2009年03月

2009年03月13日

地獄少女 三鼎 第二十二話「華と月」

双子は基本仲良しだと思うのだが、
そうでない話ももちろんあるわけで。
大抵は優劣の問題だよね。

にしても、何がしたかったんだろう。
依頼者とターゲットをぼかす理由が分からない。

ゆずきに関しては、こりゃ両親は既に死んでそうだなぁ。
今までの電話も繋がってない可能性が……。
なにかの暗示を掛けられていそうな気もする。
そもそも、ゆずきがちゃんと生きた人間であるかどうかも怪しい。

桜だけじゃヒントにはならないね。

at 00:41|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(11) 

2009年03月12日

ドルアーガの塔〜the Aegis of URUK〜第九話「夢の終わりに」

ショートカットができるのかよ!
というツッコミのほうが大きかった(苦笑)。

ヘロナはスパイでした。
それについてはどうでもいいや。
とりあえず、エロかったので満足(えー
同人誌に期待したいところですね!(死ねばいいのに

エタナの反乱はなにか作戦があるんだろうか?
ただ反乱してるだけじゃ負けるよね……。
ケルブがどうにかしてくれるかしら?

カーヤが腹黒いと認定されてフイタw
ラジオでのカーヤを聴いてると納得できるw

at 00:21|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(11) 

2009年03月11日

みなみけ〜おかえり〜 第10話「態度には」

気をつけよう、という話。

藤岡はモテ過ぎで、そろそろ殺意が!(苦笑)
無自覚イケメンの強さはハンパじゃないな。

今日も内田は表情豊かですね。
5分もあれば喜怒哀楽が見れる。
着色料は気にしたら負けだ!

ナツキのキモチワルイ微笑に腹筋が死んだ!
チアキとの威嚇合戦だが、怖すぎるだろwwww
カナは無視する、これだけは正しい(笑)。

よかったのはナツキのシーンだけだなぁ。
他はやっぱりオチが弱い。

at 00:14|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(11) 

鉄腕バーディー DECODE:02 第8話「Falling in Love with Love」

なんという良作画。
前回との差が凄まじい。

バーディーとナタルの関係を描くのが目的かな。
が、最後の落とし方は鬱すぎるだろう……。
幸せそうなシーンのあとに事故に遭ったり殺されたりするのやめてー。
分かってても鬱になるわ。
とはいえ、なんだか生きてるっぽいね。

翔子ちゃんは可愛いけど嫌な子だな(苦笑)。
色々と酷いw

ED曲の発売は来週かー。

at 00:01|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(11) 

2009年03月10日

とらドラ! 第22話「君のいる景色」

気持ちの再確認ってところか。
あと進路。

問題積み込みまくりだけど、ちゃんと回収するらしいから凄いな。
ここからどう大団円に持っていくんだろう?

木原に絶賛無視されタイム中の能登は大丈夫なのか……。

見えるものだけしっかり見る。
別に悪いことじゃないし、それはそれでいいと思う。
が、自分の気持ちはもう見えてるはずだろ?と。

うーん、しかしまぁ、嘘ばっかだねぇ……。
あまり感心しないわ。
恋には正直に生きようぜ。

at 03:28|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(11) 

2009年03月09日

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #22「未来のために」

最終決戦なのだろうけど、あまり盛り上がらない。

なんだろ、何故かSEEDのほうが盛り上がってた気がする。
なんだかんだで目的がはっきりしてたからだろうか?
OOは未だに最終到達点が見えてこないというか、
平和に向けての動きが弱いよね。
『大爆発→数年後……』とかで誤魔化されそうな予感が……。

フェルトー?
刹那に死亡フラグを立てちゃったような……。
立てたフラグは回収するのが黒田脚本なんだぜ。
あれ?マリナ姫は空気ですか?(苦笑)

ヴェーダのことを考えるティエリアに向けて
「戦果を期待するですぅ」と言う一連のシーンは
すでにギャグになってる気がするんだ(笑)。
このやり取りって何のためにあるんだろう?

唐突にってわけでもないけど、新装備が到着。
とはいえ、戦闘内容にあまり差が感じられないなぁ。
特にアリオス(ぁ

マネキン大佐とコーラサワー来た!
出番少ないよ……。
どういう準備をしてたのかもまったく描かれずって……。
時間的に仕方ないのかなぁ。

ブシドーさんは仲間になりそうとして、サーシェスはどこへ?

そして銃撃オチ。
今回はちゃんと撃たれたところまで描かれてたけど、
予告でネタバレしてるような……。

at 10:22|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(11) 

2009年03月08日

絶対可憐チルドレン 第48話「理力騒然!見えざる脅威」

薫がパンドラと協力する話。

分かりやすい内容だったし、なかなか面白かったですよ。
澪の存在はかなり大きいんだなぁと。

結局は守りたいもののために戦いっているわけで、
主張としては誰も悪ではないんだよなぁ。
ただ、争っててもなにも解決しないわけで、
早く話し合いの場を設けようとは考えないのかねぇ……。
まぁ、超能力があろうがなかろうが、人の争いは終わらないけどさ。

ブラック・ファントムはまだどういう目的で動いてるのか分からないな。

ところで、今回の戦いは予知されなかったのかしら?
飛行機があのまま墜落する可能性もゼロではないと思うのだが。
何気に前半の予知も防げてないんだよなぁ……。

at 12:18|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(11) 

2009年03月07日

宇宙をかける少女 #9 「Q速∞」

……。

25分、我慢して見た。
が、酷すぎた。

見たことのある設定と展開をこれでもかと詰め込んだだけで、
なんの目新しさも無く、そのあまりのお決まりの設定と展開に、
ひたすらイライラするだけ。

宇宙が出てこない時点で、これは『宇宙をかける少女』という作品ではない。
こんな遊びが許されるほど、私はアニメを単なる娯楽とは考えていない。
遊ぶにしたって限度があるだろと。
少々のパロディネタなら許容できるが、ここまでぶち壊されるともうダメ。
こんなのに25分もの時間を使ったと思うと……。

これは、視聴を切るならここで切れという、
視聴者へのメッセージと受け取った。
よって、もう見ることはないだろう。

at 10:29|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(11) 

続・夏目友人帳 第九話「桜並木の彼」

桜並木の絵に描かれた小さな人影。
そこには巳弥と言う妖怪の、大切な友人が描かれていた。

話の作りが上手すぎる。
こういう風に夏目と妖怪の共通点を描くのかと、
感心してしまった。

知られたくない思い。
けれど、知って欲しいという思い。
時は流れていくもの。
話せぬままでいいのか。
話すべきなのか。
後悔だけはしないように――

桜の花びらを描くシーンでは泣いた。
あのお面がちゃんと笑っているように見えるから素敵だ。

at 10:16|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(11) 

2009年03月06日

夜桜四重奏 〜ヨザクラカルテット〜 第9話 「ユクサキニ」

秋名の態度にイライラする25分でした。
花田さんの脚本の主人公は、どうしてこうも優柔不断なのか……。
ハッキリ決めろと!

話に大きな進展は無く退屈だったなぁ。
七郷や元老院についての説明もほとんど無いし、
なにがしたかった1話なんだろうか?

早く覚悟完了して事態を収束させて欲しいのだが……。
気づけば残り3話。

at 12:58|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(11) 

2009年03月05日

地獄少女 三鼎 第二十一話「うしろの正面」

自分の子供ができたから夫の連れ子には辛くあたり、
それを父親は見て見ぬふり。
その子は両親が好きだから何も言わないけど、
昔のような家族に戻りたいからと、お腹の子を地獄へ流す。
幸せな家庭に戻れてよかったね、という話。

だったわけだが!
いくらなんでも、この内容は重すぎないか?
まだ生まれてもない赤ちゃんを地獄へ流す。
それもまだ小学生の子供がだぜ。
精神的にキツイです……。

地獄流しと殺人ってどう違うんだろうね。

ゆずきはそろそろ諦めそうな気配が……。

at 13:42|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(11) 

2009年03月04日

ドルアーガの塔〜the Aegis of URUK〜第八話「二人はかつて」

ふむ、やはり塔の中と外では時間の流れが違うのね。
それにしたって、ニーバとカーヤはかなりスローペースで進んでたんだな。
二人しかいないから無理もないが。

ニーバの目的。
運命を操作する神の力が欲しいとか、そんな感じ?
まぁ、理不尽な世の中なのは分かるが、
目的のために人を裏切ってばかりってのは宜しくないのでは……。

グレミカの目的。
スーマールの復旧ってことだが、それに固執する理由はまだ不明。
で、ここでアクラ退場。
カイはどこへ行ったんだろうか?

スペキュラを破壊。
アクラ戦といい、ニーバ強すぎだろ……。

目を覚まさないカーヤ。
前回使った強化呪文の反動なのかな?

倒れてる仲間達。
ヘロナの行動が謎のまま。

エタナは兵を集めて……?

いよいよ後半戦って感じですね。

at 11:04|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(11) 

2009年03月03日

みなみけ〜おかえり〜 第9話「そうか」

それならいい、という話。

みかん、カナには優しさが足りない!
このレベルの低さはいつまで経っても治らんな。

チアキのプレゼントの話は、笑うところもオチもなく。
普通すぎるお話で退屈だった。

トウマのプレゼントの話は、ナツキのおかげで面白い。
長男ももうちょっと頑張れそうなんだが、三男も含め、
他キャラの絡みが一切無いからなぁ。
ナツキは充分、ハルカとのフラグが経ってるように見える。
保坂なんて、まともに会話すらしたこと無いのに……(苦笑)。

保坂の妄想タイム!
……はいいんだけど、最後のオチを保坂に頼りすぎだよね。
サンタのコスプレでも胸元は開くのなw
相変わらず普通にしてればいい男なのに(苦笑)。

at 03:55|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(11) 

鉄腕バーディー DECODE:02 第7話「We Will Meet Again」

作画がなにやら話題になった回。

見る限り、明らかに間に合ってないなと。
次回予告もないし、提供での遊びもなかったですしね。
余程スケジュールに無理があったか、予期せぬ事態が発生したか。
ちゃんとした作画だったら神回だったのに、勿体無い……。

セントラルタワーでのテロ事件。
とはいえ、事件の全容が詳しく語られたわけではなく、
あくまでバーディーとヴァイオリンの関係を中心に進行。

ロボットだから体温も感情はないかもしれない。
それでも、ずっとそばに居てくれた存在は大切なものだと思う。

バーディーを助けたのは誰だったんだろう?
あと、このときナタルは何をしてたんだ?

精神融合は回避成功。
どうにも、つとむのおかげという感じはしなかったけどね。
もうちょっとアクションを起こしてほしかった。

at 03:40|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(11) 

2009年03月02日

とらドラ! 第21話「どうしたって」

やっちまったーーーー!!

本音を隠して恋愛ができるかーーーーーー!!
もっと熱くなる前に、ちゃんと言えよ!
男の方がよっぽど正直だよな。

北村の天然はギャグなの?
ちねばいいと思うよ!
女を泣かせる男は最低です!

化粧品。
こういうところは大人アピール。
ただ、化粧で着飾って本心を隠してなんになるのか……。
関係者を一箇所に集めてホワイトボードに現状の関係を整理して書き、
みんなで本音を話し合えばいいんじゃないかなああぁぁーーーー!!

亜美ちゃんのぶち切れっぷりが!
いや、これを聞かなかったことにしちゃダメだろ……。
あそこは押入れから出てきてもよかったと思うの。
なんで亜美ちゃんが必死に実乃梨の本心を聞こうとしてるのに、
竜児はスルーなんだよ……。
気になるから確かめに来たはずでは……。

ヘイ!一発かましたれ〜♪ヘイヘイ!
ちょ、おま!殴り合い雪山。
実乃梨は亜美の気持ちを知らないのですかね?
でもって亜美は結局なにがしたいんだろう?
竜児が誰とくっつけば満足するの?
イライラするならいっそのこと見なければいいわけで。
ぶっちゃけ、もう竜児の恋路には介入しないほうがいいんじゃなかろうか……。

このタイミングで爆弾投下は致命傷。
戦火が広がる一方なんですが、どうやって収束させるの?
うん、でもね。泣いたわ。

何気に春田って亜美ちゃん一筋っぽいな。
こういう周りの見えてないキャラは見てて和む。

余談。
温泉シーンが無いのはどういうことなの?(苦笑)

at 10:08|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(11) 

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #21「革新の扉」

刹那とグラハムが裸で会話する話。
でいいんだよね?
他なにかありましたっけ?
ブシドーの正体に関してはすっごく驚いた。
まさかグラハムだったなんて(ここまで棒読み

冗談はともかく、留美はあの状況からどうやって生きてたの?
銃声でCMへ。撃たれた詐欺。
このパターンはあと何回やりますか?

ついにヴェーダの所在を手にしました。
が、とっくにバレバレだから場所を移そうと思えばできるんだよな。
あえてそうしない理由は?

人類の進化(変革)を目指しているということでいいのか?
最終的には刹那が世界を支配するのかしら?

どいつもこいつも小者すぎてどうにも盛り上がらないね。
紛争根絶とかどこへ行ったんだか。

結局、歌で平和を〜ってパターンになるの?
なら武力介入じゃなくて歌力介入でもすればいいんじゃね……。

ルイスはもうだめかもしれんね。

at 09:28|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(11) 

2009年03月01日

絶対可憐チルドレン 第47話「一場春夢!明日の想い出」

どうでもいい話を挟んでマジメな話ってことが多いよね。

というわけで、今回は過去と現在と未来が絡み合いながら描かれるという
なかなかシリアスめな内容でした。
もうそろそろ終わりが近い感じですね。

ただ、未来がある程度わかってる状態だと、
視聴者はあまり面白くないんだよなぁ。
その展開になることが確定してるわけだからね。
まぁ、その先を予想する楽しみは残ってるけど、
結果的には説得して和解ということにしかならないわけだし、
よっぽど視聴者を驚かせる意外性がない限り楽しめないよなぁ。
確定している未来に向かって予定調和のように現在を語られるほど
退屈な話はないと思うんだ。

銃で撃ちたくないなら意地でも手にしなきゃいいのに、
結局流されるまま懐に入れるのはなんなの……。
その「もしかしたら……」という1ミリの疑いがアウトだと、
何故わからないのか。

at 18:40|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(11)