2006年06月

2006年06月30日

ZEGA PAIN #13「新たなるウィザード」

リョーコがウィザードとして戦う話。

まさかの超展開・゜・(ノД`)・゜・
ほんとに上げて落とす作品ですねこれは。
スッタフ非情過ぎ……。

お弁当おいしそう!
私もリョーコの手作り弁当食べたいよ!
ところで「こしあん」って何?(笑)

メイウーの嫉妬に萌え(*´Д`)
ルーシェンめ、このイケメンがっ!(ぉ

AIはシマ会長がプログラムしたのかよ!
モデルがいるらしいのだが、絶対趣味だと思います!(えー
そんなことより副会長の気持ちに気づけ!
「単なる気のせいだろ?」ってヒドイよ(笑)。
リョーコの案・ネコ化は是非採用したい。
副課長が語尾に「にゃー」って言うんだぜ!(*゚∀゚)=3ハァハァ

リョーコのパイロットスーツ。
デザインがエロイと思います!
ってキョウも同じこと言ってるし(笑)。

リョーコのウィザードとしての才能。
ガンナーとデータリンクすることでガンナーの指示を先読みできる。
ガンナーはそれを『ウィッチ』と呼ぶ。
キョウとのコンビネーションは完璧ということですね。
ガンナーとウィザードの関係次第でゼーガペインの戦闘力も上がるみたいです。
クリスとアークがそうだったように……。
動力の接続修正を20秒で完了させるシーン、こういうの燃える!!

ガルズオルムの新兵器・アンチゼーガ。
突然の強襲によりアルティールは大破。
オケアノスは緊急転送を行ったが、カミナギ=リョーコの転送に失敗。
幻体データがロストしてしまう。
幻体の消滅はすなわち『死』。
リョーコはアークと同じく、還らぬ人となった……。
・゜・(ノД`)・゜・
これにはもう言葉も出なかったです。
この作品って残酷だね……。

次回はガルズオルムについてかな?

at 16:26|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(2) 

白河静流さんと雨宮瑞穂さんの誕生日!

今日はメモリーズオフ2ndより白河静流さん、メモリーズオフ#5より雨宮瑞穂さんの
誕生日です。二人ともおめでとうございます!

静流さんは何気に登場作品が多いキャラですが、作品ごとにキャラに違いがあります。
これを成長と言えるのかは微妙なんですが(ライターがみんな違うので)、
『メモそれ』を見る限りでは成長したと言えるでしょう。

初出の『2nd』では、妹のほたると健を取り合っての悲劇に始まり、
彼女のさまざまな葛藤を見せられました。
自分とって一番大切なものは何か、大人になるってどういうことなのか。
加えて将来についての悩みもあったりと、この頃の静流さんは多くの悩みを
抱えていました。
そうして選んだのはお菓子作りの道。
いろいろ悩んだ結果、ちゃんと本当の自分を見つけられたみたいです。

『想君』では、小夜美さんのツッコミ役として登場。
『お姉さまは魔女』という異名まで付いてしまいました(笑)。
この頃の静流さんは毎日が充実してるといった感じですかね?

『メモそれ』では、ならずやの店長代理として自立。
一蹴の良き相談役としても活躍しました。
ほたるの溺愛っぷりも相変わらずのようで、見てて微笑ましかったですね。
のんちゃんワールドをまったく理解できないのは、
ほたるとはまったく違うタイプ(電波)だからでしょうか?
その一方で腹黒さがアップ(ぉ
女性は大人になると怖いね((;゚Д゚)ガクガクブルブル
将来的には詩音とかヤバイそうじゃない?(えー

静流さんのプロレス趣味はノーコメントで(苦笑)。


思い入れの少ない瑞穂さん(マテ
エロ担当であり、また悲劇のヒロインです。
あのシナリオは春人が主人公ではなく、瑞穂さんが主人公だったように感じました。
ライターは、人は誰かに支えてもらわないと生きていけないよ!と言いたいらしい。
人の弱さや儚さ、脆さを表すのに『死』を選んだのかな?
安易ではないのか?と言われるけど、私はあのエンドで良かったと思いますよ。
それにしてもこれほど魅力の無いキャラは初めてですね(苦笑)。
メモオフには蛇足ですよ……(←これが本音(オイ

以上で終わりにします。
ではでは〜。

at 14:36|PermalinkTrackBack(0)ヒロインの誕生日記事 

2006年06月28日

.hack//Roots 第12話「Breakup」

旅団解散の話。

いつものように会話中心の進み。
モンスターと戦うシーンもあったけどさ。

直毘とエンダーのキャラクターチェンジ。
ゲームでは登場済みなのかな?

オーヴァンの秘密は『左腕のデータ』。
その『ブラックボックス』が開かれるとどうなるのだろうか?
叫ぶだけの出番か……収録が楽だな(オイ

志乃とハセヲ、呼び捨てするようになりました。
でもキッパリ振られたよ(笑)。
タビーは志乃さんラブなのか?

Bセットもゲームをやめることに。
お疲れ様でした。
リアルでは何してる人?

匂坂の脱退。
正論過ぎて何も言えませんね。
ゲームは楽しまないと意味ないし……。
タビーも同行することに。
タビーの本音は未だに謎です。

志乃さん決意表明。
何で黒衣装?(笑)
でもこっちの衣装の方が似合ってると思う(えー

次回は進展あるかな?
ってか、2クルー作品なのこれ?

at 16:07|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(2) 

2006年06月27日

We Are*のHP更新!!

We Are*マスターアップその他。
サブキャラクターのキャスト発表
・宿毛 ゆかり
CV:廣田 詩夢

・五十嵐 真美子
CV:榎本 有里

・大濠 朱実
CV:本井 えみ

・神明 めぐ
CV:加藤 雅美

・稲敷 雪枝
CV:星野 千寿子

体験会のコメント掲載
ネタバレ部分はカットされているので安心して読みましょう。
以下のサイト様でレポートがあるので参考にするといいよ。
きゅるるんどっとこむ♪♪』 『Skyer
おとながいダイアリー』 『心の壁の壁の中。』。
参加者の皆さんお疲れ様でした〜!

at 09:09|PermalinkTrackBack(0)その他美少女ゲ−ム 

2006年06月26日

RAY The ANIMATION Episode8「蠢く過去」

コーイチの突然の電話から数ヶ月、零はコーイチと篠山の間で揺れていた。
ある日零は、原因不明の高熱を出て苦しむ酒井香織の緊急手術をする事になる。
だが、零の透視能力を使っても患部を見極められない。
しかし翌日になって、香織の体内に巣食うものの正体が明らかになる。
『毒性のカビ=フンギ』、それは零がかつて白い部屋で零の友達だった
「ハナちゃん」を死に至らせたものでもあった……という話。

季節は変わって12月冬へ。
コーイチからの連絡はあの日以来一度もきていない。
零は篠山と気まずい関係を続けていた。
まぁ、仕方ないよあのタイミングじゃ……。
今回は美里の説教が良かった。
篠山ももっと積極的に行かないとダメだって。
一方で留美もまだ篠山が好きらしい(笑)。

「組織」が作り出したカビ。
元はアフリカの奥地に生息している特殊なカビの一種であり、
人の肺に付着して増殖し、新たに胞子を噴出し他の人間に空気感染する。
そして感染者は胞子を噴出す際に死亡してしまう。
しかしこのカビは生命力が弱く、繁殖確率は非常に低い。
そこで「組織」は、ある寄生虫の卵にこのカビの胞子を組み込んだ。
卵が人体に入り孵化した後、血管に擬態して栄養を吸収し始める。
これが潜伏期間。
この期間に発熱が症状として発生する。
潜伏期間が終わると、組み込まれたカビの特性により菌糸のコロニーを造り、
やがてそれを体中に張り巡らせる。
これにより多数のコロニーが形成される。
コロニーの内部では摂取した余分を使って大量の胞子を培養。
やがてこの胞子が静脈を伝って肺に到達した後、爆発的な繁殖を始め、
毒性を宿したカビ=『フンギ』となる。

ああ長い説明(苦笑)。
沢院長はなぜこのカビのことを知っていたのかな?

「組織」に関する新たな手がかり「蛍谷」。
半年前ニュースになった村で、今でも水面下で話題となっているらしい。
次回はそこへ向かうことに……。

零の夢なんだけど、あらすじ読んだら答えが書いてある罠_| ̄|○
別にいいけどさ……。
ところで、今回『すみれ』は出てきてないのにEDテロップに名前があるのはなぜ?
そして今回の患者・酒井香織なんだけど、
公式HPのあらすじとEDのテロップで漢字が違う……。
公式HPでは『香織』、EDテロップでは『佳織』。
※ウチは公式HPで統一しました。
でもって注目のボイスは田中理恵さんでした(驚)。

at 10:27|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(2) 

2006年06月25日

涼宮ハルヒの憂鬱 第12話 「ライブアライブ」

文化祭でハルヒがバンドをする話。

もう散々話題になってるからめがっさ乗り遅れた気分です。
ええCDなんて買ってませんよ!(泣)
しかしコレ見ると買いたくなってくるよねー。
宣伝効果ばっちしで入れ食いって感じ?
販売元も笑いが止まんないねー♪
一枚1,200円のところを大サービスで一枚1,000円にしてくれないかな?
代金先払い、お届けはみくるちゃんでよろ!

本編と関係ないところで盛り上がっちゃったよ。
気を取り直して感想へ!!

焼きソバ屋は大繁盛〜。
何たって水が水道水でいいからタダだもんね!
やきそばの材料も格安だからボロ儲けさ〜。
みくるちゃんの水汲みも手馴れたもんだね〜。
さっすがSOS団で鍛えてるだけあるじゃん?
え〜、ちなみに写真撮影はご遠慮願いまーす!

突然大雨になっちゃったので、生徒のほとんどは講堂へ。
何か盛り上がってるみたいだよー。
でもこの雨って不自然すぎない?
さっきまで晴天だったじゃんね〜。
めがっさ謎だ〜。

う〜んこのライブシーンは語る必要ないよね。
めがっさかっちょいい!
フルバージョンが聴きたければCDを買うといいよ〜。

そんなこんなで文化祭は終わり!
あれ?焼きソバの売り上げってどうするんだっけ?
この衣装も売っちゃえばさらに儲かっちゃったりする?
一着3万で、みくるちゃんが着てたのは10万ぐらいかな〜。
後でSOS団に寄付してもいいかもね。
何にしても、今回はめがっさ面白かった〜。
うんうん、さっすが京アニだよね!
以上にょろ〜!


つ、疲れるな鶴屋さん的ハイテンション(苦笑)。
こんな感想の書き方は二度としたくないぞ。
やっぱりキョン風の感想の方が楽だわ(笑)。

キョンよ、徹夜の編集作業お疲れさまでした……。
無事映画は完成したみたいで良かったです。
まぁ、正直ただの電波映画だけど(苦笑)。
でもお客がみ〜んな眼鏡なのは何で?
焼きソバ屋の客もそうだったけど、できればやめて欲しかった……。
普通の一般客でいいじゃん!

鶴屋さんの髪はメモオフのいのりと良い勝負だな!
だが黒髪ってところでいのりの勝利!(えー

あの突然の大雨はハルヒの能力が発動したと考えていいのかな?
ハルヒがわざわざ長門を連れ出したのは何でだろう?
ギターが弾ける確証なんて無いはずなのに……。

キョンの驚き具合が面白すぎw
それでも止め行かないのがキョンらしい。
以前ならすぐに止めに行ったかもしれないが……。

ハルヒがバンドメンバーに向けた微笑がとても良い!
たぶん今までの中でベストショットだと思う。

別に宇宙人や未来人や超能力者でなくても、人は素敵なものを持ってるんですよね。
興味ないとか言ってたけど、今回のことでちょっと考えが変わったかな?
まぁ、キョンの側にいるだけでも十分普通の人にも興味を抱いてますが(笑)。

今話を見て、充実した時間を持つことがハルヒの望みなのかなー?と思った。
退屈しない日々こそが、生きていることへの実感へと繋がる。
それを掴もうとしているハルヒはすごいと思います。
ハチャメチャなハルヒだけど、少しはそういうところを見習いたいですね。

at 14:04|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(2) 

2006年06月24日

龍刻のHP更新!!

龍刻の主題歌決定報告。
ダウンロードページでは、[龍刻の手帖vol.1]をPDFファイルで見ることができます。
っていうかHPリニューアルしたのね。
残暑が長引くのは私も嫌いです!(笑)
これで9月21日が寒かったらどう言い訳してくれるのかな?(えー
スタッフBlogは更新なし。

We Are*の体験会ですが、『Skyer』さまが当選したそうなので、
そちらでレビューされるのを楽しみにしています。

at 10:10|PermalinkTrackBack(0)その他美少女ゲ−ム 

Black CycのHP更新!

Cyc
『蟲愛』の登場人物を更新!
幼蟲の章から「ユーリア」、蛹蟲の章から「神谷坂杏子」、「合蟲人間」、
成蟲の章から「櫻井夢美」。 
キャラクリックで立ちポーズが変わることをお忘れなく。

ギャラリーではテキスト付きのイベントCGも公開!
ま、まぁいつも通りのクオリティです(苦笑)。

開発日記によると主題歌も完成した模様。
+プリティボイスってw
とりあえず答えは4で!(えー

at 09:58|PermalinkTrackBack(0)Black cyc 関連 

2006年06月23日

ZEGA PAIN #12「目覚める者たち」

リョーコがセレブラントとして目覚める話。

舞浜サーバーでのセレブラント候補が急激に増加。
ハヤセ、トミガイも目覚めの兆候が現れていた。
現在のセレブラントの近くにいる者ほど目覚めやすいようですね。
ハヤセは居なくなった彼女、トミガイとリョーコはキョウ。
しかし完全なる目覚めは、世界を柔軟に受け入れる素質が必要となる。
そういう面では、リョーコはかなり高い適性を持っていたと。
うん?もしかしてルーシェンが死んでハヤセが代わりになるとかありえる?
キョウにお茶を出すシーンは死亡フラグ……(えー
トミガイも今までの話しぶりからして目覚める可能性高いよなぁ。
まだまだ確定ではありませんが……。

クリスの気持ちには気づいても、シズノの気持ちには気づかないキョウ。
シズノの影が薄くなる一方です(苦笑)。
クリスのパートナーはメイイェンで固定?
でもキョウのパートナーがリョーコになるなら、シズノがクリスと組むかな?

リョーコの目覚め。
随分あっさりとセレブラントになっちゃいました。
『世界の終わりの一日』という作品が大きなきっかけだったわけですが、
キョウがいなければここまで容易に受け入れたりはできなかったかと。
さて、これからどうなっていくかな……。
キョウの記憶が戻ったりなんかしたらまたややこしくなるだろうし。

副会長がだんだん面白キャラになっていくw(予告

at 17:24|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(2) 

2006年06月21日

.hack//Roots 第11話「Discord」

旅団メンバー、それぞれの苦悩が描かれた話。

この状態はどうなんだろう?
オーヴァンがいなくなって、また物語の進みが遅くなったような……。
どうでもいいところで挿入歌を使うのは勘弁……。

TaNの崩壊により黄昏の旅団はさらに有名になる。
俵屋の遺言?ロストグラウンドの模様は“サイン”。
ハセヲを起点に広めて欲しいとのこと。
たった一人から話は広がっていく……。
それがこのゲームなんですね。

内部崩壊寸前の旅団。
匂坂に関しては意見が分かれそうです。
私はもっと冷静になれと言いたい……。

ゴードの卒業。
罪とかやり直すとか言ってましたが、リアルで犯罪でもしたのかな?(えー

オーヴァンは戻ってこない?それとも戻ってくる?
フィロも志乃もただ待つしかない。
罠だと分かっていても前に進んだオーヴァンが謎。

結局「キー・オブ・ザ・トワイライト」は存在しないという結論に。
言うべき言葉が見つからず、気まずい雰囲気のハセヲと志乃。
匂坂は旅団への関心が薄まっていく。
そしてタビーの本当の気持ち……。
人間関係の糸が乱れています。
リアルでオフ会でもすれば?(えー

最後に現れた人物の真意も気になるところ。

at 15:59|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(2) 

2006年06月19日

メモリーズオフ セカンド 〜ミーツアゲイン〜

ファミ通文庫(2001年10月20日発売)
メモリーズオフ セカンド 〜ミーツアゲイン〜
著:日暮茶坊 カバーイラスト:松尾ゆきひろ、中里壮志(キッド)
定価672円[本体640円+税5%]

メモオフ2ndの茶坊さんシリーズです。
以降『コンチェルト』までひとつのシリーズであり、
ゲーム本編とはまったく違ったメモオフ2ndの世界が楽しめます。
設定などはすべて『ミーツアゲイン』を基準として続くんですが、
多少矛盾があるような気がしなくも無い……。
この辺りどうなってるのか私にはよく分からないんですが、
一応『ミーツアゲイン』を基準にして問題ないと思います。
では以降ネタバレになるので分けますね。
続きを読む

at 20:00|PermalinkTrackBack(0)メモオフ小説 

RAY The ANIMATION Episode7「想い人」

他の地域ではクライマックス目前なのかな?
今回は作画がイマイチだったような……。

美里の友人であるという「堀内ライフメーカー」の社長令嬢・堀内すみれの
誕生パーティに招待された零や篠山たち。
しかし篠山がすみれの初恋の相手だと知り、零は困惑を隠せない……。
すみれは10年以上も篠山の事を想い続けていたのに対し、自分は篠山を利用していただけ。
ようやく篠山を意識するようになった零だが、その気持ちに確信は無い。
そしてもう一つ、零はすみれの身体の重大な秘密に気づく……という話。

浅田から聴き出せたのは、閉じ込められていた病院の場所だけだった。
しかもその病院は3年前に閉鎖されており、何の手がかりも残されていない。
まぁ予想通りの展開なんですけどね……。
必死になってるのも分かるけど、これだけはどうしようもない。
関係ないけど、野川さんのこんな演技は珍しくて新鮮だった(笑)。

場面変わって誕生パーティ。
すみれのボイスがほっちゃんですよ!
本当に豪華キャストを惜しみなく使ってくれる作品だなぁ。
次回も楽しみだよ(0゜・∀・)ワクワクテカテカ

ってそれはいいから肝心の内容。
う〜ん、恋愛をメインにした話になると書くことがないですよ。
難しそうな手術もあっさりカットされちゃったし。
零が最終的にどちらを選ぶかは分かってるしね。
ラストでのコーイチからの電話はめっちゃ怪しい。
いや、公式のあらすじ見ちゃったからアレなんですけど(苦笑)。
1クルーで終わりなのかな?

余談
野川さんが苦戦した「手術室」という台詞。
今回かなり無理があったw
言えてない!言えてないよさくにゃ〜ん(笑)。

at 09:42|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(2) 

2006年06月18日

涼宮ハルヒの憂鬱 第11話 「射手座の日」

今回はコンピ研とゲーム対決!(ポロリもあるよ

文化祭が終わって秋も深まる今日この頃。
まったりと未来人、宇宙人、超能力者と過ごす日常。
まぁ慣れとは恐ろしいものだ。
ハルヒがいなければここがSOS団ということを忘れてしまいそうなくらい平和そのもの。
しかーし!……いやでもここはSOS団だと言わざるを得ない事態がやってくる。
それが今回のお話だ。

コンピ研と自作のゲームでパソコンをかけた勝負をすることになった。
この部長さんも何だかんだ言ってハルヒのことを気にしているようだが……?
それは一先ず置いておこう。
それにしてもハルヒ、その飛び蹴りは下手したら死ぬぞ?
見下ろす目つきがエロイと思ったのは私だけか……。
そしていつからSOS団は正義の味方になったんだ?

内容は5対5のオンライン宇宙戦闘シュミレーションゲーム。
一週間の練習期間でどれだけゲームに慣れることができるかが重要だな。
長門は何やら興味津々の様子だが?

ゲーム名がサブタイの『射手座の日』だったのか。
ちょwwwwキョン、独り言が口に出てる(笑)。
私はみくるに注入されたいです、カモン!みくるビ〜ム!
この音は時報ですか?
「一六○○時をお知らせします……」って聞こえてきそうだ。
ぜひ長門ボイスで頼むぜ!

「全軍突撃〜!!」は流石にしなかったか。
キョンの「いい加減学ぶべきだ」という台詞はこういうところでも当てはまるな。
ハルヒは頭がいいのか悪いのかさっぱり分からん。

艦隊を20まで分散させて操作可能ということだが、
人間業で不可能なことをプログラムに組み込んでいるコンピ研は何を考えてるんだ?
そんな中、敵のイカサマを見抜いた長門がプログラムを修正し、
こちらと敵の条件を対等にすると言い出した。
ここでキョンに許可を求めるところが可愛くて仕方ないぞ!
さあ、後はこちらが攻めるだけ!
って「堕ちろ蚊トンボ」などと素で言うキョンは何者なんだ(笑)。

長門の活躍でSOS団の勝利。
パソコン4台が進呈されました。
潔い男は好きだぜ!がんばれよ部長……。
長門はわざわざコンピ研に通わなくても、
もらったパソコンで遊べばいいような気がするのだが?

今回は遊び的要素が多かったですね。
みくるって何したっけ?(;´Д`)

at 14:14|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(2) 

2006年06月17日

We Are*と龍刻のHP更新!!

We Are*は体験会について。
何だよこれ!超行きたいよ!
誰か交通費払って_| ̄|○
募集定員はもっと多くてもいいような?

龍刻は【WEB小説】ページを設置。
今回はアイナ編「照れ屋なレモン」。
タイトルが無いようなので、私が勝手に付けました(笑)。

スタッフBlogは柴田さん。
ちょ、それ敵が違うw

「KID MUSIC MUSEUM」の第四弾。
これすっごくイイよ!オススメ、オススメ!
阿保さんファンでなくても買って損は無いと思います!

ところで、キッドHP、FESTA!!、We Are*、龍刻、水の旋律2、メモオフ。
これらにアクセス解析が設置されているのは何故でしょうか?(笑)
追記:BLOG KIDもでした。

at 11:16|PermalinkTrackBack(0)

Black CycのHP更新!

Cyc
『蟲愛』の登場人物を更新!
幼蟲の章から「サユリ」と「西正人」、蛹蟲の章から「レン」。
キャラクリックで立ちポーズが変わることをお忘れなく。
開発日記は毎日更新されていますよ。

『MinDeaD BlooD DVD Special Edition』はHPリニューアル。
CD版とDVD版、両方の製品情報が見れるようになりました。
予約するなら急ぎましょう。

at 11:01|PermalinkTrackBack(0)Black cyc 関連 

.hack//Roots 第10話「Missing」

放送曜日が変更だったので今日感想です。

直毘の罠によってオーヴァンのデータが奪われる話。

ごめん、まったく話が分からない。
そして相変わらず戦闘がショボイ。

オーヴァンのPCデータはエリア1つ分に匹敵する。
よく動けますね、そんな重さで……。
不都合とか起きなかったのか?

「キー・オブ・ザ・トワイライト」は結局見つからない。
以前の「The World」にあったのは事実?
オーヴァンの『プライベートな理由』って何だろう?

オーヴァンはそのまま行方不明に。
志乃はリアルでも連絡を取ったと言っていましたが、
知り合いである以上、家を訪ねることができると思うんだけど?
オーヴァンの住所までは知らないのか、それとも志乃自身に何か事情があるのか?
リアルのオーヴァンは無事なのでしょうか……。

志乃とハセヲの関係も曖昧ですね。
ハセヲに寄り掛かる志乃だけど、ゲームの世界でやるな!(笑)
独り画面に向かっているリアルの姿を想像すると笑ってしまった(失礼

志乃は俵屋に取引を持ちかける。
和室はギャグですか?(笑)
ここまで準備していたオーヴァンは一体……。

黄昏の旅団がTaNに全面戦争を仕掛けるらしいとの噂。
このゲームは『噂』で成り立っていることを強調したいのかな?

謎が膨らんでいくが、アニメでは殆ど解決されないんだろうなぁ……。

at 10:10|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(2) 

2006年06月16日

ZEGA PAIN #11「残るまぼろし」

冒頭から尻、舌、唾液、水着というコンボ。
対象年齢が(笑)。

転送や復元の際に、幻体データは大なり小なりエラーが発生する。
その影響が身体(ドライダメージ)と心(ウエットダメージ)に表れる。
アークのCHIP損傷率は1.748。
ドライダメージもウエットダメージもキョウ達とは桁が違っていた。
アークはすでに幻体保持できるギリギリの状態。
それでも戦うことを止めようとはせず、自ら偵察任務に出向く。
それが二人の望みだから……。

待って、泣ける……。
死ぬのが怖いとか、「俺達は人間だ」の辺りで早くも泣きそうになった。
もっと活躍してくれることを信じてたのに、こんな数話で消(い)くなんて……。
しかもシズノのただ一人の友達って何だよ!
陰と陽のコンビで陽が先に消かなければならないのか。

アークの戦う理由、それは『命と幸せを取り戻すため』。
みんなも同じ気持ちで戦ってるんだろうなぁ。
キョウはどうなんだろう?

アークがその写真を見ることはない。
そして犬が・゜・(ノД`)・゜・
キョウ「戻ってくる…必ず四人で!」
CM入りが神過ぎ!

ガルダがデフテラ領域を作り出す機関マシンを発見。
キョウ達はデフテラ領域の出現を防ぐため、艦を墜しに向かう。
しかしアークの転送は危険な状態だった。
それでもシマは転送許可を出す。
シマにはアークの覚悟が分かっていたから……。

で、転送失敗かよ……。
ここで熱く燃え尽きるとばかり思ってたのに。
虚ろな瞳がクリスを捉えることはもうない……。

あのとき二人が決めたこと。
アークと一緒に自分も消くこと、クリスを自分と共に消かせないこと。
生と死の狭間で選んだ道、それは苦しみを背負って生きること!

キョウの叫びが最高によかった。
アーク「カフェオレが飲みたいな……」
で、涙腺決壊。
たぶん見てた人全員ここで泣いたんだろうな……。

最後までプロフェッショナルだったアーク。
敵に発信機を付けた?
本部が特定できれば総力戦も近いか……。

セレブラントとして目覚め始めたリョーコ。
クリスとアークを見て、自分の気持ちにも決心がついたキョウ。
そして失っていくだけのシズノ。
今後の展開が気になります……。

at 17:53|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(2) 

2006年06月14日

メモリーズオフ Bridge

電撃文庫(2002年2月15日)
メモリーズオフ Bridge
著:渡辺陽
定価651円[本体620円+税5%]

時間があったので感想書いちゃいますね。
今までのシリーズとは違って、電撃文庫での発売。
この小説はゲーム本編の補完的な小説ですが、
ファミ通文庫の茶坊さんシリーズにも適応可能です。
ではネタバレ回避のため分けるよ〜。
続きを読む

at 14:14|PermalinkTrackBack(0)メモオフ小説 

2006年06月12日

メモリーズオフ 〜それから again〜

ファミ通文庫(2006年5月29日発売)
メモリーズオフ 〜それから again〜
著:日暮茶坊 カバーイラスト:松尾ゆきひろ、輿水隆之、相澤こたろー(キッド)
口絵・挿絵イラスト:橘 由宇
定価672円[本体640円+税5%]

この小説は短編3話構成。
いのり、雅、果凛、それぞれが一蹴と結ばれた後のストーリーです。
当然ながら今までの茶坊さんシリーズとは離れたお話。
この小説ではゲーム中のストーリーを基本として書かれています。
アフターレインのときと同じですね。
茶坊さんが言っているように、番外編として考えましょう。
とりあえず雅編はすばらしい!
以降ネタバレ回避のため分けます。
続きを読む

at 13:13|PermalinkTrackBack(0)メモオフ小説 

RAY The ANIMATION Episode6「贈りもの」

ようやく6話放送ですよ……。

ある日、零の元に「ガラスのメス」が送られてきた。
これに呼応するように、電気機器と金属のメスが使えない患者が運び込まれた。
その患者・浅田は、身体の細胞機能が低下し、急激な老化が進行していた。
そして浅田は、かつて零やアカリボンを監禁していた「組織」の一員だということが
判明する。
予期せず舞い込んで来た「組織」の手掛かりをなんとしても救うべく、
零は一連の現象の原因である生体磁石を取り除くオペを開始する。
零の目と送られた硬質ガラスのメスだけが頼りのオペ。
「ガラスのメス」の送り主・Hリングの男は何を企んでいるのか……という話。

組織に係わる話の第2回。
そしてやっぱりこの作品はパンツアニメ(*´Д`)

うわーアカリボンの世間知らずっぷりがヤバイよ(汗)。
とんでもない料理を作っております。
魚介類が何とも言えない……(苦笑)。
そして何て素敵な……破廉恥な格好で買い物に行くんだ!
店員が女性であったことを祈る……。
加えて言うなら羽衣さんの演技が破壊力を倍増させている気がする。
バカっぽい演技似合いすぎじゃないですか?(笑)

贈られてきたガラスのメス。
開ける前に中身を確かめたりできて便利な目ですね(苦笑)。
「意味ある贈りもの」だそうですが、組織は何を考えているのだろう?

生体磁石の電磁波で電気機器と金属のメスが使えない患者は組織の一員だった。
仕事でミスをして実験材料にされたそうです。
体内に生体磁石を埋め込むことで、身体にさまざまな影響を及ぼす。
その一つが細胞機能の低下に伴う急激な老化現象。
25歳という若さにして、すでに脳にまで老化が進んでいた。
組織のボスであるHリングの男の登場……。
この男が表に現れたということは、
組織の内部で何らかの変化が起こっている可能性が高い。
Hリングの男の狙いと目的、それを聴き出すためにも、
何としても浅田を救わなければならない。
オペは零の機転が効を奏し、無事成功する。
たぶんこの男からは何も聞き出せないんじゃないかな?と思う。
意識が戻るまでにしばらく掛かりそうだからよく分からないけど……。
アカリボンの反応も気になるところ。

「白い部屋」での恋人だったコーイチ。
この頃の零って10歳程度のはずですが、キスとかするんですね……。
コーイチはあまり良い状態で生きているとは思えないなぁ。
組織に手を貸しているとか色々……ね。

次回は水着!(マテ

at 10:32|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(2) 

2006年06月11日

考えてたら楽しくなった考察(ぉ

こんな質問が届きました(BBSにスレ立てた人と同じ人かな?)。
web拍手
『We Are*』の天の小説を見て思ったのですが…
「必中する」なら予知能力者を徴兵しても無意味では?
が、そんな疑問より天をたたき起こした優弥が手刀以外の手段で
彼女を寝かさないようにしなかったのが疑問w
この件について秋燕殿はどう思われますか?


一つ目の問いなんですが、これは私も気になっていたことなので、
今から真剣に考えてみようと思ったのであります。
興味なければスルーして。



続きを読む

at 14:48|PermalinkTrackBack(0)雑記 

涼宮ハルヒの憂鬱 第10話 「涼宮ハルヒの憂鬱検

今回は『キョン、命を狙われて特盛!』の話(意味不明
OPをカットするほど重要な話だったが、キョンにとっては災難でしかないわけで(笑)。

朝からハルヒの機嫌が悪い。
何の事件も起きなくて退屈しているらしい。
SOS団を作ったものの、大した活動が出来ず弱気になっている模様。
パーッと事件が起きれば機嫌も直るのだろうけど……。
というか朝倉さんの話をすべてシカトするのはどういうことだ?
長門さんもそうだが、ハルヒは情報生命体(情報統合思念体)に対して
あまり接触しようとしないところがあるような気がするのだが……。
ハルヒにとって『情報』とは何を意味するのだろうか?
とりあえずキョンよ、『mikuruフォルダ』をコピーさせてください(却下

平穏な一日もいつ何が起こるかわからない。
キョンの下駄箱に入っていた一枚の手紙。
事件はここから始まる……。

朝倉涼子は長門のバックアップとして作られた存在だった。
そして、長門と同様に『涼宮ハルヒ』を観察しているのだが、
何も変化しない状況に苛立ちを覚えていた。
今の膠着状態をどうにかしたいと考えた朝倉涼子は、
自らの独断で行動を開始、キョンの抹殺を計画する。
キョンが死ねば『涼宮ハルヒ』は何らかのアクションを起こす。
それは再び情報の爆発に繋がる可能性がある。
より多くの情報を求める情報生命体としては又と無い機会。
今日、夕暮れの校舎は血色に染まる……。

「やらなくて後悔するよりやって後悔したい」と話す朝倉さんに、
キョンはわけも分からず質問に答えていく。
『やる』は漢字で『殺る』と書くんですよー?!
キョン逃げてー!!(笑)

空間を操作し、自分に有利なフィールドを造る朝倉さん。
その割には手間取ってる感じがするのですが?
キョンの反射神経が予想外に高かっただけかな?
そのキョンが椅子を投げたのにはビックリ。
顔面直撃コースだったのですが、いくら命を狙われいても、
女の子の顔面に椅子を投げつけるのはどうなんだろう?
命の危機に相手を思いやっている暇は無いということでOK?

身体が動かなくなって絶体絶命のピンチに長門が駆けつける。
「一つひとつのプログラムが甘い、側面部の空間閉鎖も情報封鎖も甘い」とのこと。
えーっと、空間を組み立てる為のプログラムってどういう原理で出来てるんですか?
「進入を許す」と長門は言っていましたが、
進入できない者にはその空間はどのように見えるのだろうか……。

『パーソナルネーム朝倉涼子を敵性と判定』は分かるが、
『情報結合の解除を申請、当該対象の有機情報連結を解除』って何だろう?
つまり『対有機生命体コンタクト用ヒューマノイド・インターフェイス』を解除して、
元の『情報統合思念体』に戻すということか?

下手なバトルアニメよりも遥かに盛り上がるアクションが展開され、
二人が人間じゃないことをまざまざと見せ付けられたキョン。
お疲れ様です……(えー

いろいろあって朝倉涼子はいなくなった。
長門さんの情報操作で転校したことになったが、ハルヒは事件を感じ取る。
今回は本当に背後に事件があったわけだから、ハルヒの勘は侮れないかも……。
やっぱり長門さんの眼鏡がないことについてはスルーなんだろうか?
キョンは属性とか口走ってましたが、普段は無しでも本読む時は眼鏡だろうが!
分かってないなぁ(えー
まぁどちらでも長門さんが可愛いことに変わりはない(ぉ

未来の朝比奈さん登場。
こちらも下駄箱に手紙を入れての呼び出し。
「久しぶり」と言いましたが、何かの伏線ですか?
胸のホクロは悩殺写真の中でもチラッと見えたんじゃないかな。
確か胸をアップで撮っていた写真があったからそれに。
こういう話を聞くとキョンとの関係が気になりますね。
付き合ったりするのか?
「仲良くしないで」というのはどういう意味だろう。
私の中では、『好きになると別れが辛いから』ということにしておく。
『白雪姫』というヒント。
次回で活かされるのかな?

キョンは冒頭で「男と歩け、デートにもなって〜」とか言ってましたが、
その相手が自分になるとは思ってもみなかっただろうな(笑)。
ハルヒの機嫌が直って良かったじゃないか。
大変だろうけどがんばれよ!(笑)

次回はえーっと……何?(オイ

余談
『せっかくだから』で朝倉涼子の前の住所を聞くハルヒ。
微妙に使い方間違ってないか?w

at 14:18|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(2) 

2006年06月10日

We Are*と龍刻のHP更新!!

We Are*はノベル第六弾、朝霞天編「最後の夏」公開。
ダウンロードページでは、OPムービーとSoundtrackのPreviewが見れます。
限定版同梱サウンドトラックの全曲目紹介映像はちょっと面白かった。
主題歌は上手な人に歌って欲しかったのですが、仕方ないか……。
小説は今回で最後。
絵に萌え転がったじゃないか、どうしてくれる!(えー

あ〜、これ買うべきなのか悩むなぁ。
期間限定で予約キャンペーンを開催してますが、
ソフマップで予約してまで買いたいかと言われると、う〜ん。
お金ないので廉価版の発売まで待つことになりそうです(マテ

龍刻は発売日と価格が決定。
長かったよここまで……。
しかし夏発売と言っていたのに、9月21日とは……(苦笑)。
ま、無理だろうとは思ってたけどね!(ぁ
他に限定版同梱物が決定。
1.健部伸明氏書下ろしドラマCD「そして最後の不思議」
2.龍刻コンテンツ満載のスペシャルムック「ドラゴン・タイムズ」(仮)
コミックや小説、キャラクターのグラビアページなどが掲載されるとのこと。
ダウンロードページでは、[龍刻の手帖vol.0]をPDFファイルで見ることができます。
相変わらず四コマが面白い(笑)。

スタッフBlogもちょこちょこ更新中。
シナリオ担当の健部さんのお話は読んでおきましょう。
やっぱりこの人は良いなぁと思った。
こちらは買う気満々です。
しばらくは店舗特典待ちですかね?

at 03:33|PermalinkTrackBack(0)その他美少女ゲ−ム 

『EXTRAVAGANZA〜蟲愛でる少女〜』HPオープン!

前から応援すると言っていたので早速紹介。
Black Cyc』の新作『EXTRVAGANZA 〜蟲愛でる少女〜』の
公式ホームページがオープンしました。
略称は『蟲愛』らしいので、今後はそれで(笑)。
『エクストラヴァガンザ』なんてイチイチ発音してられませんよ!(ぁ

【企画・ディレクション】
和泉万夜・上田メタヲ
【キャラクターデザイン・原画】
上田メタヲ
【シナリオ】
和泉万夜 
【音楽】
あるるかん
と、『Black Cyc』ではお馴染みの方々が手がける今回の作品。
情報はまだまだ少ないですが、主題歌はほぼ完成しているそうです。
ダウンロードページで公開されるのもすぐかな?

詳しい内容はホームページ見れば分かるのでこれ以上は書きませんが、
既に発売日が決まっているので、今から資金の用意を始めますね(ぉ
蟲愛スタッフさんがんばってくださいね〜!!
以上でした!

at 02:13|PermalinkTrackBack(0)Black cyc 関連 

2006年06月09日

ZEGA PAIN #10「また、夏が来る」

映研の部室を整理していたリョーコは、『世界の終わりの一日』という作品を見つける。
それは今の3年生である15期生の河能亨という生徒が撮った作品。
この作品との出会いが、リョーコが世界の真実を知るきっかけとなる……。
全然予想もしてなかった展開になったよ!
リョーコは日常の象徴みたいな存在だったんだけどなぁ。
徐々に戦いに巻き込まれたりするのかしら?
予想では、真実を知っても仮想世界から離脱する能力は持たず、
キョウの帰りを待ち続けるという役目になると思います。

セレブラントとは何か?
未だ詳しいことは解明されてないが、先天的なものではなく後天的なものらしい。
仮想世界の矛盾に気付く、それがセレブラントの目覚め。
きっかけは様々だが、今リョーコに目覚めの兆候があるとのこと。
セレブラントについては、まだ人類が生きている頃から研究されており、
何度か実験が行われていたと考えるべきでしょうか?
その実験に成功したことでゼーガペインを作成、
人類が絶滅し、全てをデータ化せざるを得なくなった場合の対策とした、とか?
一つ気になるのは、人類が絶滅した現実世界を守る意味について。
人類のいない世界を、データである人類が守る必要がどこにあるのかな?と。
各地のサーバを守るためだけだとしたら、それは単なる人のエゴでしかないよなぁ。
『ガルズオルム』や『ナーガ』の話が描かれないことには何とも言えないか……。

終業式の夜の夏祭り。
今のリョーコは仮想と現実の狭間にいる。
キョウはそんなリョーコを守ると決意するのだった……。
カップル話が忙しい(苦笑)。
ミズキはフラれちゃいました。
存在しない彼女を待ち続けるハヤセといい、キョウに忘れられたシズノといい、
何だか切ないなぁ……。

EDがいつもと違いましたが、今回だけかな?
やっぱり副会長が可愛いです!(ぉ
この作品は本当にロボットアニメなんだろうか?(笑)

at 17:55|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(2) 

2006年06月07日

.hack//Roots 第9話「Melle」

ウイルスコア&旅団メンバーが揃う話。

冒頭で登場したのは前作の主人公。
何しに現れたのかなぁ?

オーヴァン捕獲の罠もハッキリしないままですが、
「何者かに不正を調べられていた」と語る直毘。
システム管理者では無いと言い切ったということは、
システム管理者はこのゲームにほとんど干渉してないみたいですね。
ゲーム自身が意思を持って管理してる可能性も?

ウイルスコアを持つ俵屋のもとに向かう匂坂。
仲間を信じる心が俵屋に通じ、無条件でウイルスコアを渡される。
俵屋の今後も気になりますね。

旅団とTaNの戦いに助けに入ったゴード。
オーヴァンの夢を挫くことが目的でしたが、
それならハセヲを助ける必要はないわけで……。
本当はまだオーヴァンを信じたいという気持ちがあったんでしょうね。
遅れてBセットも現れ、共に旅団へ仮復帰を果たす。

匂坂も戻ってきて、ついにウイルスコアが揃う。
それぞれ手にしたウイルスコアを掲げると、塔から別の場所にワープする。
それを見たエンダーの指示でPK部隊もワープゾーンへ飛び込んでいく。
オーヴァンを先に行かせ、その場を守る旅団メンバー。
この先は直毘の罠か、それとも「キー・オブ・ザ・トワイライト」への道か……。
次回も盛り上がりそうですね。

戦闘シーンはもっと迫力があったほうがいいと思います。
志乃さんの魔法はイイ感じなんだけどなぁ。

at 16:12|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(2) 

2006年06月06日

早蕨美海の誕生日!

今日はメモリーズオフ#5より早蕨美海の誕生日です。みーちゃんおめでとう!
以降はネタバレ全開になるけど大丈夫かな?

美海は#5のキャラの中で一番好きなキャラです。
今話題の『キミキス』じゃないけど、あのおでこにキスしたくなるよね!(アホ
美海はメモオフナンバー1の癒し系だと思うのですよ(笑)。

彼女はシナリオライターさんの自己満足によって意味不明の病気を背負わされました。
(ちょっと言い方が悪いけど気にしない)
毎年5月10日に思い出をつかさどる『エピソード記憶』が消える美海。
原因は数年前の事故という設定なんだけど、
その事故については詳しく語られていません。
個人的には#5はあすかルートが正史で、美海の病気はあの後治ったと考えたいです。
みなもちゃんとかもそうですが、続編がある作品に病気を持ったヒロインがいるのは
何かと都合が悪いですよね……。
まぁみなもちゃんは続編の予定が無かったから仕方ないけどさ。
美海の病気はちょっと考えて欲しかったです……。
でもこの作品の『想い続けていれば願いはきっとは叶う』というテーマは
良く描けていたので、メモオフと言う作品からはずして考えた場合、
このシナリオライターさんはすごいと思いますよ。
このことについては#5の総合感想に書いた通りです。

記憶が消えるから友達も作らないし恋もしないという美海。
それは美海なりの周囲への優しさです。
しかしそのことが逆に病気の治りを妨げているのではないでしょうか?
思い出を沢山作って、絶対に忘れたくないという気持ちを持つことが
一番の治療法だと思います。
美海ちゃんはその辺りの願いを諦めちゃってるんですよね。
春人との再会で忘れたくないという気持ちが強くなった。
だからこそ、あの日わずかとはいえ思い出すことができたのだと思います。
美海ちゃんにはこれからCUM研のみんなと沢山思い出を作って、
いつか病気を克服して欲しいですね。

他に言うなら、美海にも兄弟がいればもっと違う形になったと思うんですよね。
歳の近い家族がいれば、いくらか病気が治る可能性も高まるんじゃないかな?と。
ということで私が美海ちゃんの兄に… アァ?(#゚Д゚)σ)Д`)アゥアゥ

余談
クッキーのタカラがあんなに活躍するとは思わなかったなぁ(笑)。

at 15:59|PermalinkTrackBack(0)ヒロインの誕生日記事 

Gore Screaming Show(ゴア・スクリーミング・ショウ)の感想

唐突ですが、Black Cycより発売(2006年1月20日)の
『Gore Screaming Show(ゴア・スクリーミング・ショウ)』の感想を書いておきます。
なぜ今頃?と言われると、次回作の『EXTRAVAGANZA 〜蟲愛でる少女〜』が
控えてるからというのが理由だったり(ぁ
もう発売から4ヶ月以上経ってるんだけどね……。
え〜っと、ネタバレになるし、陵辱系がダメな人のために分けます。
ちなみに長いので読むのに飽きたらブラウザを閉じましょう(えー
続きを読む

at 06:06|PermalinkTrackBack(0)Black cyc 関連 | エロゲーレビュー(仮)

2006年06月05日

Memories Off ♯5〜とぎれたフィルム〜Vocal Collection

【Memories Off ♯5〜とぎれたフィルム〜Vocal Collection】の発売日が
決定したのでお知らせ。
6月23日(金)価格2,940円(税込み)となっています。

収録曲
1.ORANG(OPテーマ)
作詞/作曲:志倉 千代丸/編曲:礒江 俊道/歌:彩音

2.ロマンシングストーリー(True EDテーマ)
作詞/作曲:志倉 千代丸/編曲:上野 浩司/歌:彩音

3.ココロ☆ラブリウェイ(日名あすか:キャラクターEDソング)
作詞/作曲:志倉 千代丸/編曲:上野 浩司/歌:野川さくら

4.空を見に行こう(河合春人:キャラクターソング)
歌:森久保祥太郎
作詞/作曲/編曲はプレミアムコレクションを買ってないので分かりません。
ごめんよ……。

5.Believe(観島香月:キャラクターEDソング)
作詞/作曲:高井 ウララ/編曲:西田 マサラ/歌:桑谷 夏子

6.Dissolve(仙堂麻尋:キャラクターEDソング)
作詞/作曲/編曲:濱田 智之/歌:井ノ上 奈々

※もしかしたら5と6が逆の可能性あり。

7.記憶の雫(早蕨美海:キャラクターEDソング)
作詞:畑 亜貴/作曲:槍手 剛/編曲:陳 翔福/歌:名塚 佳織

8.by your side(雨宮瑞穂:キャラクターEDソング)
作詞/作曲:高井 ウララ/編曲:吉原 かつみ/歌:佐久間 レイ

9.I wish...(日名雄介:キャラクターソング)
歌:櫻井孝宏
作詞/作曲/編曲は(ry
ごめんなさい……。

10.Film Makers(Memories Off ♯5〜とぎれたフィルム〜THE ANIMATION OPテーマ)
歌:彩音

以上10曲です。
これだけじゃ値段と合わないということらしく、
DISC 2として【Off Vocal Disc】が付属されるそうです。
よって計20曲になりますね。

え〜っと、やっぱり修司のキャラソンは無しですか、そうですか。
きっと緊張して舌噛んじゃうから収録にならなかっただけで、
本当は作るつもりだったんでしょ?
ねぇ、そうだと言ってください、マジで……_| ̄|○
というかね、男三人は三人で1曲にすれば良かったと思うんだ。
その方が友情という感じがしませんか?
修司だけキャラソンが無いという中途半端なことをするより
よっぽど良いと思うのですが……。

あとキャラソンの数が少ないからって、
カラオケバージョンで誤魔化して欲しくなかった……。
Memories Off ♯5〜Promis and Wish〜であすかが歌った『wish』や、
あすかの18番である『Shining Sitar』を野川さくらさんが歌うとか、
あすかと美海のデュエットとか、香月と春人のデュエットとか、
歩とあすかのデュエットとか、麻尋と雄介のデュエットとか、
いくらでも追加曲を作れるのに勿体無い、非常に残念です……。
そんなに曲を作るのは大変だと思うけど、せっかくのVocal Collectionなんだからさ、
それくらいしてくれると嬉しかったかな?と思ったり。
まぁ私がここで意見を出しても意味ないし手遅れなんですけどね(苦笑)。
では以上で終わり〜。

at 12:50|PermalinkTrackBack(0)メモリーズオフ関連 

2006年06月04日

涼宮ハルヒの憂鬱 第9話 「サムデイ イン ザ レイン」

今回は涼宮ハルヒのツンデレ(マテ

時は十二月、季節は冬。
SOS団の結成からもう半年にもなる。
今日はそんなSOS団の日常の一部をお送りしよう。

キョンが電気ストーブを取りに行っている間、
部室では『朝比奈ミクルの冒険』のジャケット撮影が行われていた。
劇中で使われていない衣装でジャケット撮影してどうするんだ?
とか思ってたら写真集を作るとか言い出したよ!
とりあえず3冊ほど買わせてもらいますかね。
え〜っと、長門さんはワザとですか?
お着替えシーンが見えないじゃないかっ!
パーソナルスキル『鉄壁のBook Defense』発動!!(笑)

映像特典か何かを撮りに三人が出かけている間、
一人読書をする長門さん。
このシーンはネタが満載なのだが、私には解析不能。
聞こえてくる声は演劇部の練習という設定でしょうかね?
こういう演出はネタが分かる人でなければ楽しめないと思うのだが……。
私はひたすら長門さんが次のページをめくるまでの時間を数えてました(ぉ
平均10秒前後だったかな?

電気屋のおじさんの話だと、『朝比奈ミクルの冒険』には続編の予定があるらしい。
アニメ第二期の第1話はこれだな!(ねーよw

さりげなく気を利かせてくれたらしい長門の行動。
ストーブが少し近くに置かれていたり、カーディガンをかけてあげたり。
長門さんファンにはたまらない(*゚∀゚)=3ハァハァ
全部長門さんがしたという確証はないけど……。

そこへさらに自分のカーディガンをかけるハルヒ。
2本強奪するくらいなんともないのに1本しかない傘。
無理やりハルヒの力と関連付けるなら、『キョンと相合い傘がしたい』
という願いがこの状況を作り上げたと考えることも可能。
キョンの話では、天気予報の降水確率は10%だったみたいだしね。

まったりとした実質上の最終話。
なぜこのタイミングに持ってきたのかは謎ですが、
面白かったので良しとしましょう。
次回はようやく憂鬱の続きらしい。

at 13:13|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(2) 

2006年06月03日

電撃G's magazine7月号紹介

電撃G's magazine7月号
付録はD.C.兇離丱奪献札奪函雰酖臂恋)。

今月は、巻頭特集・その他ギャルゲーの紹介・PCゲーム・アニメ・
各種インタビュー・グッズ・読者企画・ノベル・読者ページ・コミック
という形式。
『ノベル』と『コミック』について知りたい人は公式でチェックしてください。
本誌でPS2ソフト『ストロベリー・パニック!』の誌上通販が行われています。

巻頭特集
D.C.
第1部までを最速攻略。
攻略制限があったんですね……。
キャラクター投票なども行っています。
ショートストーリーは花咲茜。

夜明け前より瑠璃色な(PS2版)。
プロデューサー木下哲嗣氏にインタビュー。
コシューマー化やアニメ化についてなど。

ストロベリー・パニック!
今回は松来未祐さんと桑谷夏子さんが体験レポート。
ディレクター藤原保氏にインタビュー。
OP曲やED曲の情報も。
アニメ紹介で載せてる画はエロイのばかり狙ってるw

うたわれるもの(PS2版)
オリジナルキャラクター・カムチャタールの紹介。
ゲーム中盤から登場するとのこと。
CVは田口宏子さん。
PS2版オリジナルCGも公開。
シュミレーションパートのシステム紹介。
鷺見努氏、木下貴之氏の両ディレクターにインタビュー。
発売日は8月31日予定。

その他ギャルゲーの紹介
世界ノ全テ
Winからの移植作。
PS2版はシナリオとイベントCGの追加がされるそうです。
キャラクター紹介と新着CGの公開。

最終試験くじら(PS2版)
新ブランド『Sweets』が移植を手がけます。
詳しい情報はまだ未定だけど、アニメ化の予定も?
今はヒロインの紹介程度。

乙女の事情
新ブランド『Nine'sFox』のデビュー作。
ヒロイン紹介とビジュアルのみ。

_summer##
各ヒロイン+サブキャラの紹介。
イラストストーリーは七緒日向子。
コインシステムについても少し。

パルフェ〜Chocolat Second Style〜
店舗特典の絵はどれもエチくてオススメ!
玲愛、美緒、瑞奈のストーリーを紹介。
井ノ上奈々さんの演技が(ry

FESTA!!〜HYPER GIRLS PAPTY〜
新規ビジュアルを公開。
全ヒロインの紹介。
最新情報はKIDのHPでね。

EVE〜〜new generation〜
プロデューサー金杉はじめ氏にインタビュー。
来月は我らが打越先生が登場!
システム紹介など。
キャストも決定してるみたいです。
主人公は子安かよ……。

あやかしびと−幻妖異聞録−(PS2版)
新ブランド「ディンプル」が手がけるWinからの移植作。
PS2版新ヒロイン・逢難を紹介。
CVはなんと!林璐美さんですよ!
新ボーカル曲も追加予定とのこと。

龍刻とWe Are*は目新しい情報は無し。
HPの更新情報で書きたいことは全部書いたので、
そちらを参照してください。

その他、魂響〜御霊送りの詩〜、ARIA The NATURAL〜遠い記憶のミラージュ〜、
Soul Link EXTENSION、スクールランブル二学期など。

PCゲームの記事
舞−HiME運命の系統樹 修羅
追加ヒロインの新規イベントCG公開。
序盤のストーリーを紹介。
とりあえず奈緒がかわいいです!
イラストストーリーは深優&アリッサ。

フルアニ
アニメーションについてなど。
制作費はかなり高いみたいです……。
ストーリーの紹介も。
私はコロネがあまり好きじゃないんですよね〜。

天空のシンフォニア2
新規ビジュアルやヒロインの紹介。
システムについてなど。

その他、ぶらばん〜The bonds of melody〜、ぷりサガ!〜ボクの妃は××〜、
グリンスヴァールの森の中〜成長する学園〜。


以上で終わりです。
桜まろんさんの応援もよろしくね〜。
夏コミは『8月30日(日)東2 P23a』だそうです。
私がこっそり応援してることはまだ知られてないよね?(ぉ
ではでは〜。

at 15:57|PermalinkTrackBack(0)買った雑誌の紹介 

We Are*と龍刻のHP更新!!

We Are*はsystemのページにメディア掲載済みのイラストや、
ゲームのインターフェース周りのキャプチャー画像を追加。
他に店舗特典の情報を追加公開。
う〜ん、やっぱり絵が残念賞ですかね……。
顔が長いのと口の描き方が微妙。
コミックの絵は可愛くて好きなんだけどなぁ。
とりあえずこの作品は背景が好きです!(えー

龍刻スタッフBlogで情報が!
限定版パッケージイラストの原画とか公開。
相澤さんがんばれ〜!!
アニメイトTVにて龍刻のアフレコレポートがありますよ〜。
先日行われた龍刻のアフレコ現場からキャストコメントを頂いています。
さらに美流役の能登麻美子さんの動画も配信。
1分40秒ほどの動画ですが、龍刻について語ってくれています。
能登さん、どうもありがとうございました!
『ファンには「キッドシステム」と呼ばれる洗練された会話方式で〜』
と書かれていたのには笑った。
もう完全に「キッドシステム」で定着したのねw
作品によって機能が若干違うので統一して欲しいんだけどなぁ。
まぁ基本は同じだからあまり気にする必要はないけどね。
発売日や特典情報などは、来週辺りには公開できるそうですよ。

at 09:53|PermalinkTrackBack(0)その他美少女ゲ−ム 

2006年06月02日

ZEGA PAIN #09「ウェットダメージ」

ついにキョウもセレブラントの一員(戦力)として認められる。
しかしそんなキョウを見つめるシズノは決して笑顔ではなかった。
彼は『以前と』同等であって同一では無いのだから……。
今回で1話の冒頭が過去だということが確定しました。
まぁ初めから分かってはいたけどね。
今のキョウはシズノを忘れているんですよね〜……。
そのことは後記で。

仮想現実では、ハヤセやウシオと仲直りし、水泳部の存続にも希望が見え始める。
だがキョウは中学校の頃から前の記憶が一切思い出せないことを気にしていた。
そしてそのことと繋がる話をクリスとアークから聞かされる……。
量子テレポーテーションを行うたびに何らかのエラーが生じ、
データに欠落部分が生まれる。
ある程度は修正と安定化が可能だが、それにも限界があり、
何より記憶については一切の修復が不可能。
記憶を失うこと=データとしての死を意味している。
まとめるとこんな感じか?
死んでるのに死を恐怖しなければならないっていうのは嫌だなぁ……。
アークは大きな転送トラブルによって自身のデータの殆どを失ってしまったとのこと。
この二人の関係って切ないね……。
にしてもどうしてこうもアークは色っぽいんだ(*´Д`)

デフテラ領域総攻撃。
オケアノスのゼーガペイン全てを投入して敵拠点を叩く。
その際に、アルティールを駆るキョウはシズノに尋ねる。
転送によるダメージについてを……。
「あなたは一度生まれ変わっている」
シズノは今のキョウが『過去のキョウの生まれ変わり』だと認めた。
今を生きるキョウと過去のキョウ。
二人は同じデータから出来ていても、記憶はまったく違う。
そしてそれはシズノの記憶が一切ないことになる。
シズノがいつも悲しそうなのはそういうことなんでしょうね……。
作戦は無事成功。
キョウは過去を捨て、今を生きる決意を固めていた……。

恋の悩みと心の痛み。
う〜ん、キョウの気持ちがイマイチハッキリしないなぁ。
結局リョーコのことは本当に好きなのか?
「痛てぇよなぁ…」って言ってるだけじゃ分かりにくい!

次回はリョーコが(*゚∀゚)=3ハァハァ

at 21:16|PermalinkTrackBack(0)アニメ感想(2)