンが死んだけど、復活しました。
……その回復アルマギアがあれば、ゾンビアタックできるんじゃね?
何回死んでもだいじょーぶ!(某物置のCM風に
呪われたDTを救え!
乙女が汲んできた清めの聖水……つまり、おしっk(パーン!
結局は本人の気持ちの問題。
ですよねー(笑)。
さて、茶番はここまでのようだな。
次回から本気出す!……のか?(苦笑)


以上で終わり。
それでは、ごきげんよう!

at 18:37|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想まとめ記事 

2013年03月25日

今期のアニメ 第11話のまとめ

「D.C.掘船澄Εーポ掘繊
シリアス展開に突入。
パンチラくらいしかエッチなシーンが無いなんておかしいですよ!(えー
過去作を知らない私は置いてけぼりでしたわー。
枯れない桜を植えたのは立夏と清隆の祖先で、
その子供がさくらの親で、孫のさくらは時空移動してる?
枯れない桜を植えた理由がよくわからないんだよなぁ。
この桜のせいで不幸になった人が多くいるみたいな感じだったし。
さっさと切り倒すわけにはいかないのかしらねぇ?
まあ、どうせ立夏さんの設定上の話だから気にしなくてもいいかぁ(オイ

「閃乱カグラ」
蛇女の生徒と、それぞれが一騎打ち。
まあ、なんというか王道な展開ですね。
敵が回想しまくりで、当然ながら負けフラグだったりするのも、
よくある典型的なパターン。
忍者なのにドタドタと廊下を走るのはいただけないなぁ。
鈴音先生の黒☆歴☆史!
スーパー忍者(笑)なんて、恥ずかしすぎる!
「私はスーパー忍者になれない……」→「私たちがスーパー忍者だ!」
こうですね(違
もやしちゃんの過去。
ただの逆恨みじゃないですかー!
偽善者のどこが悪いのだ。
寄付してるだけでもマシだと思うの。
日影さんの過去。
感情がないなんてなかった(苦笑)。
そもそも、感情がなければ会話すらしないよねっていう。
未来ちゃんの戦う理由。
お友達が欲しかったのかよ!
よーし、私が友達になってあげようじゃないか。
もちろん性的な意味で!(マテ
春花さんの過去。
母親に溺愛されすぎて嫌気が差しました。
う、うむ……気持ちはわからなくはないが、暴力よりはマシだったと思えば……。
まあ、精神的な抑圧は人格崩壊に繋がるから、よろしくないのは確かだな。
しかしまた、なんでこんなガチレズになってしまったのか(苦笑)。
母親がトラウマなら、男に流れそうなものだがなぁ。
やはり同じ遺伝子を継いでいるからなのかしらね?
それぞれの対決を見てて改めて思ったが、忍術とは一体なんなのか(笑)。
もはや女子プロやってる2人もそうだが、どの必殺技も全然忍んでない(苦笑)。
まあ、かっこよければいいかぁ(えー

「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」
フェイクと見抜かれて危うしか……と思いきや、割といつもどおりだったな(笑)。
今回も愛衣ちゃんが大勝利すぎて、他のヒロインとかどうでも良くなった。
前髪パッツン子は例外だがな!(何
冴子さんはギャルゲ脳すぎるだろ(笑)。
現実とゲームは違うんだよっ!
っていうか、そっち方面なら、真涼のフェイクもネタにすれば良いのに、
なんで当たりがキツイのだろうか?
そういうプレイから本当の恋人同士になる展開だってあるだろうに……。
というか、それがこの作品のメインヒロインルートの結末のはずだよなぁ。
まあ、イマイチ萌えないのは確かだけどね(ぁ
関係ないけど、名塚さんの演技中の息継ぎが気になった。
こんなに息継ぎが気になる事はないのになぁ。
ちょっと溜めを作ってから話すタイプのキャラだからかしら?
次回こそ水着か!
コンクールで真涼が負けたらこの作品終わりだと思うので、
さすがに勝つだろうなぁ。
まあ、真涼が負けるアニメオリジナルエンドでもいいのよ?(ぇ
とはいえ、現状だと真涼が優勝する要素がまったく無いので、
普通に負けそうな気もするなぁ……。

「キューティクル探偵因幡」
なぜドンは逮捕されたの?と思ったらこういうことかぁ。
とはいえ、そこに秋吉がいたのは偶然っぽいし、
わざと捕まって「アルカモネ」を調査するという作戦ではなかったのね(苦笑)。
聡明さんの身体もここにあるかもね(ギャグではなく)って話だったので、
またいつかはここに来ることになりそうだな。
ドンと秋吉の別れは悲しすぎた……。
なんでや!狼やったって別にええやろ!
なにがあかんねん!ドンのアホー!
と、今回出番のなかったノアが申しております(えー

「琴浦さん」
森谷に勝っただと!?
良いアクションシーンだったわ!
スーパー告白タイム!
先輩達はさっさと付き合えよっ!(笑)
メールの転送がもっと早ければ、
琴浦さんの危険も半減したのではないだろうか?
女刑事さんは二重人格だったのか。
近くに居たのに、犯人としての心が読めないのも納得だな。
精神攻撃は基本ですね(苦笑)。
別に茶番とは感じなかったなぁ。
この状況だと、下手に立ち向かったり逃げたりしても、
琴浦さんを庇って真鍋がやられるだけだろうし。
きちんと相手の気持ちと向き合って説得するのが正しい選択だわ。
でもって、心を読めなくても、相手の気持ちを考えて言葉を紡げる琴浦さんに、
確かな成長を感じられて良かったわ。
原作とは展開が違うとか何とか。
私は別にこれで良かったと思いました。

「ビビッドレッド・オペレーション」
れいは直接手を下したわけじゃないけど、
犯罪者には変わりないわけで……。
人のようで人じゃないし、存在証明すらないので、人権も法律の適用もない。
同人誌のネタ提供ありがとうございます!(オイ

この資料は男が見ちゃダメだろ(苦笑)。
円盤ではいろいろ追加されるんですよね?(ナニが?
でもまあ、法律が適用されないのなら、極秘裏に処刑するのも、
無実として釈放するのも自由だから、上の判断次第だよな。
つーか、一色博士はなんでこんなに権限があるんだろう……。
示現エンジンの開発者だからとはいえ、
世界の明暗を分ける人物の生死を決める権限まであっていいのか?
れいがアローンを呼び寄せる誘導ビーコンの役割を果たしているなら、
その機能をなくせばいい。
簡単に言ってくれるなぁ……(某画像略
まあ、れいを拘束してれば強化はされないから、
アローンがいくら現れてもあかねたちが倒せるし、
時間をかけてなんとかできるとも言えるのかぁ。
しかし、その間に孫たちを戦わせ続けることになるわけですが、それは……。
れいと話をするために基地へ突入!
これ、普通に考えて犯罪ですよね……。
きっとなんのお咎めも無いんでしょうね、ええ。
問題のペラペラシーン。

キョウリュウジャーと繋がった!(ねーよ!
謎の強化ガラス!
アローンを破壊できる武器を防げるとか、防御性能ばっちりじゃないですかー!
このガラスを基地の全部に使えよっ!
叩き割ったガラスで中に居るれいが怪我をするかもしれないのに、
思いっきりガラスを割りに行くあかねはなんなんだ……(苦笑)。
友情がないと生きていけない……リアルぼっち涙目すぎる……。
カラスさんの本気!
もうアローンとか必要なかったんじゃね?(苦笑)
次回が最終回かぁ。
こんなに興味のない最終話もなかなか無いよね……。


以上で11話の感想は終わりです。
それでは、ごきげんよう!

at 17:29|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想まとめ記事 

2013年03月20日

2クールのアニメ 第22話のまとめ

「新世界より」
母親からの置き手紙を受け取った早季は、細菌兵器「サイコ・バスター」の
存在を知ることとなる。
それこそが、悪鬼に対抗できる唯一の手段だと言うのだ。
早季たちは、大雀蜂コロニーの将軍・奇狼丸と鳥獣保護官の乾と共に、
今は荒廃した東京へと向かう。
バケネズミの追手をやり過ごしつつ、東京に辿り着くが、
そこは想像していた以上の危険地帯だった……。
希望が見えてきた……のか?
サイコバスターがどこまで有効なのか未知数なのが怖い。
悪鬼にどうやってサイコバスターを使うのか?という難題に加え、
もし効果が無かったら最悪だよなぁ……。
東京はなんでこんなことになってしまったのか……。
かつての戦争で崩壊したにしても、未知の生物多すぎぃ!
環境適応するために進化したということなのかな?
呪力があっても死にかねないことを考えると、
誰も近づかないのも納得だわ。
悪鬼はなぜ生まれたのか?という疑問。
バケネズミ育てられたってだけで悪鬼になるのは、確かに不自然だよな。
攻撃抑制と愧死機構は遺伝子に組み込まれてる要素で、
それが先天的に存在しないのが悪鬼なわけで、
今回の悪鬼がその先天的障害を持って生まれてる可能性は低いだろうし、
そう考えると人間の赤子を連れ去って悪鬼に育てる計画も、
成立しないことになるのだが……。
どうやら、悪鬼のようで悪鬼じゃないのかもしれないなぁ。
じゃああいつはなんだよ!?って言われると、返せる答えは無いけどさ……。
次回は乾さんオワタ?

「リトルバスターズ!」
ま、まだ雨は降ってないから(震え声
安否のわからないままのクドのお母さん。
親族として特別に入国許可が出たが、クドは躊躇いを見せる。
優秀な親と自分を比べて劣っていると感じるのって、
ちょっと羨ましいと思う。
一番身近に追いつきたい、目標となる人物がいるわけだしね。
親が優秀なのは子供にはプレッシャーになるのかもしれないけど、
ダメな親を持つよりは断然いいと思うんだ……。
とりあえず劣等感は抱いたとしても、親を嫌いになることはないじゃない?
親を嫌いになるほど悲しいことは無いからな……。
「どんな選択をしても後悔は残る」
それは確かだと思うわ。
選ぶということは、一方の選択を切り捨てるということだからな。
結局は後悔が小さい方を選択するしかない。
クドはもう帰って来られないかもしれないのか……。
これは次回こそ雨が降るかしらね?

「さくら荘のペットな彼女」
原作者の脚本でした。
今の住人が居て、ましろ居てこその、さくら荘なんだ!
だって、ペットも家族だもんげ!(ぉ
……あれ? ネコたちは?(苦笑)
どのみち仁さんも美咲先輩も、七海もいなくなるわけだが、
それはいいのかしらね?
空太の本心は、誰にも否定することはできないよな。
ただ、気持ちの伝え方が下手というか、一時的な感情に振り回されすぎるのが、
空太の悪いところなんだよなぁ。
七海があれだけ耐えていたのを見ていても、本心を口に出しちゃうのはねぇ……。
話の展開としては、割とパターン化しちゃってるとは思う。
空太が逆切れ→ましろが傷つく→ましろを捜索→反省した空太が大声で謝る。
大体いつもこんな感じじゃないかな?
でも、私は嫌いじゃないんだ、この流れ。
「またかよ!」って意見は当然あるけれども、意外と飽きが来ないのよね。
あまり、ましろの心情にスポットが当たっていないことが、
良いのかもしれないなぁ。
空太と七海の努力組の心情ばかりが描かれるので、
同じ側の私たちが感情移入しやすいのがポイントだと思う。
ある程度主人公に共感できているからこそ、同じ展開が繰り返されても、
「その気持ちわかるわ!」ってなるので、飽きないんじゃないかなと。
次回は卒業式。
これまた泣かされそうだな……。

「イクシオン サーガ DT」
私は見るアニメを間違えたようだ。
なに? これがイクシオンサーガDTだと?
おかしいな……ちょっと眼科に行ってくるわ。
……公式が病気でした!
駄目だこの公式……早くなんとかしないと……。
前回で方向修正したと思ったらコレだよ!(笑)
もうそろそろ最終話だというのに、こんなことをしている余裕があるのか(苦笑)。
無駄にアクションするし、もうこっちでいい気がしてきた(えー
この頃は優秀だったのに、どうしてこうなった……(苦笑)。
次回はいつも通りに戻るようだ。
ところで、この作品の主人公って誰だったけ?(ぁ


以上で終わりです。
それでは、ごきげんよう!

at 02:38|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想まとめ記事 

2013年03月18日

今期のアニメ 第10話のまとめ

「D.C.掘船澄Εーポ掘繊
天枷探偵事務所へ。
話が進んだような進んでないような?
平行世界からのメッセージかもってことと、
魔法は実在するってことがわかったくらいか。
今週の負け組みヒロイン達の会話。
何とかなにとかナニとか72とか、『何』の多さが異常(笑)。
後半は立夏さんとのフラグ立て。
こうして見ると、やはり立夏さんが正ヒロインだな。
相変わらずアピールが強力すぎて抵抗できない!
ついにはキスまでしちゃうとか、さすがですわー。
さくらに触れたときに見えたビジョン!
いいイメージだ?
そろそろ物語の核心に迫っていくことになるのかな?

「閃乱カグラ」
蛇女の学園へ突入。
そんなことより温泉シーンだな!(オイ
ここだけ作画が頑張りすぎててワラタ。
早くエロアニメにしなさい!(マテ
一般アニメで、ぼかしモザイク……だと……?
光さんはリストラでもされたの?(えー
これは円盤の売り上げがうなぎ上りですわー!
久しぶりの太巻きシーン!
こいつは出撃前に縁起がいいぜ!(何
出撃シーンはパンツ見えてますよ?
だが、ビビッドアングルと思えばなにも問題ない!(ぇ
鈴音さんが普通に捕まってた!
いつでも脱出できそうな気がするのですが、
この人には邪法が使われていないのかしらね?

「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」
まさかの原作者である裕時悠示さん自ら脚本!
いつもよりも面白かったのは、そういうことだったか。
アニメは、ほぼ原作どおりの内容で進んでいるようなので、
当時と今の差がハッキリわかるね。
キャラを動かし慣れてる分、面白さが全然違う。
「男から告らせなくてどうするの!」
それを愛衣ちゃんが言うのかよ(笑)
「さあ季堂くん、来なさい!」からのOPイン!
♪異性のおっぱいにザー(ryという空耳の流れに大笑いした。
原作者も狙ってやったのかしらね?(笑)
というか、OP映像は素晴らしい絵コンテなのに、
空耳のせいでまったく注目されないのが悲しいわ。
鋭太の烈風斬! 愛衣に効果は抜群だ!
なにそれ、凄い!
私も今度やってみよう!(おまわりさーん!
着々とハーレムを築く鋭太。
恋愛アンチってなんだっけ?(苦笑)
姫の当ててんのよアタック!
保健室の件といい、セックスアピールしすぎぃ!
だがそれがいい!(オイ
姫って意外と巨乳なんだな!これはこれで!(何
「愛ちゃん大勝訴☆」
私のお茶を返せ!(笑)
最後に冴子さんきたわー!
え、なにこの人?
超能力者かなにかですか……?
糸目キャラは黒幕の法則よー!
次回は待望の夏合宿!
……じゃないだと?(苦笑)

「キューティクル探偵因幡」
みんなでヤギ園へ。
もはや、どのヤギもドンにしか見えない(笑)。
荻さんの奥さんの良い妻っぷりが素敵!
子作りなら私と!(マテ
10本足のヤギ……だと……?
水中でも生きられるのかしらね?
ゼラチンのヤギは、まだ生きてたのかよ(苦笑)。
猫のようなヤギ……それはただのヤギだな、うん。
ドンいたのかよ!(笑)
やっぱりノアが作ってたんだな。
二足歩行するヤギはドン以外だとキモイ!不思議!
ダイナミックお座りに大笑いした。
荻さんは親バカが発動すると無敵だからね、仕方ないね。
今回はステラちゃん梓ちゃんも可愛くて大満足でしたわー!(ロリコン
ドンパワー!
おまえら仲良しすぎる(笑)。
樹海へ!
これは遭難フラグ!
って、ドンとロレンツォが迷うのかよ!(笑)
こっそり助けに来る聡明さん優しい!
予告がいつもと違って華やか!
普通に喋りなさいよっ!(笑)

「琴浦さん」
森谷は、意外とメンタル弱いよな。
未成年でも逮捕はされるとして、親は立ち会わなくていいのかね?
まあ、あの親じゃ駄目だろうけど(苦笑)。
超能力で犯人を見つけるねぇ……。
心を読むくらいなら危険は無さそうだけど、
捕まえるとなると無理があるよなぁ。
それでもし犯人が捕まえられたとしても、
部長のお母さんの名誉が晴らせるとも思わないのだが……。
真鍋の言ってることのほうが正しいよなぁ。
自分にできることをやりたいって琴浦さんの気持ちもわかるが、
やっぱり子供が出る幕ではないと思うわ。
部長が囮になってギャー!
これは次回どうなっちゃうの!?

「ビビッドレッド・オペレーション」
あかねとれいが友達になったと思ったら敵同士になったという話。
わかっていた流れだからなぁ。
むしろ、今まで気づかなかったのがおかしいというか……。
1体のアローンに複数の強化矢を打ち込む!
最初の1体の時にやっておけば良かったんじゃ……。
今までが1本ずつだったから、そういう制限でもあるのかと思っていたらこれだよ!
脚本の都合で設定が作り込まれていないように見えるのは良くないと思うの。
「嘘つき!」「違うの!(……だって機密だったんだもん)」
という悲しいすれ違い。
れいちゃんに話しても支障はなかったと思うけど、
機密だからね、仕方ないね(教室で堂々と召集の会話をしてたシーンから目を背けつつ
れいちゃん捕らえられる!
これは同人誌が大量に作られるフラグ!
作家の皆さん、期待してますよっ!


10話の感想は以上となります。
それでは、ごきげんよう!

at 18:26|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想まとめ記事 

2013年03月12日

2クールのアニメ 第21話のまとめ

「新世界より」
悪鬼の出現を肆星様に伝える間もなく、悪鬼は目の前まで迫っていた。
あっけなく肆星様も殺され、早季と覚は清浄寺へと急ぐ。
清浄寺には乾さんが来ており、そこで野狐丸の真の狙いを聞かされるのだった……。
肆星様の負けは見えてたからなぁ……。
呪力で物を飛ばすといった物理的攻撃は同じく呪力で防げるけど、
それだけじゃ勝ち目は無いわけで。
結果的に肆星様は呪力の制御を封じられたことで暴走して死んだのかな?
新見さんはいい人だったね。
富子様からの使命を果たすだけだけでなく、
早季と覚を逃がす時間稼ぎまでしてくれたわけだし。
人間の赤子をさらって、それを悪鬼に育てる。
10年後には悪鬼の部隊が完成し、
人間は一切の抵抗ができないまま降伏せざるをえない。
うわぁ、これに気づくまでが遅すぎたな……。
これじゃあ、もうどうにもならないよなぁ。
このままバケネズミの王国が完成して終わりなのかしら?

「リトルバスターズ!」
ニャーブ!そしてスライニャーだ!(どやぁ!
鈴のレベルアップは順調だが、バッティングのほうはどうなってるんだろう?(苦笑)
筋肉ツルツル=きしょい。
ぶっちゃけすぎだろ(笑)。
楽しいのもアバンまでで、本編は徐々に重い方向へ……。
おまじないとかは後の伏線だったりするのか?
ロケット打ち上げに失敗。
助かっていると信じたいが、これは……。
現地に行くわけにもいかないだろうし、どうすりゃいいのか。
ここから今後どう展開していくのか全然読めないわ……。

「さくら荘のペットな彼女」
前回との落差が酷い。
署名は目標数まで集まりそうな感じだったのになぁ……。
現実厳しすぎですわ。
空太にしても七海にしても、凡人が努力しても報われないのはやりきれないね……。
まあ、ある程度は運にも左右されるからなぁ。
今回は、たまたま運が悪かったと思うしかないよね。
あとはもう挑戦し続けるしかない。
七海は実家に帰る約束だけど、そんなもの守る必要も無いしな。
自分の夢を好きに追わせてやれない親が悪いわ。
さくら荘の件も、大人が悪いわけで。
社会の理不尽さに対抗できない子供に容赦が無い現実。
それでも立ち止まり続けるわけにはいかない。
それら全てを受け入れて前に進むか、最後まで抵抗しながら前に進むか。
選択はどちらかひとつだよね……。

「イクシオン サーガ DT」
テコ入れというか、脚本の方向修正が入りました!
黒幕はウルガ教団で終末戦争を起こすことが目的だったんだよ!
なんだってー!
ジャグラバーク卿の鼻毛もウルガ教団の仕込みだったんだよ!
なんだってー!!
DT一行もED一行も全員ハイペリオンになってるんだよ!
なんだってー!!!
アルマギアはたくさんあるから、お金払えば好きなのを持って行っていいよ!
なんだってー!!!!
DTはオルビディアを目指していたようだが、そこには行けないんだよ!
なんだってー!!!!!
DTたちの戦いはこれからだ!
END!(もうちょっとだけ続くんじゃ
まとめると、こんな感じだったと思う(笑)。
チート発動でパワーアップ!課金ガチャで装備強化!
オルビディアのイベントは未実装です!
これはクソゲーですわ(笑)。
DTはセングレンによって男になるそうですよ!(アッー!
次回は回想かぁ。


以上で終わりです。
それでは、ごきげんよう!

at 23:15|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想まとめ記事 

今期のアニメ 第9話のまとめ

「D.C.掘船澄Εーポ掘繊
アバン、るる姉のおトイレ覗きました。
さすが清隆さん、俺たちにできないことを平然と(ry
前半は急にサブヒロインのピックアップ。
ぶっちゃけ出てきただけで、物語的にはなんの意味も無いという(苦笑)。
前回の意味深な引きはどこへ行ったんだ……。
相変わらず美琴が可愛いわー。
自己暗示にかかるとか、これはエロイ暗示をかけるイベントをですね!
18禁版では用意してるんでしょ?ね、ね!(落ち着け
排泄シーンはイメージ映像でお送りします(笑)。
杉並から渡されたカプセルの中身ってなんだったんだろう?
もう、アレ用の薄いゴムということにしておこう(マテ
それを美琴に渡すということは、そっちからのアプローチ待ちってことか?(ぉ
なんで美琴はライバルである清隆と携帯番号を交換したのだろう?(笑)
排泄シーンはイメージ(ry

腋ですべてを許した!ペロペロ(マテ
後半は美琴との遊園地デート。
なぜか後半から作画が力尽きる謎……最後まで頑張れよっ!
あー、これは美琴さん完全攻略ですわ。
このあと家にお誘いしたらHシーンまで行けるレベルで落ちてますわー。
もう、このまま美琴ルートでいいです(笑)。
次回はようやく物語が動くのかな?
急に、あおきさやかさんが忙しいな(笑)。
モブに、はるるんがいましたね。
モブではちょこちょこ見かけるけど、メインは取れてないんだよなぁ。

「閃乱カグラ」
陽の巻物が奪われました。
雲雀は悪くない!
つまり霧夜先生が悪いということですね(笑)。
雲雀は蛇女へ潜入。
あれ?蛇女って案外フレンドリーなのね。
春花さんがガチレズすぎる!いいぞもっとやれ!(笑)
詠は、もやしを自重しろ!(笑)
鈴音さんは眼鏡っ子!鈴音さんは眼鏡っ子!(大事なことなので二回言いました
そろそろ全面対決になりそうですね。

「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」
愛衣ちゃんのポエムノート(笑)。
鋭太と同類だったか……。
この時点でお似合いなんじゃないですかねぇ?
この場面、愛衣ちゃんの中の人の演技は神がかってたなぁ。
花火大会にて、愛衣ちゃんの思い出案内。
鋭太は思い出すまでに時間掛かりすぎぃ!
どんだけ興味なかったんだよ……。
小さい頃からあんなに可愛いのにっ!(ぉ
ここまで正面から告白されたのに、だが断る!なのか……。
せめて「真涼に悪いから」くらいの理由付けをしてほしかった。
今回って、監督自ら脚本と絵コンテ書いてたんだなぁ。
脚本担当するのは珍しいってか、初なんじゃないかしら?

「キューティクル探偵因幡」
シリアスは続……かない!(笑)
というか、シリアスとギャグが交互に起きると、
非常にテンポが乱れて話がわかりずらい……。
とことんシリアスでも良かったのよ?
フラグ乱立事件。
ノアきゃわわ!
しかし夏輝のことを考えると複雑だなぁ……。
ロリコンなのにモテるとかおかしいですよ!(ぉ
やっぱり顔なのか!?イケメンなんて滅びてしまえ!(落ち着け
優太×ノア……キマシ?(苦笑)

「琴浦さん」
傷害事件なのか殺人事件なのか、どっちだ?
ともかく、犯人の心を読んでしまった琴浦さん。
シリアス突入への布石が……。
琴浦さんは犯人を知っているらしい、という噂の広がり。
この学園にはクズしかいないのかよ……。
まあ、誰が悪いってわけでもないのだけどさ。
お母さんとの対面。
助けの手は背中に添えるだけ!
お母さんツンデレじゃないですかー!やったー!
仲直りは難しくなさそうだな。
相手の男は、これもシリアスへの布石にしか見えない……。
Cパートで森谷さんが……。
これはついに殺ってしまったのか?(マテ

「ビビッドレッド・オペレーション」
わかば×ひまわり回でした。
いつもより作画が悪かったね。
作画以外に良いところが無いんだから、頑張ってください!(ぉ
お話は……粗い。
読者モデルにスカウトされるとか、そんな展開いらない。
普通に仲良く工場見学してくれれば良かった。
日曜日の工場見学当日に、アローンが現れる。
あかねとあおいは、わかばたちの邪魔をしないために2人で戦う。
ドッキングすることで善戦していたけれど、れいの弓で強化されて劣勢へ。
そこへ、わかばとひまわりが駆けつける。
王道かもしれないが、後半の展開をこうしてくれるだけでも、
全然評価が違った。
なんだよ、あの申し訳程度のアローン戦……。
アローンのビームとか当たってるのか当たってないのかよくわからないし、
そもそもアローンは落下してこなくても、宇宙からビーム撃てばいいんじゃないの?
れいちゃんは今回も間に合わなかったか……。
カラスの台詞にイラッ!
ぐずぐずしてるもなにも、あの距離じゃ届かんだろ。
脚本の都合で怒られるとか、れいちゃんが不憫でならない……。
しかも最後はサービスシーン担当だしな(苦笑)。
残り4話か?
そろそろ正体バレするかな?


9話の感想は以上です。
それでは、ごきげんよう!

at 02:53|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想まとめ記事 

2013年03月05日

2クールのアニメ 第20話のまとめ

「新世界より」
バケネズミの切り札が悪鬼であることを知った早季と覚は、
町へ報告しに戻るため、悪鬼の追跡を逃れつつ川を下る。
その途中、改良されたバケネズミの自爆攻撃によって覚とはぐれた早季は、
偶然知り合った少年からバケネズミの狡猾さを知ることとなる。
そして、早季は富子さんから神栖66町を託されるのだった……。
敗色濃厚すぎて笑えない。
愧死機構まで知られている以上、攻撃するのも命がけだからなぁ。
バケネズミは捨て駒のように兵を使ってくるから、
精神的な意味でも負けてるしさ……。
死を覚悟してる者と、してない者なら、どっちが強いかは明白ですわ。
粉塵爆破するバケネズミとか、どうやって作ったんだろうね?
水路の水を抜くことになったのは痛いな。
足の速い移動手段が船しかないから、逃げるのも一苦労だし。
この絶望的な状況からどう反撃するのやら……。
次回は肆星オワタ?

「リトルバスターズ!」
ささささ!キマシツンデレ!(何
鈴の速球は80キロしかなかったのか。
これは変化球を身につけないと打たれまくるな。
って、なんか凄い技習得したー!
130キロとか、女子が投げる球速じゃねぇ!
ライジングニャットボール!どやぁ!(笑)
ひさしぶりの手紙指令。
恋煩いの解消……ようやくギャルゲーっぽい内容!
だが、理樹は恋してない(苦笑)。
相川君は、ずいぶんと乙女チックですね(笑)。
鈴の直球!剛速球!そしてデッドボール!
うむ、下手に遠まわしに訊ねたり答えたりするよりは良いな。
おかげでテンポ良く話が進んで面白かったわ。
謙吾が爽やかイケメンすぎて、これはささみさんが惚れるのも仕方ない。
そして何気に、ささみさん@がんばってた!
いろいろあったけど、最後は良い感じに収まりましたね。
好きな女子と一日1回メールできるだけでも幸せだよね……うん(ぉ
何気にささみさんの取り巻きの中の人が豪華すぎて驚いたわ。

「さくら荘のペットな彼女」
署名活動。
名前を書くぐらい協力してあげても……。
まあ、さくら荘なんで他の生徒にはどうでもいいし、仕方ないか。
目に見えてましろの画力が落ちているわけでもないのに、
さくら荘が影響を与えている!っていうのも、おかしな理論ですよねー。
というか、ましろ本人の意思を無視しすぎだろ!
龍之介の言葉が正論すぎて完全論破ですわ。
つーか、空太は我侭すぎる。
いつもの『自分の理想の押し付け』でしかないよなぁ。
確かに自分がどうしたいかは大事だけど、
そのためにどうするかの方がもっと大事だと思うんだ。
全部を守りたいという気持ちはわからんでもないが、う〜ん……。
龍之介の過去。
才能は人を孤独にするよね……。
とはいえ、これは龍之介が悪かったんじゃ?
七海はオーディション落ちたのか……。
でも、オーディションなんて役に合わなければプロでも落とされるわけだし、
たった1回だけしかチャンスがもらえないのは理不尽すぎると思うわ。
署名は300人も集まったのか!
思ったより多いなぁ。
しかし、冒頭の様子からここまで増えた理由が弱い。
美咲先輩とか、明らかに迷惑行為だしなぁ。
学校のホームページとか、生徒は普段見ることも無いと思うのだが、
その辺りどうなんだろう?とかさ。
予告は明るかったけど、次回もシリアスなのかなぁ……。

「イクシオン サーガ DT」
18の儀式終了、ついに結婚へ。
前回の段階でまだ3つぐらい残ってたのに、全部妨害失敗したのかよ!
最後とかもう見てるだけだしな。
お金が無いと妨害ひとつできないインゴクニート……(苦笑)。
姫の初夜。
ジャグラバークはぬいぐるみフェチ……だと……?
アカン、これはマジキチすぎる。
DTのDTらしい行動にワラタ。
ちょっと落ち着け(笑)。
姫のアホ毛が3本立ったー!
世界が滅びなくて良かったですね(震え声
鼻毛を嫌がる姫が可愛すぎる!
みかしーの演技いいわー。
ジャグラバークを暗殺未遂の容疑がかけられたDTと、
その仲間扱いされるEDさん(笑)。
そういう流れだからね、仕方ないよね(苦笑)。
次回はようやく物語の本筋に入るのか。
エンド曲変更。
曲はいいのに歌詞が酷いのは、この作品の曲すべてに言えることだな(笑)。


以上で終わりです。
それでは、ごきげんよう!

at 16:17|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想まとめ記事 

2013年03月04日

今期のアニメ 第8話のまとめ

「D.C.掘船澄Εーポ掘繊
スタッフの暴走回でした(笑)。
脚本家ちょっと来い!
私と握手しようぜ!(ぉ
福引で当てた温水プールにさくらと一緒に来たはずが、
なぜかヒロイン全員集合するというカオスに(笑)。
それぞれがセクシャルアピールしてくるのに対し、
清隆は顔を赤らめるだけで反応しないとか、
これはどういうことなんですかねぇ?
今回はいつも以上におっぱいサービスをしてくれて大満足でした!

だが、乳首が無い!
個人的に、今回の優勝は美琴だわ(笑)。
耕助の姉・四季さん登場。
ゲームでは全然出番が無いらしい。
もったいないので、曲芸商法ディスクで美琴共々攻略対象にしようぜ!
立夏さん、プールでオイルは必要ないよね……。
できれば、仰向けに寝ていただけるとありがたいです(マテ
水着コンテスト。
これは酷い(笑)。
さすがに衆人環境の中ではやっちゃいけないと思うんだ!
というわけで、私の前でだけもっと過激なアピールをですね……(パーン
優勝はさくら。
ロリコンばっかりじゃないですかー!(笑)

よし、許せる!(何
円盤では乳首が追加されて光も消えるんですよね!
よし、買おう!(断言

「閃乱カグラ」
過去回想でした。
タイミング的にはちょっと唐突だったか?
思ったほど凛については触れられなかったしな。
大道寺さんが留年し続ける理由が明かされたくらいか。
斑鳩の髪の伸びる速さについては、誰もがツッコミを入れててワラタ。
おかっぱショートのほうが動きやすそうだけどなぁ。
転身したときの格好は任意なのか。
体操服ブルマの雲雀には誰もツッコミを入れなかったのだろうか?(笑)
その雲雀は操られることになりそうだな……。
戦力としてもイマイチなのに、この扱いは可哀相だなぁ。
覚醒まだー?
もちろん性的な意味で!(マテ

「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」
愛衣ちゃんはメンタル強いな。
ここまで頑張ってフラグ立てを試みているのに、
まったく相手にされないとなったら、普通は諦めるぞ……。
それだけ好きってことなんだろうなぁ。
雑誌に載ってるおまじないを実行するとか、
自演乙よりもモテるための活動をしてるよな(笑)。
鋭太に惚れさせて意のままに操る……そういうの良くないと思う。
真涼は、相手の弱みを握って思い通りにしようという考えを、
そろそろ改めませんかね?
ポエムシーンは鋭太の中の人の悶絶アドリブを楽しむもの(笑)。
途中に入った教室のシーン(鋭太の回想?)って必要だったのかしら?
田中理恵さんじゃなくて、みかしーを使ったのは予算の都合か?(苦笑)
映画に行くWデート。
既に鋭太に惚れてることに早く気付けよ!
千和は竹刀を持ち歩いているのだろうか?
明らかに手ぶらだった気がしたが、どこから取り出したの!?(笑)
映画館ではお静かに……絶叫イベントだからいいのか?(苦笑)
前回と似たような引きだなぁ。
相変わらず愛衣ちゃんが報われないのでショボーン……。
次回で本当の大勝利が来るか!?

「キューティクル探偵因幡」
2本ともシリアス寄りだったね。
そして2本とも荻さんが殺されそうになる話という。
優太くんはノアと知り合ったときの件で、
本気で殺るのは思い直したんじゃなかったのか?
機会さえあれば、いつでも殺る気のままなのね(苦笑)。
優太くんの抱きつき! だが男だ!
そして相手は崖から突き落とされる!(笑)
何気にドラゴンとケルベロスを倒した荻さんマジぱねぇっす!
聡明さんの過去。
重すぎ笑えない……。
ギャグ作品なんだし、なにもここまで重い設定にしなくても……。
その当時はアレだったけど、今現在はどうなんだろうね?
荻さんとか緒方さんを見てる限りでは、大分マシになってそうだけど。
やっぱり裏はまだ真っ黒なのかねぇ……。
次回は後編か。
このままシリアスに終わる……のか?(苦笑)

「琴浦さん」
誕生日から引き続き。
プレゼントがまともだった!
コスプレ衣装とかだと思ってたのに!
中の写真は自分で撮ったのだとするとバカすぎる(笑)。
看病イベントきたわー!
まさか超能力がなくなるとは思わなかったが。
真鍋の妄想タイムが、ガチでエロくて困る(何
琴浦さんの中の人は頑張ったな!(もちろん性的な意味で!
背中拭くくらいで逃亡とか、清隆さんを見習えよ!(ぉ
デート。
モブのキャストに、はるるんが(笑)。
何気に本人に似た背格好のモブキャラだったな。
琴浦さんの私服は地味なので、お店で新しい服に着替えるかと思ったが、
そんなことはなかった(苦笑)。
ラストに急展開……!
マジで次回から鬱展開に突入なのか!?
上げて落とすのやーめーてー!

「ビビッドレッド・オペレーション」
あかねちゃん意識不明で、主人公不在回でした。
あおいちゃんに最近見せ場が無かったからって、
こういうお話でスポットを当てなくても……と思った。
まあ、吉野さんはシリアス展開好きだしね、仕方ないよね。
マユの状態でも攻防完璧って、今回のアローン強すぎですわ。
こちら側も早く強力なバリアの開発をですね……。
というか、目的が示現エンジンだから良いものの、
あそこからビーム撃ちまくられたら東京壊滅だよなぁ。
おじいちゃんは特許で得られるお金を、
全部過去に起きた事故の償いに当ててるのか。
自己満足で孫に苦労させるなよ!せめて生活費ぐらい出せよ!
という総ツッコミ(苦笑)。
ドッキングはあかねとしかできない……ご都合設定すぎる。
あかねがいないだけで戦力大幅低下とか、欠陥システムだろ。
すごい爆弾を使う代わりに東京を放棄する。
ただし、アローン撃破確立は4%です。
示現エンジンが破壊されたらやばいのはわかるが、
そんなに危険な装置なら停止するべきだよね。
現代社会では原発でさえ停止してるというのに……。
「あかねちゃんなら背中を押してくれる」
えっと、つまり示現エンジンを破壊するのを後押ししてくれるってこと?
これはあかねちゃん敵化フラグですか?(違
あのー、戦闘機に乗って来た意味は……?
そして今回も変身シーンはカットですか、そうですか。
いざとなったら二本目を使うわ!→間に合いませんでしたorz
れいちゃん涙目すぎる……(苦笑)。
そろそろカラスからは見捨てられそうだなぁ。
というか、アローンはなぜ1体ずつしか現れないのかしらね?


8話の感想は以上となります。
それでは、ごきげんよう!

at 16:34|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想まとめ記事