2008年10月

2008年10月31日

地獄少女 三鼎 第四話「兄貴」

な、何だこれ?
話の流れが良く分からない。

う、怨みなのか?
憧れの先輩に失望したとこまでは分かるんだが……。
理不尽な世界を怨むけど、それだと漠然としてて
怨みの行き場が無いから適当に身近な人を〜という感じか?

保険医さんが重要そうな位置にいる。
私はこの人が今話のメインになると思ってた。
後に出番があるかしら?

もう少し面白い話をして欲しい。
ネタ切れになるなら、3期はやらなくても良かったんじゃ……。

at 02:58|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(10) 

2008年10月30日

喰霊−零−第4話「務大義(つとめのたいぎ)」

すっかり過去編やってるなぁ。
今回からOPとEDに正式な映像が付きました。
うむ、やはりOPがカッコイイ!

絵コンテ演出:後藤圭二
作画監督:門之園恵美・小島智加・谷川亮介・後藤圭二
夫婦来たー!!
相変わらず良い仕事をするなぁ。
お風呂シーン素晴らしい!(そこかよ

このアニメはレズとホモで成り立つようだ。
晃司は自重してw
マイケルさんは服を着てくださいw
黄泉はもっとやれ!(オイ

マイケル製作の武器たち。
もはや何でもアリだな(苦笑)。
私としてはスコップを希望(えー

舞蹴拾弐號の一閃は一回しか使わなかったなぁ。
くるくる回りながら敵を切って手元に戻ってくる攻撃は好き。
でも、神楽の戦い方では無い気がする。
イメージ的に型にはまった剣術を使うと思ってたのに。
黄泉の拘束シーン(*゚∀゚)=3ハァハァ

喰霊解放カッコイイ!
でもやっぱり、こういう霊獣は美女が使うのがいいなぁ。
美女と野獣的な意味で。
アニメでは白叡はどのくらい活躍するだろうか?

しかしこれ、アニメの作画が良すぎて、
原作の方が涙目にならないか心配だ……。

at 12:27|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(10) 

2008年10月29日

黒執事 第04話 「その執事、酔狂」

猟奇殺人事件の犯人を追う話。

また変なキャラが出た。
葬儀屋ってことですが、
情報を得る為の条件が笑わせること。
セバスチャンは何をやったんだ?(笑)

とある貴族に狙いを定め、パーティに潜入。
まぁシエルが女装するのは予想通り。
前回のダンスの話が活かされているのは良かったな。

囚われたシエル。
うん、それはいいんだ。
問題は夢の内容だな。
思いっきり盛大にフイタw
中の人は演技後どういう心境だったのだろう?
現場も爆笑しただろうなぁ(苦笑)。

結局、その貴族は犯人ではなかったわけで、
話は次回に続くらしい。
執事VS殺人鬼というのは面白そうだ。

at 15:15|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(10) 

RD 潜脳調査室 第23話 「地球律」

気象分子計画を防げ、という内容でした。
が、失敗するのかよ……。
1話丸々無駄にした気分だ。

結局、この気象分子計画が地球に及ぼす影響も
分からないままだしなぁ。

次回で終わりですが、ハッピーエンドで終わることを願う。

at 15:05|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(10) 

2008年10月28日

今日の5の2 第4話「13時間目〜16時間目」

作画が微妙……。
スク水はもうちょっとエロく描いて欲しい。

13時間目「ミズカケ」
プールの後の目洗いが怖いというリョータ。
ユウキも同意するが、チカは容赦が無い。
リョータが目を洗うまで見張るチカだが……?

コンタクトを入れるのが怖いのと似てるよね!(えー
私もあれは苦手だったさ。
自分の服を女子に貸すって何かエロイと思うんだ!
「リョータの匂いが……(キュン」みたいな!?(死ねばいいのに


14時間目「キセカエ」
給食の時間、リョータは不注意でメグミに牛乳を、
さらにユウキにスープをかけてしまう……。

白いのぶっかけ来たー!!
あまりエロくなかったけど……。
メグミの胸チラは、カメラさんもっと上から!
覗き込むように!!(死んでしまえ
ナツミの背中がヤバイ。
もっと、お尻の方までガバーっと!!(死ね


15時間目「ウエシタ」
上か下かで言い争うリョータとナツミ。
一体なんの話なのか……。

そりゃ、行為中の体位についてだろ?(パーン!
うーむ、Tシャツの脱ぎ方かぁ……。
男子は襟元を持って、女子は裾を持って脱ぐ。
統計的にはこうなるだろうな。
私もそうだし。
汗で背中に張り付いてるときは、
下からの方が脱ぎやすい気もする。
ナツミは無防備でいいなぁ(*゚∀゚)=3ハァハァ


16時間目「ダマシウチ」
リョータとチカはどういう関係かと訊かれ、
ただの幼なじみと答えるリョータ。
それを聞いたチカは……?

青春してやがる……。
積極的な女の子は好きよ。
こういうだまし討ちならされたいよなぁ(笑)。


新END曲来たー!!
またカバー曲ですが、この曲も好きなので嬉しい。
3話ごとに変更するのか?
全12話で、4曲用意されてるといいなぁ。

at 04:25|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(10) 

かんなぎ 第四幕「シスターーズ」

ざんげちゃん当番回。
巷のアイドルに……ってマスコミの報道早いな(苦笑)。
もうテレビ出演までしちゃったよ!

ざんげちゃん、なんというSっぷり!
「わたしの下僕にしてやろうか」ですね、わかります。

というか、舌舐めエロイ。
中の人頑張りすぎだろ!(笑)

目的は何なのでしょうね?
依代にしている人間と何か契約でもしてるのでしょうか?

アイドルを語る秋葉ワラタw
いい加減モブ会話の「くさいよねー」は飽きた。

ご飯もパンもソースで食べる。
お菓子と一緒に!
ドレッシングぶっかけ……。
食生活がヤバすぎる。栄養取れてるのか?

さんげちゃんの居候宣言!!
スーパーハーレム!
いや、修羅場か?(苦笑)

毎回面白い話をしてくれるなぁ。
2クールだと嬉しいのだが……。

at 03:49|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(10) 

2008年10月27日

とらドラ! 第4話「あのときの顔」

好きな人の写真か。
大河は隠し撮りしすぎだろ(苦笑)。

過去に振ってたんかい!
とは誰もがツッコミ入れただろうなぁ。
これで北村に惚れた理由は分かったわけですが、
これって今の竜児が同じこと言ってくれてるよな?
意識するしないの違いは、相手の好意によるのかねー。

生徒会長さん。
面白そうなキャラだけどメインではないのね。
忘れっぽい人らしい(苦笑)。

今回ちょこっと気になったのは、自動販売機。
音がちゃんと鳴ってるの、あの自動販売機特有の音が!
あの演出が妙に気に入ってしまった(笑)。

次回、やっと亜美さん来るー!

at 20:04|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(10) 

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #4「戦う理由」

そこまで納得できる理由ではなかったなぁ。
戦うことしかできないから戦う。
それで犠牲になる人はどうするの?
自覚の犯罪ってのも嫌だなぁ……。

交際を否定する刹那と姫。
即答過ぎてフイタw
刹那の恋人はガンダムです!

アレルヤはマリーを助けるために戦うのね。
世界の変革はどうでもいいのか?
ティエリアはちょっとよく分からない。
『今のソレビンは私情で動いている』
この一言が現状の全てな気がする。
1期も、自分達の意思=世界の意思、みたいな感じだったよなぁ。

スメラギさん戦線復帰。
「ラッキーね!」
運が悪かったらアウトだったんじゃねーか!(苦笑)
敵さんも、ミサイルを撃ち続けていたら勝っていたと思います。
水中用MA(二人乗り)、活躍せずに大破……。
ってか、OOガンダムがかっこよすぎる!

トランザム、アレルヤは使う意味あったのか?
OOを引っ張って水面に高速で上がるのには、
最大加速を上げる必要があったのかな?

前回、あの疲労の中でかなりの戦闘を見せたアレルヤですが、
やはりソーマ相手には苦戦。
本人が言うほどアレルヤって弱くなっちゃったのかなー。
2代目ロックオンとではどちらが上だろうか?

ブシドーさん来たー!!
みんな「ブシドー」って言っててワラタw
台詞からして正体隠す気が無いのに、
公式はいつまでシラを切るんだ?(笑)

マリナはソレビンからは離れるのね。
ヒロインとしての位置が危ういから、
そのままいてくれた方が良かったなぁ。

三十路の時代が到来!
サイズが合わないなら着るなよ(笑)。
スメラギさん、まさか太(ry

妙に展開が速いと思う。
各所省きすぎじゃないかなーと。
フェルトはキスのことどう思ってるんだろ?

at 03:41|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(10) 

2008年10月26日

絶対可憐チルドレン 第30話「呉越同舟!金庫破りは計画的に」

またお前かw<絵コンテ
もう開始即効で分かるようになった(苦笑)。

『新型リミッター』
抑制より強化の方針へ。
なんか、こういうアイテムって複雑よね。
これ以上エスパーの能力を上げると危険度がヤバイ。
まぁ、そのための皆本ですが。
パンドラもこういうのを開発したりはしないのかしらね?

エスパー犯罪者による銀行襲撃を予知。
やってきたのはマッスルと澪。
生活費は自分で稼ぐ=銀行強盗ってちょw
しかもわざわざセキュリティーの高いところを選ばなくても……。
まぁ、見栄を張りたかったのかしれないが(苦笑)。

久し振りに『普通の人々』の登場。
すげーな、子供が4人もいるのに躊躇してないぜ。
『多少の犠牲』でエスパー以外の人間も平気で殺そうとするし……。
薫たちはあまり気にしていないようだったけど、
これは人間を憎んでもおかしくないな。

なんということでしょうフイタw
あれ被害総額いくらだ?(苦笑)
結局、金塊の一部が澪たちに盗まれてしまい、
予知は防げませんでした……。

金塊をそのままコンビニで使うとか馬鹿すぎるw
あの金塊を換金すれば半年は暮らせただろうに(苦笑)。

あ、京介と蕾の対決は熱かった。
あれで80歳超えてるんだぜ……。

at 17:52|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(10) 

CLANNAD AFTER STORY 第2話 「いつわりの愛をさがして」

しばらく春原がメインみたいですね。
カットしても良さそうな内容なんだが、
2期ってどの辺りの話までするんだろ?

しっかりものの恋人を作って妹を安心させよう作戦。
春原の積極性は褒めるべき。
智代にまで挑むなんて、無謀すぎる。
智代は本当に春原が嫌いなんだろうなぁ(苦笑)。
人間性は朋也とそんなに変わらないというのに……。

朋也の言うことをそのまま実行する春原。
やる前におかしいことに気づけよ(笑)。
ノリがよいのかただのアホなのか……。

早苗さんが恋人役に。
年齢と外見の差がおそろしい人ですね。
変装したら、教師から生徒まで可能とは……。
さて、これからどうなるかしらね。

at 03:23|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(10) 

2008年10月25日

ヴァンパイア騎士Guilty 第3夜「瑠璃玉の肖像(ミラージュ)」

藍堂ってすごくプッシュされてるけど、
あまり魅力を感じないんだよなぁ。
今回で枢を慕う理由みたいなのが明かされたけど、
あれだけだと理由としては弱い気がする。

重要なのは枢の両親が何故自殺したのか、という点だな。
色々と裏がありそうだ。
架院の調査で何か分かるかしらね?

支葵の母親、何か気になる。
2期は支葵にもスポットが当たりそう?

優姫に囁く声。
無くしている記憶に何かあるのは間違いないな。
枢が優姫を助けたのも偶然ではないだろうし……。

零と枢、どちらもヴァンパイア。
優姫は零に傾いているようだが?
そういえば、最近の枢は以前ほど笑顔を
見せなくなった気がするなぁ……。

次回は優姫の過去についてかな?

at 02:16|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(10) 

2008年10月24日

地獄少女 三鼎 第三話「腐った果実」

アイドル歌手・森山ジュンを、かつて同期だった百田昌子が怨む話。

うわ、今回は酷いなぁ。
謝ったんだからもういいだろ……。
自分が歌手になれないのは、結局自分の所為だし。

作品否定になるけど、怨みって流しちゃいけないと思う。
相手を怨んで地獄に送って、それで何が満足なんだろう?
最後に残るのは空しさだけだよなぁ……。
地獄少女も、もっと対象を選んで欲しい。
本当に地獄に送るほどの怨みなのか、ちゃんと判定してるのか?
アクセスしてきたから「はい、契約」って……。

今回の地獄送り。
あいが歌わせてもらえずに退場していくのに盛大に笑った。
能登さん涙目すぎる(笑)。

at 00:53|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(10) 

2008年10月23日

喰霊−零−第3話「邂逅砌(かいこうのみぎり)」

もう戦術四課はまったく関係ないな。
公式が詐欺です(苦笑)。
まだ黄泉との関係が明かされていないから、
再登場はそこからかしらね?

とりあえずは黄泉が主人公でOK?
コミックの過去話なのも、ほぼ確定かしらね。
霊獣・白叡や殺生石の話題も出始めましたよ。
2話のラスト後が明かされるまでは分からないけど……。

黄泉と神楽の出会い。
一気に百合アニメになった(笑)。
これだけラブラブなのに、2話での黄泉の変貌っぷりは何だ?
コミックでも大体の過去は明かされているが、
ここからじっくりと描いてくれるのは非常に楽しみだな。

茅原さんの新曲良いわー。
この作品は何気に音楽面が優秀だよね。

at 11:51|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(10) 

2008年10月22日

黒執事 第03話 「その執事、万能」

なんだか面白くなってきた。
登場キャラが増えたのが大きいか。

マダムレッドの執事・グレル。
今話では必要ないキャラだなぁと。
見せ場をエリザベスに全部持っていかれたので、
別の機会にきっちり交流を描いて欲しいところ。

シエルを今回で少し見直した。
色々と背負ってるんだな。
自立への道はまだまだ遠いが、
あれだけの意志があれば大丈夫だろう。
セバスチャンも居るし。

作品の印象が1話から大分違ってきたなぁ。
もっとホラー重視かとかと思ったけど、
コメディ重視なんだね。
リアルタナカさんフイタw

at 15:49|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(10) 

2008年10月21日

今日の5の2 第3話「9時間目〜12時間目」

今回も胸チラはしてもパンチラはしない!


9時間目「サコツ」
グラビア雑誌を見る男子に、女子は「男は胸ばっかり」と大ブーイング。
やはり男は胸が好きなのか?
話を振られたリョータは、咄嗟に「女は鎖骨」と語るが……。

間違ってないぞリョータ!君は良いこと言った!
女の鎖骨は良いものだ!(えー
ユウキ、そのセクシャルな格好はやべぇ!
鎖骨っていうか、胸っていうか、腋がっ!(黙れ


10時間目「トショシツ」
ツバサに誘われて図書館に来たリョータとコウジ。
退屈なので密かに置かれていると噂の漫画本を探すことに。
そこへ、高いころにある本を取るために肩車をして欲しいと
チカにお願いされて……。

肩車ってエロイよな!
しかも、それを女子からお願いされるとは羨ましい!
( ゚∀゚)o彡゜太もも!!太もも!!
ギュって、ギュってされたい!(死ねばいいのに


11時間目「メクリ」
小学生といえばスカートめくり。
チカとユウキは、どの学年までならスカートめくりを許せるのか?
という調査をクラスの女子を中心に行う。
そして、男子にもどのくらいスカートめくりをしていたのかを訊くと、
リョータは一度もしたことがないと言う……。

普通はスカートめくりなんかしないと思うんだ(苦笑)。
リョータは正しく健全な少年だな。
ってか、この話題でパンチラ無しなんておかしいですよ!
DVDでは修正されたりしませんかね?
そしたら買ってもいいぞ(えー


12時間目「ジッケン」
一度もスカートを穿いたことが無いと言うナツミに、
スカートを穿かせてみたところまでは良いのだが、
そのスカートをコウジの机の上に置きっぱなしにしてしまう。
せっかくなので、コウジがどんな反応をするのか観察することに。
さらにリョータにも同じ実験をするが……。

スカートぐらいなら大きな反応はしないよな。
スク水とかだったらちょっと迷うけど(ぇ
ブルマだともっとヤバ(パーン!
というか、ナツミのスカート姿は見せてくれないのね。
コウジの脳内イメージは声とのギャップが酷い(笑)。


毎回、適度にエロくて良いですね。
これで小学生なんだぜ……。
OVA版の声優は豪華って話だったけど、
TV版の方もかなり良いと思うのですよ。
むしろ、TV版の声優の方が好みかもしれない。

at 04:13|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(10) 

かんなぎ 第三幕「スクールの女神」

いや、凄いわこれ。終始ニヤニヤできる。
キャラの動きとか演出とか面白すぎるだろ。

仁の所属する美術部にスポットを当てた話。
また学内のキャラも楽しい奴ばかりですね。
ナギだけを中心にして話が進むのかと思ってたけど、
サブキャラも個性的で充分メインとして通用するね。
どっちかっていうと、つぐみが一番地味な気がする(苦笑)。

でも、つぐみのキャラも好きです。
仁が巨乳好きと知って喜ぶところに笑ったw
また沢城さんの演技が素晴らしく良いよなぁ。
多彩な感情表現は流石だわ。

ケガレが学園に潜んでいるということで、
ナギも制服を着て学園にやってくる。
そういえば、つぐみの中ではナギの二重人格設定は生きたままだったな(笑)。
着替えるときのナギの胸のなさに感動した!(マテ

ケガレを追って入った礼拝堂。
そこで待っていたのは、ナギの妹だった――。
今回で主要キャラを全員出してきましたね。
ざんげちゃん、という名前はどうなの?(笑)
姉と違って巨乳ですね!
面白そうなキャラなので次回の活躍が楽しみだ。

at 03:43|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(10) 

2008年10月20日

とらドラ! 第3話「君の歌」

実乃梨にスポットを当てた話。

バイト少女なのは知っていたけど、
いくらなんでも多すぎだろ(苦笑)。
これで部活までやってるって、体力あるなぁ。

竜児は実乃梨の前向きなところに惹かれたのかな?
自分とまったく逆のタイプが良いということか。
そういえば、あまり実乃梨みたいな子っていないよなぁ。
リアルで、元気だけがとりえって感じの女性を私は知らない。

さて、大河。
竜児に突っかかるのが良く分からないな。
キモイならほっとけばいいのにと思う。
単にツンデレなだけか。

自転車に乗れない。
負けず嫌いなのかそうでないのか……。
大河のキャラから考えると、他人に劣る要素は
なるべく持たないようにすると思ってたんだけど、
普通に弱点みたいなものはあるのね。

北村の台詞が意味深ですね。
去年は見てたって、どういうことよ?

次回は写真?

at 23:24|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(10) 

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #3「アレルヤ救出作戦」

サブタイトル違うよね。
刹那的にはマリナ救出作戦だよね(苦笑)。

相変わらずやる気の無いスメラギさん。
王留美からの情報でアレルヤが見つかったと聞いて
とりあえずミッションプランは作ったが?
まだ完全復帰というわけではないのかなー。
自分の戦術が役立たずなのは自覚してるのかー(苦笑)。
それにしても王留美の情報の正確さは異常。
なんの根拠もなく、『王留美だから』で説明されるのもどうかと。
一応、ネーナが調査してたっぽいけどね。

スメラギさんのプランに従い、300秒の電撃作戦を実行。
二代目ロックオンも初出撃。
その実力は?
あー、やっぱりライルはカタロンに通じてるのね。
まぁ、敵対してるわけじゃないから気にしなくても良いかな。
スメラギさんはすでに感づいてる様子?
しょせん二代目なので「狙い打つ」という台詞があまり嬉しくない罠。

ティエリア「テコでも動かん!」
誰かテコ持って来い!(えー
ヴァーチェと違って、ビーム撃つときバリアは張れないっぽい?

アレルヤ救出!
「とりあえず拘束は外したから、あとは自分で何とかしてね」
「じゃ、俺はマリナを助けてくるわ」
という会話はなかったけど、こんな感じでした(笑)。
拘束されてて体力的にヤバそうなのに放置され、
ガンダムに乗った直後に、即戦闘しないといけないとか、
可哀相過ぎるんだが(苦笑)。
アレルヤ「僕は憂鬱だよ……」

電撃作戦は成功。
マリナはそのままソレビンが保護することに。
次回「女を連れ込むとはいい度胸じゃないか!」と説教されるんですね(えー

沙慈もそろそろ仲間になりそうな感じ?
ネーナと再会したときが楽しみです。

次回は戦う理由……って今更?

at 01:57|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(10) 

2008年10月19日

絶対可憐チルドレン 第29話「手練手管!天国に一番近い海」

伊号中尉がまったく関係なかったぜ!
まだ生死不明のままと。

泣いて暴走するチルドレン。
バベルが爆発したりしてたけど、
ああいうのも普通の人には恐怖を与えるんじゃないかなぁ。
ギャグ的な演出とはいえ、爆風とか迷惑だろ……。

最悪の未来を回避するために、
皆本とチルドレンをくっ付けようとする蕾見。
皆本は全力で拒否するが?

えーっと、皆本としては最悪の未来と、今チルドレンとくっ付くの
どっちが嫌なんだろう?
それであの未来が回避できるならくっ付けばいいんじゃないかと思う。
頭が固いというより、色々と曖昧にして逃げてるだけな気もするなぁ。
全ての方法を試してみるぐらいのつもりでいた方が良いと思うぞ?
あと、重要なことは隠さずに打ち明けた方が後々のためかと。

エスパーの力でヘルパー。
こういう使い方をしてるのか。
悪くはないと思うけど、疑問を感じる人もいそうだな。

何だかんだでいつもどおりでしたが、
今回の一番の被害者はワニだよな(苦笑)。

at 14:17|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(10) 

CLANNAD AFTER STORY 第1話 「夏の終わりのサヨナラ」

最新より3話遅れかな。
遅いとこだとまだ始まってない放送局も。

1期も一応見ているので、内容は分かる。
でも1期見てない人はどんな作品なのか
さっぱり分からないだろうなぁと思った。
1話からいきなり「野球やるぞ」とか言われても(苦笑)。

2学期ってことだったけど、夏休みとかどうだったんだろうか?
3年生なので進路を決める時期。
高校生なら進学か就職か、ぐらいしか悩まない気もする。
朋也もそうだが、渚はどうするんだろう……?

さて今回のお話、隣街の商店街チームと野球の試合。
寄せ集めのメンバーで勝負。
アクシデントはありつつも、運動神経の良さと運で接戦に。

春原はまったく活躍せずに終わったな。
ことみでさえヒット打ったのに(苦笑)。
ことみの計算ワラタw

ピッチャー渚。
いくら遅い球とはいえ、一巡すればタイミングが分かってくると思うんだ。
連続ホームランとかにならなくて良かったね。
ちゃんとボールがミットに届いてるのは凄いと思う。
ストライクゾーンに投げれているみたいだし。

芳野祐介、「贈りものだっ!」
バ カ 野 郎w
みんなも何か反応してやれよwwwww
感動してくれたのは芽衣ちゃんだけ(笑)。

最後の打席。
肩を強く動かせない朋也の打順。
ど、どうだったんだ?
痛みを我慢して打ったんだろうか?
カットされちゃったので分かんないや。
でも、演出としては良かったと思います。

うむ、これは相変わらず凄い作りですね。
非常に面白かったです。
PCで見てたらキャプチャ取りながら演出について
色々気になる点を取り上げられるんだけどなぁ……。

at 14:01|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(10) 

2008年10月18日

ヴァンパイア騎士Guilty 第2夜「永遠の約束(パラドックス)」

零にキスをされそうになったことを思ったより引っ張ったなぁ。
そんなに気にしてないのかと思ってた。

ヴァンパイアの夜会。
優姫を導いた子供のヴァンパイアは何だったんだろうか?

普段は参加しない人も集まったのは、
閑の死が与える影響の大きさか。
でも、談笑してるだけで深刻な話は一切してないね。

協会の指令によって監視する零。
そこで壱縷と再会する。
きっちり生きてたんだな。
仕えることしかできないくせに態度はでかいですね。
意味深な発言をしていたが……?

ほっちゃんのボイスがエロイです。
優姫は枢と一緒に居られるならヴァンパイアに
なってもいいと思ってたのか。
あまりそんな風には見えなかったけどなぁ。

今回の出来事が今後どんな影響を与えるのかしらね。

at 00:40|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(10) 

2008年10月17日

地獄少女 三鼎 第二話「籠ノ鳥」

シュールなエロアニメみたいだ(苦笑)。
人妻が好きな学生とか自重してくれw

地獄送りがコンセントで感電。
シュールだけど何気に惨いな……。
乗馬マシンにワラタw

今回の話。
難しいところだなぁ。
怨むなら、自分の無力さを怨むべきなんじゃないかとも思う。

実体が無いので、ゆずきに憑依している地獄少女。
あの変異シーンは毎回やるのか?
バンクだろうけど、ゆずきの叫びがエロ過ぎるんだぜ(苦笑)。

at 00:48|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(10) 

2008年10月16日

喰霊−零−第2話「憎発露(にくしみのはつろ)」

主人公は誰だー!!(苦笑)

トオルのはずなんだけどなぁ。
丸々1話出てこなかったよ。
特戦四課はどうなるの?

2話にして原作のキャラが登場。
過去話なのか?
神楽が剣で戦ったりしてるし。
霊獣・白叡は出ないのかしら?

黄泉の中の人は「だってヴぁ」の人だったんだな。
イメージが違いすぎて笑う。
エンド曲まで歌ってるし(苦笑)。

ストーリーは1話と同じような展開に。
全滅しなかっただけマシだが……。
さすがに神楽が死んだら原作ファンに怒られるだろうから、
助かるはず。

5話ぐらいまで見てみないとさっぱり分からないなぁ。
続きが気になると言う意味では今期で1番面白い。

at 12:52|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(10) 

2008年10月15日

黒執事 第02話 「その執事、最強」

なるほど、人間じゃないのか。
それなら色々納得だ。
走って車を追いかけだしたときにはどうしようかと思った(苦笑)。

華麗なる食器術!
お皿とかナイフとか投げるよ!
命中性高すぎだろ(笑)。

相変わらずシエルには何の魅力も感じないな。
結局、口だけで行動は全部執事任せでしかない。
この辺りのモヤモヤはもう少し見てから結論つけよう。

新キャラ。
キャストが面白いことになってるなぁ。
劉は色々楽しみだ。
膝の上の子喋らないのね(苦笑)。

まだまだ様子見ってところ。
5話ぐらいで判断できるかしら?

at 15:12|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(10) 

RD 潜脳調査室 第22話 「静かなる死」

地域によってはとっくに終わってるのね。
残り3話か……。

脳核が〜、意識がメタルに〜、といった専門的な話がちらほら。
一気に視聴者を置いてきぼりにしたような気がする。
私がここまで見て、未だに設定や世界観を理解できていないのも
問題なんだろうけど(苦笑)。

久島の意識と脳核は無事に発見できたけど……。
あまり久島の内面って描かれてないから、
どういう考えで行動してるのかよく分からない。
海が好きなのは分かったけどさ。

あぁ、ホロンさんが……。
一切のサポート無しでやっちゃったからなぁ。
かなりの負担になったようだけど、回復の見込みはあるのかしら?

at 14:59|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(10) 

2008年10月14日

今日の5の2 第2話「5時間目〜8時間目」

エロさ増強キャンペーン!
でもパンチラはしない!


5時間目「ネコノテ」
リョータにネコの可愛さを語るユウキとチカ。
その話題は必然的に肉球へと移る。
ネコの肉球の感触を求めて身体のあらゆる場所を触っていくが……。

ユウキは耳が感じるようです!感じるようです!
舐めたいと思った私は間違いなく変態(死ねばいいのに
私は肉球って触ったこと無いんだよなぁ(苦笑)。


6時間目「マケナシ」
サッカーのPK対決で、ナツミに負けたリョータ。
負けた罰ゲームとして、体育倉庫でナツミの手伝いをすることに。
ところが手違いでドアが閉められ、二人は閉じ込められてしまう。

お約束シチュエーション来たー!!
意外にもナツミと来たか。
って、これは酷い!(笑)
股間にしがみつかれるとか、羨ましいぞ代われ!
この棒を舐めれば大丈夫だ!と騙し(削除されました


7時間目「ボールアライ」
チャイムが鳴ったとき、最後までボールを持っていた人が
ボールを洗うというゲーム。
最後にリョータが投げたボールはコウジの頭上を通り過ぎて……?

メグミの巨乳神話!!
本田さんボイスがぁあああああ!!
相変わらず弄られ演技をやらせると素晴らしいですね。
で、だ。
リョータにはスネークとしての能力が足りない!!
まずはダンボールを用意することから始めよう(えー


8時間目「ヌレギヌ」
メグミのブルマが無い。
起こってしまった盗難事件に、クラスに緊張が走る。
果たして事件の真相は……!

失われた神器、それがブルマ。
男子が盗んで何するって、ナニするに決まってるだろ!(パーン
鞄にスライムと蛙はねーよ!と言いたい(笑)。
輝かしいプリンにフイタw
ブルマよりもプリンかよ!(苦笑)


やっぱりED曲が良いなぁ。
カバー曲なんだけど、この作品には凄く合ってると思う。
元々この曲自体が好きだしさ。

at 04:07|PermalinkTrackBack(0)

かんなぎ 第二幕「玉音アタック!」

これは凄いの一言だわ。
Aパートの動きとか神だと思った。

お話はよくある喧嘩して仲直りという話。
あまりケガレに関しては重点を置かないのね。
これからは違うのかもしれないけど。

貧乳でも乳は出るんだぞ!(何

接着剤で直すステッキ。
それでいいのかと(苦笑)。
テーブルの中央に立つステッキの頭がシュール過ぎて大笑いした。

幼なじみの子も良いキャラだと思う。
でも、沢城さんのボイスは何か違うような?
そのうち慣れるかなー。

猫を身体に取り込んだのは何だったんだろうか?

子供達との戯れ。
バカにされすぎだろ(笑)。
普通ならイラっとくるのだろうけど、
そうならないのはナギの純粋さのおかげ。

ナギはドジっ子でいいのかな?
たまに頭の回転は早いのに、凡ミスが多いよね(笑)。

スカートの動きが変態。
カメラさん、下から!下から映して!!

これは面白すぎるな!
間違いなく、今期で一番だ。
DVD欲しい……。

at 03:39|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(10) 

2008年10月13日

とらドラ! 第2話「竜児と大河」

早々に勘違い来たー!
まぁ、当然こうなるよなぁと(苦笑)。

けど、解決までサクサク進んでよい感じ。
誤解をとくまで余計な時間を使わないのは、
私としてはよかったと思うのですよ。

実乃梨のキャラが面白いなぁ。
ピックアップは次回かな?
竜児はどこを好きになったんだろうか?

電柱蹴りすぎ(笑)。
近所迷惑というか、公共物破損だよ!?
でも、このシーンは好きだ。

大河の告白シーン。
北村との出逢いが何かあったぽいけど、描かれずでしたね。
それにしても、ちょっと曖昧な返事だったなぁ。
あっさりしすぎてるし。
結局、友達ってことでおさまったけど、今後どうなる?

ここまでで、短編小説なら完結してると言っていい。
起承転結が完璧にできていた。
この先を続ける必要があるのか少し疑問だったり。
でも全体で見ると、ここまでが起なんだろう。
まだ描いてない部分もあるし、続きは楽しみだ。

at 14:05|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(10) 

2008年10月12日

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #2「ツインドライヴ」

OOガンダムが起動する話。

2代目ロックオンをスカウトしに行く刹那。
思ったよりあっさりと仲間になりましたね。
キャラが掴めないので、イマイチ好きになれないけどさ。

スメラギを迎えに行く刹那。
カタギリにバラしちゃっていいのかよ(苦笑)。
というか、刹那はどうして所在を知っていたんだろうか?
ロックオンの弟のことも刹那だけが知ってたみたいだし……。

留美の情報リークで、トレミーの位置を知られて攻撃を受ける。
OOガンダムはまだ起動に成功していないため、
セラヴィー1機で立ち向かうことに。
留美もどういう立ち位置なのか良く分からないなぁ。
最終的には死にそうだが……。
ガンダムの顔からGM粒子が出るとか、ギャグなのかと(笑)。
セラヴィーはカッコイイのに、背中の顔で台無しじゃね?

スメラギさんの戦術予報があっても、セラヴィー1機では苦戦。
刹那はOOガンダムへと向かう。
2期でのスメラギさんの活躍は、今回が最初で最後だな(マテ
ツインドライヴシステムは扇風機みたいだなぁ(えー

戦闘シーンは面白いですね。
動き早すぎだし、防御力も高い。
刹那のビーム攻撃が当たるので、命中性も高い。
OO無双じゃないか!強すぎだろ!(苦笑)

データベースを閲覧して、色々知った沙慈。
これからどうするんだろう……?

マリナ姫は相変わらずの不幸キャラだな(笑)。
なぜ捕まったんだろう?

次回はアレルヤ来るー!!

at 17:55|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(10) 

絶対可憐チルドレン 第28話「羞月閉花!蕾見チュー意報」

前回ちょっとだけ登場した蕾見不二子の本格登場でした。
管理官なのね。
兵部の元同僚で80歳……エスパー詐欺だな(苦笑)。

奪われる乙女のファーストキス。
この人、今までの人生で何回キスしたんだろう……。
葵の反応が良かった(笑)。

なるほどー、運命を変えるのは愛の力ってことね。
もう、エスパーじゃない視聴者でも先の展開が読める気がする。

大きくなると恋愛はもっと深い悩みになるよなぁ。
今だからこんな笑い話で終わってるけどさ……。

しばらくは蕾見を中心に話が進みそうだね。

at 10:48|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(10) 

2008年10月11日

ヴァンパイア騎士Guilty 第1夜「宿命の罪人達(ギルティ)」

待ってたー!
分割2クールじゃなくて、一気に見せて欲しかったよ……。
前回までの話をちょっと忘れかけていました。
ちゃんと説明が入ったので思い出せたけどさ。

まとめるとこんな感じ。
ヴァンパイアの純血種である緋桜閑が死ぬ(枢が血を吸って力を強化。
零のレベルE化が進行。
枢の血を飲むことで進行の抑制+枢の血で力が強化。
しかし零は、閑殺しの嫌疑をかけられ元老院から狙われる。

進行が遅いのは相変わらずですね。
閑に身体を貸していた、まり亜が目覚め、
本当に倒すべき存在を仄めかす。
重要だったのはここぐらい。
これから、まり亜も出番が増えるといいな。

原作がどこまで行ってるかは分からないけど、
アニメではどこまで描いて、どう終わらせるんだろう?

at 13:41|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(10) 

2008年10月10日

地獄少女 三鼎 第一話「奪われた少女」

1期も2期も放送されていなかったので見てません。
なぜ3期だけ放送するのか謎だ……。
あ、ネットで無料配信してるのね。

原作というか、どういう内容の作品かは知ってます。
とはいえ、2期でどんな終わりをしたのかなどは
さっぱり分からない。
まぁ、あまり気にしなくてもよさそうではあるが。

メインで動くのはゆずき。
舞台はゆずきの通う学校に固定?
ってことは無いか。

あいと一つになるゆずき。
なぜ、ゆずきが選ばれたのだろうか?

今話は、数学教師の丹下への恨み。
話の展開というか、オチは早々に読めた。

完全な悪の人が地獄へ流されるとスッキリするけど、
勘違いからの恨みで流されると、何とも言えないね。
この時期の子供は色々と難しい年頃。
そこに気づけなかったことは罪なのかもしれないが……。

この作品って3期もやるほど面白いかなぁ?
毎回オチが予想できそうな気がするんだが……。

あ、微エロ百合は良いな!(笑)

at 00:26|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(10) 

2008年10月09日

喰霊−零−第1話「葵上」

世界観だけ同じで、別の人物の話を描くのか。
原作のスピンアウト作品ってことですね。
原作キャラ好きなんだけどなぁ。
まぁ、原作は終わってないし、アニメ化するなら
こういう形でもいいとは思う。
アニメには原作キャラは一切出てこないのかしら?
名前ぐらいは出るといいな。

1話からバトルシーンメインで派手ですね。
ナツキのバイク操縦がカッコイイ!
壊れたのが勿体無い……。

主人公のトオルは過去になにかあったようで、
その因縁に決着をつけるまでを描くのかしら?

後半。
ちょ、なにこの急展開。
戦術隊第四課、1話で全滅した(苦笑)。
ゆ、夢オチだよね!


ど、どうなんだろう?
これで原作が売れるのかというと微妙っぽいなぁ。
オリジナルにしたのは吉か凶か……。
スタッフも視聴者の反応は気になっているようですが、
もう動き始めた以上は最後まで行くしかないよね。
次回以降にも期待したい。

at 10:22|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(10) 

スキップビート! 第1話 「そして箱は開けられた」

毎回感想を書くかは微妙。
視聴自体切りそうだし。

キョーコと尚で、どちらがより有名な芸能人になるかを競う。
というのがメインストーリーで、1話はその発端が描かれる。

ギャグがいかにも少女マンガという感じだなぁ。
女性にはこういうギャグが受けるのだろうか?
私にはあまり面白いと感じないんだけど……。

キョーコのCVが井上麻里奈さんなので、
どうしても図書館戦争を思い出すなぁ。
キャライメージも似てるし。
個人的に麻里奈さんのボイスはあまり好きじゃないので、
その時点でもう見る気がしないわけですが、
尚のCVが宮野真守さんというのも痛い。
宮野さんボイスは演じ分けに嫌いなタイプがあるが、
モロにそっちだった。
見続けられるかは、かなり怪しいです。

恋愛方面では、尚と蓮の奪い合いになるんだろうけど、
どう考えても尚は好かれる要素がないよな。
最初の印象を悪くしすぎじゃないかなぁ……。
後にどんなにフォローを入れても厳しいと思うが、
女性はコロっと行ってしまうのかもしれない。

何故この作品をアニメ化しようと思ったのか良く分からないです。
アニメにするほど魅力ある作品じゃないと思う。

at 09:30|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(10) 

2008年10月08日

黒執事 第01話 「その執事、有能」

放送時間がわずかでもズレると、他のアニメと時間が重なる可能性が
非常に高いので、毎回見れるかは分からないけど、
とりあえず感想書いておく。

原作は未読。
CMでやたらとコミックの宣伝は聞いたけど(笑)。

この作品をアニメ化する意味を感じないなぁ。
全体的に地味すぎるだろ……。

コメディなのかホラーなのか。
バランスが良いとも言えないなぁ。
どちらか一方だけでいい。

他の面子がダメダメなので、黒執事が有能という印象にしかならない。
テーブルクロス引きはスゲーと思うけど、無理がありすぎだろ(苦笑)。
そもそも、メイドの様子がおかしいことを見抜けないようでは、
有能とは言えないのではないだろうか?

これから面白くなるかはまったく分からないなぁ。
主人公もただの子供という感じしかしなかった。

at 04:29|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(10) 

RD 潜脳調査室 第21話 「永遠」

ソウタとホロンの関係。
サブタイトルが上手いなぁと思った。
色んな意味で『永遠』なんだよねー。

ホロンの行動がますますAIっぽく。
うーん、でもこの世界のアンドロイドって、
既に自己認識はできてるんだよなぁ。
もしかして自分のことを『私』と言うのは、
そう設定されているだけなのか?

ソウタは書記長との関係を終わらせてからリングを
渡したかったのだろうね。
オリジナルじゃなくて機械の方を好きになる。
書記長も複雑な心境だろうな……。

さて、裏で事件が動いてますよ。
気象分子が地球律に及ぼす影響を調査する久島。
それを快く思わない人物がいるようで。
久島が拉致されて、さぁどうなることか。
いよいよ、この作品も終わりに向かい始めましたよ。

at 04:13|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(10) 

2008年10月07日

今日の5の2 第1話「1時間目〜4時間目」

まったりニヤニヤできるアニメですね。
こんな小学生時代を送りたかった……。
私の小学生時代はギスギスしてたよー。
5、6年生になると、もう子供らしさの欠片も無いね。
今だともっとアレなんだろうけどさ……。

1時間目「グラグラ」
歯が生え変わる時期。
カズミはグラグラする歯が気になって落ち着かない。

ちょ、いきなりカオスな子が出てきた。
砕け散った木製のシャーペン……。
ガムやキャラメルは分かる。
消しゴムとか言い出したから、さあ大変。
リョータ逃げてー!噛まれちゃう!
指か……性的な棒の方はどうですか?(パーン


2時間目「スーパーボール」
リョータとコウジは、スーパーボールを弾ませて、
どちらが高く飛ばせるかを競う。
そこを通りかかったカズミ、ユウキ、メグミだが……。

本多陽子さん来たー!
お声を聞くのは久し振りだ。
演じるのは黒髪ロングヘアのメガネッ娘だと!?
よし、私の嫁だな!(マテ
テレ東のボケーーーーー!!
パンチラしないとは何事か!!
くそっ、これだから放送倫理というやつは……(ブツブツ


3時間目「ノリノリ」
掃除の時間、ほうきギターを熱演するリョータとコウジ。
そのテンションとノリに、次第に回りも巻き込まれていく。

こんな馬鹿がいてくれれば、私の小学生時代も平和だったんだろうなぁ(遠い目
やたらと動くのと、無駄にライトアップで吹いたw
飛び散る汗が、みなみけの保坂を思い出す(苦笑)。
さりげなくリズムに乗ってるカズミがポイント、という話だったね。


4時間目「アメフリ」
傘を忘れたリョータ、コウジ、ツバサ。
女子から傘を借りたが、帰り道の違うリョータは途中で
二人と別れることになり、雨に濡れてしまう。
それを見たチカとナツミが取った行動とは。

女子2人と1本の傘で一緒に帰るとか、普通はねーよ……。
終始ニヤニヤが止まらなかった。
くー、羨ましいなぁ。
あまりの羨ましさに、ちょっと窓から叫びそうになったよ(苦笑)。
私と代わってくれ!!


面白いと思います。
みなみけが好きだった人は、問題なく楽しめるかと。
リアル顔が多めだから、それが気になる人は気になるかも。
小学生があの顔をするのは違和感があると思うし(苦笑)。
話はちょっと退屈気味かもしれないけど、
これはこれでいいかなーと思います。

at 04:19|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(10) 

かんなぎ 第一幕「神籬(ひもろぎ)の娘」

仁が彫った木彫りの像を依代として顕現した、産土神(うぶすながみ)。
切り倒された土地のご神木。
それにより広がる、ケガレと呼ばれる土地の不浄物。
そのケガレを祓うべく、神様・ナギと仁の生活が始まる。

これは強いわ。
今期で一番好きなアニメになりそう。
OPのダンスはやたらと気合入ってるな(笑)。

キャラが好みすぎる。
ええい!私の家に、私の家に来い!
仁よ、私と代わってくれー!!(落ち着け

エロくないのにエロイという訳の分からないリビドー!
分かるぞ仁、お前の気持ちが痛いほどに!!
そりゃ、寝てる隙にスカートを捲るぐらいはしたくなるよな!
胸とか揉んでみたくなるよな、うん!分かるぞ!(最低だ

神女っ子?(笑)
毎回あの決め台詞とポーズをやるのだろうか?

ケガレを素で触れる仁は何か特別なのか?
ナギが仁と幼少期に逢ったことを覚えていないというのも気になる。

うむ、予想以上に面白い。
これは原作が欲しくなったぞ。

at 03:41|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(10) 

2008年10月06日

とらドラ! 第1話「虎と竜」

キャラクター的にはまだイマイチ。
大河の理不尽さが好きになれるかどうかですね。
単に素直になれない子みたいですが、
これは家庭環境的な問題がありそうだなぁ。

ってか、異臭の漂う家によく住めるなぁと……。
面倒なだけなのか、反抗心なのかは分からないが、
これで好きな人に告白する神経が理解できない。
家に呼べないし、料理も掃除もしない女性なんて
ちょっとどうかと思うんだ……。
性格もあんなのだし、好きなってくれる人は限られてくると思う。

竜児の方は、自分の第一印象が悪いことをコンプレックスにし、
誤解を解こうとしているのに対して、
大河はそういうことをまったく気にしていないように思える。
好きな人に良い印象を持ってもらおうとしないのは、
大河が不器用だからなのかなぁ?

サブタイトルが『虎と竜』でしたが、
どちらかと言うと、『虎と蛇』じゃね?(苦笑)

演出面がなかなか面白そうな感じなので、
これからにも期待したいです。

at 20:06|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(10) 

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #1「天使再臨」

始まりました、ガンダムOO第2期。
あの武力介入から4年、セレビンがその後どうなってしまったのか?
外伝で少し語られていたみたいだけど、私はまったくチェックしてません。

始まって早々、戦闘シーン。
新しい組織名とか出てきてさっそく混乱。
今の世界は何がどうなってるの?
勢力的にはソレビン入れて3つか?
公式が落ちてて具体的な名前が分からない。

沙慈は不幸な目に合いすぎて可哀相です。
巻き添えで捕まえられて強制労働とは……。

助けに来た刹那。
今までどこで何をしていたのか、まったく説明されない。
エクシアが微妙に修復されてるけど、どこでどうやって修理したんだろうか?

刹那がソレビンと知って動揺する沙慈。
同時に怒りが湧き起こる。
が、今はそんな場合じゃないので、一先ず保留。

エクシアで戦う刹那は、新型の機体に劣勢。
見ごたえのある戦闘シーンで面白いなぁ。
実体剣だけでそこそこ渡り合える刹那は凄いよね。
パイロットとしても成長してるようだ。

そんな戦闘の後方で発作を起こすルイス。
なんでそんなものに乗ってるんだろう?
リボンズと係わりがあるようだが……。
無くなった手は義手?

刹那のピンチにティエリアが駆けつける。
おお、新しいガンダムだ。
背中に顔はギャグだと思ったけど、役に立ってるね(笑)。
また極太ビーム無双が始まる……。

ソレビンのメンバーと合流。
新キャラの紹介はなし。
生きてた人との感動の再会もなし。
オイオイ……(苦笑)。
フェルトが大人っぽくなってる!

ソレビンに連れてこられた沙慈。
今後どうなるんだろう?
沙慈の怒りは分かるんだけど、お姉さんは自業自得だよね!(ぁ

さて、こちらはセルゲイ。
息子がいるのに、ソーマを養子にしようとしてたっぽい?
どうでもいいけど、ソーマは美人に育ったな。
仕草とかも普通の人間らしくなった気がする。

アレルヤは拘束中なのね。
留美はリボンズと接触。
ティエリアっぽい人、リジェネ登場。
ロックオンの兄弟らしき人をスカウトする刹那。
双子なんだろうけど、今までこの人は何してたのかしらね?
乙女座仮面はセンチメンタルなので正体を明かせません!
たぶん、アルトくんです。バルキリーに乗ります(ねーよ
もしくは特務エスパーを(もういい

色々期待できそうな1話でした。
エクシアのダメージマントVerはかっこよかった。
私はダブルオーよりエクシアの方が好きだなぁ。
キャラクターではルイスの活躍が楽しみ。
こういう不幸キャラは大好きなのさー。
スパロボZのせっちゃんとかね!
早く2話が見たいぞー。

at 01:02|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(10) 

絶対可憐チルドレン 第27話「宣戦布告!パンドラからの挑戦状」

神回だったわ!
原画スタッフが鬼だな。
好き勝手やりすぎで統一感がまったく無いけど、
楽しく作ってるというのは伝わった。
日本人の本気を見たぜ……。

そこかしこにパロネタが散りばめられてて、
それを探すだけでも楽しめる。
らき☆すたとかウィッチがいたのには吹いたw
グラハムwwwww

ストーリーは普通だった。
あの放送が一般人にどのような影響を与えたのかが
描かれなかったのが残念。
「……別人か」で片付けるクラスメイトもどうかと。
一般人もああいう冷めた反応だったのかしらね?

OPはどうでもいいや。
EDはカッコイイ!
男だらけだが、歌も絵も凄く良い。
正直、前のED曲は好きじゃなかった……。

at 00:27|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(9) 

2008年10月05日

狂乱家族日記 第二十六話「再び、閻禍伝説!」

ダメだぁぁーーーーー!!
意味不明すぎるwwwww
苦笑い→ポカーン→理解不能→オワタ\(^o^)/
こんな最終話だった。

言ってることと、やってることが滅茶苦茶すぎて、
まったく繋がらない。
オアシス、君は何だったの?
まとまりかけていた話を最後にかき乱したよね……。

凶華のポールダンスだけが印象に残った。
あと尻。

月香と強欲王のカップルはねーよ……。
せめて強欲王はもっとカッコイイキャラにしてくれ。
つまり何が言いたいかというと、月香は私のだ!(オイ
佐藤利奈さんボイスが反則過ぎます!

死神さんは何やってたんですかね?
結局出番が無かった……。

演出は楽しめる作品だった。
今回もそうだけど、銃のデザインとかきっちりしてるよね。
そういうところは評価できる。
シリーズ構成と脚本、つまり池田眞美子さんは私には合わない。
この人が手がけると原作の良さは死ぬな。

キャラソンアルバムの発売中止。
これがこの作品の人気を物語っているようで悲しくなった……。

at 04:56|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(9) 

2008年10月04日

夏目友人帳 第十三話「秋の夜宴」

これで終わりかー。
毎話楽しみだった作品が終わると寂しいなぁ。

今までのキャラが秋祭りに集う話。
今回もニャンコ先生はギャグ要因。
坂道を転がり落ちるとき盛大に笑った。
あとロープで縛られるとか(苦笑)。

笹田さんはいつも楽しいなぁ。
夏目はもっとかまってやれよ(笑)。
女子が苦手なのか?
逆に田沼とはフラグ立てまくり。

ショタキツネ来たー!!(笑)
普通の人にはただのキツネにしか見えないのね。
車に乗って来たけど、帰りも同じ方法か?(苦笑)

柊はカッコイイなぁ。
面を付けたままなのが残念だ。

うーん、夏目は優しすぎるかなー。
どこまで自分を隠して接するのかって、人間関係で悩むところだけどさ。
家族にはあまり隠し事はしない方がいい気がする。
最終的には話すことになるのかしらね?

2期は来年1月からか。
のんびり待っていようっと。

at 01:19|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(9) 

2008年10月03日

アリソンとリリア 第26話「私の王子様」

ふむ、犯人の狙いはトレイズでしたか。
それならリリアをさらうよりも
直接殺した方が早いような?
自分が死んでもいいので、列車ごとトレイズを谷へ落とす
って計画だったけど、その場で撃ち殺して、
列車止めて逃げればいいのに……。

目的のトレイズが逃げようとしているのに、
追いかけずリリアを捕まえたまま棒立ちの知能犯w
もうやってることが意味不明すぎて、
どの辺りが知能犯なのか分からない(苦笑)。

って、落ちたー!!
トレイズは生死不明に……。
って、生きてたー!!
トレイズはリリアの学校に転校して来たよ。

えーっと?
え?なにが起こったの?
これで終わりでいいの?
ねーよwwwwwwww

いやー、面白い作品だったんだけど、
展開が速すぎてついて行くのが大変。
あと1クールは欲しいね。
作画とか、色々と残念な作品だった。
しっかり作れば化けたと思うんだ……。

次回からは宇宙戦争ものに。
また男キャラばかりの作品かー!(苦笑)

at 01:37|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(9) 

2008年10月02日

メモリーズオフ6 〜T-wave〜総合感想

公式サイト:メモリーズオフ6 〜T-wave〜
総プレイ時間37時間30分。
メモ取りながらゆっくりプレイしてたので、
早い人はこれより3〜5時間ぐらいは短縮できるかと。

メインの二人が長かった。
トライアングルルートはいらないわ。
他のキャラのシナリオ同様、学園祭まででいい。
トライアングルルートは鬱要素を入れるために
無理やり付け足した感じしかしなかった。
伏線もほとんど貼れてないし……。

他のキャラのシナリオは良評価。
良かった順に並べると
結乃>クロエ先輩>黎音>智紗>りりす
っていう人が多いだろうなぁ。

でも全体的に見て、歴代を超えるものでは無かった。
シナリオとしては#5の方が完成されてる。
今回はキャラクターの勝利だと思う。
特に結乃とクロエ先輩は大成功かと。

CGについて。
細かくは各シナリオ感想で書いた通り。
#5はよりは格段に良くなってる。
それでも、「メモそれ」よりは悪いが……。
昔とは違う絵というか塗りになったけど、
今の時代に合わせるとこうなるよねー。
全体的に鮮やかで、肌とかは肌色というより白に近い。
私は、あのちょっと暗めな塗りの方が好きなんだけどね。

背景がさ、異常に多いよね。
過去背景の手直しから新規背景まで、
たくさんあって凄いと思う。
ほんの数回しか使わないカラオケボックスとか、
普通はCG1枚で誤魔化すというのに、背景をちゃんと作ってる。
しかも個室だけじゃなくて通路まであるんだぜ。
弁天堂とか予想外すぎた(笑)。

音楽はいつもの阿保さんクオリティ。
毎シリーズこれしか言ってないな(苦笑)。
キャラソンとかの曲はどれもレベル高いです。
ってか多いのでビックリだよ。
シリーズ中で一番力入れてる気がする。
OPだけで3曲とか凄いわ。
シングルリリースなんていらないから、
早くアルバムにしてください!!

システムはもうこの辺りで完成したかな?
これ以上のレベルアップは必要ないと言えるところまで来てる。
このシーン選択プレイって、他のエロゲとかでも
出来るようにならんのだろうか?
見たいシーンだけ見れるので、もの凄く便利。
好感度や選択肢のフラグまで調整できるって凄いと思うんだ。
過去ログから指定した場所まで戻る機能とかも、神だよなぁ。
うーむ、特許とか取ってるのかしら?

最後にサブキャラ、及びそのキャストメントについて。
村田あゆみさん。
カナタは出番は多くないけど、面白いポジションだった。
的確そうで的確じゃないアドバイスに笑ったわ。
っと、村田さんはラジオの方を続けてるんだったな。
あまりメモオフとは関係ないラジオだけどさー。
井戸端ネットラジオは復活しないのかなーと言ってみる。

根本幸多さん。
元気すぎる(笑)。
信の二代目になれるかどうかは微妙なところ。
とりあえず、澄空を中退してアフリカに行って来い!(えー

間島淳司さん。
デビュー作のキャラを10年経ってもやるのが凄い。
信をシリーズ常連メンバーと決定付けたのは「想君」だと思ってる。
なんか、想君の信は好きじゃないという人が居るけど、
私はあの頃の信が一番好き。
まだ子供っぽい考え方なんだけど、それ故に大人には無い発想をしたりしてさ。
そんなところが、自分を見つめてる期間って感じがして良い。
などと語ると長くなるので割愛して、間島さんはどの頃の信が好きなんだろうね?
収録日が誕生日っていのには吹いた(笑)。

以上で終わりかな。
えーっと、今作はキャラクターが素晴らしく良いので、
ドラマCDとか、色々期待したいですね。
それでは、ごきげんよう!

at 13:01|PermalinkTrackBack(0)ゲーム感想(メモオフ全般) 

りりすシナリオ エンドクリア

公式サイト:メモリーズオフ6 〜T-wave〜
ようやくフルコンプ。
疲れた1ヶ月かかったよ……。
でも、既読数を100にするのは簡単だったね。
ネタバレありの感想です。

キャラクター。
りりすは蹴りさえなければそこそこ。
自分より他人の幸せを願うタイプかー。
あすかとは正反対なキャラだなぁ。
一方で、麻尋とは仲良くなれそうな気がする。
つまり何が言いたいかというと、あまり好きじゃない。

ロリポップキャンディはもっと使っても良いような?
食べてるシーンが少なくてガッカリだ。
CGでも無かったし……。

新名彩乃さんの演技は問題なし。
りりすのキャラによく合っていたと思う。
今後も活躍して欲しいなぁ。
歌も上手だし。

CGだけど、りりすのCGは全体的に質が高い。
さすがメインヒロインだな。
ツリ目系は描きやすいのかもしれない。

シナリオの内容。
とりあえず叫ぶよ。
このクソシナリオを書いたのは誰だー!!
長いんだよ、無駄に!
智紗も大概だったけど、それ以上に長い。
しかもまったく面白くないので超苦痛。
1時間以上プレイする気にならない。
りりすシナリオだけで8時間もかかったんだけど、これはいじめですか?

りりす視点。
予想してたけど、これはいらない……。
何の意味も無いんだもの。
りりすの心情なんてわざわざ描かなくてもバレバレなんだから、
いちいち読ませてくれなくていいっての。
もう面倒なのでボイスカットして、志雄視点で見た場面はスキップしました。
はぁ、ホント時間の無駄だった……。

で、だ。
ここからはシナリオの批判をダラダラと述べますね。
まず、りりすと付き合うことが目的なのに、
智紗と付き合えとばかり言われて苦痛。
あまりにもしつこく言われるので、もう智紗でいいやと思ってしまう……。

りりすと付き合うために頑張ってるのに、亨と付き合ってると聞かされる。
バカなの?
こんな展開にして誰が喜ぶんだよ!
智紗ルートでりりすを亨に任せるというエンドすら
微妙な心境だと言うのに、専用ルートでこの仕打ち。
しかも本当に付き合ってるんじゃなくて、嘘だからなぁ。
私は本人が幸せなら別に主人公意外とくっ付いても文句は言わないんだけど、
これはちょっと許せなかったわ。
りりす視点で亨が怒ってたけど、あれが本音だよなぁ。
亨だから許可してくれたけど、信だったら絶対に断ってると思う……。

記憶喪失(の振り)。
アホなの?
嘘ってバレバレなので、いつまでも茶番を見せられてイライラする。
何度も繰り返される智紗と付き合えと言う台詞が追い討ちをかけて、
プレイ中のテンションがマイナス値に達した。
気づいてるなら、「嘘をつくな!」と一喝して話を進めてくれ……。
お互いに騙し合ってなにが解決するんだよ!!
途中で鉱石ラジオが出てきたけど、
あれは結乃ルート限定のアイテムにして欲しかった。
りりすの記憶を取り戻すためなんかに使って欲しくない。
だって嘘の記憶喪失なんだぜ?
鉱石ラジオを見せる必要なんて何処にも無いじゃん……。

このシナリオ書いた人はプレイヤーを楽しませようとしてないだろ。
テンポ悪いしつまらないし、最悪だよ。
過去のメモオフも微妙なシナリオはあったよ。
でも、ここまで苦痛を感じたのは初めてだった。
素人が言うのもなんだけど、これなら私の方が上手く書けると言いたい。
智紗シナリオでも同じことを言ったけど、
学園祭のところで終わっていれば良かったと思います……。
トライアングルルートは完全に蛇足。

エンドについて。
まぁ、エンドはそこそこ満足できたよ。
私なら、最後にブーケを投げて、
それを智紗がキャッチするという内容にしたけどね!

バッドエンドには色んな意味で笑った。
智紗と付き合うとバッド扱いなのかよ!
それだとあまりにも智紗が可哀相じゃないか?
ノーマルエンドでいいじゃん……。

気になった点。
志雄の父親が、りりすの母親と再婚する。
これ、他のルートだとどうするの?
こんな設定にしたら、他のルートでも問題になりそうだが……。
クロエ先輩ルートだと父親と向き合うって決心してたけど、
何の問題も無く和解できるのかちょっと不安だ。
それと、智紗ルートでも、この問題には触れておくべきだったと思うなぁ。

コスモス。
智紗がりりすにコスモスの栞をプレゼントしたことの真意を全力でスルー!
あれ意味不明だったんだけど、どうしてあそこからああいう展開になるの?
シナリオは起承転結が基本ですが、その転から結への流れが、
智紗、りりすシナリオとも酷いです。
散々引っ張って、突然結末だからなぁ。
バカバカしくて読んでられないよ、もう……。

これ一番気になったんだけど、りりすルートは何であんなに
テキストミスが多いんだろう?
度々、同じ内容の書き方を変えただけのテキストが表示される……。
デバックしたら誰でも気付くようなミスなのになぁ。
『大事なことなので二回言いました』ということですか?(苦笑)

キャストコメント。
新名さん面白い人だ(笑)。
「ツン8割デレ3割」って言ってて吹いた。
ああ、やっぱり台本の量は多かったんだね。
無駄に!長かったんですね、分かります。
同じような台詞を何回言ったんだろうか……。
今回のコメントでは『本当に』を言わないんだからねっ!
そんなどうでもいい話を突然話題に出すから大笑いした。
これで言ってたら神だったのに!(笑)

歌だけど、新名さんの歌声は好きだなぁ。
2つ目の主題歌は平野さんより歌いやすく感じた。
歌詞が違うからというよりは、新名さんの声が
平野さんより低いからだと思っている、個人的に。

以上で終わり。
最後にまとめ感想を書くよ。

at 12:02|PermalinkTrackBack(0)ゲーム感想(メモオフ全般) 

2008年10月01日

鉄腕バーディー DECODE 第13話「Stand by Me」

最終話は見れたー。
でもピークだったのは前回だったらしい。

いやー、面白かった。
つとむの男っぷりには痺れた。
第1話の印象では、ここまで熱血になるとは思わなかったぜ。
好きな人ができると男は変わるものなのでしょうか?
まぁ、バーディーと色んな事件を見てきたからというのもあるのでしょうけど。

あまりバーディーが活躍せずにリュンカを処理。
主人公が2度も死ぬことになるアニメって、
そうは無いよなぁ(苦笑)。

結局、小夜香は記憶をなくして転校。
これでつとむの恋は終わりなのかなぁ?
2期で戻ってきたりは……しないか。
シリーズ構成は、今後のバーディーとの関係を描くために、
最初から別れることは決めていたのかしらね?
あそこまで熱く告白したのに、可哀相です……。

この作品は妙に懐かしい感じがすごくあって、
その雰囲気が凄く好きだったなぁ。
一見パッとしないけど、飽きずに見られるアニメってのが良い。
2期も楽しみにしていようっと。

at 00:56|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(9)