2007年10月

2007年10月30日

みなみけ 第4話「恋もよう」

今回はタケル、リコ、保坂を中心としたお話。

南家3姉妹の従兄・タケルが訪ねてくる。
どうやら彼女に振られたらしい。
そんなタケルを可哀相に思ったカナとチアキは、
ハルカが帰ってくるまで温かく見守ることにする。
ぬあああ、チアキの着替えが見えねぇぇぇーーーー!!
カメラさん、もっと下!下を映して!!

今回初登場のタケルさん。説明無かったけど、3姉妹の従兄とのことです。
彼女に振られて慰めてもらいに来たのに、
カナとチアキはずーーーーっと見てるだけ。
時間にして1時間ぐらいか?(笑)
頼みの(?)ハルカも華麗にスルー。
照れるハルカが可愛くてしかたがない!この純情処女め!(マテ

よし!チアキ Σd(・∀・ )Good Job!
って肝心のパンツが見ねぇぇぇぇーーーーーーーーー!!
おい、そこの!今すぐ私と場所を代われ!それか頭をどけるんだ!
カメラさん、上から!上から映し(もう黙れ

カナの包丁使い方がカオス。いや、全体通して、だな(笑)。
空中回転で放られるカナに爆笑した!

19時32分にもう一度話し合おうと彼女から電話。
喜び帰って行った翌日、結局駄目だったらしい……。
ど、ドンマイ!(苦笑)


別の日、藤岡くんを熱いまなざしで見つめる少女が一人。
リコのビジョン、藤岡くんが輝きすぎててワラタw
巻き込まれ型のケイコは今日も犠牲に(笑)。
くっ、どうした!パンツ見えないではないか!
もっとガバーっと捲れ!ガバーっと!さあ早く!(死んでしまえ
前回、電卓と言われて、今回は幼稚園児と言われるケイコw
リコのスカート摘みを最後華麗に避けたシーンは何故か爆笑してしまった(えー

リコの想いなどまったく知らない藤岡くん。
カナの料理をおいしいと言えるなんて良い奴だなぁ。
これはもう、いつカナの料理で死んでも本望だな(えー
家族公認……まぁ公認ではあるけど、
肝心の本人に警戒されているのが悲しいところ(苦笑)。


別の日、雨の中プリンと炭酸を買いに行く勝負をするカナとチアキ。
勝負内容はゲーム。
ば、ばっかだろこのゲームwwwwwwww
ドラマがゲーム化とかいう時点でクソゲー確定なのに、
内容があまりにもカオスで爆笑した!バラエティー豊かすぎ!
「二ノ宮くん!」「先生!」……ちょっと遊んでみたいな(笑)。


別の日、バレーの上手いハルカをバレー部に招こうと企む人物が……。
カナとチアキが居なければバレー部入ってたのかなぁ?
自分のことよりも妹を優先するハルカに惚れ直したぜ。
って、子供の意味違う(笑)。

マキ曰く、保坂(男子バレー部部長)は気持ち悪いらしい。
そんなにハッキリ言わなくても(苦笑)。
ちょっと変な人っていうだけだろ?(それもどうか
でも、そこまで言っておきながら毛嫌いはしていないし、
少しは好意もあるのではないか?
抱きつかれて顔を赤らめる辺りが怪しい……。

そんな保坂先輩だが、ハルカを男子バレー部のマネージャーにしたい模様。
いや、その妄想は分からなくもないが、とりあえず死ね!(えー
あとジェスチャーがキモい(笑)。
これからマキは、ハルカを気持ち悪い魔の手(保坂)から守るため、
孤軍奮闘する日々が始まるのだった。おしまい。

一気に新キャラが3人登場。
キャラが濃いので把握はしやすいかな?
これからまだまだ増えるだろうから、徐々に混乱しそうだ……。

OP、EDと曲を収録したCDが発売中です。あのOPはかなりお気に入り。

at 16:05|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(6) 

レンタルマギカ 第枯叩屬劼箸蠅犬磴覆いら」

黒羽まなみに関するお話。

なるほど、1話ずつ使ってキャラクター紹介をするのか。
それならそうと予告で言ってくれ……。

うん、段々面白くなってきた感じがする。
といってもストーリーはさほど見どころも無いのだが、
1〜2話に比べると3〜4話はテンポが良くて見やすかったです。
術を使うシーンが多いと楽しいですね。

メインとなるストーリーが未だに無いのが気になりますが、
全話1話完結のストーリーにするつもりなのだろうか?
2クルーあるけどどうなんでしょう?
今後に期待したい。

at 15:15|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(6) 

2007年10月29日

キミキスpure rouge #4「step in」

前回のカラオケから一ヶ月も経ち、イマイチ進展の無い光一と星乃さん。
あれからもう一ヶ月ですか!
この両想い状態で「告白→付き合う→キス」までに
どれだけの時間をかけるつもりなんだ?
視聴者はキスのシチュエーションを楽しみにしているというのに!
告白まで一気に行ってくださいよっ!

そして一輝の方も、相変わらずサッカーの練習もせず、
二見さんに話しかけることも出来ずにいた。
そんな一輝に喝を入れる明日夏だが……。
明日夏ファンクラブって(笑)。
作ったのは菜々たちなのか?行動力ありすぎです。
一輝は妹を見習うべきだな!
う〜ん、なるみフラグはなさそうですね。
あのシーンは単に興味から聞いてみただけっぽい。
明日夏とのフラグはどうだろう?
恋愛感情は無さそうだから、最後まで励まし役かなぁ。

保健室で摩央と出会う二見さん。
この二人の出会いが何をもたらすのかに注目したい。
それにしても祇条さんは出番が少ないですね……。

柊の提案で映画の脚本書くことになった光一。
なかなかアイデアがまとまらず、星乃さんに相談に乗ってもらうことにする。
星乃さんは快く引き受けてくれ、二人はまた一歩近づいたのだった。
光一は順調だなぁ。だから早く告白……。

毎日ラブレターをもらう摩央。
直接の告白で無いこともあって、いい加減うんざり気味。
そんなとき栄二に次の日曜日にデートに誘われて……。
ここで4話は終わり。

摩央姉ちゃんの方に意外な進展がありましたよっ!
まさか栄二の方から誘うなんてビックリだ!
これは次回が楽しみだなぁ。

にしても、相変わらず作画は安定しませんね。
この作品はストーリーは面白いんだけど、
映像としての見どころが少ない気がします。
もっと遊びを入れてもいいと思うんだけどなぁ……。

次回はデートかな?

at 13:48|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(6) 

2007年10月28日

ハヤテのごとく 第三十一話「お金持ちでキレイなお姉さんは好きですか?」

ナギが子どもの世話をする話。

ずっと咲夜のターン!
咲夜のツッコミだけで成り立っていた気がします。
お話の全体は微妙でした。

警備用ロボットを蹴りで粉砕するハヤテ。
コナンネタの強化シューズの演出さえ無しですよ!
さすが宇宙z(ゴール!

今週の執事バトル。
あれ?ちょっと自重したのかな?(苦笑)
マグ○ムトルネードぐらいはやって欲しかったのに!

次回は伊澄のターン!

at 12:00|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(6) 

2007年10月27日

電脳コイル 第二十二話「最後のコイル」

用語などはオフィシャルサイトwikiでどうぞ〜。

今回は後半から怒涛の展開に!

前半は割りとゆっくり進んでいました。
新型サッチーに追われてピンチだったイサコをヤサコが救出。
二人の和解と、デンスケの変調など。
ここまでで重要なのは、空間管理局による空間の強制フォーマットと、
イサコに情報をリークしたのはタケルというぐらい。

後半はもうまったく把握出来ない量の情報が開示されて理解不能。
かろうじて分かったのは、デンスケが特別なペットであること、
ソウスケとタケルは兄弟であることぐらいでした(少なっ!
これは最低でも3回は見ないとダメそうです。
情報は各自wikiで入手してください(コラ

もうあれだな、ここまで来るとファンブックの発売を待つしかない。
あとは2chのスレに潜伏するとかw
今回は詰め込み過ぎてて特に分かりにくかったからね。
スレで情報交換するのは有益かと。

珍しくダイチに活躍の場があったので笑った。
あのシーンはきっと名シーンになると思う(笑)。
あと玉子さんの乳揺れ!(マテ

次回は総集編「電脳コイル総復習」
このタイミングで総集編はありがたい(?)けど、
前回のような構成だとあまり実りは無いんだよなぁ。

at 20:24|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(6) 

機動戦士ガンダム00 #4「対外折衝」

タリビアを攻撃する話。

それぞれの思惑と言うか、心理戦みたいな感じが展開されています。
戦闘シーンが盛り上がらないぜ……。

今回初登場のマリナ・イスマイールさん。
側近さんの方がキャラが立っていたように思います。
これはマイールね♪(パーン!

新機体で絶好調のセンチメンタルな乙女座。
エクシアと互角に渡り合いました。
でも刹那は水中に逃げ込んで撤退。
乙女座は水中にも対応できる機体が必要となりました。
エクシアがスパロボに出たら水中適応能力Aですかね?(苦笑)

質問です!既に雑誌などでは沢山情報が出ているのに、
公式サイトではどうしてこんなに情報が少ないのですか?
ストーリーのあらすじ更新も遅いし……。
もっと迅速な更新をして欲しいなぁ。

次回は荒れる屋に死亡フラグ?

at 19:53|PermalinkTrackBack(1)アニメ感想(6) 

ユア・メモリーズオフ〜Girl's Style〜 公式HP正式オープン

前回プレオープンされた「ユア・メモリーズオフ〜Girl's Style〜」の
公式ページですが、このたび正式オープンとなりました。
キャラクター紹介から、主題歌の公開まで盛り沢山です。

発売日 2008年1月31日予定
初回限定版9870円、通常版7140円
初回限定版同梱特典
・オリジナルサウンドトラックCD
・オリジナルドラマCD
・オリジナルノベル
・設定資料集
となっております。

5gk.は本気でこれを出すつもりのようですね。
メモオフの公式BBSでは批判意見が多くて売り上げが心配ですが、
私は買うので安心してください!(何
少なくとも、メモオフ#5が発表されたときよりも盛り上がっていたりします(えー

だって、テンチョーとトビーが出るんだぜ!
ってことは時間軸は『想い出にかわる君』の大分前になりそう?
『想君』が好きな私としては、その他の登場人物にも期待したい。

というか、林鐘寺女子高校とかいつの設定だよ!
懐かしすぎて爆笑したwwwwwww
こういう設定の掘り起こしは好きだぜ!
詳しく覚えてないけど、初出は1stだったか?
信が合コンする女の子の通う学校なんですよね、たしか。
桜峰短期大学付属高校は出ないのか……(ぉ
他のキャラは浜咲学園なわけだが、個人的には澄空が良かったです。
もっと澄空学園に出番を!
まぁ、「ユアメモGS」には浜咲のイメージの方が合うから仕方ないか。

他にも映画好きのキャラとかとが居たりするのも気になる。
時間軸の都合上、#5キャラと絡むことは無いだろうけどね。
理人はイナケンと気が合いそうな設定ですが、交流はあるのかしら?
時間軸によってはありえてもいい気がする。

などと、これは色々と妄想ができて楽しみだわ。
ところで稲穂信はちゃんと出るんだろうか?
キャラ紹介に居ないと不安になるぜ……。

さて、上記のように私は勝手に盛り上がっておりますが、
周囲では批判意見が多いのも事実。
しかしですね、私としては#5が酷かったため、
もう6はいらないとさえ思っていましたから、
こういうテコ入れは歓迎したいのです。
キャラデザが違うとか、乙女ゲーだとか、そんなんことは気にしない。
特にキャラデザに関しては、ここまでガラッと作風を変えると
逆に清々しくて良いのではないかと思っています。
歴代作品より劣化したメモオフキャラを見るよりはマシですよ!
『After Rain』と『メモそれ』から『メモオフ#5』への劣化変貌は酷かったですから。

あとはシナリオさえ面白ければそれでいいんじゃないかと思います。
まぁ、実際に出てみないことには何とも言えないのですが、
少なくとも第一印象は#5より遥かにいいです。
欲を言えば女性キャストはもう少し考えて欲しかったのですが、
これはまぁ男性キャストが豪華だから仕方ないということで。
トビーのボイス変更はちょっと悲しいのだが、
『想君』で声変わりする前という設定にしておこう!(えー
というか中の人は声優初挑戦なら志倉さんと大差ないと思うのですが……。
こんな作品に出演するということは、志倉さんと親しい方なのかしらね?
ってか主題歌担当なのかよ!(笑)
バンドストーリーなのに主題歌は別扱いなのね。
挿入歌には期待していいんだろうか?

その主題歌は問題なく良曲かと。
BGMの「With memories -Piano-'」も良いなぁ。
やはりピアノ曲は好きなんだよね私。
オリジナル曲が早く聴きたいところ。

おっと、肝心なストーリーについて触れるの忘れてた。
かなり某作品と似てる気がするのですが、気にしたら負けですかね?(苦笑)
キャストにKAORIさんを起用するのは避けるべきだったでは?
ま、まぁいいや。孕んだなどの鬱要素がなければそれで(マテ!
で、今回死ぬキャラは誰ですか?(えー
いや、まぁテンチョーはいずれ死にますが!(言うな
視点変更システムは無くても良かったんだけどなぁ。
あれってあんまり好きじゃない。
麻尋視点がトラウマなだけですけど……(ぉ
ともあれ、私が期待するのはテンチョーの存在ですし、他はどうでもいいや!
シナリオ担当者が、どれだけテンチョーを上手く動かせるのかに注目です。
縁犬ふうさんの作ったキャラクターイメージが壊れないことを願います。
そういえば、今回は複数ライターではないんですね。
これは『想君』以来となります。
そういう意味でもシナリオは安心して良さそうな気がします。
その分、清水マリコさんは大変でしょうけど……。

長くなりましたが以上です。
あっ、買ったらちゃんとプレイ感想を書きますので、
様子見の人は私のプレイ感想を読んでから検討すればいいと思うよ!(苦笑)


ユア・メモリーズオフ〜Girl's Style〜

at 12:02|PermalinkTrackBack(0)メモリーズオフ関連 

2007年10月26日

ef - a tale of memories. 第三話「paradox」

うーむ、今回のテーマは「別れ」ですかね。
蓮治×千尋、京介×絵美、紘×みやこ、紘×景。
単純に「別れ」ではないけど、簡単に表すならこれで問題ないでしょう。

前回、空でキャラの心を読み取れると書きましたが、
今回もその辺りは変わっていないですね。

蓮治のパートでは夕方から夜にかけての空。
そして雨。
雨と言うのは心の乱れを表しやすくて良いですね。
しかも雷まで鳴ってるからなぁ……。

紘のパートでは朝から昼にかけての空。
最後の呼び出しのシーンでさえ早朝ですからね。
みやこと屋上で会う前のカット。
青空が三種類あるんですが、あれって何の意味があったのだろうか?
下へ行くほど水色に変わる。

京介に関しては曇りから晴れへの演出。
「評価ばっか気にしてさ〜」での雲と、「夢!」での眩しい太陽のカット。
この辺りは良かったですよね。

みやこが歩くシーン「広野くんのバーカ…」の前のところね。
あそこは画面を大きく下にさげて、意図的に空を映していません。
これでは感情を読み取れないと思ってしまいますが、
代わりに画面下の黒塗りの部分がみやこの孤独感みたいなものを
表しているんだと思います。

他、いくつか気になるところもありますが、
全部は語りきれないので割愛します。
あ、これだけは触れておこう。
前半の波と街灯の演出が好きだったなぁ。
どちらも物語に上手くリンクされていると思いました。

物語はちょっと鬱方面へ進んでいますが、
主題はあくまで「夢」なので、その辺りを間違えないように。
恋愛のもつれは第二テーマの「痛み」に関係してくるみたいですね。

at 12:19|PermalinkTrackBack(1)アニメ感想(6) 

2007年10月25日

ご愁傷さま二ノ宮くん 第4話「留守番しようよ」

冒頭、『真由 執筆す』
作品タイトル「夢のかけら」ってw
想像してたより絵が上手かったので意外でした(えー

本編、今日も特訓中の真由。
やってることは健全なことなのに、喘ぐ真由がエロイ(笑)。
胸が揺れるのは目の抱擁になるね!(ナニイッテンノ?
お姉さん、麗華の胸を揉むなよっ!
私が代わりに(黙れ

真由ばかりが二宮くんと一緒に居ることにイライラが募る麗華。
株取引にも身が入らない様子……ってちょ、経済が(笑)。
緊急ニュースが入って爆笑した。対応早いな!

急遽、二ノ宮くんはお姉さんに連れられてどこかへ行ってしまい、
家には真由と麗華だけが残される。
仕事を手伝うと言う真由だが……。
言葉と行動がまったく一致しないな(苦笑)。
ってか、人形並べるのやめろwwwww
果てしなく趣味が悪い(笑)。

どこかで特訓中の二ノ宮くん。
襲い来るのは皆殺人鬼のような人ばかり。
いや、あれはマジで死にますって!
勇敢に立ち向かう二宮くんが凄い。
しかも素手で(笑)。

偶然隠し通路を発見してしまった真由。
麗華と共に脱出を図るが……。
センサーに胸が当たってトラップ起動とかどんだけー!
これは酷い精神トラップですね!(えー

幼少期の夢。あれはどっちなのか良く分からない。
麗華と遊んだのは確かなようだが、真由もそんな話してたからなぁ……。

隠し通路からは無事に脱出できたものの、
帰ってきた涼子さんにお仕置きを命じられてしまった二人。
連れられた二人が向かう先は誰も知らない……。
第4話、おしまい。
これは山奥で百合プレ(削除されました
ところで秘密の小箱って結局なんだったのかしら?

今回のお話は休日の出来事だよね?
時間がどう進んでいるのか分かりにくいです。
まぁ、別に気にすることでも無いけどね。

次回は海へ。またビキニで乳揺れするんだろうなぁ(笑)。

at 17:04|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(6) 

2007年10月23日

みなみけ 第3話「玉蹴り番長再び」

サブタイトル、球じゃなくて玉なのね。
公式HPでは球なんだけどなぁ……(苦笑)。

今回は藤岡くんを中心としたお話。

カナのテストの結果、数学65点。
すげーよ!私なんて○2点が限界だよ!(十の位を誤魔化すな!
ケイコは100点かー。普通は無理だぜ?
だからって「電卓になれ」はねーよwwww

藤岡と他のテストの点で勝負することになったカナ。
ペナルティは、負けた方が犬のまねをするということに決定!
いざ勝負!
ここから点数改ざんのオンパレード(笑)。
英語61→66→68点に改ざん。藤岡くん69点。(二敗
国語52→62点に改ざん。藤岡くん71点。(三敗
社会41→87点に改ざん。藤岡くん89点。(四敗
理科67→89点に改ざん。藤岡くん90点。(五敗
お手→足蹴(藤岡くんドンマイ!w

というか、改ざんしても負けるって切なすぎる!
英語は88点に、国語は82点に、社会は89点に、理科は……もう無理だな、
と改ざんすると、引き分けには出来たんですけどね(苦笑)。
蹴りのシーン、テンポ良すぎ。ってか、カメラの数多いよっ!(笑)
でもパンツは見えねぇぇぇーーーーー!!いや、ここは穿いてな(黙れ

チアキにテストの点を聞いてみるカナ。
さすがチアキは優等生だ!97点とはやるな!
海老マヨ味の煎餅!カナの食べる音が面白い(笑)。

「ろくな展開じゃない」まぁ、そうだよなw
カナが喋りだすだけでアウトな気もする(えー

牛乳なくなったーーーー!!
あんなに飲んだらそりゃ気持ち悪くなるよ(笑)。
夕飯はクリームシチューなのか!私も食べたいぞ!
「バカ野郎はお前だ」まぁ、その通りだよなw

なぜか話は人を感動させる料理の話題へと展開。
カナの理論は分からなくもないが、テストの話はどこへ行った?(苦笑)
この前カナが作った料理、あれはシチューじゃねぇ!
あれはホットケーキの元だ!(笑)
カナの料理の結果は、瞬間の発想→屍でした。
だからなぜフルーツを入れるんだ!(笑)

別の日、再びカナに告白する藤岡くん。
ちゃんと「すごい好きだから」と言ったのだが、
チアキの解釈によって「すごいスキだらけだ」へとクラスチェンジ!
って、何でだよ!(笑)
しかも妙に納得できてしまうからやっかいだw

藤岡くんはなぜか南家の夕食に誘われた。
カナは藤岡と争う気はないので、これを機に仲良くなろうということらしい。
カレーループが酷い!wwwwww
よくそれだけルーがあったなぁ。具はどうしたんだろう?
というか、カレーは作れるのね(笑)。
藤岡くんは別に何も企んでないよっ!
あの挙動不振っぷりは確かに怪しくはあるか……(苦笑)。

特に何事も無く楽しい夕食が続く。
ハルカも藤岡くんのことは気に入った様子。
何でも、お父さんに雰囲気が似てるとか。
ちょっとマテ!藤岡くんはチアキフラグを立てやがったぞ!
さらにハルカとのフラグも立ててやがる!
なんという羨ましいポジション!今すぐ私と代われコノヤロウ!

ハルカから見れば年下なのにお父さんなのか。
南家のご両親は何故いないのだろうかね?

すっかり南家と仲良くなった藤岡くんだが、
最後は警戒するカナに追い出されてしまうのだった。
ちょ、ここで終わんなー!(笑)
好きな人に拒絶される藤岡くん、可哀相に……。
頑張れ!ハルカと仲が良いのはちょっと嫉妬するが、応援するぜ!


今回はいつもの顔チェンジは少なめでしたね。前回が多すぎただけか?(笑)
ところで、TVで流れていたドラマの続きが非常に気になるのだが、
これはどうすればいいのだコノヤロー!(知るかバカ野郎!

at 16:50|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(6) 

レンタルマギカ 第系叩嵜澄垢例瓦」

今回はなかなか楽しめました。
起承転結がしっかりしていたので見やすかったですしね。
それでも個人的には微妙なアニメなんですが……。。

調べてみると、これって脚本は毎回別の人が担当してるのね。
で、1・2話が面白くなかったのは、池田眞美子さんの脚本だからと。
今回、脚本が変わって面白くなったので、
今後も池田眞美子さんが脚本を担当しなければ大丈夫かもしれない。

あとはイマイチキャラクターに魅力を感じないところさえ、
どうにかなればいいのだが……。

at 15:47|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(6) 

2007年10月22日

キミキスpure rouge #3「book mark」

前回は、摩央姉ちゃんが光一の恋を応援すると言い出したところで終わりましたが、
今回早速実行に移されました。摩央姉ちゃんの行動力にはビックリです。

電車通学の星乃さん。
栞の描写はあったけど、あまりサブタイとは関係なかったね……。

学校までの道のりを歩いていると、光一の姿を見かける。
しかし、その隣には仲良さそうに話す女性が居て……。
摩央姉ちゃんの台詞が全て性的な意味に聞こえた私はおかしいのでしょうか?(笑)
その「勉強」について具体的に聞かせてください!(マテ
星乃さんのタイミングの悪さは今後も影響しそうな予感……。

一輝は妹の菜々と登校。
途中、なるみと出会った菜々は、「イワオくん」で何やら劇を始める。
この二人はバカだーーーー(笑)。
キビナガエルのどこがそんなにいいのかしら?
一輝は変なところで動揺するなよw
それにしても野川さんは相変わらず演技が上手いですね。

菜々が摩央姉ちゃんの歓迎会をしたいということで、
みんなでカラオケに行くことが決定。
人数が7人いれば半額なるということで、
光一と一輝はそれぞれ一人ずつ参加者を探すように指示される。
ここは年下組みの可愛さが光ったかな。
摩央姉ちゃん、これ以上女を増やすと男としては色々キツイぞ?
いや、性的な意味ではなくてですよ?(ぉ

星乃さんを誘うため図書室へ向かう光一。
この場は摩央姉ちゃんのフォローによって、無事誘うことが出来ました。
まず何故ここに摩央姉ちゃんがいるんだ!(笑)
「図書室では静かにしてください!」と言われなくて良かったね(えー
光一は声かけるまでは行けたんだから、一気に誘ってしまえばいいのに!
摩央姉ちゃんナイスフォロー(苦笑)。
光一と星乃さんの戸惑いをカットインで見せる演出は良かったですね。

一方の一輝は、二見さんを誘いに行くものの、
結局声をかけることは出来なかった……。
まぁ、こっちは無理があるな。
前回拒絶されていなければ誘えただろうか?
思い切って声かけた方が良かったと思うのだが、
一輝はフラグを立てるのが下手だな……(苦笑)。

結局一輝は柊を誘い、やって来たカラオケ。
席をはずしている星乃さんに声をかける摩央。
二人を応援していると聞いた星乃さんは安心するとともに、
頼もしい応援者に笑顔を見せるのだった。
これで摩央姉ちゃんと光一のフラグは消滅しましたね。
光一はこのまま星乃さん一直線のようです。
もう両思いなのが分かってるんだから付き合ってしまえばいいのに!
菜々となるみが歌っていたのはキャラソンかな?

帰り道、星乃さんを駅まで送った光一は、また話しかけてもいいかと問う。
それに対し星乃さんは笑顔で答えてくれたのでした。
ここで3話は終わり。

星乃さん攻略フラグが立ったーーーーー!!
ここで選択肢を誤ったら危なかったですよ!
エンド曲への流れは毎回素敵ですね。
ちょっとCD欲しくなってきた。

摩央姉ちゃんの方も順調にフラグが立ってますね。
偶然バイトしている栄二を発見するとか、
ちょっとした運命みたいなものを感じるね。

原作ファンは相当苦しい展開になってますが、
製作者はこれで本当に良かったと思っているのかしらね?
私は楽しいからいいけど。

心配されている作画ですが、まだ安心は出来ないかなー。
大きく崩れるわけじゃないから気にはならないけどね。

そういえば今回、モブキャラのボイスにきみきみが居た。
キャストを無駄に使うんじゃねぇ!(笑)

次回は明日夏にスポットが当たる?

at 15:04|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(6) 

2007年10月21日

ハヤテのごとく 第三十話「美人お嬢さま名探偵は見た!湯けむり女教師殺人事件」

自作自演の推理ストーリー(ぁ

もう何からツッコミを入れていいのか分からないw
ええい!コナンネタは自重しろ!
ここまでやって大丈夫なのか?(笑)

ナギ「死体の癖に何度も生き返るな!」フイタw
もうグダグダ過ぎて見るに耐えないぜ!(良い意味で
私としては牧村さんが出ただけで充分ですけどね(えー

今週の執事バトル。
ビーダマンかよっ!見せられないならやるなよwwww
何が起こったのかさっぱり分からねぇ!
これってDVDでも規制されたままなのかな?

次回はまともなお話……だといいね!(笑)

at 11:04|PermalinkTrackBack(1)アニメ感想(6) 

2007年10月20日

電脳コイル 第二十一話「黒いオートマトン」

用語などはオフィシャルサイトwikiでどうぞ〜。

今回は小学生いじめアニメになってしまった(苦笑)。

前回の感想で、『イサコのお兄さんのこともまだ謎の部分が多いので、
明らかになるのが楽しみです』
と書きましたが、今回明らかになりました。
何だ、私は予知していたと言うのか!(ただの偶然です

夏休みも終わって始業式。
2学期から学校が移転し、隣町の第一小と合併する。
ハラケンは未だ意識が戻らず、欠席。
突然の出来事にビックリしたよ。
いくらなんでも、駅ビルに学校はないよなぁ……。
エレベーターの乗り降りだけで相当な時間が掛かるぞ?

ハラケンの意識が戻らないのは気がかりだが、
イサコが言うには大丈夫そうなので安心してもいいのかな?
告白の返事が聞けないままなのがもどかしい!
あの絵には何の意味が?

前半は特に何事も無く見れたのだが、後半から怒涛の展開に!
イサコに対する陰湿な嫌がらせと、謎の言動を残す人物。
さらに明かされる驚愕の事実。もう整理が追いつかないよっ!

猫目の裏切り。
ミゼットは猫目のものでは無いのか?
怪しいのはタケルかな。誰かに会うと言っていたが猫目か?
イマーゴの副作用。記憶の操作がどうとか言っていたが……。
イサコの兄はすでに死んでいる。
今まで見ていた兄の姿は立体映像だった。
病院には空間管理室の手が及んでいることが確実になりました。
イサコを古い空間の調査のために利用したとのことだが、
その真の目的とは一体何なのか?
というか、小学生にそんな非人道的なことをしていいのか?
2.0に追われるイサコ。その光線は電脳体を通して肉体にも痛みを与えるらしい。
まったく死角のないフォーマットマシンに対抗する手段は?
次回へ続く。

ここで終わられると非常に困るぜ!
ヤサコが間に合ってくれることを願う。

次回は「最後のコイル」

at 20:26|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(6) 

機動戦士ガンダム00 #3「変わる世界」

まさにサブタイ通りのお話でした。
400年以上続いた紛争が、ソレビン(略称)のお陰で終結。
世界が動き出しました。

うん、まぁとりあえず乙女座自重!
なんだか乙女座が主人公みたいだ(えー
コーラ沢さんの出番マダー?

刹那はチームの不安要素になりつつありますが、
台詞がいちいち痛いのはどうにかしろ!
「オレに触るな」とかナニイッテンノ?
誰もお前には触ってねぇよ!(笑)

乙女座はガンダムに、セルゲイはパイロットに興味があるということでいいのかな?
機体性能によっては刹那の方が負けていたかもしれんね。

クロスロードとお隣さんみたいだけど、正体バレが怖いなぁ。
名前を名乗るなら偽名の方が良かったんじゃ……。

次回はようやくマリナさんの登場。

at 19:57|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(6) 

2007年10月19日

ef - a tale of memories. 第二話「upon a time」

今回は前半が静、後半が動、といった感じでしょうか?
バスケットボールは初動という意味かな?
ドリブル=スタート、ゴール=初得点、とするならですけど。

今回も足元を映したり、人物を遠くから映すシーンが目立つ。
キャラクターの表情をあまり見せようとしていないんだよなぁ。
映しても、感情の読み取りづらい時が多い。
ではどこでキャラクターの感情を読み取るのかという話になるわけですが、
それは「空」ではないかと思います。
1話は夜空と夕日だったんですが、2話は青空が多様されていましたね。
そしてラストにまた夕日と。
レイアウト的にも空を意識して見せようとしている感じがあるので、
空の色や雲の流れに注意して見てみると面白いかもしれませんよ?
でもあまりそちらに意識を持って行くと、
今度は話の全体が見えにくくなってしまうので、
その辺りは適度に切り替えを。

線路の描写。あれは何を意味しているのか?
単純に「電車の到着」と「人物の到着」を掛けているだけなのかな?
深く捉えるなら、「一方通行」という意味もある。
電車は一度進むともう後ろに戻る事は無くて、各駅を通り過ぎて忘れていく。
それが千尋の記憶の事とリンクしているとか?
駅=その日の記憶、電車=一方向のみに過ぎ去るもの、とするならですけど。

千尋の告白シーンは静から動への流れが強く表れていたと思う。
一度間を置いてから、インパクトのあるカットを入れてEDへと繋げる演出は
各所で絶賛されるのも納得です。
またあのEDが良いですね。曲もそうだが、エフェクトなんかも最高!
キャラの挿入と崩壊というのが個人的には好きでした。
ガラスや鎖、水といった記号も上手く作品のイメージを表していましたね。
サビ以降は風が目立ったのだが、
なびくスカートやリボンが心のざわめきを表しているのかしら?
今回のEDは次からOPになるみたいですね。

単純に見るだけでは物語が掴みにくい作品なんですが、
個人的にはとても楽しく見れています。
アイキャチの英語訳とかを見ても、哲学するアニメなのかなー?と思った。
まぁ、そこまで難しく考えなくても、
演出スゲー!という感想だけで見るのもありだと思います。
こういう作品に出会ったのは初めてなので、今後も期待したいです。

at 09:59|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(6) 

2007年10月18日

ご愁傷さま二ノ宮くん 第3話「街へでようよ」

相変わらずアニメの公式サイトはまったく役に立たないので困る。
wikiだとネタバレあるし、どうしろと!

冒頭、『麗華 くるくるす』
保坂の誘導力は素晴らしいな!
毎朝ああやってヘアセットを手伝ってるのか?(笑)

本編、幼少期の夢。あれは真由なんでしょうか?
微妙にエロかったです(ぉ

真由は今日も朝から特訓。
付き合わされる二ノ宮くんと、それを見ているメイド・麗華。
まさにメイドは見ていた!という感じで、
何か事件が起これば証人になってくれそうです(マテ

真由の胸が揺れる揺れる!
ビーチバレーをやったら別のボールに目が行きそうですね!

お風呂場……麗華の介入でとんでもないことに!
もう、何をやってるんだお前らはwwwww
アレが立っていたとしたら二ノ宮くんオワタw

学校では、いろりの登場。
二ノ宮くんと修学旅行実行委員をやっているそうで、
何だか怪しげなキャラですよっ!
何を企んでいるのか良く分からないのだが、事件は修学旅行のときに?

真由のことを知るために街へ誘う日奈子。
いつも二ノ宮くんをイジっているけど、実は良い人らしい。
日奈子はあまり好きではなかったのだが、今回でちょっと印象変わったかも。
真由にもちゃんと友達が出来て良かったですね。

その裏で、真由を恐怖に陥れようと企む麗華。
プロジェクトBMHを発動!
その内容は、ブートキャンプ(バニーゲイ)、メイドゲイ、ホストゲイ。
どれもカオスwwwwww
犠牲になるのが二ノ宮くんばかりなのが可哀相です(笑)。

真由がスポ根物の漫画が好きと分かり、意気投合する日奈子。
翌日、日奈子は真由の好きそうな本をプレゼントするが、
その日に限って持ち物検査が行われて、真由は脱兎の如く逃げ出すのでした。
第3話、おしまい。
BL本なんか学校で渡すものじゃねぇ!(笑)
男が苦手なのにそっちはいいのか?

おっ、今回からエンド曲が付きました。
サービスシーンいっぱい!
曲の方はOPもEDも好きです。

次回は麗華がメインかな?

at 10:29|PermalinkTrackBack(1)アニメ感想(6) 

2007年10月16日

みなみけ 第2話「おかしな学校」

今回は、ハルカの学校とチアキの学校を中心にしたお話。

スカートを穿かされるからという理由で学校辞めたいって、意味が分からん!(笑)
ジャージでも穿いてろ!(えー

よし、スネーク!ミッションを遂行せよ!しっかりとハルカのパンツを捉えるのだ!
って見えねえぇぇぇーーーー!!(笑)
カメラさん何やってんの!もっと正面から!
は、早くハルカの白パンを捉えるんだ!!(死ねばいいのに

ハ、ハルカさんを怒らせると本気でヤバそうです((;゚Д゚)ガクガクブルブル
画風を変える演出はこの後も多用されますが、
個人的には面白かったので問題ないです。
ただし、次の話以降も頻繁に使われるのはちょと嫌かも……。

ブルマときたか。個人的にはスパッツでもOK(何
廊下でスカートを捲るのヤメレw
ってか「自分で試しなさい」は私も突っ込んだ(笑)。

男女間の「おかしなこと」に過剰反応するハルカがとてつもなく可愛い!
利奈さんボイスに核弾頭並の威力がっ!
こんな姉が欲しい……。
カナは自分で種を蒔いておいて収拾に困るなよ!
言葉にモザイクとか意味不明だw

翌日の放課後、男女が一緒に遊ぶということで、
昨夜の「おかしなこと」の話を振るチアキ。
マコトの反応が挙動不審すぎてワラタw
墓穴掘りまくりだしな!こいつは間違いなく「良いバカの子」だ(えー
普通は吉野とシュウイチの反応が正しい。
まぁ、小学生で意味が分かる奴なんてそうは居ないよな(笑)。
マコトは何故分かったのか、そこが問題だ(ぉ

別の日、本人の知らぬ間に、人にアダ名を付ける天才となっていたチアキ。
マコトの提案でクラスメート全員のアダ名をつけることに。
先生達のアダ名がカオス過ぎるんですが!
しかもそれを普通に使う友達もどうかしてるぜ!(笑)
チアキは意外と忘れっぽい性格なのか?
あそこまでキテレツなアダ名を付けておいて忘れるとは何事だー!

マコトのリアクションが面白い。
なんで毎回あんなにテンション高いんだろう?(笑)
シュウイチのアダ名を決めるシーン、溜めの間がいい感じでした。
互いの顔をテンポ良くアップにしていく演出も面白かったです。
某クイズ番組みたいな緊迫感があった(笑)。
プレーンヨーグルトはねーよwwwww

男子A・Bにもワラタw
「バカな子ども」という不名誉なアダ名よりもさらに酷いwwww
チアキが「姫」なのは普通に良いと思う。

さて「バカな子ども」であるマコトは、掃除の時間も絶好調。
降板という文字が出た瞬間に腹抱えて笑った。
高がチリ取り、されどチリ取り!
チアキを埃まみれにするのは絶対にやると思った(笑)。
パンツが見えなかったことに泣いたのは私だけでいい(黙れ

チアキの「立ってろ!」という命令を忠実に実行するマコト。
バケツを持って立ったままなのを、先生さえ突っ込まないので爆笑したw
チアキさんマジ鬼畜(えー

お勉強!パンツ見えない!(そろそろ死ね

最後にまた「おかしなこと」の話題になるが、
ハルカのナイスな機転で切り抜けましたとさ。
カレーうどん食べたい……。


いやー、もう何かね、間とリアクションが面白すぎるのですよ!
マコトもそうだが、カナの中の人もテンション高いなぁ(苦笑)。
良く動く映像もあって、終始賑やか。
日付をまたいでもちゃんと話が繋がっているのもポイント高い。
途中で製作スタッフが変わるらしいのだが、
個人的にはこのまま最後まで童夢スタッフにまかせた方が良いと思います。

ところで、TVのニュースで流れていた「ふんどし祭り」が非常に気になったのだが、
これはどうすればいいのだコノヤロー!(知るかバカ野郎!

at 17:26|PermalinkTrackBack(1)アニメ感想(6) 

レンタルマギカ 第僅叩嵋盻の誓い」

うん、このアニメはダメだな!
面白い部分がひとつも見つからない。
この作品の見どころって何?
私には分かりませんです、はい。

OPとEDの演出は面白いとは思うけど、歌詞が邪魔で絵に集中できないですね。
動く歌詞にばかり気を取られてしまう。
また、背景が止め絵なのが余計にダメなんだと思う。
背景が動いていれば歌詞が動いていても問題ないのだが……。
もっと人間の視覚を意識して、映像を作って欲しかったです。

視聴は続けるけど、この調子が4話まで続くようなら
感想を書くのは止めようと思います。

at 16:08|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(6) 

2007年10月15日

キミキスpure rouge #2「cool beauty」

前回のラストで二見さんからキスされた一輝。
「気持ち良くなかった」って二見さんエロい……。

今日は入学式、一輝の妹である菜々は今日から登校。
しかし、お気に入りのぬいぐるみ「イワオくん」を鞄につけていたところ、
いきなり風紀委員に捕まってしまうのだった。
ここで恵の登場。一輝たちと同じクラスだったんですね。
サブキャラみたいなので、今後の出番は少なそう?

放課後、昨日の一件が頭から離れない一輝は二見さんを捜すものの、
なかなか見つけることが出来ないでいた……。
登校時にちらっと出たけど、ここで祇条深月と会話。
思った以上に出番が無さそうなので泣いた(えー

部活勧誘をする一輝の前に菜々がやって来る。
さっそく友達を作った菜々は、その子と「うどん同好会」を作るとのこと。
ここで甲仲なるみと会話。
う〜む、二人の趣味が良く分からない(苦笑)。
それにしても、二見さん、明日夏、菜々、なるみ、深月と、
一輝にばかりヒロインが集まっているような……。

菜々たちと話していると、一枚の紙飛行機が飛んでくるのを見た一輝。
すぐさま屋上へ向かうと、そこには捜していた二見さんがいた。
あれ?もしかしてフラグ折っちゃった?
ここの会話シーンはちょっとニヤニヤしてしまった。
田中理恵さんのボイスがヤバイ(*´Д`)
「実験は終わり」とのことだが、果たしてどうなる……?!

そのころ、暇になった摩央は、栄ニがサックスを演奏しているのを見かける。
さっそく話しかけるものの、昨日と同様に無視されてしまう。
それでも食いつく摩央に栄二は……。
こちらは順調にフラグがっ!良い雰囲気になってきたのでワクテカ+
個人的に一番注目しているのはこの二人だったりします。

一方、一輝と同じく部活勧誘をしていた光一は、
新入生と間違えて星乃さんに話しかけてしまう。
こ、これは……(*´Д`)(*´Д`)(*´Д`)
何だこの空気!ニヤニヤするしかないじゃないかっ!
もうさっさと告白して付き合ってしまえーーーー!!(笑)

家に帰ると、星乃さんとの関係を聞かれる光一。
摩央姉ちゃんの勢いに負けた光一だったが、
話を聞いた摩央は光一の恋を応援すると言い出して……。
ここで2話は終わり。

やっぱり面白いわ、この作品。
普通の学園恋愛ストーリーなので見てて安心出来る。
でも、今回を見ると全キャラにキスシーンは無理そうだなぁ。
一輝の周りにはヒロインがいっぱい居るのだが、
最終的に誰を選ぶのか、まだまだ分かりませんね。

1話からだけど、摩央姉ちゃんの作画だけ微妙になるのは何故だ?
顔の輪郭と目のバランスが悪い。
他のヒロインはそうでもないんだけどなぁ。
そんなに摩央姉ちゃんは描きづらいのだろうか?
あと今回のラスト付近、菜々の脇がエロかった(*゚∀゚)=3ハァハァ
服のシワの描き込みとかハンパじゃなかったんだが、
アレは一体何だったんだろう?(笑)

at 13:50|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(6) 

2007年10月14日

ハヤテのごとく 第二十九話「見合」

サキさんがお見合する話。

ワタルはやはり良い子だなと思った。
サキさんの可愛さは相変わらず反則です!(*´Д`)
家事全般が出来るわけだから、嫁としては最高だよなぁ……。
是非私のところに! アァ?(#゚Д゚)σ)Д`)アゥアゥ

あー、本編の感想はそのぐらいですかね。
それよりも最後の執事バトルと予告の方が問題だw
ツッコミどころ多すぎ!

いきなりオレのターン!とか叫ぶなwwwwwww
デュエルマスターズとデュエルモンスターズの夢の共演!
使ってるカードはハヤテのトレカですけど……。
キャストが小林さんをそのまま使ってくるとかバカだろ(笑)。
あとHA☆GAもやめろwwwww
ライフが鉄壁の100からスタートっておかしいだろ!
魔法カードでクラウスを召喚して攻撃?
しかもAP80とかライフ100のデュエルでは強すぎる。
三体のモンスターを同時に破壊とかありえないし!
シールドトリガーとかピー音入れないのね?
さらにドローとかもう意味不明w
いくぜ相棒!とか、いい加減自重しろ!
ワンターンキルというか俺ルール発動しまくりなだけだろ!
さすがハヤテだな!やっぱり宇宙z(滅びのバースト(ryギャー!

予告はモロにバーローw
次回もカオスな予感(苦笑)。

at 12:12|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(6) 

2007年10月13日

電脳コイル 第二十話「カンナとヤサコ」

用語などはオフィシャルサイトwikiでどうぞ〜。

続・電脳ホラーアニメ(笑)。

謎の電脳生物に追われるヤサコたちを救ったのはサッチーだった。
玉子さんとメガばあの登場で危機を免れたものの、
今度はハラケンが危ない!

黒いメタタグ、通称コイルタグは、メガばあが作ったもの。
玉子さんが持っていたのは、4年前にメガばあがあげたものだった。
しかし材料のメタバグが無いため、残りは数枚しか無いらしい。
ふむ、玉子さんが作ったわけではなかったと。
具体的にはあと何枚あるんだ?

4年前の事件。それはミチコさんを呼び出すための儀式。
正確には暗号手順だが、その暗号によって電脳体が分離する現象が起こった。
それと同時に現れたのがヌルと呼ぶ電脳生物。
C(コイル)ドメインからやって来た一番古いイリーガル。
つまり最初の電脳生命体。
コイルドメインは「あっちの世界への入り口」。
そこに連れて行かれた電脳体は戻ってくることは出来ない……。
それはコイル現象と言い、何人もの犠牲者が出た。
玉子さんは同じ過ちを繰り返さないために行動していた。
そう、その儀式を行ったのは玉子さんだったのだ。

一気に謎解きが行われました。
当時は、まだキラバグも沢山あったそうで、
比較的簡単に儀式が成功してしまったみたいです。
なるほど、だから古い空間(キラバグ)の消去に躍起になっていたのね。
イサコは別の方法で儀式を成功させるつもりだったようですが、
具体的なことは謎のままか……。
あと、結局ミチコさんが何者なのかも不明のままと。

カンナのメガネ(イマーゴ)を使って「あっちの世界へ」行ってしまったハラケン。
自ら電脳体を分離して連れ戻しに向かうヤサコ。
それをフォローする玉子さんとイサコ。
なかなか面白い構図になりましたね。
女性ばかりが活躍してる(笑)。
ヤサコに暗号式を渡すシーンはちょっと格好よかった!

ハラケンを見つけたヤサコだったが、目の前にはカンナが居た。
カンナの声を聞くヤサコ。その言葉を聞いたハラケンは……。
これは泣かざるを得ない!切なくも温かいシーンだった。
そしてヤサコの告白に胸が震えた。
このタイミングで言うと死亡フラグになっちゃう可能性が高いから焦ったよ!
無事に戻って来きて安心した……。

猫目は誰と連絡を取っているんだ?
世界の崩壊ってどういうこと?
目的が見えない猫目の動向が気になります。
あと、イサコのお兄さんのこともまだ謎の部分が多いので、
明らかになるのが楽しみです。

次回は「黒いオートマトン」

at 20:28|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(6) 

機動戦士ガンダム00 #2「ガンダムマイスター」

今回は戦闘シーンが多めで見ごたえがありましたね。
しかし、やはりキャラクターの印象は薄い。
仲は比較的よさげ?
ロックオンは刹那を気にかけるシーンが多いね。

ソレスタルビーイングのバックには何があるんだろう?
あそこまでの兵器を製造・所有できるところなんて、
そうは存在しないだろうし……。

セカンドミッションは民族紛争への介入。
単機で大気圏突入は普通に出来るのか。
GN粒子って凄いね!

刹那の滅多切りショータイム。
敵の機体の動きが遅いので、圧倒的ですね。
空も飛べない機体なんて……。

ラストにはライバルらしき感じでグラハムが襲ってきました。
パイロットだったとはビックリです。
コーラ沢さん(誰?)よりは強そうですね!

戦争介入は憎しみをこちらに向けることが狙いだとか。
つまり全世界共通の敵を作って団結させようということか。
うーん、分かるような分からないような?

プラモのCMはウザイがプラモの出来は良い感じっぽいよ?

at 19:54|PermalinkTrackBack(1)アニメ感想(6) 

ご愁傷さま二ノ宮くん 第2話「押しかけちゃえよ」

次回からまた水曜深夜放送になるそうです。
感想を書くのに困るから、ややこしいことしないで欲しいなぁ……。

冒頭、『真由 ころころす』
いや、粘着力強すぎですから!
自ら束縛プレイをするとは真由恐ろしい子……(えー

本編、いきなり( ゚∀゚)o彡゜ おっぱい!!おっぱい!!
そりゃ二ノ宮くんも眠れなくて当然だな。
私ならおっぱいは揉んでるぜ!(オイ

真由転校初日。さっそく群がる男子達。
落ち着いていれば力の制御は出来るようで、何とか平常心を心がける真由。
と、ここで麗華さん登場!
ん?真由の様子がおかしくなったのは何故だ?
麗華さんにも何か特別な力があるのか?
保坂くんも真由に近づいてもなんとも無いみたいだし、
何だか気になるコンビですね。

体育の時間。
マラソンで胸が揺れるのとかを期待していたのだが、なんと水泳ときましたよ!
旧スク装備とか、殺人兵器だろ(苦笑)。
というか、女子は何をやってるんだーーーーーー!!
明らかにセクシャルコンバインOKですよ!
どこに行けばそんなハーレムを楽しめますか?

女子の群がりを跳ね除け、真由を助けに向かう二ノ宮くん。
そんな簡単にフェンスって壊れるものなのか?
気を失った二人は保健室へ。
一体誰が運んだのだろう?姉さんかしら?
ん?また真由の様子がおかしい?寝ぼけているだけか?
中の人の演技がエロ過ぎて繰り返し視聴した!(マテ
どう見てもえちシーンです。本当に(ry
保健の先生になった姉さん。胸の谷間が(ry
何だか初日から色々と酷いな(苦笑)。

家に帰ると麗華さんが押しかけてくる。
ここで二ノ宮くんをかけての勝負が勃発。
二ノ宮くんを誘惑できた方が勝ちというルール。

一回戦はコスプレ勝負。
真由の婦警さんコスプレで圧勝。
麗華さんはどこの歌合戦に出場するつもりだよwwww

二回戦は谷間勝負。
そんなもん真由の圧勝に決まっているじゃないかーーーー!!
いや、でも麗華さんぐらいの胸も魅力的ではある!
貧乳キャラはいつ出ますか?(黙れ

そんなこんなで真由の勝ちが決定したわけですが、
納得いかない麗華さんは最後の大逆転にかけます。
裸Yシャツで二ノ宮くんに迫る!
だからこれなんてエロゲ……って寝るなよ二ノ宮くん!
麗華さんの覚悟が無駄になっちゃったじゃないかっ!(笑)
しかも寝ながら間接キメてるしwwwww
これは見事にオチましたね!(爆笑)

先ほどの映像をネット配信されたくなければメイドになれと脅されて、
住み込みで働くことになった麗華さん(姉さん酷すぎるw
あくまで監視という名目ですが、内心はまんざらでもないようです。
( ゚∀゚)o彡゜ ツンデレ!!ツンデレ!!
保坂くんも日給200円で雇われました(安すぎ!w
同棲する人がさらに増えて、心休まる暇の無い二ノ宮くんなのでした。
第2話、おしまい。

麗華と二ノ宮くんは過去に何かあったようですね。
あの宝石に何か秘密が?
それにしても沢城さんの演技は毎度神だな。
何でもこなせるのって凄い!

次回はまた新キャラ登場?眼鏡っ娘(*゚∀゚)=3ハァハァ
予告にワラタw

at 11:40|PermalinkTrackBack(1)アニメ感想(6) 

2007年10月12日

ユア・メモリーズオフ〜Girl's Style〜

ついに5gk.で「ユア・メモリーズオフ〜Girl's Style〜」の公式ページが
プレオープンしちゃいましたよ!
メモオフの公式BBSでは以前から上がっていた話題ですが、
ようやく正式発表されましたね!

見ての通り女性主人公の恋愛アドベンチャーなわけですが、
これをメモリーズオフとして発表するという
何がしたいのかまったく分からない狂攻策にメモオフファンはポカーンですよ。
確かにメモオフには女性ファンもいるけど、これは無いだろと……。

とはいえ、最近のメモオフは個人的に低迷していたように思うので、
ここで新たな展開を望んでいたことも事実。
かといって乙女ゲーに手を出すとは思ってもいませんでしたが……。
まぁ、それはともかくですよ!私これ買います!(えー
だって、ネタとして非常に楽しめそうな雰囲気が漂いまくりなので
買わざるを得ないじゃないか!(マテ

主人公のボイスがKAORIさんなのは微妙だが、
これは主題歌も歌うということで確定かな?
その他のキャストはやはり緑川さんが目に付く。
個人的には石田彰さんがいないのが残念なわけだが……(ぉ

キャラデザインは漫画家の人?
本人のホームページはこちらのようです。
別に悪くは無いと思うので頑張って欲しいですね。
シナリオ担当の方のホームページはこちらかな?
個人的には期待できそうな感じがします。
良いシナリオを書いてくれるといいなぁ。

あと気になるのは、今作では誰が死ぬのか?ということでしょうか。
必ず誰かは事故で命を落とすというメモオフの伝統を、
今回のユアメモGSでもやってしまうのかどうかに注目です。
やらなかったらきっと批判が出るんだろうなぁ(苦笑)。
いや、既に批判は出まくりかもしれませんが……。

あっ、ユアメモGSと勝手に略しましたが、今後はこれで通します。
何か良い感じの略称だと思いませんか?(笑)
発売は2008年1月31日予定ということで楽しみにしておりますよ!

at 11:50|PermalinkTrackBack(0)メモリーズオフ関連 

2007年10月11日

ef - a tale of memories. 第一話「eve」

バンダイチャンネルの無料配信で見ることにします。
次からは金曜日に感想を書きますが、今回は木曜日で。


シャフトの製作する作品ということで、手の込んだ作りがなされていました。
演出面での気合の入れ方がハンパじゃない。(あと各所のネタとか
とはいえ、確かに演出力は素晴らしいものがあったけど、
あそこまで多用されると、単に演出で作画枚数を誤魔化しているようにしかみえない。
いや、実際にはそんなことは無いんだろうけど、
ちょっとしつこ過ぎる感じがしました。

まぁ、キャラクターをあまり動かさずに、カメラワークや背景の動きによって
キャラクターを魅せるのは上手いと思いますけどね。
特に千尋との会話シーンでの、蓮治の手の動きは凄かったですね。
あの動作によって、蓮治の表情や心情が上手く表れていたように思います。

ストーリーは普通のエロゲぽいけど、そうではない感じもする。
というか、神秘的な雰囲気が漂いすぎていて、物語を掴みにくい。
これは一体どういうお話なんですかね?
話数が進めばハッキリすると良いのですが……。

面白くなりそうな、そうでないような微妙な感じですが、
とりあえず今後も感想を書いて行こうと思います。
あの演出がいつまで続くのかも気になりますね。

at 16:59|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(6) 

2007年10月09日

みなみけ 第1話「南さんちの三姉妹」

ゆるゆる系のアニメということで期待作。
ちょっと感想が書きにくいけど何とかなると思いやがります。

まずキャストが神!
南 春香: 佐藤利奈
南 夏奈: 井上麻里奈
南 千秋: 茅原実里
最強布陣じゃないか!そこに私も入りたいです(もちろん性的な意味で!
特に佐藤利奈さんのボイスは最近ハマっているので色々大変でした……(*´Д`)
お姉さんキャラに癒される〜♪

本編は三姉妹の中でもカナとチアキがメインで進行。
ハルカの出番が少なくて泣いた!

とりあえず、カナは料理が出来ない子だということは良く分かった。
というかOPの時点でかなり酷いことが分かる(笑)。
ホットケーキにフルーツ+ジュース+ヨーグルトとはチャレンジャー過ぎるwwww
だって暖めるんだぜ?美味しいわけが無い!
クリムーシチューじゃねえよ!
「おかわりもあるから」で笑い死んだwwwwwww

ファーストキスがそれでいいのかぁぁーーーー!!
チアキもハルカも本気にするなよ!(笑)
ハルカの態度にワラタw

別の日、朝食が食べられなかったカナ。
おにぎりを用意してくれるハルカの優しさが素敵。
そしてチアキは策士過ぎる!カナはアホの子に決定!(笑)

藤岡君からのラブレター(発音はラヴレターねw
チアキの拡大解釈によって、果たし状にクラスチェンジ!
って、それはねーよ!これはわざとやってるのか本気の助言なのか判断が難しいw
ああ、可哀相なカナ……いや、一番の犠牲者は藤岡君でしたね。
惚れた女子にいきなり足を蹴られるとは思ってもみなかっただろう。
翌日どうするんだろう……?(苦笑)

全体を見ると、カメアングルが面白いと思いました。
視点がコロコロ変わるので見てて飽きないです。
何か家中にカメラを設置している感じ(笑)。
カナをぐるーーっと映す演出は面白かったですね。

このあと徐々に登場キャラも増えて賑やかになるっぽいので、楽しく見れそうです。
次回も絶対みやがります(笑)。

at 16:00|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(6) 

レンタルマギカ 第杵叩嵋睨〇箸ぁ貸します」

高校生である伊庭いつきは、父の失踪を機に魔法使い派遣会社 <アストラル> を
継ぐこととなった。
弱気な性格ながらも、仲間に支えられ仕事をこなす日々。
そんないつきと頼もしい社員たちとが織り成す異種魔法戦闘ファンタジー。

ということなんですが、何だこれ?
1話見ただけじゃさっぱり分からない。
冒頭は『こういう仕事をしてますよ』という説明なんだろうけど、
唐突過ぎて理解不能。

その後、仕事の依頼を請けてクラスメートの祖父捜し。
は分かるんですが、何か色々抜けてませんか?
いきなり事件が起きていきなり解決しちゃって終わったんですが……。
2話使っていいから、もうちょっと分かりやすい脚本を書いてください。

いつきの眼の力も説明無しか……。
これは事前にwikiで調べておかないと辛そうですね。
専門用語が多くて読む気が無くなりそうだけど(ぁ

キャストに那須めぐみさんが居て驚いた。
今後も出番がありそうなので期待。

とりあえず4話ぐらいまでは様子見だなぁ……。

at 15:15|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(6) 

2007年10月08日

キミキスpure rouge #1「meet again」

待望のキミキスのアニメ化ということで注目の作品です。

池澤春菜さんのボイスがヤバ過ぎる!
アニメでこの人の声を聞くのは超久し振りなんですが、
もう池澤さんのボイスを聞くだけでお腹一杯になれました!(*´Д`)

さて、本編の方ですが、これは原作信者涙目?
まさかの複数主人公と来ましたよ!
男性キャラだけで4人も登場するとはビックリだぜ!
良かった、原作知らなくて本当に良かった。
ゲームもコミックも一切ノータッチでこれほど嬉しかったことはない。
アニメとしての出来は非常に素晴らしいので、私は何も気にせず見れそうです。
キミキスノータッチでありがとう自分!(えー

冒頭、真田光一の家に下宿することになった摩央姉ちゃん。
行動がイチイチエロイので大変です……。
バスタオル一枚(*゚∀゚)=3ハァハァ
扉越しの喘ぎ声で死んだことは言うまでも無い(もちろん性的な意味で!

光一の友人、相原一輝と柊明良。三人は映画研究部所属。
一輝はサッカー部と掛け持ち。明良には彼女がいるらしいが?
明良はサブキャラ的ポジションのようですね。彼女が誰なのか気になります。
妹の菜々は「相原」ということで一輝の方へ。
この時点で泣いた人も多そうだ……。

新学期、輝日南高校3年に編入した摩央姉ちゃん。
隣の席になった甲斐栄ニに話しかけるが、そっけなく返されてしまう。
う〜ん、摩央姉ちゃんは栄二との恋愛へ?
ボイスが櫻井孝宏さんなので嫌いじゃないから私は別に構わないけど、
原作信者は……ご愁傷様です。

映研メンバーは同じクラスに。
光一の憧れの人・星乃結美と、一輝と馴染みのある咲野明日夏も同じクラス。
光一は結美との恋愛だろうけど、一輝はどうなりますかね?
ここまで見る限りでは明日夏だと思っていたのだが……。

放課後、突然飛んできた紙飛行機を拾った一輝。
開いてみるとそれはテストの回答用紙で、名前には二見瑛理子と書かれていた。
理科室から飛んできたのを見た一輝は、用紙を届けに向かう。
しかし一輝は、そこで出会った二見瑛理子に突然キスをされるのだった……。
ここで1話は終わり。

何という予想外の展開!二見さんは一輝との恋愛に?
明日夏はどうなるんだよ!
うわ、これは続きが超気になるよっ!

アニメとしての評価は100点をあげていいですね。
原作の改変も、知らなければどうということは無い!(苦笑)
作画やキャラの動き、演出なんかも効果的だったし、
これは今後も期待できそうです。
まだ登場してない女性キャラもいるけど、次回には全員出るかな?
明良の彼女が誰なのかも明らかになるかしら……?

at 13:49|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(6) 

2007年10月07日

ハヤテのごとく 第二十八話「黒いハヤテ」

執事バトル大会の決勝戦。
サブタイトル、別にハヤテは黒くなかったけど?

冒頭でいきなりクラウスさんが負けて泣いた!
前回の引きはなんだったんだ……。
マリアさんだけが良心的ですね(苦笑)。

氷室は……千本桜?
ちゃんと伊澄の執事も参加したので良かった。
主のために戦う姿勢はかっこよかったぞ!(氷室に秒殺されたけど
で、肝心の伊澄はどこに行ってますか?後ろに変な人いるし(笑)。
咲夜の出番がっ!

ハヤテの謎の力で不戦勝続出。
これはアレか、やっぱりハヤテが宇宙じ(グサッ!ギャー

準決勝も氷室の途中退場で勝利し、早々と決勝戦。
相手はヒナギク。
負けたヒナギクのエロさがとてもヤバかったです!

ついに詩音との対決。
壮大なバトルが展開されるはず……だったんだけどなぁ。
いくらなんでもこの展開は無いだろ!
会場の空気と全視聴者がシンクロ。一体どうしろと?
しかも理事長はさらに訳の分からないこと始めるし。
グダグダになりそうな予感……。

次回は普通の話らしい。たぶん普通の話の方が面白いんだろうなぁ。

at 11:50|PermalinkTrackBack(1)アニメ感想(6) 

2007年10月06日

電脳コイル 第十九話「黒い訪問者」

用語などはオフィシャルサイトwikiでどうぞ〜。

緊迫したシーンが続くなぁ。
もう一種のホラーアニメみたいになってるよね(苦笑)。

京子が「あっちの世界」に連れて行かれてしまい。
メガばあに助けを求めながら京子を救うお話。
都市伝説は本当で、メガネによって電脳の世界が現実にも影響を与えるという
ウワサが確信に変わる。
それにはやはりイマーゴが関係しているらしく、
思ったことを電脳世界に反映させることが出来るイマーゴは、
逆に電脳世界からも現実世界に影響を与え、
「あっちの世界」に意識をもって逝かれてしまうとか。

今回の謎解きは以上かしら?
冒頭ではイマーゴと電脳医療は深い関係があると言っていましたね。
どういうことなのか気になります。

さて、本編はデンスケが大活躍!
京子を抱えて走るデンスケの姿に思わず目尻が熱くなってしまった……(涙)。
最近出番がなかった分、頑張りましたね。

黒いメタタグ、通称コイルタグ。
メガばあしか作れないものを玉子さんが作れていたのは何故か?
そして、そのタグを作ることになった経緯とは?
この辺りも新たな謎ですね。

古い空間が隠された隠し通路。
これについては不明な部分が多いので、今は保留。

ハラケンはカンナのメガネで行動を起こす。
さぁまた死亡フラグを立てちゃいましたが大丈夫なのかしら?(苦笑)

次回は「カンナとヤサコ」

at 20:23|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(6) 

機動戦士ガンダム00 #1「ソレスタルビーイング」

ダブルオーというタイトルだが、どの辺りがダブルオーなのかさっぱり分からないアニメ。
ダブルオーはそのうち意味が明らかになるのでしょうか?

さて、本編ですが、1話ということでキャラとガンダムを出しておしまいでした。
これだけで面白いかどうかを判断することは出来ないなぁ。
とりあえずキャラクターに関してはまったく魅力を感じませんでした。
主役の4人はみんな同じキャラに見える。
女性キャラは良い感じ。発進オペレートしてた子の声がいいね。

ガンダムの動きは非常にスムーズなんだけど、あまり見ごたえは無かったですね。
いちいち目が光る演出はいらないと思います。
あれって何で光るんだろう?

AEUの最新鋭機のデザインは奇抜というよりダサいです。
エクシアとの対決は飛行できるのに何故接近戦を仕掛けたのかね?
機動力がウリなんじゃないの?

エクシアとその他のガンダムと呼ばれる機体はどれも好き。
HGシリーズのプラモが楽しみだ。
冒頭の光の翼は何だったんだろう?

これから面白くなることを信じて見続けます。
SEEDのようなドキドキ感がなかったので、かなり不安だけど……。

at 19:57|PermalinkTrackBack(1)アニメ感想(6) 

見れないアニメの感想

どうしても『Myself;Yourself』と『CLANNAD』が気になるのでニコニコ動画を利用。
ちょうど同じ学園モノだし、比較しながら見ていこうと思っています。
1話を見る限りでは『Myself;Yourself』の方が面白いと感じました。
これから先、時間があれば別館の方に感想を書いていきたいと思います。
興味がある方はそちらも覗いてみてください。
以上です。

at 16:42|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(6) 

2007年10月05日

電撃G's magazine11月号紹介

電撃G's magazine11月号
付録はななついろ★ドロップスフィギュア(秋姫すもも)。
今月は、巻頭特集・アニメ・イエティ特集・その他ギャルゲーの紹介・
PCゲーム・イラストストーリー・各種インタビュー&コラム・グッズ・
読者ページ・コミックという形式。
詳しくは公式でチェックしてください。
今回も読者プレゼントいっぱいー!豪華過ぎです!
松尾さんのサイン色紙が欲しい……。

おひめさまナビゲーション
読者参加企画でしょうかね。
まだ詳細は秘密だけど、とりあえず七尾奈留さんキャラクターデザインの絵を公開。
ちゃんとプロフィールまであるのね。
来年号からスタートかしら?

巻頭特集
CLANNAD(Xbox360版)
PS3じゃなくてこっちで出すのか!
ハードの売れ行きからすると正解ですけどね(笑)。
多部田俊雄氏のコメントあり。

リトルバスターズ!
登場した動物たちの特集。
ドルジって武器だったのかw
麻枝准氏のコメントあり。
好評発売中!

AIR(PSP版)
ヒロインの序盤ストーリーを紹介。
かなり良いデキのようで、まだ遊んだこと無い人はこの機会にどうぞ。
ちなみに私も未プレイだったりします。
多部田俊雄氏のコメントあり。
発売は10月25日予定。価格は5040円。

ななついろ★ドロップス タッチで始まる初恋物語
ニンテンドーDSで発売。
開発中のゲーム画面を紹介。
もうこの作品はいらないだろ!
2008年春発売とかどうしろと?
アニメは放送終了しました。

涼宮ハルヒの戸惑
会話画面によるシステム紹介。
予約特典はなんか面白そう。
発売は来年の1月31日。価格は超限定版10290円、通常版7140円。

涼宮ハルヒの約束(PSP)
イベントCG2枚を公開。
会話システムはいいけど、絵が可愛くないなぁ。
12月20日発売予定。価格は超プレミアムBOX9450円、通常版5040円。
特典がまた豪華ですね……。


イエティ特集
恋姫†夢相(仮)
キャラクター紹介のみ。
シナリオとかに追加があるかは不明。
私は三国志をテーマにしたギャルゲーは嫌いです。
元が三次元の男性なので、いくら女性化しても受け付けない。
なので一騎当千とかもダメですね〜。
発売日などはまだ未定。

車輪の国、向日葵の少女(仮)
ハード未定。
ストーリーとキャラクター紹介。
追加要素はあるらしい。
エロを無くすと灯花の鬱シーンがなぁ……(ぉ
これが発売されてもPC版の値段は下がらないんだろうか?
発売日などはまだ未定。

シークレットゲーム-KILLER QUEEN-
元は同人ソフト?
ストーリーとキャラクター紹介。
キャラが多いので、キャストがどうなるのか気になる。
来年発売予定。

Myself;Yourself
序盤のストーリー紹介。
新着イベントCGも公開(やっぱり微妙
何か背景がショボイなぁ。
というか会話画面で背景をピンボケさせるのはどうかと思う。
11月29日発売予定。価格は初回限定版10290円、通常版7140円。
限定版にはサントラとオリジナル絵本が付属。
連載小説は持田雛子。


その他ギャルゲーの紹介
あかね色に染まる坂 ぱられる
移植早いよ!
ストーリーとキャラクター紹介。
中でも片桐優姫をピックアップ。
キャストはPC版から変更されるのかな?
来年初頭発売予定。

いつか、届く、あの空に。〜陽の道と緋の昏と〜
各ヒロインのストーリー紹介とイベントCGを公開。
PS2版の追加要素についても色々。
限定版にはドラマCDが付属。内容はふたみがメインらしい。
ドラマCDはいらないから、新OPなどの入ったCDが欲しい。
サントラ待ちかなー?
10月25日発売予定。価格は限定版9240円、通常版7140円。

Piaキャロットへようこそ!!G.O. SUMMER FAIR
PS2版新規イベントCGを公開。
キャラクター紹介では、キャストコメントあり。
カンザキカナリさんワラタw
11月29日発売日予定。価格は限定版9240円、通常版7590円。

熱帯低気圧少女
Nine's foxのオリジナル作品。
キャラクターデザインは村上水軍。
序盤のストーリーを紹介。
特典テレカの線画を公開。
他作品より圧倒的に面白そうなんですけど!
10月25日発売予定。初回限定版8190円、通常版7140円。
限定版にはドラマCD『あっちむいて台風』が付属。

吸血奇譚ムーンタイズ
元は『ドラクリウス』という作品。
ストーリーの完全リニューアルかしら?
メインキャラクターの紹介。
来年2月発売予定。初回限定版9240円、通常版7140円。

ひぐらしのなく頃に祭り カケラ遊び
ファンディスクみたいなものか?
アペンド版も発売されるとのこと。
これで前作を買った人でもデータのリンクが出来るとか。
圭一のボイスがフルボイスになったりしているらしい。
12月20日発売予定。価格は7329円、アペンド版は4179円。

School Days L×H
インターチャンネルより発売。
PS2でもフルアニメーション。
序盤ストーリーの紹介。
追加シナリオとかについては不明。
12月13日発売予定。価格は限定版10290円、通常版7140円。
特典はオリジナルストーリーを収録したDVDとラジオ出張版CD。

PRISM ARK-AWAKE-
PC版からの移植、5gk.が製作。
新キャラクター・ルーアの紹介。
( ゚∀゚)o彡゜ おっぱい!!おっぱい!!
キャストは門脇舞衣さん。
発売は年内予定、価格は通常版7140円。
PC版のファンディスクも冬発売。
TVアニメも始まるよ。

ウミショー
5gk.が製作を手がけます。
キャラクター紹介。特典情報も。
OPは村田あゆみさん、EDは綾音さんが担当。
キャラクターCDも発売中。
11月22日発売予定。価格は限定版9870円、通常版7140円。
プロモムービーがOHPで公開中。
あむろのボイスは微妙だ……。

StarTRain-your past makes your future-
PC版からの移植、プリンセスソフトが手がけます。
キャラクター紹介とイベントCGが少し。
追加要素が一切なさそうで泣いた。
主題歌が月子さんverに変更されました。
CDとしての発売はないのかなぁ?
発売は11月29日予定。価格は初回限定版8190円、通常版7140円。
特典は描き下ろしポストカードが5枚入ったカードフォルダー。

高円寺女子サッカー2〜恋はネバギバ高円寺〜
ニンテンドーDSですね。
キャラボイスが無いのはマイナス過ぎる。
PSPで出せばビジュアルもキレイなのに残念です。
11月発売予定。5040円。

その他、カラフルアクアリウム〜My Little Mermaid〜、
アイドル雀士スーチーパイ検▲▲襯肇優螢械押▲ャラクシーエンジェル兇覆鼻


PCゲームの記事
ToHeart2 AnotherDays
新規イベントCGを公開。
全年齢雑誌でも下着まではOKなんですねー(苦笑)。
12月14日発売予定。価格は9240円。
予約特典の情報も。

FORTUNE ARTERIAL
かなでと陽菜のボイスCDの結果を発表。
このCDは電撃G's Festival!の付録に付きます。
次回は抱きマクラカバーのイラストにしたいヒロインの結果発表。
今月のコミックを読むと桐葉が良くなってきた(えー
冬ごろ発売予定(←笑ってしまったw

エターナルファンタジー
新着イベントCGの公開。
連載イラストストーリー3回目。今回はアルシェ。
11月22日発売予定で価格は初回限定版13440円、通常版11340円。
値段が高すぎると思うのは私だけ?

√after and another
3つの見どころを紹介。
サクラノ詩のキャラが登場するとか。
10月25日発売予定。価格は初回限定版1029円、通常版9240円。

その他、うみねこのなく頃に。、ALICEパレード、Piaキャロットへようこそ!!G.P.


以上で終わりです。
私は桜まろんさんの応援をしています。
いつの間にか応援してる人が増えた気がする(苦笑)。


ここからは駄文なので読まなくてOK。
風音さんの出てる作品が移植されまくりでワラタw
忙しすぎですよ!頑張ってください(苦笑)。

山神一也さん久し振りすぎる!1年以上見てなかったかと。
そしてまだシスプリでネタがあるとは(笑)。

かすがあきさんが鬼強い!
この人の人気っぷりは異常だろ……。
もうかすがさんの絵を見ただけで濡れる人続出ですよ!(えー
しかもマリロアの沖縄代表に選ばれたー!
おめでとうございます!

D.C.兇離灰潺奪が面白すぎて悶絶する。
アニメがこのコミックのストーリーだったら良かったのに……!
微妙にCLANNADも面白くなってきたかも。
FORTUNE ARTERIALはクオリティ高いので凄いね。
今月の幼女かわええ(そっちかよ!

では、この辺りで終わりにします〜。

at 11:40|PermalinkTrackBack(0)買った雑誌の紹介 

2007年10月04日

ご愁傷さま二ノ宮くん 第1話「キスしちゃえよ」

作品紹介(オリジナル
二ノ宮峻護が真由の男性恐怖症を治すために奮闘する、ちょっぴりエッチなお話。
でも襲うと死んじゃうかもしれないので、
ギリギリの寸止めプレイです!(プレイ言うな
そんな二ノ宮くんを取り巻く様々な出来事が描かれちゃいますっ!


最速ですかね?でも次回からは金曜深夜放送。
まーじーが主役というだけで面白いので困る(笑)。
何か、初期の稲穂信を思い出すのは私だけか?(苦笑)

冒頭、ちょっ!熊倒したぞ!?
いきなり意味が分からないが、二ノ宮くんが只者じゃないことは分かった。
……姉さんは人間じゃないな!w

本編が始まると普通の学園生活……普通の?
「二ノ宮くんの困った顔が好き」ということで女子にセクハラされています。
何このうらやましい状況。私と代われや!

肩外して縄から脱出、さらに窓から外へ逃走。
躊躇無く飛んだが、あの高さは普通死ぬ。
って、なんか罠いっぱーい!(笑)
全部の罠が当たったら死ぬクラスの威力wwwww
最後は落とし穴でよかったね!……よくねーよ!!
男にまで「二ノ宮くんの困った顔が好き」とか言われても困る。

そこへ軍用ヘリコプターで登場した真由。
自衛隊の関係者ですか?(恐らく違う

場面は保健室へ。
真由さんエロいです!(*゚∀゚)=3ハァハァ
そりゃ二ノ宮くんもおっぱいぐらい触りたくなるさ!
さぁ、ぐいっとムニュっと行っちまえ!(最悪だ

真由の兄さん登場(窓から
何か変な人オーラが出まくりですよ?(笑)

姉から携帯に電話。何故に銃撃戦してますか?
姉いわく、真由たち兄妹と同居することになったらしい。
さらに、真由は男性恐怖症らしいので男から護ってやれとのこと。
ちなみに姉は今晩には家に帰って来るそうです(戦場から帰るって現在地どこだよw

群がる男子を避けつつ、真由を抱えて逃げる二ノ宮くん。
壁を走るのはねーよ!w

自宅に着くと真由ちゃんについての説明。
何と真由はサキュバスで、異性から性気を吸うとのこと。
しかも力をコントロールできないので、男は触れると気絶してしまうらしい。
力をコントロール出来るようになるためにも、
まずは男性恐怖症を治すことからということで、
二ノ宮くんは真由に協力することになるのでした。
第1話、おしまい。……一緒に寝るのはアウトだと思います!(笑)


1話を見る限りではかなり面白いと思いました。
このテンションと作画が続くなら安心して見れそうです。
二ノ宮くんの「諦めなけれはきっと夢は叶う」という台詞だが、
メモオフ#5を思い出して爆笑してしまった!(えー
その内「やまない雨もあるんだ……」とか言い出しそうで怖い(ねーよ!
次回は麗華お嬢さまが登場。沢城さんボイスなので楽しみです。

at 16:58|PermalinkTrackBack(1)アニメ感想(6) 

2007年10月03日

機神大戦ギガンティック・フォーミュラ #26(終) 「終極」

真の姿を取り戻したスサノヲは、
全人類を滅ぼそうとするオニクスの企みを止めるべく、
地球を眼下に見下ろす成層圏で対峙する。
オニクスに取り込まれた神名を救うため、この世界を救うため、
慎吾と真名はスサノヲと共に戦う。
世界の命運を賭けた戦いの行方は――という話。

いや、もう素晴らしい作品だわ。
キャラクターデザインが悪いとか、ロボットの動きがショボイとか、
戦闘シーンが盛り上がらないとか、そんなこと些細なことですよ!
脚本が良すぎ!超感動しましたよっ!!
(きむらひでふみさんに対する信者補正が入ってます、ご了承ください)

この作品は戦争を描いたわけではなくて、
人の絆と家族というものを描いた作品なんですよね。
だから戦闘シーンも少なめで、人間模様を重視した構成になっているわけです。
戦闘シーンなんてどうでもいいからショボくても全然問題ないのです。
(これには賛否両論ありそうですけど……)
私も最初の方は戦闘の盛り上がらなさに不満だったんですが、
見るポイントを変えると気にならなくなりました。
むしろあれぐらいの動きの方がロボットらしくて良いかなと(笑)。
大体、ロボットがギュンギュン飛び回るスピーディな戦闘は
この作品には似合わないと思います。

冒頭の辺りで国連の立像(クロノス0)の頭部が消えます。
あれにOX兇賄觝椶気譴討らず、ただUNの叡智象徴するだけのものなんですが、
その立像の頭部が消えたことが、UNの消滅を間接的に表していたのでしょう。
そしてあの瞬間、スサノヲの勝利は決まったも同然だったわけです。

挿入歌が流れた辺りは泣いてしまった。
この主題歌がまた非常に良い曲なので困る。
作品のテーマを上手く歌っていますよね。
あと、沢城みゆきさんの演技は毎回神だと思います!
なんであんなに声の使い分けが出来るんだろう……。

アルゴスの百目による幻影攻撃の後、スサノヲはオニクスに対しミサイルで攻撃します。
本来ギガンティックに通常兵器では効果的なダメージを与えることは出来ないんですが、
何故かオニクスに対しては多大なダメージを与えます。
これも人間が神に勝るとも劣らないことを能動的に表したものなんですよね。
こういうシーンを思いつく辺りは流石だなぁと思いました。

OX兇茲訐鎖誠食は人間を道具としか思っていない神たちが人間を操るために
起こす現象なのではないかと思うのですが(例・オニクス)、
スサノヲの場合は人との繋がりを求めるものなのではないかと思います。
慎吾と真名の体をナーブ・ケーブルで包み込み、宇宙での活動を可能にしたシーンで
侵食線が反応したのを見てそう思いました。

戦争の結果は勝者国なしとなり、電磁雲がなくなったことで、
OX兇発見される前と変わらない国際関係が築かれることになって終わり。
変わらないというのは違うね。以前より友好的な繋がりが生まれました。
この結末にはとても満足です。
日本が勝ってどうするんだろうという不安があったんですが、
勝者国なしとする方法があったんですね。
今の世界もこんな風に家族になれたら良いのになぁ……。

うい、というわけで、全26話楽しませてもらいました。
この作品のお陰で佐藤利奈さんが妙に好きになってしまった(笑)。
これからも応援させてもらいます!

全体の評価は90点。
きむらひでふみさんの作品にしては分かりやすい脚本だったと思います。
多少不明なままの部分も残ってはいるのですが、まぁ特に問題ないでしょう。
必要な情報はちゃんと説明されていますからね。
賛否両論あると思いますが、私としてはオススメしたい作品です。
スタッフの皆さんはお疲れ様でした!
次はジェミニ・ナイヴがアニメ化されないかしら?(ぉ

at 13:35|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(5) 

2007年10月01日

ながされて藍蘭島 第26話(終)「飛び出して、藍蘭島」

最終話ということで、当然オリジナルの内容でした。
2クルーお疲れ様でした〜。以上!(マテ

ごめん、もう感想書く気が全然ない……。
だってさぁ、なにあの美咲との再会シーン。
美咲も男だらけの藍蘭島に流れ着いていたとかマジ萎えた。
脚本家はちょっと来い!フルボッコにしてやんよ!# ゚Д゚)=つ≡つ
他にも色々とありえないことだらけだった。
不満を言ってたらキリが無い。
もうマジ最悪、こんな最終回は絶対認めないわ。

美咲の声を当てた人、下手すぎにもほどがある。
せっかく豪華キャストで固めているのに、美咲がアレでは困ります。
オーディションとか絶対してないだろ!?
これは枕だよね?それなら許す……(ぇ

面白かったのは回想シーンに登場するすずの顔。
作画監督によって全部顔が違うのには笑ってしまった。
絶対同一人物じゃねえよっ!w

まとめ
本当に酷かった。これは原作ファンがキレるのも無理はない。
私も正直まったく楽しめませんでした。
シリーズ構成も全然なってないです。
原作の構成を弄るとかバカ過ぎ!
これやって成功するアニメなんてごく僅かしかありません。
ましてやこの作品は上手く伏線を組み込みながらシリーズ構成されているので、
それを弄ってしまうと凄くつまらなくなってしまいます。
キャラクターもすずだけをメインにしたために、
他のキャラの魅力がほとんど伝わってきませんでした。
あー、もう!とりあえずスケジュール管理だけは神!
そこだけはきっと褒められるポイントでしょう。
あと演出とか細かい点も良かった部分は多いんだけどね……。

全体の評価は50点。
原作を知らない人はこれでも楽しめるかと思います。
しかし原作ファンとしては最悪のアニメでした。
機会があれば原作を読んでみてください。面白さが全然違うから。
スタッフの皆さんはお疲れ様でした!

at 14:14|PermalinkTrackBack(1)アニメ感想(5)