2013年02月

2013年02月26日

2クールのアニメ 第19話のまとめ

「新世界より」
バケネズミの襲撃により、甚大な痛手を負った人間は、
五人一組になってバケネズミの掃討を始める。
早季と覚も五人一組で行動を開始するが、
とある病院の調査中にバケネズミの切り札を知ることとなるのだった……。
思わず2周してしまったわ。
話自体はあまり進んでないけど、濃い内容だったなぁ。
作画も気合入ってたし、かなり面白かった。
全体的に死亡フラグが立ちまくりで、
しかもそれを全部回収するとかハンパないな(苦笑)。
覚が一番年下だと思うのだが、誰よりもしっかりしてて驚く。
まあ、子供の頃から激戦を重ねてきたからね。
そこら辺の平和ボケしてた大人とは経験値が違うわな。
早季も冷静な判断力は健在だし、気配感知能力も高めで優秀だなぁ。
バケネズミを相手にするだけなら、負けはないだろうに……。
悪鬼は攻撃抑制と愧死機構が機能してないから、
人間を攻撃し放題だけど、こちらはどうにもできないんだよね?
悪鬼を生み出さない対策はしてきたけど、
倒すための対策はなにもしてこなかったのだろうか?
関係ないけど、久しぶりに小林早苗さんのボイスを聞いたわ。
やっぱり良い演技をするなぁと思った。

「リトルバスターズ!」
クド回でした。
まだルート入りはしてない感じ?
クドって通信制度で入学して飛び級だったのか。
英語ができなくても飛び級ってできるの?
あれか、通信制度だと緊張しないから英語も良い点取れたのかな?
実力テストに向けてお勉強。
西園さんにスポットが当たったよ!
でも出番は少なめだった……(苦笑)。
はるちんの新たな天敵は西園さんだな(笑)。
お姉ちゃんとはすっかり仲良しになってて微笑ましかったわー。
クドを賭けの対象にしていた子たちは、別に悪気は無いんだろうなぁと。
もっとちゃんとした形で仲良くなれる道があるだろうにね。
ラストのシーンはちょっとウルっと来たわ。
仲間をひとりぼっちにはさせない、という気持ちがすばらっ!
次回はささささの出番か!(ぉ

「さくら荘のペットな彼女」
仁さんも美咲先輩も卒業するわけだし、
そこまでさくら荘にこだわらなくてもいいんじゃないか?とは思った。
でも、回想シーンでの出来事とか見てると、
住人の意思確認も無く取り壊しが決まるのは、
納得がいかないもの無理はないか……と思い直したわ。
今の生活より楽になることは確かかもしれないけど、
人には愛着ってものがあるからな。
想い出は想い出として残るとはいえ、無くなった場所はもう二度と戻ってこない。
建て替えるものなんか違う気がするので、せめて補強工事くらいにしてほしいよね。
今回はいつも以上に空太の中の人が全力だったので大笑いした。
「ふわぁっ!?」とか、どこから声を出してるんだよ(笑)。
逆にましろの出番が少なめだったのは残念でした。

「イクシオン サーガ DT」
これは酷い(笑)。
姫さまご乱心の回はキャラ崩壊しすぎだろ(苦笑)。
それぞれのキャラソンをちゃんと作ってあるのは凄いな。
全曲、大和屋さん作詞ってどんだけー!
脚本まで担当してるし、仕事しすぎです(笑)。
何気に全員歌が上手いのね。
キャラソンの発売日は2月27日か。
タイミングとしては完璧だなぁ。
ところで、謎の女の人はキャラソン無いのか……。
そこはちょっと残念だわ。
さて、残る儀式は4つだが、それはアバンで回収されそうだな。
そんなことより、次回はついに姫様の結婚&初夜か……。
NTRですね、わかるわ(マテ
というか、年齢的にいろいろダメだろ(苦笑)。
いや、ファンタジー世界だから大丈夫なのかもしれない!(えー


以上で終わりです。
それでは、ごきげんよう!

at 23:01|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想まとめ記事 

2013年02月25日

今期のアニメ 第7話のまとめ

「D.C.掘船澄Εーポ掘繊
葵ちゃんの当番回でした。
清隆、ちょっと私と代わらないかい?
むしろ代われ!
さあ、今すぐにだ!!(落ち着け
これだけセクシャルアピールされても、
鉄の意志を貫く清隆はヘタレなのかイケメンなのか(苦笑)。
18禁じゃないアニメで、女の子のパンツを脱がすシーンを描写するとか、
チャレンジャーすぎるわ!(笑)
しかもその後、裸エプロンイベントまで入れてくるとか、
とてもスタッフが正気とは思えない!(褒めてます
眠ったあとは好きにしていい、とか!もう!なんだ!
おっぱいモミモミくらいはするのが普通だろ!
こんなことを言われる清隆が羨ましすぎて壁ドンですわ!
今回はやたらと肌色率が高かったですが、

このくらいのパンチラでも充分ですのよ?
絵コンテと作画について。
今回はいつもに比べるとチェックミスが多かったですね。
背景が夜から夕方になったり、さらのリボンの色が違っていたり、
るる姉が分身したりと、おかしい箇所が多すぎました。
アップの多用と使いまわしの多さは気になるところですが、
まあ小俣真一さんが絵コンテ切ってるとあっては納得かな。
この作品のスタッフって、ほんとシャフト演出が好きなんだなぁ。
いっそのことシャフトで作ればよかったのに(苦笑)。

「閃乱カグラ」
アバンで一部チェックミスがあったものの、
全体的に作画が凄く良かったわ。
大道寺さん登場。
もう全部この人に任せればいいんじゃないかな?(苦笑)
今回の修行、割と普通に死にそうな場面が多々あったと思うのだが、
別にそんなことはなかった(笑)。
服を破くだけのピラニアさんマジ紳士!(えー
今週の太巻きノルマも回想で回収。
こんな子供の頃から、太いのを咥えるための修行をしてたんですね!(マテ
凛についてはまだ謎が多いな。
果たして生きているのだろうかー(棒読み
ED変更。
原田さん、さすがの歌唱力ですわー。

「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」
アバンから事後である。
これはもうコンバインして良いということですよね?
ではさっそく……(マテ
冬海愛衣の登場。
プライドが高くて墓穴を掘るタイプだったか(笑)。
ちょっと意外だったけど、これはこれで可愛いな。
鋭太の回想的に、二人が幼い頃になにかあったっぽいね。
あれ?これって愛衣ちゃんメインヒロインじゃね?(笑)
鋭太は早く愛衣ちゃんと付き合うべき!
というか、鋭太の鈍感っぷりが酷すぎる。
あれだけのアピールになぜ気づかないのか……。
名前を鋭太から鈍太に変更するべきです(ぉ
まあ、恋愛に興味が無い男だから仕方ないのかなぁ。
最後とか、愛衣ちゃんが可哀相すぎて見てられなかったわ……。
ピンクは淫乱の法則で、愛衣ちゃんには同人誌方面で頑張ってもらおう!(マテ

「キューティクル探偵因幡」
ショートストーリーの詰め合わせでした。
主に聡明さん関係。
ここでこのエピソードを入れられても、よくわからないですね。
聡明さんが身体を借りてる人って誰なのか、一切説明なかったし。
あと、浜田さんの登場も唐突すぎだよなぁ。
野崎って、探偵所で寝泊りしてるわけじゃなかったのね。
学園編。
この設定でも面白い話が作れそうだな(笑)。
配役とか完璧すぎる。
これは、あらゆる意味で通いたくない学園だわー(苦笑)。
ツッコミ不在編。
何気にガブリエラが大活躍してる話でもありました。
そこ突っ込むところ!ってシーンに、誰も突っ込まないので、
そのままシリアスっぽく進行するという。
まずドンの姿からしておかしいのに、全員スルーだからな(笑)。
というか、ドンはなにをされたら死ぬのだろうか?
今回はギャグ補正もなかったはずなのに!(笑)

「琴浦さん」
なぜ温泉シーンが無かったし!(憤怒
そこは原作通りじゃなくても良いんだよ……?
温泉掘ってたら石油が出たのにはワラタ。
森谷の料理は、なにがどうなってそうなるんだろうか?(苦笑)
超能力だとか、そんなチャチなもんじゃ断じてねぇ!
朝チュン……だと……?
序盤のクズっぷりが無ければ、森谷さん可愛い!って素直に言えるのに……。
琴浦さんと和尚さんとのシーンは泣いた!
本当は母親がまっさきに受け入れなくちゃいけないのにね。
家庭崩壊したのは浮気した両親にも責任があるだろうに……。
サプライズバースデー。
またもや真鍋のイケメンっぷりが炸裂!
「生まれて来なければ良かった」と言われた琴浦さんは、
自分の誕生日とかまったく気にしてなかったんだろうなぁ。
だからこそ、生まれてきたことを祝福されることが、どれだけ嬉しかったか。
一緒になって泣いてしまったぜ……。
本当に良い最終回だったな!(違

「ビビッドレッド・オペレーション」
脚本は吉野さんだったので、話の大筋に問題は無かった。
でも、ツッコミどころは多々あったなぁ。
あかねたちが無償労働であること、
あかねがこんなに苦労しているのに、おじいちゃんはなんとも思っていないこと、
れいは他者と関わってはいけないのに学校に行くのは強制されること、
れいが示現エンジンの開発者を知らなかったこと、
冷蔵庫から出したおじいちゃんの身体を放置したままなこと、
アローン襲撃時の住民の避難状況が不明なこと、
あかねたちに連絡が来てから現地に到着するまでの時間がかかりすぎなこと
(昼食時に連絡が来て、到着する頃には夜って……)、
れいの移動方法の謎……とまあ、全部挙げるとこんなところかな?
これ全部、話の都合です!で説明放棄されてるわけで……。
もっとちゃんとしようよ……って思いました。
今回の戦闘を見て思ったが、あおいとわかばが囮になって、
ひまわりとドッキングした必殺技を撃つだけで良さそうだよね。
威力的に、他のドッキングなんて必要ない気がするのだが……。
せっかくの設定もまったく活かせてないのは、どうなんだろうと思うわ。


7話の感想は以上となります。
それでは、ごきげんよう!

at 16:06|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想まとめ記事 

2013年02月19日

2クールのアニメ 第18話のまとめ

「新世界より」
もう19話が配信されているけれど(苦笑)。
大雀蜂と塩屋虻の戦争は、塩屋虻の完全勝利で終わった。
しかし、その後の調査で、いままでとは違ういくつもの不審点が見つかる。
それは呪力によるものでなければ説明のつかないものばかりであった。
バケネズミへの警戒を強める中、町では夏祭りが行われる。
だが、それは新たな事件の幕開けへと繋がるのだった……。
ここにきて面白さが急激に上がったな!
それも今までの積み重ねがあってこそなわけだし、
原作のレベルの高さが窺えるわ。
早季は昔のことは、ちゃんと受け止め切れているのかと思っていたが、
全然そんなことはなかったのね。
まあ、真理亜と守の死亡が確定していると言われたら、平静ではいられないわな。
骨の鑑定に間違いは無いと富子さんは言った。
嘘を言っているようにも見えなかったし、
もう死んでる……バケネズミに殺されたことは確実かな?
今回の戦いを見る限り、真理亜と守くらいなら、
呪力を使われても殺すことはできそうだしね。
さすが肆星様、超強いな!
もうこの人ひとりでいいんじゃないかな?(苦笑)
それにしても、油断しすぎたのは大問題だな。
呪力があるから無敵ってわけでもないのだし、
武器を手に戦う能力のあるバケネズミを侮るのは、
平和ボケしすぎだわ。
日野は、まあどうでもいいよ。
やられ役なのは目に見えてたしな。
宏美ちゃんを殺したことは絶対に許さない!
次回以降も怒涛の展開になりそうですね。

「リトルバスターズ!」
はるちんルート終了。
アバンなし&西園さんに出番なし(苦笑)。
ま た 雨 か !
鬱パートに入ると雨になる法則!(笑)
はるちんは、「誰を憎めばいいの?」って言ってたけど、
親族を憎めばいいんじゃないかな?と思った。
二木さんは、妹を守るために仕方なかったと……。
大人の都合に振り回され続けた姉妹。
心の奥ではお互いを想い合っていても、
それを言葉にすることはできなかった。
幼い日の約束。
やがては、それすらも信じられなくなってしまった。
けれど、姉妹の絆は決して断たれることは無く。
今、再び手と手を取り合うことができた。
ここから二人は歩き出す。
姉妹仲良く生きていく道を――

「さくら荘のペットな彼女」
原作者の脚本でした。
ついに仁さんと美咲先輩の問題が解決。
って、ずいぶんとあっさりしてましたね。
空太と殴り合いをする必要はあったのだろうか?(苦笑)
つーか、空太は相変わらず理想の押し付けなんだよなぁ。
俺の理想とする仁さんじゃないと嫌だっていう、いつものパターンでした。
それで相手が奮起してくれればいいけど、
自分勝手な言い分なので励まし方としては微妙な気がする……。
妹ちゃんは合格できなかったのか……。
さくら荘の住人にならないのは勿体無い気がする。
仁さんと美咲先輩がいなくなった後、誰が追加で入ってくるのかしら?
って、取り壊し決定だと!?
EDでさくら荘が動いていたのは、取り壊しが行われていたからだったのか!(違

「イクシオン サーガ DT」
18の儀式のうち、4つまで終了。
インゴクニートの妨害が、まったく妨害になっていなくてワラタ。
ちょっとは真面目にやれ!(笑)
第5の儀式はドミノ倒し。
これは苦行……。
450万3279個並べるとか、どんだけかかると思ってるの?(苦笑)
インゴクニートの妨害はドミノを買い占めること!
うん、バカじゃないの?(笑)
アルマエネルギーで地震を起こす方が簡単だろ!
「そんなことはしない」(キリッ
さすがEDさん、テラ紳士!
玉は無いけど(ぁ
玉無しの男と、玉ありの女の出会い……。
よし、結婚だな!(マテ
さあ、次回どうなる……って、カラオケ大会かよ!(笑)
みかしーの歌が楽しみだわ。


以上で終わりです。
それでは、ごきげんよう!

at 23:15|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想まとめ記事 

2013年02月18日

今期のアニメ 第6話のまとめ

「D.C.掘船澄Εーポ掘繊
立夏さんの当番回でした。
メインヒロインのアピールが全力すぎる(笑)。
他の子とイチャイチャしてても許してくれる、立夏さんの寛大さが凄いな。
前世で恋人だったから、余裕があるのかしら?
立夏さんの言う「前世が〜」はみんなからは設定と思われているわけだが、
本人はあくまで本気なのか……。
とはいえ、具体的にどんな記憶があるのかを教えてくれないとなぁ。
じゃないと、清隆も思い出しようがないよね。
立夏さんとのデートは恋人同士にしか見えない。
これで付き合ってないとか、清隆のタラシっぷりは凄まじいな。
立夏さんは明確に「好き」と宣言したわけだが、
返事をうやむやにする清隆の高度なスルースキルには驚愕するわ(苦笑)。
EDが特別仕様とか、さすがメインヒロインだな!
個人的に今回のED曲はすごく好きです。
今回は演出がいつも以上にシャフトっぽい感じがした。
画面の切り替え方とか、影の付け方とか。

「閃乱カグラ」
シリアス回なんだけど、バトル中に服が破けていくことに、
どうしても笑ってしまうわ。
原作再現という意味では非常に宜しい。
いいぞ、もっとやれ!(笑)
秘伝忍法の演出は、もうちょっと頑張ってほしかったかも。
まあ、立て続けに出すから、全員分を凝った演出でというわけにはいかないか。
1話につき一人ずつだったら、余裕あったのだろうけどね。
一度作れば、あとはバンクとして使い回せばいいわけで。
おじいちゃんキター!
【速報】太巻き復活!
これで次回以降も安泰だな(何が
蛇女に完敗したところで半分か。
ここからの巻き返しがどういう展開になるのか楽しみですね。

「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」
姫香可愛いじゃないか!
中二病ではあるけれど、ヒロインの中では一番まともに見える!不思議!
想像上のマイスターが酷すぎる(笑)。
混ぜすぎってレベルじゃねーぞ!
真那ビッチきたわー。
個人的には、真那よりもボディーガードにイラッ☆っとしたわ。
仕事してるだけなのはわかるけどね……。
姫香のポエムを読む真那は、同じことを姉もやってるのよね……。
さすが姉妹だな……と思ったわ。
鋭太のような元・中二病はいいね。
後ろ向きだけど前向きに見えるところとか、
過去の自分を否定しないところは好感が持てる。
医者になるために努力しているというバックボーンがあるのも大きいな。
ラストにふーきーんーが登場。
部活は廃部にしてもいいけど、夏合宿を中止にすることだけは許さん!(ぇ
だって、水着シーンが見れなくなるだろ?(オイ

「キューティクル探偵因幡」
聡明さんの正体。
ただのセクハラオヤジじゃないですかー!(笑)
他人の気の流れを読み取る優太くんマジパネーッス!
さすが優太くん!憑依されてもなんとも無いぜ!(笑)
ふむ、聡明さんの肉体がどこかにあるのか。
勝手に研究材料にされて、因幡兄弟を生み出すとか、
なかなかヘビーなことになってるなぁ……。
警察に対して、かなり敵意を持っているはずなのに、
ギャグ補正のせいで、ちっともシリアスにならない(苦笑)。
この先のメインストーリーは、聡明さんの肉体探しになるのかしら?
ここからは外伝2本。
荻さんの30歳の誕生日。
大きいロウソク3本、ダイナマイト的な意味で!(笑)
ダイナマイトの爆発に耐えられる自信があるとか、
荻さんの外部装甲頑丈すぎるだろ!
緒方さん、いい人だな!
嫌がらせしてるようにしか見えないけど(苦笑)。
狼の子供たち。
これは一匹ペットにしたいですね!(夏輝を抱えつつ
申し訳程度の羊……って、ぎゃああああ!
これはノアさんが作ったとしか思えない(苦笑)。
パパは普通に強いんだな。
そういや、結局拳銃は一度も使わずだったなぁ。
今回はドンの出番が少なくて、物足りないという意見がちらほら。
ドン、人気すぎるだろ(笑)。

「琴浦さん」
確かにテスト中に心を読んじゃうと、他人の答え写せちゃうよね。
その辺り、わざと赤点ギリギリを取ることで、
そう思わせないこととかできると思うのだけど、
琴浦さんは普通に好成績を取っちゃうのか……。
森谷さんが言ったことは、過去にも言われただろうなぁと思う。
お金持ちアピールが凄すぎて、ちょっと引くレベル。
田舎に住んでいるのは、『道が広いから』という理由なのではないかと(苦笑)。
遊園地とか、電気代だけでもかなりのお金が必要だぞ?
水着きたわー!
会長のおっぱい揺れすぎだろ!
( ゚∀゚)o彡゜ おっぱい!!おっぱい!!
なお、琴浦さんは……(ぉ
この流れからのED曲で盛大にフイタ。
公式の病状が前回より悪化しているぞ!
早く病院を呼べ!(笑)
関係ないけど、最近モブ役で山川琴美さんをよく見るなぁ。

「ビビッドレッド・オペレーション」
水着回だよー!
ひまわりちゃんの圧倒的なおっぱい!
わかばは、その乳量でビキニなのかよ(笑)。
水着を着ててもマフラーは外さない黒騎さん。
この夏、これは流行る!(ねーよ
さて、今回の脚本だが……。
たいして面白くもない上に、じいさんにイラッ☆とさせられる。
結局パワーアップなんてしてないし、
ギャグ回にしてもセンス無さすぎですわ……。
変身すらしないって、どういうことなの?
せめて変身しての特訓にすれば良かったんじゃないですかね?
なぜ、わざわざサマースクール中に特訓させるのか……。
最後の主砲に飛び込むあかねですが、
爆発の衝撃は特殊水着が守ったということにしておくけど、
それ以前に、あかねのジャンプ力はどうなっているのですか?
なんかもう、いろいろ酷いわ。
作画とキャラクターの魅力だけで成り立ってるアニメだなぁ……。


以上で終わりです。
それでは、ごきげんよう!

at 22:30|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想まとめ記事 

2013年02月13日

2クールのアニメ 第17話のまとめ

「新世界より」
真理亜と守の失踪から12年が過ぎ、早季と覚は26歳になっていた。
早季は保健所でバケネズミの調査と管理を担当していた。
そんなある日、覚からもたらされた情報を皮切りに、
バケネズミへの不信感が募っていく。
そして、大雀蜂と塩屋虻の間で起きた戦争では、
予想もしていなかった結果が待っていた……。
種田梨沙さんの大人っぽい演技が素敵ですね。
演じ分けが完璧ですばらっ!
さて本編ですが、ここからはバケネズミを中心にした内容になるのね。
富子さんは相変わらず現役なんだな。
早季は後継者として呪力の修行を続けているのだろうか?
スクィーラの怪しさが、どんどん増していくなぁ。
根回しや工作もできて、口も上手いから、
今のうちに処分しておかないと危険すぎる……。
つか、人間側もバケネズミに対して警戒心なさすぎだろ。
労働力だから下手に減らせない&呪力による圧倒的優位があるにせよ、
文明コントロールくらいはするべきだよね……。
ED変更、といっても曲は前回のOPでも使われましたが。
これ、映像が凄く良いな。
前のED映像もそうだけど、ノンテロップで見たいなぁ。
円盤特典じゃなくて、CDの方にノンテロップ映像収録のDVDを付けてくれればいいのに……。

「リトルバスターズ!」
はるちんルート進行中。
ふむ、やはり父親違いの双子だったか。
DNA鑑定すれば、どちらがどちらの父親かわかるのではないのか?
わざと姉を困らせることをして愉悦に浸るか……。
それで何になるのだろう?って話だよなぁ。
人には優劣があって、それで劣っている方が虐げられるのは確かに理不尽だけど、
たったひとりの姉なんだから、頼ってみるのが正解だと思う。
同じ苦しみを与えるなんて、そんなことは本当に望んでいることでは無いはず。
姉妹として仲良くなれる道が、どこかにあったはずなんだけどなぁ……。
大人がそれを邪魔していたのかしら……。
まだ遅くないはずだから、二人が和解できることを願うわー。
二木さんも救ってあげたいしね。

「さくら荘のペットな彼女」
今回はバレンタインの話だったわけですが、
思ったより暗い感じになったなぁと。
女性からのアプローチに対して、男どもが女心を理解して無さすぎる……。
仁先輩も龍之介も素直に受け取れよ……と。
そんなに意地になる必要がどこにあるんだかなぁ。
その辺り、なんの理由付けも無かったのは不満でした。
空太の方は、まあ……いつものパターン。
クリスマスの時はましろで、バレンタインのときは七海か。
なによりも困ってる人を優先という考えは良いのか悪いのか……。
どちらにしろ、七海には勝ち目が無いからなぁ。
頑張ってフラグは立ててるのにね……。
結局、七海はチョコを渡してないし。
もう宮原とくっ付けば良いのではないかと思ってしまうわ。
自転車シーンでの宮原は、上り坂を担当したという解釈で良いのかしらね?
自転車を押して走った方が速そうな気もする(苦笑)。
どうでもいけど、きのこ派は泣いてもいいと思うよ!
チョコ餃子は無い!(断言

「イクシオン サーガ DT」
DTが主人公っぽかった(主人公です
とはいえ、ほとんど実験台にされてただけですけど(苦笑)。
オルビディアの情報も結局ほとんど手に入らずでしたし、
ハイペリオンがなんなのかも、イマイチわからないままというね。
アランというキャラは必要だったのだろうか?
受付嬢の2人はDTを卒業させてあげればいいと思うよ!(えー
珍しくサービスシーンが多めだったのは嬉しかったわ。
いや、DTのことではなく(苦笑)。
次回は18の儀式編か。
明らかにどうでもいい仕来たりなんだが(笑)。
お世話係がいない場合、とてもじゃないがこなせるとは思えない……(苦笑)。


以上で終わりです。
それでは、ごきげんよう!

at 01:35|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想まとめ記事 

2013年02月12日

今期のアニメ 第5話のまとめ

「D.C.掘船澄Εーポ掘繊
さらの当番回でした。
本島から引っ越してきてたのね。
満員電車ではよほどの目に遭ったんだろうなぁ……。
痴漢とか痴漢とかな!
さあ、同人誌の出番だ!(マテ
飛び級してるのかよ!
そんな秀才な子だとは思わなかったのでビックリだ……。
年下なのに同級生というのはイイね!
今時ブルマとか、さすがギャルゲー世界……。
るる姉の過剰なスキンシップは本当に羨ましいな!
つか、そんなことを堂々と暴露する清隆には羞恥心が無いのかしら?(笑)
なんかホモォ…が居た気がするけど、気のせいということにしておく(苦笑)。
常識にとらわれすぎない視点=複数のヒロインとイチャイチャする。
こういうことですね?(違
余談だけど、那須めぐみさんの声は久しぶりに聞いた。
まだ声優やってたんだねー。
体育倉庫に閉じ込められるイベントきたわー!
窓なんて無かった(笑)。
さらの入学の経緯はなにかの伏線かしらね?
「おしっこ漏れちゃいそうなんですぅ〜!」
声優さんにこの台詞を言わせたことを褒め称えたい!(マテ
お漏らしはしなかったか、残念だ……(ぉ
清隆はソフトボール部と掛け持ちだったのかー。
女子部のマネージャー……だと……?
な、なにかがおかしい気がするけど、清隆なら許されるな!(いいえ
【ふぁ〜すとれっすん】あなたのキャラすべてに、ソウルを+2。
確かにソウルが増えるな!(もちろん、性的な意味で!
誰か、このシーンでMADを作ろう(ぉ
ブチョウ!ナズェミテルンデス!
桜の木の下で寝るさら、パンツが見えた!
スタッフさんありがとう!(オイ
次回は立夏さんの出番か!
先輩だからか、他のキャラよりも極端に出番が少なかったけど、
ようやく光が当たるのね。

「閃乱カグラ」
太巻きシーンが無い!
やはり神アニメにはなれなかったか……(何
せっかくだから巻物を咥えろよ!(マテ
今回はシリアスな内容でしたね。
蛇女の目的は『陽の巻物』を手に入れ、
『陰の巻物』と一緒に手元に置きたいと。
別に巻物を悪事に使うつもりは無いみたいだし、
欲しいだけならあげてもいいんじゃね?(えー
揃っただけで危険なら封印とかするはずだしなぁ。
葛城の家族のことも少し触れられましたね。
親も忍だったのか。
任務に失敗したら自害命令とか、厳しすぎだろ……。
抜け忍になって生きてはいるようだが、もう許してやれよ……と思う。
未来ちゃんはどうしてこんなに存在をスルーされるの?
貧乳だからですか、そうですか(ぉ
柳生だけ優勢なのは、未来ちゃんが弱いからなのかしら?
ロリだもんね、弱くてもしかたないよね(ぉ
次回は雲雀がメインになるのかな?

「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」
手書きじゃないラブレターって、もらっても嬉しくないだろ(苦笑)。
真涼さん、あんた最低や……。
食べ物は粗末にしちゃいけませんよ(そこかよ
テーマソングを作る……のはいいが結局どうなったんだ?(苦笑)
もう千和の作ったのでいいんじゃね?
千和が歌ってるシーンは良いMAD素材だな(笑)。
なんかビッチキャラきたー!
真涼の妹か、それなら納得だな(えー
個人的には嫌いじゃないです、はい(ロリコン
「人には触れてほしくないことが〜」
うん、真涼が言っていい台詞じゃないよね!
泳げないのにプールに入って溺れる→人工呼吸することに。
これが自演乙ってやつか!(違
この茶番劇はどうなんだろう?と思った。
真涼の恋愛アンチとは一体……(苦笑)。
秋篠姫香が正式に登場。
ま た 中 二 病 か !
近頃多くてお腹いっぱいですにゃー!
痛いキャラ設定だから余計にお腹に溜まるんだよなぁ。
せめて眼鏡っ子ならなぁ……(何
ようやく作品タイトルらしい展開にはなってきたけど、
幼なじみと彼女の修羅場を描くはずが、
新キャラを投入してそっちに逃げるのはどうかなーと思うわ。

「キューティクル探偵因幡」
新キャラのノアが登場。
ヴァレンティーノファミリーの医療担当であり、発明家かー。
毎回出てくる謎アイテムは、全部ノアが作ったものだったのね。
確かに、ノアが居ないと脅威は半減するな(笑)。
健康体→死体=究極のギャップ萌え!
うん、それはない(苦笑)。
荻さん逃げてー!ってか優太くん便乗すんな!(笑)
キメラのヤギ……もうこれがドンでいいんじゃないかな?
秘孔を突かれてゼラチン状になるとか、どういうことなの?(苦笑)
優太くんとノアはメル友になりました!
これはキマシタワー!(優太くんは男です
ヴァレンティーノファミリーの慰安旅行。
夏輝かわいいよ夏輝!
露天風呂は混浴……だと……?
だが、サービスシーンなんて無かった(苦笑)。
弥太郎はロリコンだったかー(笑)。
最近の温泉の色って赤いんだね!(違
卓球勝負!
野崎のツッコミは本気を出すと最強だな!
普段からこの作戦で行けば、ヴァレンティーノファミリーを逮捕できる気がする(笑)。
つーか、おまえら本当は仲良しだろ!(笑)

「まおゆう魔王勇者」
なにが楽しいのかわからなくなってきた。
話の内容がさっぱり頭に入ってこない。
もう視聴を切ってもいいかなー。

「琴浦さん」
アバンで終わった(笑)。
よい最終回でしたね!(違
森谷の存在は、上手く弄られキャラへと昇華したなぁと。
室戸先輩の言うとおり、妙な力関係が成立してるのが面白いわ。
これならまぁ、居てもいいかなと思わせてくれた。
なんか普通なら森谷さんカワイソス……となるのだけれど、
今までが今までなので、まったくそうは思わないのが良いね(笑)。
思う存分弄って問題ない!
リレーでのクラスメートの応援にうるっと来たわ。
徐々にクラスのみんなにも受け入れられると良いね!
ED変更。
公式が遊びすぎだろ!(笑)
もはや公式MADと言っても差し支えない。
CD化しても、台詞の部分は収録されるのだろうか?(笑)

「ビビッドレッド・オペレーション」
脚本が吉野弘幸さんだったので、
3話と4話の微妙っぷりと比べると格段に良い内容でした。
しっかりと、れいというキャラクターを描いていましたし、
アローンに味方する理由もわかったことで、
今後、感情移入がしやすくなった。
まあ、れいのことを丁寧に描いた結果として、
あかねたちの戦闘シーンをカットする羽目にはなりましたが……。
代わりに、れいのスパイシーンがあったので充分満足したわ。
警告も無しに撃ってくるセキュリティはどうかなーと思ったけど、
先に攻撃を仕掛けたのは、れいだったしな。
ひまわりに親がいることには、誰もがツッコミを入れたはず。
前回登場させておけよ4話の脚本家ぇ……。
示現エンジンは、かなり危険なものなのかな?
カラスの言うことがどこまで本当かはわからないけども。
こっちの世界の示現エンジンを破壊して、
れいの世界が救われるというのはどういうことなんだろうか?
というか、なんで1クールしかないのに、
別世界とかややこしい設定を出してくるのだろう?
れいが未来から来てて、未来で示現エンジンが暴走することを知っている、
という程度の設定で良かったんじゃないかと私は思うのだけど……。
アローンも未来から来てるというのなら、わかりやすいしね。
ついでに和解もしやすいし。
ところで、れいのシャワーシーなのだけど、

乳首が(ry
さて、次回は水着回か!
お尻だけじゃなく、おっぱいにも注目だな!(ぉ


5話の感想は以上となります。
それでは、ごきげんよう!

at 14:36|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想まとめ記事 

2013年02月06日

2クールのアニメ 第16話のまとめ

「新世界より」
真理亜からの手紙には、悲愴な覚悟と、町に対する不信感、
そして早季への想いが綴られていた。
ギリギリまで二人の捜索を続ける早季と覚だったが、
もう二人とは二度と会えないことを早季は確信していたのだった……。
初めてのオープニング曲!
まあ、真理亜のキャラソンなので、今回だけなんだろうけどさ。
早季と真理亜は、幼い頃からガチ百合だったのか。
親友で恋人って、もう疑いようも無いね!
この安定のキマシにはニヤニヤが止まらなかったわー。
だが、同時に泣いた。
永遠の別れとか、悲しすぎる……。
作画ミスで、どんぐりを持つ早季の指が4本だったのは残念。
守は真理亜と一緒になれただけでも勝ち組だと思うわ。
ふむ、覚も勝ち組か……。
完全に事後です、本当にありがとうございました!
なぜシーンをカットしたし!
ホモォと百合はOKでも、男女の営みはNGなのか?(苦笑)
「彼女は死ななくてはならない」
この言葉の意味とは……。
そして、次回から第五幕へ。

「リトルバスターズ!」
はるちんルートへ。
アバンは久しぶりのバトル。
はるちんだけ自前の武器とか卑怯だな!(えー
思い出のベンチ。
理樹は早期にフラグ立てしてたのね(笑)。
ハンマーでベンチ粉砕とか、かなり危ないよね。
ちゃんと業者に頼むべき!(どうでもいい
つか、修理すれば使えるなら新しいのにしなくても……。
ちゃんと許可を取って修理すれば問題なかったのかなぁ?
目の敵にされてるから、どのみち許可は下りなかったと思うけど……。
父親が犯罪者だから子供が苛められるって、おかしな話だと思うのよね。
人間ってスキャンダルが大好きすぎるから嫌いだわ。
二人の父親で双子?
同時に致したらそうなるのか?
それとも、父親は同じなのかね?
はるちんの中の人は二役とあって、毎回大変そうだなぁ。
ちゃんと演じ分けてるから凄いわー。

「さくら荘のペットな彼女」
七海の眼鏡&ジャージ姿はストライク!
よし、襲おう!さあ、襲おう!(マテ
「プレゼン? なにそれ美味しいの?」
妹ちゃん(笑)。
受験が終わるまでは元・生徒会長の家に居候する仁先輩(ホモォ…
空太のプレゼンは半分合格。
予算的に厳しいから、コスト削減を検討しようってことかな?
夜中にきゅうりを食べるましろ、フェラの練習でもしてたの?(マテ
空太と七海は完全に夫婦だろコレ!早く結婚しろ!
そしてましろは愛人にするんだ!(オイ
次回はバレンタインか……なにそれ美味しいの?(ぁ

「イクシオン サーガ DT」
あれ?バリアシオンがカッコイイ(笑)。
暗殺は主人公補正が無ければ成功してたわけだしな。
DTたちは『たまたま』が多すぎだろ!
確実に仕留めるなら頭を狙わないとダメってことですね。
それでも助かりそうだけど(笑)。
一方のEDさんは玉すらないけどな!(ぁ
姫のお言葉は素敵でしたね。
でも、この世界ってすごく平和そうにしか見えないのだけど、
どこかでは戦争とか起きてるのかしらね?
結婚までに18の儀式……って多いわっ!
4週間ある、つまり4話後に結婚ってことですね(笑)。
次回はハイペリオンのこととかが明かされるようですが、
話数的にはまだまだ余裕がある感じだなぁ。


以上で終わりです。
それでは、ごきげんよう!

at 15:59|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想まとめ記事 

2013年02月04日

今期のアニメ 第4話のまとめ

「D.C.掘船澄Εーポ掘繊
姫乃の当番回でした。
アバンはなんだったのだろう?
[初めての制服 姫乃] 4ストックを払って5点バーン?(笑)
朝のお着替えハプニング。
もうギャルゲーの定番イベントだからね、仕方ないよね。
って紐パンかよ!
清隆がガン見するのも、わかるわ。
ええ、私もガン見しましたよ。
一時停止したり巻き戻したりもしたぜ!
清隆にはこんなことはできないだろ、はっはっはー!
……生身で見たいです。
相変わらずバスがCGなのが気になる。
手書きにはできないのか?
清隆は、もっと姫乃のお尻をモミモミしたっていいんだぜ?(マテ
申し訳程度の新聞部の活動(苦笑)。
当番キャラ以外は本当に空気だな。
別にそれが悪いとは思ってないけどね。
姫乃が髪をクルクルしてるところが好き。
テーブルの上に乗るシャルルのおっぱいも好き!(マテ
挿入歌が流れてクライマックス!
これは良い最終回でしたね!(違
……おい、バカップルが居るぞ。
エロい夢を見てたことを、公衆の面前で認めちゃったよ!
これは恥ずかしいな!(ドンドンドン
私なら即座に家に連れ帰って「夢の再現をしてやるぜー!」ってなるわ!
エロゲ版を早く出せえぇぇーー!!(確定してるから落ち着け
関係ないけど、バス停に居た眼鏡っ娘を私にください(ぉ

「閃乱カグラ」
臨海修行へ。
日影と未来の登場。
柳生コメ職人すげぇえええーー!!
今回は特に頑張ってたな!
それと、今回の画伯はいつも以上に楽しそうでしたね(笑)。
掃除中の服装だが、上がジャージで下はスカートっておかしいだろ(笑)。
今週の太巻き枠、竹筒が代行しました!
よし、これでノルマ達成だな(笑)。
命がけ=自発的に服を脱ぐ!
なにそれ、新しい!(笑)
これからは常時命がけで良いよ!(ぉ
蛇女は一体なにがしたいのだろうね?
目的らしいものが見えてこない。
半蔵学院の忍を倒すだけなら、そんなに難しく無さそうだったし。
ED変更で蛇女verになりました。
歌唱力的にこっちの曲の方が良いな。
映像も面白いし(笑)。

「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」
これで1巻の内容まで消化したのかな?
ここまでの評価だと、あまりにも面白くないけど、
今後巻き返せるのだろうか?
パロネタに頼るのは、未熟な証拠なんじゃないかなぁと。
もっとバラエティに富んでいるならともかく、ジョジョだけだしなぁ。
自分の好きな作品だから、自分の作品にも積極的にパロネタを入れるというのは、
自己満足でしかないよね。
ジョジョに興味ない人からしたら、ちっとも笑えないし。
パロネタを入れるなら、読み手がどれかひとつはわかるように幅広く入れるべきです。
それができないのなら、パロネタは入れちゃいけないと思うの。
あと、今回の不良への台詞も、これまでの中二病的言動も、
猛烈に寒いので困る。
中二病的言動は確かに痛寒いものではあるのだけど、
その中にちょっとした格好良さがあるから楽しいんだよなぁ。
鋭太の場合は、本当に痛寒いだけなのが宜しくない。
そういう意味では、『中二病でも恋がしたい』は良くできていたのではないかと。
新キャラが出るみたいだし、ここからが本当の勝負って感じだなぁ。
もう視聴者の大半は切ってるだろうけど……。

「キューティクル探偵因幡」
弟くん本格参戦。
なんだかシリアスなこと言ってるけど、
やってることはギャグという(笑)。
警察ホイホイにワラタ。
有能な警察なんていなかった(笑)。
弟くんはヤンデレだったかー。
優太くんとは仲良くなれそうですね!(笑)
なんだか和解できそうなのにできないのは、
ヤンデレにはよくあることです(苦笑)。
猫好きの野崎が犬好きに……どうしようもなくなったー!(笑)
この無双っぷりには驚いたぜ……。
いつもはツッコミしか仕事しないのにっ!(苦笑)
夏輝は数少ない女性キャラ!
だが、狼だ!(苦笑)
「この牝犬め!」と言われながら調教される同人誌をですね……(マテ
予告に草回避不可能すぎる!
この予告だけで1時間は笑えるな!(えー

「まおゆう魔王勇者」
あれ?勇者が活躍する話ではないのか……。
今回は同盟との交渉がメイン。
トウモロコシもまだ食料になってなかったのか……。
いや、それよりも、まだ未開の地があることに驚いた。
戦争してるくらいだし、土地の開拓は進んでいるのもだとばかり。
水車はあったけど、風車は無かった。
ふむ、なんか自由な設定だなぁ。
あるものと無いものを自由に設定してるだけなので、
特別『これは凄い発想だ!』と思わせるものは無いね。
結局のところ、現状では勇者って居なくてもいいよなぁ……。
ただ魔王とイチャラブするだけなら、このまま魔界へ行っててくれていいわ。

「琴浦さん」
森谷の友達がクズっていうのも問題だなぁ。
なにがチャンスなんだよ……アホかと。
真鍋のスパーイケメンタイムには泣ける。
その後のエロスで台無しだけど(笑)。
まあ、ちゃんと気持ちが通じて良かったわ。
そして必要も無いのに出てくる森谷……。
ツンデレと言えば聞こえは良いが、
ただのウザイキャラにしか思えない……。
琴浦さんは聖女すぎる。
真鍋が警戒してるから良いけどさぁ。
それなら、もうフェードアウトさせたほうが良いと思うわ。
作者の意図がわからない……。
で、これが最終話じゃなかったのか(苦笑)。
次回以降の展開ってどうなるのかしら?
もう鬱は勘弁だぜ……。

「ビビッドレッド・オペレーション」
前回に比べればだいぶマシな脚本だったわ。
「面白かった?」と訊かれると、「そうでもない」としか言えないけど(苦笑)。
やっぱり、友情がキーになるなら、最初から仲良しじゃないとダメだと思うんだ。
たった一日で友達になって、変身して、即ドッキングというのは駆け足過ぎる。
話数に余裕のあるプリキュアでさえ、最初から仲良しのメンバーが変身するのに……。
そう考えると、『まどマギ』なんかは絶妙なバランスだったんだなぁと思う。
さて、とりあえずメンバーは揃ったけど、ここからどう展開するのかねぇ?
敵が出てきて倒すだけにしかならない気がするんだけど……。
ちゃんと中身のある脚本になるといいなぁ。

乳首が無い!(それはもういいから
せっかくなので腋をペロペロしよう(ヤメロ


以上で4話の感想は終わりです。
それでは、ごきげんよう!

at 18:48|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想まとめ記事