2007年04月

2007年04月30日

ながされて藍蘭島 第4話「にげてのがれて、お姉様」「おどろいて、悪霊」

原作2巻の8話と7話のお話でした。
ああ、6話はカットなんだね。
せっかく、まち姉のお風呂シーンがあるのに勿体無い……。

原作8話より「にげてのがれて、お姉様」。
番外編を加えながら、大幅にアレンジされてますね。
だが、そのお陰でちづるさんが出てこないという結果に……。
ここはアレンジしない方が良かったと思うんだけどなぁ。
登場キャラクターをあまり増やしたくないのかしら?
関係ないけど、千葉さんの早口は聞き取りづらいねー。

原作7話より「おどろいて、悪霊」。
こちらはほとんどアレンジなし。
あやねの台詞数が少なくなってるのは残念かも。
台詞数と言えば、すずを慰めるシーンは台詞が長いので、
少し短くしても良かったかな?
面白さとしては原作の方が上ですね。
最後にすずが行人に「たのもしかった」というシーンをカットしちゃダメだろ?

次回はゆきのがメイン。

at 15:28|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(4) 

2007年04月29日

ハヤテのごとく 第五話「不用意なボケと優しさが不幸を呼ぶ」

なるほど、外に出るたびに誘拐されそうになるんじゃ引き篭もりにもなるわな。
ボディーガードを常に付けておくのも嫌だろうし。
お金持ちっていうのも大変だね……。
でも、車で送り迎えすればいいような気もするが?
学園には門番がいるし(笑)。

何だ、友達はいるんじゃないか!
どいつもこいつも変な奴&負けず嫌いみたいだけど(笑)。
しかしなぁ、新キャラが出るのはいいが、原作未読派には覚えきることが出来ない。
サンデーの公式ページで多少のフォローはできるが、
アニメ版の公式ページも充実してくれると助かる。

前半パートでは咲夜との交流。
いろいろ危ないネタが飛び出したが、これは良くOKでたな(笑)。
今回でかなり有名なものは出尽くした感じがするので、
今後はお笑いネタに詳しくない私には分からないネタが出てきそう……。

後半パートでは伊澄との交流。
今回ほどサブタイトルに納得したことは無いな!
すれ違いの勘違いが優しさとボケによって生み出され、
本来ありえないはずの不幸が積み重なっていく……。
落ち着いて話し合うという言葉がこの世界には存在していないかのようだ!(笑)
伊澄の護衛が全員眼鏡なのには笑ったw

コートに関してはもはやこうなることが運命付けられていたかのようですね。
立て続けに起きる狙いすぎた展開には爆笑したよ!
そして、それを全て回避するハヤテはやはり宇ちゅ(パーン
ところで、もしかしてコナンは毎週出るのかしら?(笑)

次回はさらなる不幸が!!?

at 13:47|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(4) 

天元突破グレンラガン 第5話「俺にはさっぱり判らねえ!」

キタンたち「黒の兄弟」と別れ、さらに旅を続けるカミナたち一行。
すっかり日常となったカミナとヨーコのやり取りに呆れるシモンだったが、
暴れまわるグレンの所為で突然地面が崩れガンメンごと地下に落下してしまう。
落ちた先は古びたガンメンを「顔神様」と崇める奇妙な村だった。
その村は、貧しさゆえに儀式というものを行っていた。
それを指示する司祭の言葉に納得できないカミナ。
一触即発になりかけたそのとき、新たなガンメンが落下してきて……という話。

作画が戻ったーーーー!!
やっぱりグレンラガンはこうじゃないとね!
今週のエロさはハンパじゃないぜ!いやっほう!
これを見ると、前回を擁護することはどうしても出来ないです……。
とんだ黒歴史だよ、作品のイメージは大事にしてください。
何だか色々あったらしいが、内情については触れないでおきます。

今回はカミナの意見というか、信念が通じない人々との出会い。
何でも気合でどうにかでき、嫌なことは絶対にやらない!と言うカミナ。
でもそれは、自分ひとりで生きていける力を持つ者だけが言えることなんですよね。
良く言えば前向きで、悪く言えば自己中心的。
そして、あの村の人たちには『自己中心的な人』としか映らなかったわけだ。
人にはそれぞれ事情があって、そこに他人が勝手に踏み入ることはできないのです。
「俺にはさっぱり判らねえ」と言ったカミナだが、
世の中にはそういう人も居るんだ、ということは知っておくべきだと思う。
自分には理解できなくても、それはその人にとっての『貫くべき信念』なのです。
自分の信念を曲げるということは、その人を殺すのと同義!
それはカミナにも分かると思うんだ。
結局、絶対に正しいことなんて世界には存在しないのだから……。

一緒に来ることになったロシウとギミー&ダリー。
よし!これでロリ分も補充完了!
ダリーかわいいよダリー(ロリコン…

次回は温泉ですか?すごーく楽しみなんですけどっ!
もちろん性的な意味で!(笑)

at 13:20|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(4) 

2007年04月28日

和み匣 レビュー

Innocent Greyファンディスク 『和み匣』のレビューです。
降り積もる雪は刹那の夢
いつか消え行く運命を貴方と共に――



前置き
ディスクレス可能。
完全フルボイス(各キャラ個別音量調節可能
セーブ箇所は各ストーリごとに10×6の60箇所(多すぎます!
クイックセーブ&ロードは無し。
攻略とかは特に何も考える必要は無いと思います。
サクラメントのみBADもあるので注意。でも選択肢は多くないです。
『雪椿』クリア後に、『白詰草』開放。

グラフィック
CG34枚(差分除く)。
それプラス、ミニゲームのオマケでゲストイラストが10枚あります。
クオリティに不満は無いが、やっぱり枚数が少ないですね……。
せめて50枚ぐらいは欲しかったです。

音楽
音楽鑑賞36曲(OP、ED含む
初回特典のCDにはOP&EDフルver、それぞれカラオケver
『恋鍵』の風音さんバージョンと、うえおかあいさんバージョン、
『LUNA』のオリジナル版short verなどが収録されています。

Hシーン
シーン回想25(サクラメント2、凛雪に咲く花19、いのぐれっ!4)。
ほとんど凛ちゃんのえちシーンで埋まりますね(苦笑)。
『いのぐれっ!』のえちシーンは台詞のみで進行。
かつ短いので早漏の人にはオススメ(何
『いのぐれっ!』のえちシーンが一番楽しみだったのに_| ̄|○

各シナリオ別感想。
サクラメント〜月ノ視ル夢〜
結局は逃亡エンドですか_| ̄|○
メインのストーリーがこの短さなのはどうなのかしら?
カルタグラのファンはこの終わりで納得したのかな?
私が見たかったエンドはこんなんじゃないのにっ!
「誰もが幸せになる結末などない」
冬史のこの台詞がこのシナリオの全てですね。

凛雪に咲く花
ひたすらエロエロの連続です。
あ、あのね、これってちょっとした寝取られ気分を味わえるよね。
加えて、この娘は本編で死ぬことが分かってるわけだからさ、
こんな幸せそうな凛ちゃんを見るのは正直辛いんですが……。
凛ちゃんファンには逆に拷問だよ!

いのぐれっ!
一番楽しみにしていたのだが、かなり微妙でした。
だって延々と台詞のみで進行して、キャラの動きが掴みにくいんだもん。
オチもあっさり気味で退屈だし……。
もっとドタバタやってくれるのを期待してたんだけどなぁ。
学園の七不思議とかあまり楽しくないのですよ……。
えちシーンも短いし、何だかなぁです。

KOF〜勝気な女たちによる二人打ちポンジャン〜
とても退屈なミニゲームです。
まさに『ただのポンジャン』って感じ。
演出も何も無いので、ひたすら役が揃うのを待つだけ。
しかも役が少なく、加えて揃いにくいときた。
狙いやすいのは『青一色or赤一色』ぐらいか?
ゲームバランスは普通だが、逆にその普通がキツイ。
役が揃わないので、いつまで経っても終わらないのです。
まぁ、終わるときは一瞬で終わったりもしますが……。
進行スピードもちょっと遅めなので、ストレスが溜まるかも。
『ctrlキー』を押せば早くなるけどね……。

真ロシアンスピリッツ〜大作煉獄編〜
難しすぎて死ぬ。マジで腕が超痛くなります。
ペンタブレットがあれば少しは楽になるらしいけど、
マウスで遊ぶならものすごく練習しないとダメですね。
必殺技が恐ろしく強力なキャラが多く、
加えて相手の焼くスピードがハンパじゃない。
こちらが必殺技を使う余裕なんてありません。
というか使ってもあまり効果が無いのが問題だよね。
あと、相手が必殺技を使うと必ずカットインが入るので、
それだけでもかなりペースを乱される罠。
画面いっぱいに「ですの〜」が広がったときなんて……。
ちなみに私はまだ栞に勝てたことがありません。
あんな卑怯な必殺技使う相手にどうやって勝てと?

総合感想
盛大な期待はずれ作品でした。
『サクラメント』や『凛雪に咲く花』はまだ良いんだ。
ただ『いのぐれっ!』にパロディネタが圧倒的に足りない!
もっと笑いを誘ってくれないとつまらないですよ!
まず、ボケとツッコミという基本が成立していないので、
何をやっても空回りしているのが問題だと思います。
栞を徹底的にツッコミ担当にした方が良かったんじゃないか?

あとはミニゲームの退屈さと難しさ。
正直、ポンジャンするなら『メモオフみっくす』を遊ぶ方が断然いいです。
必殺技(CG付きの演出あり)、いかさまアイテム、
役の豊富さ、進行スピードの快適さなどなど、
『メモオフみっくす』のポンジャンがどれほど優秀だったかが良く分かりましたよ!
ロシアンスピリッツは栞に勝つことが出来ないのをどうにかしてください……。

以上で『和み匣』のレビューは終わりです。
風音さんにED曲を歌わせたのは神だと思った。
だがしかし、なぜ井村屋ほのか嬢に歌わせなかったんだと小一時間。

at 13:49|PermalinkTrackBack(0)エロゲーレビュー(仮) 

『元』が集う会社で何やら動きがある模様……

Five Games Kid始動。多くの方からコメントが届いております。
関連情報、「KID」新作・メモリーズオフ♯5 アンコール新画面到着!!

うーん、そこまで言うなら頑張ってもらおうかなぁ。
いつまでも一つのシリーズにこだわって欲しくはないんですけどね。
KIDとしての作品を引き継ぐのではなく、
5gkとしての新作制作&シリーズ化を目指してして欲しい。

ここからは今まで何度も言ってきた内容になりますが、
メモオフはKIDがなくなった時点で終わりです。
せめてアンコールまでですよ。
これ以上の新作はよっぽどのことが無い限り良作は生まれないです。
行方の分からないキャラもいるし、すでに何が正史なのかも曖昧になってるので、
シリーズを続けていくのはもう限界だと何度も言ってるじゃないですか!
メモオフに関しては早く集大成を迎えて欲しいものです……。
せめて別舞台の新展開を希望。
というか、新シリーズよりも早く『メモオフみっくす2』を作ってください!

今、日本社会で『萌え』の需要が高まり続けている中、
ただのAVGでは生きていけないような時代になりつつあります。
そのときの流行を貪欲に取り入れ、さらにその中で飛び抜けて注目される作品しか
売れないのですよ!そう、人はつねに新たな萌えと遊びを求めているのです!
KIDと同じことをしていたら同じように倒産する恐れがあることをお忘れなく。
ここから心機一転、過去は過去としてバッサリ切り捨てる覚悟で新作制作に
取り組んで欲しいですね。

「赤の他人にメモオフの新作を作らせるようなヤツは許さん!」
というスルーガンを掲げている日本メモオフ愛好会、副会長・秋燕としては、
今回の出来事は素直に嬉しかったですからね。これからも頑張って欲しいです。
Five Games KidというKIDの名を受け継いだこの会社が、
KID以上に愛される会社になることを心から祈っております。
それでは、ごきげんよう!

at 11:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)メモリーズオフ関連 

2007年04月27日

キスダム 第四節「炎幻(カギロヒ)」

あるとき突然ハーディアンという未知の変異生物の襲撃を受け、
壊滅的な打撃を負う人類。
「死者の書」の力によりネクロダイバーとして蘇った哀羽シュウ、
倒れていく仲間達、そして瓦礫に埋まる恋人・由乃。
N.I.D.F.総司令・京香の真の目的とは何か?人類の運命は?
世界崩壊のシナリオがここに集大成を迎える。

というわけで、予想通り総集編でしたとさ。
ちょっと駆け足で進んでたから、ここで総集編というのも悪くは無い。
しかしちょっと作りが雑ですね。映像垂れ流しするだけじゃ意味無いよ!
由乃のボイスで詳細な解説でもしてくれれば良かったんだけどなぁ。

まぁ、これで第一章は完結。
次回から新章スタートです。
というかさ、ちょっとずつ過去を明らかにしていくという構成では
ダメだったんだろうか?
先に過去を語ってしまうと、面白みに欠ける部分が出てくるような……。
さて、これからどうまとめて行くのでしょうか?
まだ物語は始まったばかり。

at 14:40|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(4) 

2007年04月26日

風の聖痕 第3話「神凪宗家」

うにゃー、公式ページが見にくいのです……。
次回予告のページ作ってくれないとサブタイトルが分からん!
ネタバレの可能性があるなら、あらすじも専用のページを作ればいいのにね。

本編感想。
こういう事件に対してちゃんと専門の人がいるのね。
世間にはどういう風に報じられるんだろう?
結構な死人が出てると思うのですが……。

敵の正体が分かりましたが、この結論に至るまでが遅いよなぁ。
みんな和麻の所為にしてさ、神凪は大人のクセに頭が働かない人が多いです。
そんなのだから風使いも反乱するんだよ!

和麻と綾乃の共同戦線。
この一大事に二人しか助けに行かないってのはどうなのよ?
風使いは一族全員揃ってるんですよ?
こちらもそれなりの人数で向かわないとダメだと思う。
本格的な戦闘は次回までお預けか。
予告からして、綾乃は役に立たなさそうですね……。

最後に、ちょっとシーン的に気になったんだけど、
車が走ってる割には背景の流れるスピードが遅くない?
一応急いでるわけだし、その辺もっと効果的に見せた方が良ったんじゃ……。

at 16:41|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(4) 

2007年04月25日

機神大戦ギガンティック・フォーミュラ #3 「摩擦」

先日のギガンティック戦争で、スサノオとの戦いに敗れた玄武神三号。
そのパイロットの雲儀とトランスレータの走影は、
『WWW』の規約に則りプラクティカルベースの要員となった。
彼らをサポートするため来日した中央国軍部のスタッフは、
慎吾たちのような子供がこの戦いに加わっていることに疑念を抱く。
一方、他の国でもギガンティックによる戦争が始まっていた……という話。

いきなりギリシャのギガンティックと戦闘が始まって焦った。
単なるシュミレーションによる模擬戦だったのね。
にしても、スサノオが勝てたのはホントに主人公補正だったんだなぁ。
やっぱり普通に戦えば軍人である雲儀と走影の方が強いのは当たり前か。
この二人は守りより責めの方が向いてるんじゃないだろうか?
玄武神三号はどちらかと言うと守り優先だったからね。

中央国の情報力は確かに凄い。
日本のパイロットを予め知っていたり、他国の機体データまで持ってたりと、
日本が相当出遅れてるのが良く分かる。
一応戦争なわけだから、軍として情報収集は一番大切だと思うのだが……。
何だか司令部の人間があまりにものんびりしてるから、
ホントに勝つ気があるのかよく分からないです。
緊張感無さ過ぎ!

うわ、慎吾ってば地雷踏みまくり(苦笑)。
戦いは相手を知ることから始めると言うが、
それ以前に知るべきことをスルーしてたなんて!
勉強不足なのは下手すれば大問題になるかもしれないぜ?

というわけで、何故このような形の戦争になったのかの説明。
つまり、顔だけの彫刻が「戦えー」と言ったから、という解釈でOK?(笑)
「これで世界統一しなきゃ地球が滅ぶよー」という脅しつきだから、
人類としては従うしかない状況なわけだが、
逆にそれを利用して「我が国が一番になれる」と意気込んでいる連中もいるようです。
まぁ、どう考えても世界統一なんかは無理なので、
最終的にどういう和解方法を取って終わるのかですね。
あまり神様とかは出てきて欲しくないんだけどなぁ……。

うん、10歳が主任じゃ疑念を抱いて当たり前だな。
理解は出来ても納得できないこともある!
だが、これが現実ですよスタッフさん。
何てったって日本はロリコン社会だからな!(えー

とりあえず12体の顔見せだけして、次回はロシアとの戦争。

at 12:14|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(4) 

2007年04月23日

ながされて藍蘭島 第3話「役立って、居候」

島の生活風景などを中心にしたお話。
原作の5話を若干アレンジしてますね。
まつたけ採りの話なんかは本来6話ですからね。
次回辺りは大幅にアレンジが入るかも……。

みことが初登場、って早いよ!本来12話なのに!
このタイミングでも悪くは無いけど、やっぱり突然出てきただけという印象が残る。
唯でさえキャラが多いんだから、サブキャラの登場は慎重にお願いします。

マツタケモドキに関してのシーンはオリジナル。
行人のダメッぷりは尋常じゃない(笑)。
あれはクジ引きとか絶対に当たらない人間だな。
その代わり、飛んできたボールとかには高確率で当たるんだぜ(笑)。

次回はまち姉がメインかな?

at 13:39|PermalinkTrackBack(1)アニメ感想(4) 

2007年04月22日

天元突破グレンラガン 第4話「顔が多けりゃ偉いのか?」

ラガンとグレンが奇蹟の合体(?)を果たし、
グレンラガンとなってヴィラルを打ち破ったカミナたち。
勢いに乗って敵の本拠地に乗り込む旅を始めた矢先、
突如合体の特訓を始めると言い出すカミナ。
特訓の最中、突然黒ずくめの4人組がグレンに襲い掛かってくる。
彼らは獣人ハンター「黒の兄弟」と名乗り、
グレンがシモンを襲っているのだと勘違いして助けに来たのだと言う。
この出会いが新たな絆を生むのだった……という話。

ちょーーーーーっと待ったーーーーーーーー!!
「あ……ありのまま、今起こった事を話すぜ!
『私は天元突破グレンラガンを観てたと思ったら、いつの間にかMUSASHIを観ていた』
な……何を言ってるのかわからねーと思うが、俺も何をされたのかわからなかった。
頭がどうにかなりそうだった……。
実はインスパイアだとか作画崩壊だとかそんなチャチなもんじゃあ、断じてねえ。
もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ……」

これは何だ?放送事故か?
ちょっと小林 治とかいう人物出て来い!
新キャラ登場が台無しです_| ̄|○

話もテンポが悪いなぁ。
何でいきなり合体の特訓とかいう話になるんだ?
普通に16メンとの戦いでピンチになったときに「黒の兄弟」登場でいいじゃん。

もう今回は総じてダメダメでした。
感想もこれ以上書くこと無いや。
次回に期待。

at 13:58|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(4) 

ハヤテのごとく 第四話「はぢめてのおつかい〜こちらスネーク。誰も応答しない」

おつかいかー。その内、はぢめてのお留守番もあるんだぜ!(えー
あれ、前回の終わりでロボットと戦ってたのはどうなったの?

引き篭もりって、ちょwおま!素で学校サボってたのかよ!(笑)
社交的じゃないわけじゃないんだし、学校行ったほうが楽しいと思うよ?
友達がいそうな雰囲気はなかったけど……。

今回のメインはヒナギクさん。
生徒会長なら眼鏡は必須だろ?などということは置いといて、
これはまた強力なキャラの登場ですね。
ナギと少しキャラが被るんですけど、いいのかしら?

ちょっとマテ!あれが姉かよ!
全然似てない……こともなかったな(苦笑)。
あの剣捌きは誰に教わったんだろう?
そういえば桂という名字で居合い切りが出来る女がいたな(それ違う作品だから!

あのタイミングで助けに走れる反射神経の良さは凄い!
あれは絶対クロックアップ発動してるぜ?
流石ハヤテ!人間には出来ないことをやってのける!そこに(ry

ナギはエスパーですか?(笑)
洞察力が凄いってレベルじゃねぇよっ!
これからは、まじめに学校に行くようになるかしら?

その他大勢の三人組。
テレビの前のお友達に向かって執拗にアピール(笑)。
あー、ごめん、名前全然覚えてないわ(酷

登場キャラが一気に増えましたが、
ハヤテもこの学院に通うことになるのかな?
あくまでナギがメインのはずですから、
その辺りどういう風にストーリーを造るのか楽しみです。

at 13:36|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(4) 

2007年04月20日

キスダム 第三節「友輩(キズナ)」

「死者の書」によって“伝承者”と化したシュウ。
その力はハーディアンの攻撃を退けることが出来る。
しかし、力により『自分』を失っていく感覚にシュウは恐怖する。
その頃、ハーディアンの攻撃により分断された人類は、
各地に点在する生存部隊の情報から敵群の中枢部を確認し、
抗戦の準備を整え始める。
翌朝に迫った一斉攻撃を前に、N.I.D.F.も残存戦力で出撃を開始する。
そして、未だ自分が手にした力に戸惑うシュウは……という話。

うむ、こんな絶望的な状況の中でよく頑張るものだな。
人類の諦めない心は嫌いじゃないぜ。
まぁ、それでも勝てないことには変わりないけど……。
東京も終わりっていうか世界の終わりよねー。

この作品は最終的に何がしたいのかよく分からないのだが、
第三節にして早くも最終決戦ですか!?
ちょっと勝てそうな雰囲気なところがまた切ないよね。
ここで勝ったら物語終わるんで、勝てるはず無いと分かってる視聴者から見れば、
「さて、誰が死ぬかな?」ということしか頭に無い(えー

まぁ、そんなわけでメインキャラが死にまくりDEATH!
パイロットたちは分かるが、由乃がここで死んでどうするんだと!
人類を裏切った(?)総司令・京香の狙いも気になります。

う〜ん、今回はちょっと口の動きに違和感があったよね。
常に一定の動きなので、すごく変。
その所為で、声と絵が微妙にズレちゃってるシーンが何度もあった。
こういうのはもっと気をつけて欲しいです……。

次回は早くも総集編?

at 19:15|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(4) 

2007年04月19日

風の聖痕 第2話「過去との対決」

うん、やっぱり友達二人は良いキャラだ。
綾乃の食べっぷりには笑った。
太らないのかしらね?
術を使うとカロリーも消費されるとか?(笑)

父親との対決。
うむ、普通だな。
別段、素晴らしい表現があったわけでもなく、
エフェクトによる遠距離攻撃だけだと盛り上がらないです。
まぁ、周りに気を遣って戦ってるようなので、
今後もっと激しい戦闘になってからに期待。

いやっほう!ショタっ子全開!
兄に対してあのスキンシップはヤバイです。
ハートマークまで出てるんですけど!(笑)
煉……恐ろしい子(えー

今回で注目なのは契約者(コントラクター)について。
和麻は話題を逸らしたけど、やはり風の精霊王と契約しているようです。
でもそれって別に和麻が強くなったわけではないような?
契約する資格があるわけだからそれなりに実力はあるんだろうけど……。
精霊王の力に頼るようでは、父親に勝ったとは言えないと思うな。

和麻は敵の正体に気付いたようですが、
普通に考えると神凪家と繋がりのある風術師が怪しいよね。
しかしホテルを切断するのはやり過ぎだと思う……。
関係ない人が何人死んだんだろうか?
綾乃はすごい助かり方してて笑った(笑)。

実にスムーズに話が進むので好印象。
今回は綾乃が空気でしたが、早く活躍するところが見たいですね。

at 13:46|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(4) 

2007年04月18日

機神大戦ギガンティック・フォーミュラ #2 「戦闘」

中央人民共和国との戦闘後、慎吾はスサノヲ運用基地プラクティカルベースに迎え
入れられた。スサノヲ十式の意志を代弁する者――トランスレータである真名が、
慎吾をスサノヲのパイロットに選んだのだと基地司令・大海は語る。
だが、慎吾はスサノヲに乗ることに躊躇いを見せる。
そんな時、 日本への再戦を求め、再び飛来する玄武神三号。
激しい戦闘の最中、シェルターに逃げ込んだ慎吾が出した答えとは……という話。

ん?時間経過はそれほど経ってないよね?
ギガンティックの修理早すぎませんか?
一応、ロボを造る技術はかなり進んでるっぽいけど……それでもねぇ?
そして、修理が終わったからって、何も即日再戦しなくてもいいと思うんだ。
しかも作戦とかも一切無しだし……。
ガチンコ勝負も悪くは無いけど、相手の特性が分かってる以上、
対策とかを考えることも出来るんじゃない?

うーん、慎吾が戦うのを拒否する理由も分かるけど、
アレだけの実力があるんだったら「乗れよ!」と言いたい。
私なら乗るぜ?たぶん。
少なくとも、何も出来ずに撃墜される戦闘機のパイロットよりはマシだと思う。
あれはまさに生贄といっても過言ではないよね。

シェルターでの少年とのやり取り。
事情を知りつつ物分りの良い少年で良かったですね。
出撃前のエールなんか感動した!
あとロリ萌え(えー

戦闘シーンは相変わらずモッサリ。
もっとスピードのある戦闘はできないのかしら?
攻撃も当たってる割には威力が低め?っぽいしなぁ。
そもそも、通常兵器での破壊は困難だと分かってるのにミサイルを放つ
スサノヲは何なんだ?もっと専用のビーム攻撃とか無いの?

敵から奪った銃で攻撃してシールディングエフェクトを破るのは分かる。
だが、何故腕を再構築する必要があるんだ?
普通に引き金を引けばいいだけなんじゃ……?
この辺りはもうちょっと説明が欲しかったかもしれない。

負けた国が支援してくれるというのは予想外でした。
そうすると、早めに多くの国を倒し、支援してくれる国を増やすほど有利になるよね?
これは他の国に対策を立てられる前に一気に攻めたほうがいいかもしれないね。
中央国が即日再戦を求めたのはこのためかな?

公式のキャラ紹介が詳しくて良い感じ。
そしてロリが10歳ということに驚愕した。
「お若く見えますね」とかいうレベルじゃないよ(笑)。

at 12:30|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(4) 

2007年04月16日

ながされて藍蘭島 第2話「追いかけられて、婿殿」

婿殿争奪戦おにごっこ大会、原作での3話と4話に当たります。
内容はほぼそのままであり、ちゃんと東の森のぬしも登場。
あやねに関してだけオリジナルの仕打ちが展開されました。
何だか原作よりも酷い扱いになってる気がするんですけど(苦笑)。
ナスのクッション(?)を抱きしめて悦に浸っている辺りなんか、
ただの変態にしか映らない……。
あやねって普通に良い娘ですよ?と一応フォローしてみる(笑)。

相変わらず良く動くので、映像クオリティは高いですよね。
その分、オババがキモイですが(苦笑)。

次回は藍蘭島の生活風景とか。

at 13:27|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(4) 

2007年04月15日

ハヤテのごとく 第三話「世界の中心でアイを叫んだり叫ばなかったりな獣とロボと執事」

サブタイが長いんですけど!
せかいのちゅうしんであいをさけんだりさけばなかったりなけものとろぼとしつじ
ひらがなで書くと37文字……(苦笑)。

1億5千万、この金額を返済するのは大変だなぁ。
この際、執事を辞めさせられて夜逃げした方が……(オイ

今回もネタが満載だったが、しょっぱなからコナン出てきてフイタw
三千院家の趣味はよく分からないです(苦笑)。

タマ……二足歩行はまだ許せるけど、喋るのは流石に無しだろ?
というかどれだけ贅沢な生活してるんだよ!
謝れ、野生と動物園で暮らす動物たちに謝れぇ!!(笑)

マリアさん怖いよっ!((;゚Д゚)ガクガクブルブル
お、お花は大切に!

ドリキャスの部屋……何て素敵な響きなんでしょう!(えー
意味不明だけど(苦笑)。

フリーザー発言にピー音が入って爆笑。
だがハヤテなら100万倍のパワーで何とかしてくれる。
だって人間じゃなくて宇宙z(パーン

介護ロボット?どの辺りが?
全然介護する気ねぇよ!!(笑)
小型ミサイルまで放つ恐ろしい兵器を捨て身の作戦で破壊したハヤテ。
ふう、今回は「見せられないよ」が多かったなぁ……。

うーん、一話よりもナレーションが減ってきてるので、もっと頑張って欲しいです(ぇ
一話のロボットとの対決はただのネタだと思ってたんですが、
ちゃんと戦うんですね(笑)。
正直忘れてたのでどうでもいんですけど(ぁ
ともかく、登場キャラが賑やかになるまでが遅くならないようにしてくださいね。

at 13:49|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(4) 

天元突破グレンラガン 第3話「顔が2つたぁナマイキな!!」

シモンとの共同作戦で見事ガンメンを奪取したカミナ。
奪ったガンメンは「グレン」と名づけた。
翌日、シモンとカミナは、ヨーコに誘われて狩りに出かける。
だがその狩場で、ヴィラルと名乗る獣人と交戦。
ヴィラルのガンメン「エンキ」の強さにラガンとグレンは敗退を余儀なくされる。
翌日、リットナー村に現れたヴィラル。
逃げようと提案するシモンに、ヨーコは喝を入れる!!
ボロボロになっていくグレンの姿に、シモンは……という話。

こ、このクオリティは異常!!何だこれ、震えが止まらない。
ここでカミナが凹んでたりしないところが素敵過ぎる!
頼れる兄貴だぜ。最高!!

元々リットナー村は武器庫だったのね。
あんなにたくさん銃があることに疑問を持っていたが、これで解決。
玉はいつか尽きそうなもんだけど、どうするのかしら?

野生動物が激しく異性物化してるんですが、あれは本当に食べられるのか?(笑)
一応、水は綺麗なのね。緑もあるみたいだし、地上が汚染されてるわけではなさそう?
地下生活のときは水ってどうしてたんだろう?地下水でもあったのかな?

カミナの剣捌きがカッコイイ!!
動く動くアクションシーンに大興奮ですよ!
そして、カミナがちゃんと銃の使い方を覚えていたことにも興奮した(えー

ビーム兵器は卑怯だと思うんだ!男なら拳で語れーーーー!!
前回やったあの技をもう一度やってくれたカミナに感謝。
二回攻撃なのがいいよね!当たらなかったけど……。

「合体だ!」と言ってからの行動に爆笑した。
いくらなんでもそれは無茶過ぎる!(笑)
とか思ってたらマジで合体しやがった!
グレンラガンの誕生だぜ!いやっほう!!
兜を奪う辺りは燃えたわー。
ところで、ヨーコさんが想像した『合体』はどういうものだったんだ?
何故に顔を赤らめる必要が?もちろん、性的な(ry

ちょっと、主人公が変わってるよ!
もうカミナが主人公でいいんじゃないか?
台詞の一つひとつが超カッコイイので困る!
相棒を信じる気持ちは理屈じゃねぇ!!

敵の本拠地へ乗り込む旅へ。
ヨーコを送り出すダヤッカが良かった。
付いて来ることが最初から分かってて、あえて「来いよ」とは言わなかったカミナ。
そしてもちろん軽口も忘れない、そんなところが好きだなぁ。
ヨーコさん「黙んなさいよ!鉛玉ケツから入れて鼻から出されたい?」
もちろん性的な意味で!(えー

次回は獣人ハンターとの出会いかな?

at 13:20|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(4) 

2007年04月13日

キスダム 第二節「虚身(ウツセミ)」

突如、世界中でハーディアンの総攻撃を受けた人類。
その戦いの最中、「死者の書」によって一命を取り留めた少年・哀羽シュウ。
彼に与えられた力、それは人類を救う“伝承者”なる存在だと由乃は言う。
その話に驚愕する七生や亜久里たちだったが、
リーダーである狼騎は信じようとしなかった。
一方、由乃の行動を知ったN.I.D.F.の燻総司令は、
人類が生き残るために更なる手段を模索し始める。
そして、世界各地で想像を絶する激戦が繰り広げられる中、
シュウたちの前にも再びハーディアンが現れて……という話。

遺物に記されていた内容の解読に加え、
未知の変異生物が確認されたことによって、
この遺物に記されていることが真実である可能性が窮めて高くなり、
それから数年かけて対ハーディアン兵器の開発か……。
ハーディアンのDNA鑑定などを行い、
有効なウイルス系の兵器とか開発できなかったのかね?
ちょっと準備期間が短すぎたというのはあるかもしれないが。

昔存在した知的生命体も同じようにしてハーディアンの攻撃で滅ぼされた
可能性もあるかな?「死者の書」も何か関係あるんだろうか?

ダメだー、勝てる気がまったくしない!
戦車部隊のやられっぷりに泣けた。
ええい!誰か魔法使いを連れて来い!焼き払え!
無理なら陰陽師でもいいから!レッツゴー!(えー

うわー、メインキャラがどんどんやられていくんですが!
亜久里は生きてるよね?ね!?
ここでようやくハーディアンの弱点みたいなのが発覚。
周りの蟲の指揮官を倒せば勝ち目が……ないね、あれは狙えないだろ。
これで通常兵器での攻撃で対抗する手段は限りなくゼロに近いと確定。
ネクロダイバーのシュウに全て頼るしかないと!
でも、世界中に大量発生するハーディアンにシュウ一人で対抗するのは無理だと思う。
ここは京香さんの隠し玉に期待するしかないな。
あっ、公式のキャラ紹介見て知ったが、京香さんはセイレーンII世号の
ただ一人の生き残りだったのね。
一節で生存者はいなかったって言ってたから、公にはされてないらしい。

次回は抗戦の準備と“伝承者”としての覚悟。

at 13:13|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(4) 

2007年04月12日

風の聖痕 第1話「風の帰還」

原作は小説で良いんだよね?全然知らないや。
むしろ書店で見かけたことすらない(えー

炎のツンデレ女子高生か……シャナと良い対決をしそうですね(ぁ
バイオレンス描写はそれほどでも無かったです、ちょっと残念。
それよりも気になったのは炎雷覇のバンク。
毎回使うつもりでしょうか?正直飽きるから止めて。
せめて1話に1回でお願いします。2回は萎えるよ。
あと、剣なのに遠距離攻撃を連発するとは何事かと!(ぉ

妖魔は結構人々に知られている存在なのかしら?
神凪一族は国家とも繋がってるとか?
今のところ炎と風だけですが、今後、水と地も出てくるらしい。

和麻は今回の事件について弁明するつもりは無いのね。
神凪一族を襲う殺人事件が解決して、アニメは終わりそうな予感。

面白くなるかどうかはこれから次第。
個人的には綾乃の親友二人が(キャスト的に)好きなので応援していきたい(えー

at 16:34|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(4) 

2007年04月11日

機神大戦ギガンティック・フォーミュラ #1 「覚醒」

2012年から数年にわたって『赤道の冬』と呼ばれる異常気象が起こった。
地球はクラウド(EM−cloud)と呼ばれる薄い電磁雲に覆われ、
殆どの通信システムが使えなくなり、人も国家も互いに疑心暗鬼に陥った。
やがて、世界中にエネルギークライシスと、紛争の火の手が上がることとなる。
その一方で、無尽蔵とも言われるエネルギーを供給する古の遺産『巨神頭像』が
紛争の行方を左右し、世界は再編された。
そして、『巨神頭像』を基に世界各国で建造された12体のロボット。
『ギガンティック・フィギュア(G・F)』。
それを利用した戦争『WWW(ワイセストワールドウォー)』。
西暦2035年秋、UN主導の下、全地球の覇権を占うG・Fによる
人類史上もっとも賢明とされる世界大戦が始まった――。
以上が世界観。1話は、主人公がそのG・Fに乗って戦うまで。

キャラクターデザインや、パクリ、本編とED絵の違いなど、
各所で話題になっていますが、大丈夫!私Gガンダム知らないから!(ぉ
その他もろもろは全然気ならなかったよ?
普通にこれからが期待できそうな内容だし。

本編感想。
東京に全然人がいなくてビックリ。
市民は避難してるのかしら?

ロリっこが主任というのはどうかと!
戦争作品にロリっこを投入するとは流石バンダイ!
俺達ができないことを(ry

ついに始まった『WWW』。
これって受身に回った方が圧倒的に不利よね。
街とか壊しまくりだし、一般人も巻き込むし、
どの辺りが紳士的な戦闘なんだろう?
そもそも、1対1の対決に通常兵器のサポートはありなんだろうか?
戦いの舞台みたいなのは無いのかね?
そこで戦えば正々堂々紳士的な戦いが出来るのに……。
街中でロボットが暴れるのはどうかと思うぞ?
いや、戦争だからそんなこと言うだけ無駄なのかもしれないけど……。
(公式の説明によると、ギガンティック1体以外にも兵士の攻撃参加が可能らしい。
指定された戦闘エリア内での決闘とあるので、それが東京なのか?
一般施設への攻撃は禁じてるんですけど……?)

EM−cloudの影響で通信システムが使用不能の世界で、
相手国のパイロットがバレてるのはどういうことだ?
内部にスパイがいたのかしら?

戦闘シーン(ってほどでもないけど……
一方的に攻撃してる割には弱いですね。
OX兇鯒鵬すれば勝ちであり、敗戦国を即統治下に治めることが出来るんですよ?
なのに全然勝とうと言う意志が感じられないんですけど……。
ロボットとパイロットは神経が繋がってるっぽいですが、
この辺りが『適性』と関係あるのかしらね?
っていうか腕くっつけて復元ってすげー。
それで痛みが治るのは何か違和感あるけど……。

好きなキャラとかはいないけど、ロボットアニメとしては結構楽しめそう。
今後はもっとガチバトルを展開してくれることを望む。

at 15:19|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(4) 

2007年04月09日

ながされて藍蘭島 第1話「ながされて、天国」

今回は珍しく原作を知ってるアニメでして、コミックも全巻持ってるわけですが、
この作品の見どころはやっぱりパンツとおっぱいだと思うのですよ!
それを大幅に規制するテレ東でこの作品をやるのはどうかなぁと……。
さらに、原作でのストーリは上手く伏線を利用して話を組み立てているわけだから、
アニメでそれが出来るかと言われるとちょっと無理っぽいよね。
ですからその分、オリジナルのストーリ展開には期待したいところ。

第1話は、メインキャラを総登場させる意味を込めて、
原作の1話と2話を合わせたような感じに。
この構成は普通に良かったと思いますよ?
行人の台詞は若干減ってますけど、鼻血の量はかなりパワーアップしてましたね(笑)。

作画も良く、グリグリ動くので映像面はパーフェクト。
音楽も良かったし、毎回このクオリティならかなり期待できそう。
お風呂でのスモークジャマーさえなければもっと高評価なのに!(笑)
声優さんは、あやねとまちの声だけ印象と違った。
っていうか、どう考えてもまちが千葉さんボイスだろ?
あやねは斎藤千和さん辺りが良かったです。

次回は争奪戦かな?

at 15:17|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(4) 

2007年04月08日

ハヤテのごとく 第二話「三千院ナギの屋敷と、新たなる旅立ち」

この死神サンタはいつまでハヤテに付きまとう気だ?(笑)
かわいそうなハヤテ、お前は何も悪くない!
あれは誘拐未遂の未遂だからセーフだ!(えー

車に轢かれて血だらけになっても、一日で完治。
さらにお風呂まで入っちゃうハヤテ君の頑丈さはやっぱり宇ty(パーン
マリアさん素敵にエロイですね。どんなときも冷静で素晴らしい!
ハヤテ君の血温泉の出来上がり!鉄分が補給できるよ!(笑)

頭の悪い子が会話するとこんな感じになるのかー、ちょっと新鮮(何
かみ合わない会話に爆笑したよ!
マリアさんもその内頭痛に悩まされることになりそうだ(笑)。

掃除のスキルがハンパじゃねー!!
これはお掃除の専門家としてテレビに出演できるよ!
って、後ろの置物に名探偵がーーーー(笑)。
いくらサンデー繋がりでも、テレビ局違うのに大丈夫なのか?

じ、自信作の漫画ってどんな趣味してるんだ!
お嬢様が漫画描いてるなんて話聞いたこと無いわ!(笑)
将来は漫画家になりたいのか?

借金すべて一括で支払ったよ!すげー。
本当に三千院家ってお金持ちだったんだね!(マテ
借金取りもウハウハだろうなこりゃ。
頭にトランプ刺さったままだけど(笑)。

次回はホワイトタイガー!?

at 13:29|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(4) 

天元突破グレンラガン 第2話「俺が乗るって言ってんだ!!」

ジーハ村を襲ったガンメンを撃破し、地上に出たカミナとシモン。
そこは何も無い荒野と、大きな空、そして更なるガンメンが待ち受ける世界だった。
残る二体のガンメンを、ヨーコやその仲間達の協力で追い払い、
ヨーコの案内で、二人は彼女達が暮らすリットナー村を訪ねる。
そこには毎日のようにガンメンと戦っている村人たちがいた。
翌日、夜明けと共に3体のガンメンが襲来、村人が応戦に向かう中、
カミナは隊長機らしいガンメンを奪うため猛然と駆ける!という話。

やっぱりこれは子供向けのアニメじゃねぇ!
アングルが毎回エロ過ぎ!(笑)
( ゚∀゚)o彡゜ おっぱい!!おっぱい!!
( ゚∀゚)o彡゜ 太もも!!太もも!!
( ゚∀゚)o彡゜ お尻!!お尻!!
これだけで感想終わるwwww

ガンメンについての説明が少し。
朝に来て夜に帰ること、必ず人間を襲うこと、獣人が操縦していること。
この三つが主な内容かな?
一応、背後に黒幕みたいなのがいるっぽい?

オカマキャラきたー!!これは最高に変態ですね!(褒め言葉
ダメだ、このキャラの登場でますます親子では見れないアニメになった(笑)。
子供に悪影響与えまくり、性的な意味で!

今回のバトルも良く動くので楽しかったわー。
カミナがドクロに反応?したのは何だったんだろうか?
合体は次回かな?だが、このドリル投げは毎回やって欲しい(えー
早くもヨーコはカミナとのフラグが立ったかな?

うわー、最後にちょっと泣けた。
親父だったのかよ!そりゃないぜ、うわーん(泣)。
後半ピンチになったとき颯爽と駆けつけてくれるのを期待してたのに!
ばかばか!死んじゃぇ!(もう死んでます

次回はヴィラル登場。
敵キャラというよりは、ライバルキャラみたいな感じでしょうか?

at 13:03|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(4) 

2007年04月06日

キスダム 第一節「終焉(オワリ)」

西暦2031年―繁栄を続ける人類の前に未知の生命体が確認された。
それから20年、その存在に脅威を抱いた者達により結成された
国際防衛組織“N.I.D.F.“(Neo International Defence Force)は、
その異形生命体「ハーディアン」に対抗するため、
戦闘機ヴァイパーなどの現在の科学力を結集させた兵器の開発を行っていた。
その一方で、日々その目撃数が増す「ハーディアン」の調査、
そしてその出現に何らかの関係を持つと言う遺物「死者の書」の調査も進めていた。
そしてついに「ハーディアン」が人類に牙を向ける日が訪れる……という話。

またとんでもない作品がきましたね。
直接描写は無いものの、死人出まくり……。

アバンの豪華客船沈没はマジで生存者無しなの?
普通に生存者が主人公だと思ってたよ!

異形生命体の気持ち悪さは異常……。
それを素手でキャッチする由乃さんすげぇ!
噛まれたらどうするのさ!?

可愛い女の子達が蟲に襲われてて、
ついエロイ妄想に入ったりは……しないな(苦笑)。
カメラを取り出した娘なんか即効で死んだし。
何あのシーン?必要だったの?(笑)

浮き輪で浮いてる女の子だけが緊張感ないよね(笑)。
「あー、ヒマ〜」じゃないよ!みんな命がけで戦ってるのに!
そして貨物機から車が飛び出してきたときは盛大に笑った。
翼が出てきて空を飛びそうな勢いだったよ!(笑)

主力兵器と期待されてたヴァイパーがまったく役に立たない!
これが通用しないとなると、今後「ハーディアン」とどうやって戦うんだろう?
「死者の書」がどんな力を秘めているのかは知らないが、
主人公のシュウ一人の力であの巨大生命体に敵うとも思わないんですけど……。
今後の展開が予想できないので、次回も楽しみです。

at 12:21|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(4) 

2007年04月05日

電撃G's magazine5月号紹介

電撃G's magazine5月号
付録はDVD(灼眼のシャナ&ななついろ★ドロップス)。

今月は少し特殊構成で、巻頭特集・アニメ・D.C.競據璽検
プリンセスソフト特集・その他ギャルゲーの紹介・PCゲーム・
各種インタビュー・グッズ・Myself ; Yourselfページ・読者企画・
読者ページ・コミックという形式。
『コミック』について知りたい人は公式でチェックしてください。
今月は表紙がいい感じ。変則構成はまとめるのメンドイからやめて……。

巻頭特集
ななついろ★ドロップス Pure!!
何だか分からないが、シャナ&悠二が登場するらしい。
世界観に繋がりがあるとは思えませんが果たして……。
前回発表された新キャラ・クロワについて特集。
限定版のフィギュアは中々良い出来のようです。
発売は9月予定とのこと。
今月から連載企画スタート・星ヶ丘★ネットワーク。
アニメ情報は設定画の公開!下着姿は無いのー?(マテ

リトルバスターズ
キャラクター解説・スタッフコメント付き!
イベントCGもそれぞれ公開。
限定版特典とかは無いのかなぁ?予約はもう始まってるのに……。
7月27日発売予定。声優の発表はまだです。

FORTUNE ARTERIAL
オーガスト最新作。ひらがなが無いけど、何て略すのかしら?
キャラ紹介とイベントCGの公開。
男キャラがイケメンばかりなんですが(苦笑)。
そろそろべっかんこうさんの絵でBLが出来そうです(ねーよ!
発売日と価格は未定。

ここからアニメの記事がドバーっと続きます。
パンツ全開アニメだけ浮いてると思う(笑)。
なのはが大人すぎて可愛くない……(えー

D.C. Spring Celebration
イベントCGを大量公開。
あまりにもカオスで何が何だか分からないw
まともなCGは何枚あるんだろう(苦笑)。
各ストーリーもちゃんと解説してます。
そして巻末のコミックが面白くて大変!変態!(違
発売は4月27日予定。

ここからプリンセスソフト特集。
『ギャルゲーメーカー解体新書』という企画らしい。
KIDが無くなってなければ……。

Que〜エンシェントリーフの妖精〜
イベントCGとキャラ紹介。
みんなもファンクラブに入ってね!
有効期間が一年って長いね。半年でいいんじゃない?
初回限定版10500円、通常版7350円。
限定版が高いのはサントラが付くからっぽい。
6月28日発売予定。

許嫁
新着イベントCGを公開。
えっと、許嫁と暮らす作品でどうして死者が出るの?
あと、( ゚∀゚)o彡゜ おっぱい!!おっぱい!!
発売は4月26日予定で、初回限定版8190円、通常版7140円です。
ん?限定版特典って何?

その他ギャルゲーの紹介
Fate/stay night[Realta Nua]
もう紹介できることが残って無いの。
でも頑張って記事を書かなければならないの。
ということでOPムービーについてと、店舗特典テレカ絵の紹介。
外伝ノベルについても少しだけ紹介されてます。
ようやく決定した発売日は4月19日。
extra edition版9240円、通常版7140円です。

きると-貴方と紡ぐ夢と恋のドレス-
新規イベントCGの公開。キャラ紹介も少し。
メッセのテレカ絵いいなぁ。
5月31日発売予定。限定8820円、通常7350円。
特典はPS2版主題歌CDとミニカレンダー。

この青空に約束を〜melody of the sun and sea〜
水着祭り!結構水着のイベントCG多いね。
キャラ紹介とストーリーのポイントについても少し。
5月31日発売予定。限定版10290円、通常版7140円。
テレビアニメはどうだったんだろうか?好評?

魔女っ娘ア・ラモード-魔法と剣のストラグル-
魔法合成とバトルについて紹介。
キャラ紹介は短く三行。
限定版特典の特典シーツですが、残念ながらエロくない……。
5月31日発売予定。限定版価格未定、通常版7140円。

ネギま!?ネオ・パクティオーファイト!!
Wiiタイトルです。多人数対戦アクションゲーム。
キャラクターは全員登場するようですが、
メインキャラとサポートキャラに分かれる模様。
最大4人で対戦できるとのこと。
地雷か、それとも良作か。注目の作品です。

すもももももも〜地上最強のヨメ〜
イベントCGを2枚公開。キャストコメントも。
顔は出さなくていいから!鹿野優似さんワロスw(酷
アニメDVD情報もどうぞ。

がくえんゆーとぴあ まなびストレート!(以下略
3週目までのプレイレポートらしい。
イベントCGが載ってます。
限定版9240円、通常版7140円で好評発売中。
アニメは終わりました。DVDで未放送エピソードがあると聞いたが?

びんちょうタン-しあわせ暦-
こ、これは癒される……。
ずいぶんとまったりプレイするゲームですね。
プレイヤーがほとんど操作しないって何だよ!(笑)
中古で安かったら買いそうです(ぇ
限定版9240円、通常版7140円で、4月26日発売。

その他、神曲奏界ポフォニカ、お嬢様組曲〜Sweet Concert〜、
SNOW-Portable-、月面兎兵器ミーナ-ふたつのPROJECT M-など。

PCゲームの記事
ALICE(ハート)ぱれーど-ふたりのアリスと不思議の乙女たち-
タイトルにハートマーク入れるのやめて。書けないから!
でっかくキャラクター紹介。イベントCGのラフも少し。
えっと、キャラデザインの人は『いとうのいず』と読めばいいのかな?
何がしたいのかは良く分かりませんが、とりあえず別人ということにしときます(ぉ
その他、発売日などの詳細は未定。

HoneyComing
新着イベントCGの公開。
オンリーワンは多賀谷麻里乃。イラストとメッセージ。
脇に萌える素晴らしいイラストですね!!
キャラソンは4月27日発売です。

Clear
キャラ紹介・原画担当さんのコメント付き。
あとイベントCGも公開。スク水がエロイです!
一応、8月発売予定らしい。
イメージソング[Perfrct tears]が5月23日に発売されます。
価格は1200円。

君が主で執事が俺で
久遠寺家訪問です。家の間取り図まで公開よ〜。
キャラ質問コーナー・『きみある通信』やってます。
5月25日発売予定。価格は9240円。
初回特典にサウンドCD、予約特典にご褒美CDが付いてきます。

その他、ToHeart2〜Another Days〜、暁のアマネカと蒼い巨神、
アメサラサ〜雨と、不思議な君に、恋をする〜、エターナルファンタジー、
ぴあきゃろG.O.TOYBOX2〜スプリングフェア〜。

最後にMyself ; Yourselfの記事。
イベントCGを公開。色つき!
やっとですよ!ここから一気に開発が進めばいいなぁ。
今月号からイラストノベル[それぞれのOverture]スタート。
#1は八代菜々香。扉絵はささむーで、挿絵はわたぺんさん。
『マイユア』って略し方は微妙……(ぁ

以上で終わり!
私は桜まろんさんの応援をしています。
ブログの方のイラストもチェックですよ〜。
通販もまだ続ける模様。

at 12:07|PermalinkTrackBack(0)買った雑誌の紹介 

2007年04月04日

コードギアス 反逆のルルーシュ 第二十三話「せめて哀しみとともに」

無料配信二十五回目。
ってコレ↑があるなら24、25話を先行配信してくれればいいのに。
あっ、まだ出来てませんか、そうですか……。
だからって夏って何だよ夏って!一部地域って何だよ!一部地域って!
これが見れるかどうかで第二期が見れるかどうかも決まる?
無料配信してくれないかなぁ……。

OPはカットしていいから、ユーフェミアがナイトメアに乗るまでの過程を描け!
無理とは思うけど、相手は銃持ってても女なんだし、日本人も立ち向かえばいいのにね?
人数いるんだし、最後のあがきぐらいは見せてもいいんじゃ……。
まぁナイトメアに乗られてはどうしようもないけど。

撃ったーーーー!!
まぁ捕虜にするだけ無駄だし、殺すのが一番か……。
「たぶん初恋だった」という台詞ですが、ゼロとユーフェミアが幼い頃どんな風に
過ごしてたかの描写が無いわけだし、いきなりそんなことカミングアウトされても困る。
あと撃つなら頭か心臓を狙って一撃で仕留めて下さい_| ̄|○
生きてたらどうするのよ?

空耳アワー、ハドロン砲が波動砲と聞こえました(笑)。
拡散ハドロン砲はマダですか?と言いたくなった(えー

『合衆国日本』へ向けて。
ゼロがいなくなったら即効で終わりそうな計画ですね。
せめて統制者と知略者は分けるべきだと思うんだ!
ここで失敗は許されないわけですが、さぁどうなるか……。
何だかニーナちゃんが色々やってくれそうな感じよー?

スザクとの会話だが、あれはもうルルーシュ=ゼロと知っての会話なのだろうか?
「また後で」という会話の切り方がちょっと気なったのですよ。
そもそもユーフェミアの携帯でかける必要もないしね。

話が前後しますが、V.V.の登場が今後どういう波乱を呼ぶのかに注目。
スザクの前に現れたわけは?スザクに何を話し、その後どこへ行ったのでしょう?
でも普通なら侵入者として捕らえるべきなんじゃないの?(ぁ
しかしアレだな、この機械的な喋り方はなんだろう?
感情と言うものがあまり感じられない。
この辺りはC.C.と似てるようで似てないですね。

とまぁ一旦23話で終わって、夏に24話と25話を放送予定とのことで、
ここまで見た感想としては、「描写不足が多い!」とまず言いたい。
テンポが良くて分かりにくいという作品は初めてだよ……。
繰り返し見ない人にとっては、何が何だか分からないという場面が多すぎ!
あれよあれよという間に人が死んでるんですけど_| ̄|○
DVDで補足とか無いのかしら?

あと、エロ要素はいらない!
そんなシーンよりストーリーの補足をしろと!

それ以外は概ね楽しめたと思う。
ご都合主義は嫌いだが、超展開は大好きよ!
私は基本的に救われないお話のほうが好きですし(ぇ
スザクやナナリーが死ぬのはいつかなー?(ちょっとマテ

まとめ
内容の濃い作品の場合、描くべき部分はきちんと描いて欲しい、マイナス10。
エロはいらん、マイナス5。というわけで総合評価は85点です。
おはようございました!

at 14:12|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(3) 

スーパーロボット大戦OG -ディバイン・ウオーズ- 最終話

とりあえず見てたので最終話の感想とか。

始めの頃はのんびり進むのでボーっと見てたんですが、
最後の方になって一気に駆け足になったのでフイタw
結局、敵の狙いは『強い手駒が欲しかった』でOK?
兵を作ってそれからどうするつもりだったのか?は良く分からないままでした。

前半のDCとの戦いは何故協力しない!とツッコミを入れたのですが、
これって続編の2でも同じことやるんですね……。
アニメの二期はやらないのかしら?
あの終わりだと続きが気になるんですけど……。

スパロボシリーズはやったこと無いので、
6月に発売予定のゲームは買ってみようと思う。
プレイ日記とかは恐らく別館でやる予定。
システムはともかく、引継ぎ要素が新しくなってると良いなぁ。

at 11:35|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(4) 

2007年04月02日

武装錬金 #26「ピリオド」

カズキが果たせなかったパピヨンとの決着を代わりを果たそうと、
斗貴子はパピヨンのアジトのあった場所に行く。
しかし彼は、密かに白い核鉄の研究を行っていた。
パピヨンはまだカズキのことを諦めてはいなかったのだ!
そのことに涙する斗貴子だったが、不意に月から太陽の光が降り注ぐ。
それはカズキの武装錬金の光だった……という話。

ついに最終話だったわけですが、異常なほど駆け足でしたね。
もうご都合主義全開って感じでちょっとガッカリです。
まぁ、話としては上手くまとまってるので良いんですけどね。
せめてカズキとヴィクターの戦いの様子がもう少し欲しかったかな?
いきなり和解したので思わず「えー!?」と叫んじゃったよ(苦笑)。
あと白い核鉄の完成早すぎ!わずか1ヶ月で完成は無いだろ……。
これだけは何か納得いかないです。

宇宙で抱き合うと裸になる法則でもあるんだろうか?(ねーよw
感動のシーンなのにフイタw
あとシルバースキンがあっても呼吸はどうなってるのだろうか?とか、
いろいろツッコミを入れたい部分はあえてスルー(笑)。

ヴィクターとヴィクトリアの再会。
感動のシーンその2なんだけど、ヴィクトリアが抱きついたのがちょうど
股間の辺りだったため、またもや爆笑してしまいました!
しかもヴィクターは下着姿だしw

パピヨンとの決着。
別に今すぐやら無くてもいいのに……時間の都合ってやつですか?
って、何このパピヨンアニメw 世間の人気者とかねーよw
蝶人キャンペーンとか何それ!蝶欲しい!(えー

最後はギャグを挟んで終わりかぁ。
ファンにとっても、満足できる作品作りだったようで何よりです。
私は原作を知りませんが、なかなか楽しめましたよ!
総合評価は85点ぐらいかなぁ?
ご都合主義はあまり好きじゃないので……。

at 15:56|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(3) 

2007年04月01日

PC版『夢見師』 体験版レビュー

H℃(エイチドシー)より発売予定のPC版『夢見師』の体験版を遊んでの感想です。
これから買うけどネタバレ回避の為に体験版は遊ばない!という人も念のため
読んで欲しい。
既に分かっている人も多いと思うが、それなりにショックだと思うから……。


まず立ち絵の表情とか数が若干少ないような気がしました。
もう1、2パターンは欲しかったかもです。

音楽はなかなか良い感じ。和風な感じの曲は個人的に好きです。
サントラの発売とかはまだ先ですかね?

イベントCGですが、多少の違和感はあった。
だが、HシーンのCGはなんか気合が違う気がします(苦笑)。

注目の新要素であるHアニメーションの方は比較的良好かと。
結構パターンもあるしね。
これはまだ分かりませんが、恐らく主人公とのHシーンでのみ使われる演出のようです。
あっ、この時点で何か違和感に気付いてくださいね!

肝心のシナリオ、私的にはかなり良いと思います。
言いたいことは分かるし、何をするべきかも分かりやすい。
1日を2回繰り返すことで、予め不幸を予測し回避することが出来る。
その代わりそれなりの代価もある。まさに等価交換の原則ってやつでしょうか?
幸福があれば不幸があるのもまた事実。
この作品は『幸せ探し』というよりも『不幸探し』な感じがしますね。
咲夜の言った「不幸は起こってから始めて気付く」という台詞はなるほどと思った。
と、これ以上の感想は本編をプレイしてからかな?

はい、では問題のあの件について、私の意見。
私は公式HPのキャラ紹介と言うものを読んでいませんでした。
だって雑誌に書いてあることと大して変わりないと思ってましたから。
ですから体験版をプレイして、夏子のいわゆる寝取られが発生したときは
やはり多少のショックはありました。そもそも処女ですらないしな!
ただ、シナリオの流れの中で何となく予想はできていたので、
「ああ、やっぱりなぁ」という感じもしましたし、それが悪いとも言いません。
それがこの作品だというのなら私はそれを受け入れようと思います。
もともと私は寝取られに関しては耐性がありますしね。
むしろバッチコーイだったりします(ぇ

後で知ったことですが、エロゲ板ではかなり前から話題になっていたようです。
PS2版から入ったファンの方々の気持ちも人それぞれだと思いますが、
これは売り上げは厳しくなりそうですね。
PS2版であえてボカされていた部分が最悪の形で明確になったのですから……。
夏子でこれなら他のキャラも覚悟しておいた方がいいですね。
エロゲ板を読んだのでヒロインの現状は分かっちゃいましたが、
あえて公式HPのキャラ紹介は読まないつもりです。
あとのお楽しみ!みたいな?(えー

PC版になってHシーンを追加して、寝取られシーンもバッチリ追加して売るという
H℃(エイチドシー)には感服しました。
今後の展開次第では末永く応援していきたいです。
もしかしたら今作が売れなくて……という可能性も否定はできませんがね(ぁ
ヒロインは処女ではなく、寝取られシーンまである超鬱作品のようですが、
そういうのが好きな人は是非買ってください。
私ももちろん買いますからね!(元気よく言うな!

web拍手で質問がありましたが、『椎名愛優さん=風音さんでOKですか?』
ということですが、これに関しては私は「間違いないです」と言えますね。
サンプルボイスにHシーンしか無いのと、体験版での台詞数の少なさから、
PS2版をプレイしていない人は(私も含めて)判断がちょっと難しいのですが、
これは風音さんだと私は思います。
というか他のキャストがこのメンバーだからほぼ間違いないよ。
この中に風音さんだけいないのはおかしいもん!(何
では何故名義を変えたのか?という話になるのですが、
私の仮説では恐らくこのシナリオの所為だと思います。
陵辱ならともかく、虐待のような描写が入るとした場合、
風音さん的には別名義でという気持ちがあったのではないでしょうか?
これはあくまで仮説であって、その辺りの事情は私には良く分かりませんけどね。
万が一、風音さんではないという場合もありますし……。
うわっ!何まじめに語ってるんだ私は!死のう……(オイ

エロゲ史上まれに見るチャレンジ作品、PC版『夢見師』。
買うかどうかはあなた次第。素敵な夢が見れますように――(ぇ









夢と言えば、ちょっと余談なんですが、体験版をクリアしたのは昨日でして、
終わった頃には深夜になっていたのでその後すぐ布団に入って寝たのですが、
夢見師の夢を見て3回ほど目が覚めた(ぉ
内容は覚えてないんですが、後味はあまり良くなかったなぁ。
寝取られショックは予想以上に大きかったようです……あぅ。

at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アニメ感想(3) 

ハヤテのごとく 第一話「運命は、英語で言うとデイスティニー」

事前情報は一切無しで見ましたが、これはヤバイです(笑)。
まずナレーションからしてカオスなんですけどっ!
そして主人公・ハヤテの両親はカオスを遥かに超越している!
こんな親はとっとと見捨ててしまえ!

冒頭でいきなりロボットが出てきたときはフイタw
OPはKOTOKOさんなんですね。ちょっと驚いたよ。
ガンダムっぽいのが見えたけど目の錯覚ということにしておこう(ぇ

ハヤテのがんじょうっぷりを「鍛えてますから」だけで済ますのはどうかと(笑)。
人間離れしてるとかそういう話でもないよね。
どう見ても異星人です。本当にありがとうございました!(えー

このサンタクロースはマジ殴りてぇと思ってたら殴ってくれたのでスッキリ(笑)。
その後『運命(ナギ)』という名の贈りものがっ!
そうか、あのサンタはサンタの格好をした死神だったんだよ!な、なんだってー(大嘘

CMが凄いことになってるんだけど、毎回これを流すのだろうか?(笑)

ああ、勘違い(苦笑)。素晴らしい愛の告白ですね!
やっぱり顔か?顔なのか?(えー
というかナギは誘拐されやすいのだったら一人で歩かせるなよっ!
護衛を10人は付けろ!(流石に無理か?

つかれたよパトラッシュ……って、え?一話にして主人公逝っちゃうの?
と思ったら女神がきたー!!
ああ、マリア様どうか神のご加護を……(違

誘拐犯を自転車で追う男!
今日の一面はコレで決まりですね(何の話だ
時速何キロ出てるんだろうあの自転車(苦笑)。
車を飛び越えたんですけど法則無視にも程がある!
しかもいきなり轢かれたんですけど!何故か生きてるし!
ツッコミどころが多すぎるわーーーー!!(爆
ナギの素晴らしい罵倒っぷりには(*´Д`)となった(死

「見せられないよ!」「放送コードと戦うよ!」じゃねーよ!!
そんな作品聞いたこと無いわ!(爆笑)
これは次回以降の放送が心配になってきましたよ?(色々な意味で

at 11:30|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(4) 

天元突破グレンラガン 第1話「お前のドリルで天を突け!」

未来の地下世界。人々が地震と落盤に怯えながら暮らす村。
その村を広げるために穴掘りをしていた少年・シモンは、
ある日不思議に光る小さなドリルを見つける。
そして、シモンの兄貴分であるカミナは、村の外には地上があることを信じ、
天井を壊そうと目論んでいた。
そして事件は起きる。地震と共に村の天井が崩れ、巨大なメカが落ちてきたのだ。
続いて現れたのは、ライフルを手に巨大メカ=ガンメンを追ってきた少女。
地上から来た少女に興味を抱くカミナ。しかし事態は一刻を争う!
彼女のライフルでは、ガンメンを足止めをするのが精一杯。
そんな中、シモンは地中から掘り出したある『モノ』をカミナとヨーコに見せる。
それは顔だけの謎のメカだった……という話。

全然期待してなかったんですが、予想以上に面白かった!
やっぱりドリルは燃えるわー(笑)。
登場人物も個性があって良い感じですね。
特にヨーコのスタイルとか!(そこかよ
井上麻里奈さんの演じるキャラは無条件で好きになれるしね!
もちろん性的な意味で!
今後キャラが増えるとますます面白くなりそうです。

ストーリーの方はまだまだ謎だらけ。
だがロボット戦は意外にも熱いです。
顔だけだから見た目はダサイが、ドリルのおかげでそんなことは気にならなくなった!
ドリル最高だよドリル!(笑)
一難去って又一難ですが、次回はカミナが活躍する模様。
世界観の説明も次回のようです。楽しみですね!

at 10:52|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(4)