2005年11月

2005年11月30日

灼眼のシャナ 第8話 「麗しのゴブレット」

今回は悠二と一緒なら何でもできる話(デレデレです
無料配信8回目。原作は未読だけどいいよね?

ついに始まったリベンジ戦!
自らをシャナと名乗る炎髪灼眼の討ち手。
その瞳は強い光を放ち、正面に立つ巨体を見上げる。
対する弔詞の詠み手マージョリーは余裕の表情。
しかしその胸には強い憎しみの心を抱いていた。

ということで、熱い戦いが繰り広げられましたよ!
ちょっと前のフリアグネ戦よりさらに盛り上がりました。
悠二も火除けの指輪『アズュール』でしっかりサポート。
シャナの火も消してしまうけど、要は使い方ですからね。
シャナの指示も的確だったし、文句なしの完勝でした。

炎の翼には燃え燃え!すっげーかっこいい(≧∇≦)
翼が付くものは大好きなので嬉しかったですね。
ガンダムも翼が付いていれば何でもOKだったりしますし(ぇ

シャナから離れたとき受身を取れずに転がる悠二に萌え(えー
でもちゃんと頭をガードしてるところは偉いと思った(笑)。

あと「掴まって」と言われて抱きしめる悠二に爆笑。
その後のシャナの反応にニヤニヤする私。
うわー戦闘中という緊張感がまったくねぇ!_| ̄|○
でもイイ!シャナが可愛ければすべて許される!(えー

敗れてしまったマージョリーさん。うん、エロいね!(マテ
でも髪を下ろしたら可愛く見えるのは事実。
そして最後の涙には私も泣いた・゜・(ノД`)・゜・

ラミーさんの真名は螺旋の風琴と言うそうですが、原作未読の私にはよく分からない……。
後の複線かな?

次回は吉田さんの胸が(*´Д`)
何?あの魅惑のゆれ方はっ!制服姿のときはそんなに意識しなかったんだけどなぁ?
吉田さんの特技は着やせですか?(笑)
次回がとっても楽しみです!

at 15:38|PermalinkComments(0)TrackBack(1)アニメ感想 

2005年11月29日

おはスタに「こやまきみこさん・伊藤静さん」が出演!!

もちろんチェックしましたよ〜。
しかしイタイ番組ですね……。
司会の人のテンションについていけません……。

番組終了10分前にようやく「ありのままでlovin’U」のライブが!
とにかくこやまさんが可愛い(*´Д`)
朝からテンション上がるってもんですよ!(≧∇≦)
ただアニメの映像はいらなかったと思います。
せっかく二人で考えた振り付けつきで歌ってるんだからさぁ……。
まぁ子供向けの番組だからしかたないかな?

最後になぜかヘビが登場(゚Д゚;)!!
マジ逃げするきみきみが萌えるよ(*゚∀゚)=3ハァハァ
静さんはすごいね!素で掴んでます!!
なんだか可愛そうな気もするけどね⇒きみきみ……。

司会のイタさに目をつぶれば面白かったです!
きみきみを見るのは久しぶりだったので、それだけで満足でした!
きみきみ「丸焼きよーー」(*´Д`)

at 17:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)声優さん関連 

ぱにぽにだっしゅ! 第22話 槿花一日の栄

冒頭、姫子の遅刻の理由。
ベッキー「それが遅刻の理由か?」
姫子「ダメカナ?」
ベッキー「ダメダヨ♪」

OPは『黄色いバカンス』6号さんVerでした。
お前らはCD売る気あるのか??

今回は桃月学園にTVの取材がやって来る話。

アナウンサー「突撃!隣のホームルーム」
レポーター「さぁ〜今日は大田区にある桃月学園の紹介だ〜。まず最初はこの1年D組から
行ってみよ〜。おおっと〜、このクラスの担任はヨボヨボの爺さんだぞ〜。老い先短そうだなぁ。
元気か〜ジジイ!相変わらず死に損なってる……」
窓の外から死神(芹沢)覗く。妙子も覗く。
レポータ、あまりの恐ろしさに撤退。

場面変わってC組。
くるみが消えていく・゜・(ノД`)・゜・
テレビ局が取材に来てると知ってクラスは大はしゃぎ。
都「里見浩太朗とかいた?」
いやいや、いるわけないだろwwwwwwww
ベッキー「深夜番組なんての低予算の低俗番組だ。そんなモンに時間を費やすほど暇じゃないよ」
なぜかベッキーは冷めた態度……。

場面変わって職員室。
早乙女「え?取材なんて聞いてませんでしたよ」
五十嵐「校長がOKしてるんだって。なんでも突撃レポートのほうが面白そうだから
って黙ってたんだとか」
ジジイ「しかし、ワシのクラスを覗いた瞬間取材班は帰ってしもうた……。
せっかくのテレビだというのに我が校の名に泥を塗ってしまうとは……。
ここはひとつ腹を掻っ捌いてお詫びして……」
切腹するのかと思いきや、魚を捌くジジイwwwwwww
あまりに上手すぎて斬られたこと気付いていない魚 (゚Д゚;)!!
ベッキー「先帰ります、用があるんで」
機嫌がよくないベッキー。それは何故?

再びC組。
都「個性のあるクラスはクラス対抗クイズとかにも出場できるんだよね〜」
6号さん「それじゃあ1年C組の個性を売り込めばいいんですよね」
C組の個性=おでこ・アホ毛・地味・よいこ・分類不能
うわ〜確かに微妙……(笑)。
エゾフクロウの好物はどれ?
A うさぎ
B ウサギ
C 兎
D rabbit
ちょwwwwイジメwwwww
みの一条さんテラコワスwwww

ベッキー「テレビなら出ないぞ!」
姫子「どうしてベッキー!人気者になれるんだよ〜!」
ベッキー「私は嫌だ!テレビなんかに出るつもりはないからな!」
怒って帰っていくベッキー……。

翌日〜。
まずは1年A組から。
五十嵐先生絶好調!!ツッコミを入れる桃瀬兄がイイ!!
そして柏木姉妹キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!
何これ?超ヤバイって!エロ過ぎだから(*゚∀゚)=3ハァハァ
まさかはいてない?(*゚∀゚)=3ハァハァ

次は1年D組。
レポーター「さっそくですが先生、このクラスの特色とはなんでしょう」
ジジイ「ちんちんかもかも!」
ばっかだろお前!(褒めてます
べホイミのやる気のなさは相変わらず。
南条「あぁ!ワシントン条約が憎い!!!」っておいwwwww

一方C組はベッキーをTVに出るよう説得中。
しかし頑として受け付けない……。
とそこへメディアが現れ、ベッキーがTVに出たくない理由を教えてくれる。
それは、他人に変わった目で見られると、人から孤立していた頃を思い出すからだった。
みんなはベッキーに謝りに行くことに。

続いて1年B組、と言いたいところですが、外で授業をしているため取材はされなかった……。
教室には伊藤さんがいっぱいwwwwwwww怖すぎです!

ベッキーを探すC組メンバー。教室に行くと、そこにはベッキーが!
しかもTVに出ると言う。みんなもベッキーの機嫌が直って嬉しそう。
姫子にチョップされて画面外にふっ飛ばされるくるみ・゜・(ノД`)・゜・
しかし最後は一条さんの所為でめちゃくちゃに……妖怪がいっぱいです(笑)。


エンディング『ムーンライト・ラブ』
タロットカード
○ .The Hierophant-法王-(6号さん(鈴木さやか)
○ .The Empress-女帝-(柏木姉妹)
っていうか芹沢×来栖の文字のときに「百合」の文字が(*´Д`)
誰?の二階堂光は一応A組に在籍しているそうですよ?

Cパート
冒頭の続き。
ベッキー「ダメダヨ♪」
姫子「アンソニィ〜」
私「雄介ーーー!!(声がメモオフ#5の雄介の人だから⇒櫻井孝宏さん)

予告の氷川へきる劇場⇒レベッカ宮本VSブラック宮本 2回戦!
ここで宮田がもうこのネタはつまらないと文句。
結果、三度目のお墓逝き……。

今回は笑いよりも、ツッコミ所の方が多かったですね。
黒板ネタでは『バントでホームラン』にワロタwwww

at 16:11|PermalinkComments(0)TrackBack(1)アニメ感想 

観島香月の誕生日!

今日はメモオフ#5より観島香月の誕生日です。シマ先輩おめでとう。

香月は眼鏡っ子ですが、普段はコンタクトをしていると考えるべきでしょう。
個人的には眼鏡をかけてる方が可愛いのになぁ……。
KIDの作品は眼鏡っ子少ないですし(笑)。

カレー趣味は無くてもいい設定だと私は思います。
まぁらしいと言えばらしいですけど(苦笑)。

人気はありますが、私はそれほど萌えは感じませんでした。
眼鏡愛用だったら違ったかもしれませんが(えー

そんなわけで終わり〜。

at 12:35|PermalinkTrackBack(0)ヒロインの誕生日記事 

2005年11月28日

管理人のフリートーク

智代アフターがすごい展開にっ!!ちょっとした祭りになってますよ?
これは実際に見てみないと判断できませんが、現段階では微妙かなぁと……。
もっと普通でよかったと思います。ヘタに設定を追加しない方がよかったのでは?
まぁ鬱な話は好きなのでOKなんですけどね(ぇ
では何がダメなのかというと、河南子が攻略できないことです(マテ
いやね、できないのは知ってるけど、河南子の方が活躍するんだからねぇ。
智代はえちだけしか見せ場がな…アァ?(#゚Д゚)σ)Д`)アゥアゥ
はい、プレイしてないのに下手なことは書かない方がいいよね。ごめんなさい。

さて鬱展開といえば、アニメ『SHUFFLE!』ですよね!
映らないので見てませんが、他サイトのキャプを見ました。
あまりの恐ろしさに感動した(マテ
上からカッターが降ってくるなんてありえないですよ?
楓ちゃんかっこいい!!(ちょwwwwおまwwww
スクールデイズの言葉みたいです。
そのうちノコギリとか出てこないですかね?(おーい
亜沙先輩の命が危ないよーーーあはははははははは……(アッチの世界へ逝きました

帰還しました…こんにちは!(オイ
もうひとつ注目なのはアニメ『D.C.S.S.〜ダ・カーポ セカンドシーズン〜』です。
アイシアちゃんがね、すごーくがんばってくれています。
みんなの反感を買いながらも、鬱展開に持っていきたいスタッフのために
孤独な嫌われ役をこなしています。
D.C.S.S.が鬱展開になるかはこの子に掛かっていると言っていいでしょう。
ついに桜の木に影響が出始めましたが、これからどうなっていくのか非常に楽しみ。
前作を超えることを期待していますよ!映らないけどな!!(えー


私信
NIGHT★FLOW』の夜流さんへ♪
2周年おめでとう〜(≧∇≦)
これからもよろしくおねがいします。
えと、えと……と、とにかく!これからもがんばっていきましょう!!
物が壊れるのはしかたない?として、身体には気を付けてくださいね?

at 20:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)雑記 

麻尋シナリオ 各エンドクリア(1)

月曜日恒例のメモオフ#5感想です。週に一度の感想で悪いね。
フルコンプはできてるんですけど月曜日しか感想書く時間がないのです。
ということでまだあと3回はメモオフ#5の感想になるかと……。
今日は麻尋エンド。3つある中から、バッド2つの感想です。
一部伏字にしておきますね。

Bエンド
また面白いエンドです。春人のヘタレ全開!!って感じ。
私は今作の主人公はあまり好きじゃないので、こういうエンドもありだと思います(ぁ
とりあえず春人は引っ越した方がいいんじゃね?
このままこの町に居ても気まずいだけだろうし……。
新天地で新しい出会いを探すべきですね、はい以上。

フタリキリエンド
麻尋が超萌える(*゚∀゚)=3ハァハァ
何この素敵な態度の変化。これは本当に麻尋?と疑いたくなるような変わりようです。
エンドの中身としてはどこか切ない終わりなのですが、
お互い好きという気持ちに偽りはないわけだから、別にいいんじゃないかと思います。
ただしですよ、そこに愛があっても、信頼がなければ悲しい愛にしかなりません。
「想い続けていれば、願いはきっと叶うんだよな」という言葉がありますが、
この言葉で大切なのは『きっと』という部分です。
『きっと』とは、未来に確かな確証があるということです。
しかしこれが『いつか』だったらどうでしょう?
『いつか』は未来の不定を表している疑問の係助詞です。
つまり『いつか』という言葉には何の確証もないのです。
このエンドでは、春人も麻尋も『いつか』という言葉を使っています。
ですから、この二人の心が繋がることは『きっと』ないでしょうね。

次回はAエンドを含めたトゥルーエンドの感想です。
まだまだメモオフ#5でネタが続きますが、お付き合いくださいませ〜(≧∇≦)

at 17:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ゲーム感想(メモオフ全般) 

2005年11月25日

発売日!!

今日は智代アフターの発売日ですね!
前にも述べましたが、私は買えません_| ̄|○
他サイトのレビューや感想を見て楽しむとします。

で、智代アフターもいいですが、私はあかべぇそふとつぅの「車輪の国、向日葵の少女」
をオススメします。
理由は体験版で非常に感動したからです。まなの良い子具合が半端じゃないんだもん。
強くしっかりしてる幼女ってたまらなく好きなんですよ!!
私は幼女で良い子には弱いのです・゜・(ノД`)・゜・

あとは灯花のツンデレがいいよねっ!(*゚∀゚)=3ハァハァ
序盤から相当萌えさせてくれます。

ストーリーもよくできてると思います。
前作の「魂響〜たまゆら〜」は散々叩かれたので心配だったんですが、
今作はかなり良さそうですよ?
でも体験版の時点だからまだ分からない部分もありますね。
他サイトのレビューや感想を見てから買った方がいいかも(オイ
私は地雷だと分かってて「魂響〜たまゆら〜」を買いましたが何か?(笑)
まぁ絵が有葉さんだからというだけの話でもあるけどね(えー
そんなわけで、「車輪の国、向日葵の少女」オススメします(いや、マジで!

at 17:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)その他美少女ゲ−ム 

2005年11月24日

「Destination」発売中です!!

Fiction Junction YUUKA ファーストアルバム「Destination」買いましたよ〜(≧∇≦)
参照
ちゃんと昨日買ったんですが、時間の都合上から更新できなかったのです。
で、聴いた感想ですが、すごく良い!何が良いってすべて、全部です!!
どの曲も素敵過ぎますよ!南里さん最高(≧∇≦)b!!
ああもう何てすばらしい曲ばかりなんでしょう。
新曲も全部好き〜〜。『誰もいない場所』と『聖夜』は特にお気に入りですね。
『誰もいない場所』は泣けましたし・゜・(ノД`)・゜・

初回特典DVD『焔の扉』プロモーションビデオ&メイキング映像も見ました。
南里さんがとてもかわいいです。撮影当日は雨だったみたいで、スタッフ達も大変そうでした。
梶浦さんが雨の中でピアノ弾いてるのがすっごくかっこいいですよ!
子役の女の子も良かったと思います。みなさんお疲れ様〜〜。

これは本当にオススメできる一枚です!
南里さんファンじゃなくても、十分買う価値があると思うので、
是非買って南里さんの歌声を聴いてみてくださいね。

at 20:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)声優さん関連 

ARIA The ANIMATION 第7話 「その 素敵なお仕事を・・・」

晃さんから実地指導を受けるお話。

なんていうか男ひとりって気まずいですよね(笑)。
アラシはウンディーネにあまり関心が無いようで、実は興味があったという感じかな?
アラシは晃さんの後輩指導を見て何を感じたのでしょうかね……。

晃さんはお客さんのもてなし方が上手いですよね。
バラの演出には笑ったよ(笑)。

訓練ですが、やっぱりアリスには感心させられました。
だってピッキングができるんですよ?(そこかよっ!
いったいどこで会得したのやら…(笑)。

今日もモチモチポンポンがでっかいピンチのアリア社長。
たぶんこれから先も毎回噛まれると思います(笑)。
次回はアリア社長メインみたいで面白そう!!


注目のセリフ
「本気でがんばって反省してる人を叱っても無意味っしょ!」
晃さんかっこいいよ!超ステキ!!

失敗しても落ち込むだけじゃなく、そこからどうするかが大事なのです。
どんな状況にあっても本気でがんばったのなら、たとえそのとき失敗しても
ちゃんと人は認めてくれるはずです。
また、叱られるのは悲しいことだけど、そこに込められた優しさを感じることができたなら、
それはきっと素敵なこと……。
厳しさはきっと優しさの裏返しなのだから、ね?

at 17:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アニメ感想 

2005年11月23日

ラジオしちゃうぞ!メモオフ#5〜〜

ついさっき、2005年11月21日配信を聴いたのですが、今回はいつもに増して面白かったのです。
もうバカ全開で死にそうなくらい笑っちゃいましたよ(笑)。
我慢してる春人は偉いとか言うなーーーーーー(爆笑)。
トークは基本的にネタバレなので注意。

『ミニシアター、しちゃうぞ!』のコーナーは相も変わらずもグダグダで最高!!(笑)
絶対ちゃんとしたシナリオを送ってはダメ!全てアドリブだからいいんですよっ!

あと、あすかのキャラソンの話があったんですが、千代丸さんはあすか好きなんですって!
そりゃびっくりだよ!!あの曲のすばらしい電波はのんちゃんに匹敵するものがありますよね?
もう大好きです!!何回聴いても飽きないですよ。
キャラソン買いたいけど、私はアルバムを待ちます。
お金ないですから……。
でもアルバムだとPVが見れないのがちょっと残念です。
千羽谷タウンのサンプルで我慢するかな_| ̄|○

at 20:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)メモリーズオフ関連 

灼眼のシャナ 第7話 「二人のフレイムヘイズ」

今回はマージョリーさん二日酔いの話(マテ
無料配信7回目。原作は未読だよ!

一緒に戦うという悠二に嬉しそうなシャナたん(*´Д`)
ツンデレの本領発揮ですか?(笑)
悠二を鍛えるのはいいんだが、木刀長すぎじゃね?
もっと扱いやすいやつ使えばいいのに……。
そもそもどこから木刀が?

千草さん受け入れるの早(゚Д゚;)!!
完全に悠二の彼女と思い込んでいるからですかね?
家に住まわすようにもなるのか?

マージョリーさんはお酒に強いわけではなかったと。
まぁ好きだからって強いとは限らないか。
いつか仇を討つ日はくるのかなぁ……。

次回は3対1の戦いですか……。
上手く説得できればいいんですけどね。

最後に一言、吉田さんがかわいそうだ・゜・(ノД`)・゜・

at 16:23|PermalinkComments(0)TrackBack(1)アニメ感想 

2005年11月22日

ぱにぽにだっしゅ! 第21話 鬼に衣

冒頭、芹沢の語りから。
芹沢「みなさん、ご機嫌いかがですか?1年D組、芹沢茜です。マイペースなO型で、
行動派のふたご座。チャームポイントはネコミミっぽいくせっ毛。そして部活は演劇部。
今、私は。私は…宮本先生の影武者をやっていたりします……」

OPは『少女Q』都Verでした。
うん、やっぱりこのOPが一番好き〜。こういう感じの曲って好きなもので。

今回は芹沢がベッキーの影武者をする話。

昼休み、演劇部VS映研の戦い。死闘を繰り広げるロボ子とメカドジラ。
ところがロボ子(芹沢)のみ拉致られる。
気が付くとニセベッキー(C組メンバー)がズラリ。
芹沢「お前ら…その格好」
一条さん「どうも、レベッカ一条です」
芹沢「似てね〜」
玲の話によると、今になってPTAがベッキーに先生やらせるのは無理あるんじゃないかと騒ぎ出した。
そこで直々に授業を視察することになったのだが、肝心のベッキーがいない。
というわけでベッキーの代役を芹沢にお願いしたいとのこと。
はじめは断る芹沢だったが、玲の巧みな話術に踊らされ引き受けることに(笑)。

ここまででツッコんでおきたいのは、水着姿がやべぇということと、
柏木姉妹キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!ということ(笑)。

勝利のV作戦マニュアルを読んで準備はOK。
しかし芹沢はいつもベッキーの授業を聞いていないため演技はいまひとつ……。
しかたなく綿貫が撮ったベッキーの授業風景ビデオを渡す玲。
芹沢「そんなものがあるなら最初から出せ!」

芹沢がセーラームーンにwwwwwww
黒板ネタ⇒土星は別格だよな!セーラーサターンのことですね。私も好き〜(マテ

PTA「こんにちは校長」
PTA「準備はできているかね」
(ガラッ)
入ってきたPTAの方々……。
芹沢ベッキー「………」

戦いのゴングは鳴った!


ついに授業開始。
芹沢ベッキー(役者として人前で演じることには慣れているつもりだ。でも、こんなぶっつけ本番。
しかもセリフが総アドリブの舞台なんて……。くそ〜膝がガクガクするっ。
ええぇい邪念を捨てるんだ…。今の私はレベッカ宮本だ!)
みんなにダメだしをくらいながらも必死に授業をする芹沢。

黒板ネタ⇒オンドゥル語キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!
ダディャーナザン!(橘さん!)
ナズェミデルンディス!(何故見てるんです!)
オンドゥルルラギッタンディスカ!(本当に裏切ったんですか!)
ウソダドンドコドーン!(嘘だそんなことー!)

なんとか上手く演じていたのだが、D組のメンバーが邪魔をしてきてたびたびピンチに……。
南条のツンデレが(*´Д`)
そして足エロスwwwwww

ついに追い詰められる芹沢。
PTAから浴びせられる容赦ない罵倒の嵐……。
しかしここで芹沢がキレた!!!!!
芹沢「ごちゃごちゃ喧しいぞ外野ぁ!こっちはでっかいリスク背負ってやってんだぞ!
どれだけの覚悟決めてここに立ってると思ってるんだ!そんな苦労も知らないで、
さっきからぐちゃぐちゃつまらない難癖つけて!面白半分なのはどっちだ!!
お前らそれでも大人か?!ボケナスどもーーーーーーー!!!!」
言ってから後悔する芹沢だったが、クラスからは歓声が……。
こうして無事に事なきを得た芹沢。見事大役を成し遂げました!

一条さんがかっこいいんですが!!(えー
ナレーション「戦いは終わった」

と、ここでようやくベッキー現る。
ベッキー「あるときはキリリメソウサ。あるときはオオサンショウウオ(青緑)。
そしてまたあるときは6号(黒リボン)こと鈴木さやか。しかしてその実体は……
1年C組たんにぃん!レベッカ宮本だ!」
ということで実は行方不明のフリをしつつずっと側にいたのです。
それを聞いた芹沢はベッキにランチャーを構えて……

そしてまたひとつの戦いが始まった!


エンディング『ムーンライト・ラブ』
タロットカード
○ 将.Temperance-節制-(来栖柚子)
○ .The Emperor-皇帝-(芹沢茜)

Cパート
芹沢と来栖の百合の物語(違

予告の氷川へきる劇場⇒レベッカ宮本VSブラック宮本
しかしブラック宮本、戦う理由が分からない(まぬけw

今回は沢城みゆきさんの演技が光るお話でした!
芹沢の萌え度が一気にアップしましたよ。
来栖との友情もイイネ。いつか真実が分かる日が来るのかな?

at 16:18|PermalinkComments(0)TrackBack(1)アニメ感想 

2005年11月21日

千羽谷タウン更新情報&日暮茶坊さんの小説について

11/25発売になるプレミアムコレクションシリーズに収録される、
キャラクターオリジナルPV(あすか)が先行公開されています!
画質は超悪いですが、見てて面白いのでダウンロードしてみましょう。
微妙なアニメーションもありますが、絵的には悪くないと思う……たぶん(オイ
OVA出るのかしらね?季節は夏、本編の後日談でいいと思いますがどうでしょう?
まぁ特典の出来がよくないと買わないでしょうが(えー

そういえば日暮茶坊さんの小説が控えてますね。
あすかと麻尋は公式プレストーリーがあるし、美海も本編で完璧に完成されたストーリーだから、
とりあえず香月と瑞穂さんだけでいいんですけどね。
外伝として歩メインでも面白いかも!!後はやっぱり後日談的なやつかな?
だいたいこの4つでOKかと。実際にはどうなるか知りませんがね。

ファミ通文庫(11月30日発売)の情報では
メモリーズオフ#5 とぎれたフィルム 〜last preview〜
著:日暮茶坊 イラスト:松尾ゆきひろ・相澤こたろー(キッド)+橘 由宇
予価672円[本体640円+税5%]
大学2年生の主人公「河合春人」は、映画作りという夢を親友「雄介」の死によって
諦めかけていた。
雄介の死と見失いつつある夢、そして春人を取り巻く女性たちの狭間で、
とぎれたフィルムが徐々に回り出す……。 (一部修正)

ということなので、まずはトゥルーシナリオからなんでしょうかねぇ……。
まぁとにかく、日暮さんには期待してるので楽しみです!!

at 22:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)メモリーズオフ関連 

あすかシナリオ Bエンドクリア

うにゃー!!遅くなりましたが感想を書きますよー。
実は麻尋シナリオも終わってるんですけどね……。
ネタバレはないはずです。

えっとまずこれは正確にはあすかエンドではないですね。
でも納得できるすばらしいエンドだったと思います。
この問題をはっきりさせてくれたのはかなりの好印象ですよ。
こういう展開は期待してなかっただけに嬉しいです。

でもAとBに分ける意味がよく分からないかな?
これを普通にAエンドに挿入してもよかったような気がします……。
その方がキレイに終わったでしょうし。
わざわざ二つエンドを作る必要はないと思います。
2ndのほたるシナリオみたいな感じでいいじゃん。
なんでAとBに分けたんでしょうね?

と、そんな疑問点はありつつも、シナリオ自体はよくできていました。
選択肢にわけの分からない電波を入れている辺りにも笑わせてもらいましたし(笑)。
そしてBエンド=バッドエンドじゃなくて安心しました。
何だかんだ言っても、結局はあすかが笑顔でいることが一番ということですね!

at 15:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ゲーム感想(メモオフ全般) 

2005年11月18日

南里侑香さんの情報

Fiction Junction YUUKA のファーストアルバム
「Destination」のCMキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!
流れた曲は『nostalgia』でした。
ムキーーービデオに録画できなかったのが無念だ……_| ̄|○
こうなったら明日のBLOOD+のCMに期待するしかないな。
ちなみに今日私が見たのはケロロ軍曹のときでした。
発売が23日なのにまだ1回しか見たことないな……。
いや、きっと発売してから流す回数を増やすんですよね?
でもどうせならもっと早くから宣伝してほしいですが……。

各種発売イベントもあるみたいなので、詳しくは『南里侑香さんの応援ページ』でどうぞ。

at 19:47|PermalinkComments(0)TrackBack(1)声優さん関連 

コンプティーク12月号の紹介

お金の節約を考えて買わないつもりでしたが、買ってしまった以上は紹介しないとね。
コンプティーク12月号
付録はFateセイバー(パジャマ姿)ストラップ+SHUFFLE!オフィシャルガイドブックVol.2

気になった記事

らき☆すた萌えドリル
ゲームの流れとかシステムについて

D.C.F.S.
冬編のストーリーを徹底紹介
アニメは21話までのあらすじ

AR〜忘れられた夏〜
2つの側面を持つ世界をイベントCGと共に紹介
バトルシステムについて

Piaキャロット
ゲームシステムを詳しく紹介
アジアンフェアー中の制服姿を公開

Fate/hollow ataraxia
ataraxia 6つのQ&A
『繰り返す4日間』『夜パート』『要注目の新キャラ』
『サブキャラの活躍』『バトルシーンの量』『萌えイベントの量』

きると
アイテム合成について
リプル島案内図
発売日は12月16日だそうです。

EVE〜new generation〜
橋本タカシ氏インタビュー
2つの視点で進行する物語ということで、小次郎編とまりな編それぞれの
ストーリー展開(序盤のみ)

智代アフター
Key突撃インタビュー(麻枝氏)

はい、以上です。
最後に一言、プリムラフィギュアのアホ毛の造形は何とかならんのかーーー!!
キャラクターズVol.4のときも思ったけど絶対変だよ!!

at 15:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)買った雑誌の紹介 

2005年11月17日

ARIA The ANIMATION 第6話 「その 守りたいものに・・・」

アリスちゃんとアテナさんのお話。

今話は、私が唯一原作で見たことのある話だったりします。
あの時は何気なく読んでましたが、今見るとこの話ってよくできてたんですね(苦笑)。
アテナさんの優しさには思わず涙が・゜・(ノД`)・゜・
私は三大妖精の中ではアテナさんが一番なのです!

さて、今回の左手の不甲斐なさという話ですが、
左利きの私としては右手の方が不甲斐ないわけで(笑)。
でも利き手じゃないほうの手って確かに普段あまり意識しませんよね?
私の場合多少なら右手も使えますが、やっぱりメンドイし疲れます。
そもそも何で利き手というものがあるんでしょう?
…………考えると長くなるのでやめーーーー!!

やけにディフォルメ顔が多いアリスちゃん。アテナさんのディフォルメ顔ももっと見たいよっ!
アリア社長はどこを噛まれてるんですかーーー!!
お腹ということでいいんですよね、ね?(笑)


注目のセリフ
「私たちはみんな、いつの間にか誰かに支えられている……。
気が付かないくらい、さり気なくそっと……」

大抵の場合家族とか友人になりますが、今回のお話のように、普段気にしていない人でも
自分を支えてくれていることがあります。
それと、ただ支えてもらうだけじゃなく、感謝の気持ちも忘れないようにしたいですね。

at 17:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アニメ感想 

2005年11月16日

灼眼のシャナ 第6話 「交錯・発動・対決」

今回はフリアグネ退場の話。
無料配信6回目。原作は未読というか買う金がない(オイ

あ〜あ吉田さんほったらかし……。悠二は明日学校で土下座な!(ぇ

シャナは最近怒ってばかり。『ただのクラスメート』発言がトドメだったようで、
悠二に刀を向けちゃいました。
照れ隠しで言っただけなので悪気はないんだろうけど……。
日本語って難しいね!(なんか違う

シャナVSフリアグネ
宝具の説明がないのでフリちゃんの攻撃がよく分からない_| ̄|○
私は特に気にしませんでしたが、原作ファンは納得いかない戦いだったようで。
フリちゃんて原作でも精神壊れるの?
始めはかっこよかったのに、後半は不気味な変態さんだよ……。
マリアンヌがいないことにも気づかないなんて……。
可哀想なマリアンヌ・゜・(ノД`)・゜・

一方シャナは直線的な攻撃ばかりを繰り返して大苦戦。
心は熱く頭は冷静にいかなきゃダメですって。
悠二にでさえ見える攻撃を避けられなくてどうするんだか……。
シャナの揺れる心が炎の揺らぎと重なって見えました。
そして何で悠二の声にだけは反応するんだろう?
アラストールの立場が……(苦笑)。

まぁいろいろありましたが、マージョリーさんの加勢もあってフリちゃん消滅。
意外とあっけない最後でした。

戦い終わって悠二と語り合うシャナ。
ここでデレを発動。声が甘いです。そして妙にエロ…アァ?(#゚Д゚)σ)Д`)アゥアゥ
悠二の宝具は零時迷子で確定!1日に消耗した存在の力を深夜0時に完全回復させるとか。
それっていわゆる永遠の命ってやつなんじゃ……。
死んでいる=トーチに、トーチ=残された“存在の力”の具現、
存在の力がなくなる=完全な消滅、存在の力=深夜0時に完全回復=ずっと存在できる。
年も取らないわけだから不老不死ですかね?

次回はマージョリーさんとの対決に至るまでの話っぽい。
シャナのお風呂以外興味ないな!(オイ

at 16:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アニメ感想 

2005年11月15日

ぱにぽにだっしゅ! 第20話 君子危うき近寄らず

冒頭、演劇部VS映研の戦い。
芹沢はやる気マンマン
来栖は思い込みがはげしい
だが争いも謎のキノコには敵わないらしい(笑)。

OPは『少女Q』都Verでした。

今回は姫子が子供嫌いに!?長いので分けますね。
続きを読む

at 15:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アニメ感想 

2005年11月14日

あすかシナリオ Aエンドクリア

長かった……。予想よりもかなり時間が掛かりました。まだBエンド見れてない_| ̄|○
というわけでとりあえずAエンドのみ感想。ネタバレは伏字

全体的には悪くなかったです。ただ不満点もいくつか残りました。
ネタバレになるので伏せておきます。
1、麻尋の「関係ない」の一点張りはやっぱりムカつく。
関係ないわけあるかーーーーー!!

2、修司との関係がイマイチよくない気がする。
まぁ時間が解決するということでしょうけど……。

3、あすかの母親が更生しないまま終わる。
これはマジでどうにかしてほしかった。この辺りはちゃんと決着つけてくれないと
ダメだと思います。

4、カメラ恐怖症が治ったことがあまりハッキリしない。
何だかんだでうやむやな感じなってないですか?

5、映画のコンクールは特別賞ぐらいはあってもよかったのでは?
雄介の台本やあすかのがんばりが報われない感じ……。


Aエンド
上記の不満点はあるものの、良いエンドだったと思います。
あすかが笑顔ならそれで満足ですよ。
あすかのような健気さは好きだなぁ……。
というかね、あすかはどうしても憎めないんです。
こういう主人公ラブなキャラは他のキャラを攻略するときに邪魔に感じますが、
今まで見たどのエンドでも、あすかのことをそんなふうには思いませんでした。
あすかの苦しみを知っているし、その分必死なのがすごく伝わってきて
思わず胸が熱くなってしまいます。
私も本気で守ってあげたいと思ったからね。
野川さくらさんの演技がすごく上手なので、感情移入もしやすかったし。

春人は気づくのが遅いというか、失うことを恐れすぎです。
雄介を失ったトラウマが大きいのは分かるけど、失うことを恐れていては前には進めません。
春人の出した結論は間違ってはいない。けどそれは自分を守るためでしかないと思いませんか?
あすかのことを考えているようで、それは結局自分が失うのを恐れているからでしかないのです。
まぁ自分で情けないって分かってるようなので、これからは気をつけましょうね。
あすかを傷つけてしまう行動しか取れないようではダメですよ?

はい、以上なんですが、ここでもうひとつ重要なことがあります。
それは美海ちゃんのこと。
実はあすかシナリオでは、密かに美海ちゃんのシナリオに関係することがいくつも出てきます。
私は真っ先に美海ちゃんシナリオをしたから分かります。
何気なく話しているようで、本当は美海ちゃんが話すことすべてに深い意味があるのです。
それに気づけるかどうかで、あすかシナリオの評価が全然違ってきますよ?
もう『5月1日土』と『5月9日日』辺りは泣けましたからね……。
どうしようもなくいい子でほんと泣けます。うん、ダメだ言葉では伝えきれないよ(涙)。
これは見た人にしか分からないですね。是非美海シナリオをプレイしてください。
あれ?あすかシナリオの感想じゃなかったけ?まっいっかぁ(えー

at 19:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ゲーム感想(メモオフ全般) 

2005年11月13日

ゾイドジェネシス 第32話 「ソラノヒト」

カトーンの町にやって来たルージ達は、海に埋もれた超巨大ゾイド・
ギルドラゴンを見せられる。
再び垣間見る過去の超文明の一端に驚愕するルージとミィ。
その後ルージは、カトーンの協力を得ることに成功する。という話。

『ソラノヒト』や『ギルドラゴン』とか、物語に深みが出てきました。
何?ラストはルージがソラノヒトを説得して終わりとか?
うわっ!ものすごーくありえそうな展開(汗)。
ルージが教師になりたいとか言ってたからエピローグまで予想できちゃったよ……。
まぁまだ先は長いので分からないけどさ。

作画が安定しないのでイマイチでしたが、ミィ姫の水着姿キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━ !!!!!
    ∩
( ゚∀゚)彡 貧乳! 貧乳!
 ⊂彡

最後、ロンが自爆するとか言うから焦ったよっ!
死んだと思わせといて生きてるっていうのは予想できてたけど、
あのまましばらく行方不明の方がよかったかも。
ピンチに現れて感動の再開!って方が燃えるじゃん!
そこはちょっと期待はずれかな?

次回はムゲンライガーか?情報が出回ってたり、CMでお披露目もあったりして
盛り上がりには欠けますがね(苦笑)。

at 13:47|PermalinkComments(0)TrackBack(1)アニメ感想 

2005年11月12日

Fiction Junction YUUKA ポップジャム出演!!

南里侑香さんお疲れさまでした〜。
歌ってるときの南里さんはほんとかっこいいですよね!
声優のときとは違う落ち着きのある表情をしてました。
普段のかわいさとのギャップがまたイイ!(≧∇≦)
そして歌い終わった後、素に戻る南里さんがかわいくて(*´Д`)
深々とお辞儀をする辺りが南里さんらしいよね(笑)。
大きなステージだったのでやっぱり緊張してたんでしょうか?
歌の方はフルコーラスではなかったものの、上手く歌えていたと思います。
声がキレイなので音がホールに響いて素敵でした。
あんなに大勢の前で堂々と歌える南里さんはやっぱりスゴイね!
これからの活躍にも期待します!がんばってください!!
現在は「舞-乙HiME」にて「ジュリエット・ナオ・チャン」役で出演中です。
私は見れないんですが、今回は結構人気があるみたいなので、
南里さんの演技にも注目してみてくださいね。
11月23日発売のファーストアルバム「Destination」も是非!!
少しでも南里さんのファンが増えてくれるといいなぁ。

at 09:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)声優さん関連 

2005年11月11日

管理人のフリートーク

久しぶりにまとまった雨が降りましたね〜。
私はもともと雨が好きなので、逆にテンションが上がります(笑)。
メモオフをプレイしてからはますます好きになりましたね。
そしてなんとなく『メモそれ』のトゥルーエンド曲である、
『雨に願いを...』を口ずさんでしまいます(笑)。
メモオフって歌詞に雨が入る曲が多いですよね?
だからってわけじゃないけど、どの曲もすっごく好きです。

はい、そんな話は一部の人にしか興味ないと思うので話を変えましょう。

えっと、今日11月11日(金)放送のポップジャム(NHK総合 24:15〜24:55)に
Fiction Junction YUUKA(南里侑香さん)がゲスト出演することをお忘れなく!!
確か今日だったよね?まぁ明日は休みだからリアルタイムで見ても問題ないでしょう。
そういえばファーストアルバム「Destination」の発売ももうすぐですね。
収録曲も正式発表されたし、発売が待ち遠しい!!
でもこれを買ったら私の今月の資金は底を尽きます(苦笑)。
かろうじてデスティニーのプラモは買えますが……。
ほんとギリギリの生活ですよっ!

そんなわけで、『智代アフター』なんて買えません・゜・(ノД`)・゜・
ついでに言えば『機動戦士ガンダムSEED 連合VS.Z.A.F.T』もムリ!!
年明けのお年玉で中古で買うよっ!(マテ

ということで、ここではそれらに関する話はできません。
これじゃ少ない訪問者がさらに減りそうだ(苦笑)。
ほんとごめんね〜。マジでお金ないので……。

それでは、ごきげんよう!

at 20:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)雑記 

2005年11月10日

ARIA The ANIMATION 第5話 「その あるはずのない島へ・・・」

無人島の入り江で猛特訓&海で遊ぶお話。
もう毎回アリア社長がラブリーでカワイイ!
中でも、お椀を漕いでる姿と浮き輪で波乗りしてるのがよかったです。
ヒメ社長との仲は順調なのだろうか?(笑)。

さりげなくエッチぃ演出でしたが、まあそこはサービスということで。
水着ってああいうタイプのものが主流なのかな?

アリシアさんの髪がお団子ーーーー(そこかよ!
社長いいなぁ……私も膝枕してほしい……。
うちわで扇いでもらうのっていいよね(*゚∀゚)=3ハァハァ

アリスちゃんは落ちる前に毎回「落ちます…」と宣言するのには笑った。
でも流石といったところか、一番上達が早いです。
張り合う藍華が落ちるのは予想通り(笑)。

午後はのんびりタイム。
みんな楽しそうで何よりです。見てるこっちも和みましたよ。
特にアリスちゃんの自然な笑顔はよかったと思います。

注目のセリフ
「想い出は…忘れてしまうけど、捨ててしまうわけではない」

人は嫌なことがあると、知らず知らずのうちに心の引出しに鍵を掛けてしまうことがあります。
それは皆、嫌なことは思い出したくないからです。
でも鍵を掛けてしまったら、楽しかった想い出もいっしょに閉じ込めてしまいます。
楽しかったこと、嬉しかったこと、そして嫌だったり悲しかったりしたこと。
それら全てが、あなたの大切な想い出……。
だから鍵を掛けてしまうなんてことはしないでください。
どんな想い出もあなたの大切な記憶なのだから……。

at 19:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アニメ感想 

2005年11月09日

灼眼のシャナ 第5話 「それぞれの想い」

今回は吉田さんテラモエスの話(マテ
無料配信5回目。原作は未読なのです!

吉田さんに嫉妬するシャナが見れるのかと思いましたが、
屍拾いラミーに嫉妬する吉田さんを見ることになるとは(笑)。
タイミング悪すぎですよ!せっかくのデートなのにさ……。
でも膨れっ面の吉田さんは可愛い(≧∇≦)

池はこれからも眼鏡が光るナイスな男ですように(えー

佐藤と田中は実はヘタレだったのか(ぇ
もっとケンカ強いのかと思ってた。
でも学校サボる決断の早さにはビックリだ(笑)。
いつまでマージョリーに仕えるのかな?

弔詞の詠み手マージョリーVS狩人 フリアグネ
何だ、フリアグネって強いじゃん!
ただの変態だと思ってごめんなさい(爆)。
対決自体はイマイチ盛り上がらなかったので残念です。

ラミーはなかなか鋭い事を言いますね。
さすがご老人(ぇ
ラミーの目的はまだよく分からないけど、今後も悠二に関わるのだろうか?
そしてシャナとの関係は?悪い奴ってわけではなさそうなので大丈夫とは思いますが……。

次回でフリアグネ退場?シャナ、がんばれ〜!!

公式ホームページの用語解説がすごいことになってる(゚Д゚;)!!
カリカリモフモフ・うるさい うるさい うるさい・バカマルコ
これらは解説する必要ないだろっ!(笑)。

エンディング曲は好きなのでCD買いましたが、
何であのタイミングでぷっつり切れるんでしょうね?
不自然すぎて違和感ありまくり……。
最近はもう慣れたけど、やっぱり一曲キレイに終わってほしかったなぁ。

at 15:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アニメ感想 

2005年11月08日

ぱにぽにだっしゅ! 第19話 芸が身の仇

くるみの髪型が変わったよ〜(≧∇≦)
今回一番重要なのはここだからね!!

OPは『黄色いバカンス』6号Verでした。

今回は桃月学園に謎のウィルスが流行る。
その発端はD組にあり?ということでD組を徹底調査するが……。

D組のホームルーム、そこへベッキーがやってきて。C組が学級閉鎖になったこと、
そしてそれは未知のウィルスが原因だと伝える。
みんなは特に関心がなかったが、ジジイが倒れたことでようやく事態の深刻さを知ることに。

その頃C組、砂漠の真ん中にあるどこかの施設に隔離されているっぽい。
そしてなぜかピチピチの全身タイツ(笑)。
何ていうか、くるみエロスwwwwww

再びD組
ベッキー「病名は桃月風邪、桃月ウィルスと命名された未知のウィルスが引き起こす
謎の病気だ。ある程度症状が進むと額に「桃」の文字が出る。発生原因、感染経路、
治療方法はなにもかも不明。目下調査中だ」

メディア「こんな時こそ、元祖・新感覚癒し系魔法少女の出番です!ベホイミちゃん
の癒しの力で学園の平和と健康を守るんです〜!」
ベホイミ「んも〜。よせよ〜」
元祖ってwwwww
この地味なコントは後半まで続きます(笑)。

一条さん「フルハウス!」
どんなババ抜きだよっ!でもスゲーーー!!

ちょっwwwww芹沢〜wwwww
    ∩
( ゚∀゚ )彡 おっぱい おっぱい
 ⊂彡

Σ (゚Д゚;

何このバカさwwwwwwww

ベッキー「桃月ウィルスはエンドルフィンを栄養に繁殖することがわかった」
南条「!!!!エ、エンドルフィン!?」
【南条「あはははっ。 いきますわよ〜エンドルフィンちゃ〜ん!」
エンドルフィン「キュ〜!」
南条「そ〜れ!」
エンドルフィン「キュ〜!」】
南条「宮本先生!その愛らしいイルカの生息地はどこですの?お値段はいくらですの?」
超絶なボケだーーーーー!!いや、でも南条なら許す(えー
ここから南条にはずっと花柄の枠が付いたままwwww

ベッキー「調査の結果、この桃月ウィルスはお前らみたいな、濃ゆくて押しの強い、
面白いやつらが感染源である可能性が高いってわかったんだ」
さあ、果たして感染源は特定できるのか!!

アイキャチもエロイよ〜。くるみもエロ担当になってないか?

C組隔離施設にジジイ追加。
南条のキューちゃん連行。

ジジイは錯乱している。
くるみは助けを読んだ。
一条さんが名乗り出た。一条さん「お任せを」
一条さんの攻撃⇒蛙を顔の上に乗せる
ジジイは動かなくなった。
一条さん「はい静かになりました」
ジジイを倒した。経験値441(じじい)を手に入れた。
ごめん、特に意味は無い。自然に思いついたんですっ。

タヌキも連行。
芹沢「これで済んだのかな……」
ベッキー「いや、まだ潜在的桃月ウィルス保持者の存在する可能性がある。
ミステリーとかでもよくあるだろ!こーゆうのは一番あり得なさそうなのが真犯人だって」
宮田「というと?」
ベッキー「影が薄くて、特に取り柄がなくて、もう絶対誰も注目しないような……」
宮田「えぇ〜!!!!わ、私ですかぁ〜!?あの、その…。
私ミステリー的に例えると家政婦Aとか友人Bとか絶対クライマックスには絡まない、
そんな感じだと思うんですけど、どうなんでしょう?
それとも落研の私だけに、オチになりますか?なってますか?どうですか?
うっきゃわっ!」(ドテン)
何てかわいいんだ宮田ーーーー!!ドジっ子最高!

隔離施設のみんな、病状が進行し始める。
6号「ファイナルカウントダウンオブジイヤーです〜」

罪の擦り付け合いを始めるD組メンバー。その矛先はベッキーに。
そのときメソウサが叫ぶ!!そして……??
メソウサ「その、あの、え〜っと。いえ、特に言うことは決まってないんですが…。その……」
(ポン!)
ベッキー「あっ!!!」
メソウサ「あ?」

翌朝、みんな元気に登校中。どうやらメソウサから特効薬が作れたらしい。
玲「しかし、桃月ウィルスの正体ってなんだったんだろうな?」
くるみ「まぁどうでもいいよ、直ったんだし」
都「そーゆーこと」
そんな様子を見守る一条さん。その額には……(病原体)。


エンディング『ムーンライト・ラブ』
タロットカード
○ 将.Death-死神-(ジジイ)
○ .The Lovers-恋人(たち)-(犬神つるぎ&南条操)

Cパート
何故か巨大化したキューちゃんに喰われる南条wwwww
一条さんグッジョブ!って(゚ д゚ )ウマー!

予告の氷川へきる劇場⇒レベッカ本宮!!って台無しwwww

今回は全体的にエロかったのですが、みんなはどうだった?
私はあのピチピチの全身タイツが衝撃でしたよ(笑)。
最近、宮田がかわいくてしょうがない!!がんばれ002!!

at 15:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アニメ感想 

2005年11月07日

香月シナリオ A・B・Cエンドクリア

何だかアニメ感想に時間が掛かってあまりプレイできてなかったんですが、
ようやく香月シナリオを終えました。あとは、あすかと麻尋を残すのみです。

では香月シナリオのネタバレなし感想。
まず全体を通してですが、少し残念なシナリオなんですよね。
展開が唐突なのは許せるとしても、何だか香月がかわいそうでした。
修司の一件は確かに香月が悪いと思うけど、麻尋との一件は麻尋の方が悪いと思います。
雄介の死に関係しているなら、ちゃんと話すべきではないかと……。
修司の方は香月が悪いんですが、この修司って奴はしつこ過ぎます。
ヘタレのくせに生意気……は言い過ぎとしても、いい加減許してあげてもいいと思う……。
っていうか結果が分かってるんならさっさとあすかに告白して振られてこいや!!(えー

それと歩がちょっとウザイです……。言ってることは正論なんだけど、その言い方が
良くないためあまり共感することが出来ないんですよね。
そもそも何も知らないくせにいちいち悪態をついてくるなと言いたい。
私は#5の歩は好きになれません。サブキャラとしては動かしやすいキャラですが、
信のような的確なアドバイザーとして活躍しないので、ただ鬱陶しいだけ……。
正直、#5で歩を出したのは失敗だったかな?とこの香月シナリオで思いました。

それぞれのエンド感想。
Aエンド
まぁ普通に告白して終わりなんだけど、エピローグには納得がいきません。
悪くはないんだよ?別にそういう終わりでも。
ただね、やっぱり私は麻尋に文句を言いたいですね。
あまり書くとネタバレになるので詳しくは書けないんだけど、ちょっとがっかりです。

Bエンド
こちらも麻尋に文句を(以下略
そして修司と歩もウザイので最悪……。
こいつらバカだよ。何にも分かってない。
まぁ春人がヘタレな所為でもあるんだけどね。

Cエンド
香月のキャラ全てを否定するサイテーなシナリオ……。
あのね、『できない』って言うのは言い過ぎだと思うんだ。
香月の口からそんなセリフ聞きたくないよ。これじゃ香月が悪者みたい……。
普通に『怖いから』って言えば「乗り越えられる」って言えるのに、
ハッキリと『できない』なんて言われたらどうしようもないじゃないですか!
まぁバッドエンドだからしかたないと言えばそれまでなんですけどね……。
それでもこのエンドはヒド過ぎると思います。香月を嫌いになる人多数かも。


総合して言いたいことは、このメンバーには雄介がいないとダメってこと。
冷静なまとめ役がいないため、一度トラブルがあるともうグダグダ……。
CUM研のメンバーは、
春人=キレやすい、修司=いつまでも根に持つ、香月=決定的に脆い
歩=役立たず、あすか=春人意外興味なし、麻尋=雄介の映画のことしか考えてない
こんなのまとまるわけがねぇーーーーーー!!_| ̄|○
香月シナリオは、CUM研メンバーのまとまりの無さを浮き彫りにしたシナリオでした。以上!

at 19:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ゲーム感想(メモオフ全般) 

2005年11月05日

Memorise Off♯5〜Promies&Wish〜

電撃G's magazineで8月号から連載されているオフィシャルプレストーリー
Memorise Off♯5〜Promies&Wish〜の紹介最終回です。

その前にちょこっと宣伝
実は、連載時の約2倍にも加筆された単行本が11月25日に発売されます。
麻尋と雄介の出会いから、雄介の死までを書いた「黄昏色の夢」も収録されるので、
ファンには必須でしょう。
というわけで、ここのあらすじ読むより、単行本を買って読んでください……。
どうしてもそれまでに読んでおきたいという人はどうぞ(  ・ω・)つ

この小説はゲーム本編より約1年前、春の終わりから初夏にかけての物語で、
日名雄介の事故死から1ヶ月が経過しています。
そして内容は、日名あすかと仙堂麻尋の視点で書かれています。
え〜っと、今回は都合によりいつもと構成を変えて書きます。
最終回ということもあって長いですけど許して〜。

最終回『雨と涙とそれぞれの想い』
続きを読む

at 17:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Memorise Off♯5〜Promies&Wish〜 

2005年11月04日

G’s magazine12月号より〜それから〜 againの記事

この前書いたときはG’s magazineをまだ読んでなかったので、
今回はインタビューの中から気になったところを、私なりの解釈でもって解説します。
長いので分けますが、そもそもメモオフをよく知る方でなければ読む必要はないです。
果てしなく長く考察や思いを綴っているので(苦笑)。
もし何か意見がある人は『こいつどう思う?』とか言って公式BBSで議論して
いいからね(ジョ、ジョウダンデスヨ?
続きを読む

at 17:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)メモリーズオフ関連 

G’s magazine12月号よりメモオフ#5の記事

個別ルートに入るまでのチャート攻略。
比較的分かりやすく解説されているので、初めてプレイする人には役立つと思います。

販促イラストとその線画を公開。
ショップ特典のテレカイラストが大きめサイズで見れるよ。
限りなくエロイのがよく分かる(苦笑)。
前にも言ったけど、私はメモオフにこういったサービスはなくていいと思います。
水着ぐらいで止めてほしいですね。そんなわけで?通常版のパッケージ絵は大好きです。
このイラストでテレカがほしいなぁ……。

はい、以上ですね。

at 15:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)メモリーズオフ関連 

2005年11月03日

電撃G's magazine12月号紹介

電撃G's magazine12月号
付録はToHeart2ヒロインピンバッヂ
(イラスト・愛佳)

先月号から大リニューアルされた本誌。
前号よりさらに20ページも増えてます。
巻頭特集・その他ギャルゲーの紹介・アニメ・PCゲーム・ノベル・グッズ・
読者ページ・コミックという風に分けられていて読みやすさもアップ。
『ノベル』と『コミック』について知りたい人は公式でチェックしてください。


巻頭特集
Key 「リトルバスターズ」
設定画の公開ぐらいで、詳しいことはまだ未定らしい。

Leaf 「ToHeart2 XRATED」
新キャラ、久寿川ささらの紹介。
ミニゲーム、2つ目のタイトルが『スーパースイーツスクランブル』と判明。
18禁化の話、CGを2枚公開(一般誌でも胸までならOKなの?

アニメは3話までの見どころをチェック。
中島沙樹さん、夏樹リオさん、石塚さよりさん、吉田小南美さんのインタビュー。

その他ギャルゲーの紹介
Separate Hearts
KIDオリジナルの新作ですよー。
ストーリーとヒロインの紹介。

D.C.F.S.
各四季のストーリーと登場ヒロインの紹介。
その中でも特に冬編がピックアップされています。

PS2版「CLANNAD」
渚、ことみ、智代、風子、杏、涼の序盤のイベントを紹介。
開発は順調みたいだけど、発売まではまだ遠そうです……。

キミキス
ストーリー、システム、ヒロインの紹介。
期待作なので発売が待ち遠しい(≧∇≦)

カルタグラ〜魂ノ苦悩〜
新着イベントCGと物語の見どころ、登場人物の紹介。
とりあえず声優さんはPC版と同じにするっぽいです。

乙女はお姉さまに恋してる
共通パートの前半4話+αをダイジェストで紹介。

PSP 舞-HiME爆裂!風華学園激闘史?!
各モードの解説。
来年の春には第2段が発売されるそうで……。

I/O、序盤のイベントを紹介。発売は1月26日になったみたい。
SHUFFLE! ON THE STAGE、各ヒロインの序盤の攻略。PS2版イラストギャラリー。
こんねこ、ヒロイン7人を完全攻略。

PCゲームの記事
Fate/hollow ataraxia、『Fate』初心者のための簡単なキャラ紹介。
Piaキャロット、ゲーム画面の公開。
きると、あらすじとシステムの紹介。
AR〜忘れられた夏〜、ストーリー序盤の公開。

以上でいいかな?あ〜疲れた〜。次号から新しい読者参加企画とかが始まります。
『夜明け前より瑠璃色な』のオフィシャルストーリーも始まるよ!

at 16:03|PermalinkComments(0)TrackBack(2)買った雑誌の紹介 

ARIA The ANIMATION 第4話 「その 届かない手紙は・・・」

灯里が、少女に託された手紙を届けるお話。
なんだか今回はアリア社長が絶好調だった気がします(笑)。
灯里とアリスちゃんはすっかり仲良しなようで微笑ましい。
しかしいくら口癖とは言っても「でっかい〜です」っていうセリフ多いよっ!(笑)
ネコマンマ・グルメセット、ちょっと食べてみたいかも。
何かおいしそうじゃない?(どうだか……
それと足つぼマッサージを通販するアリシアさんに萌え〜(えー

電子メールが主流なのは当然でしょうけど、星を越えて瞬時に届くっていうのはすごいよね!
今回は手紙を届けるお話でしたが、どっちかっていうとビデオメッセージでした。
ちゃんと手書きのお手紙の方がよかったんですが……そこはちょっと残念かなぁ。
でも泣いた、うん感動しましたよ。今のアクアって多くの人が犠牲になって作られたんですね。
今私たちが生きるこの世界もそれは同じことなんだよなぁ……。

注目のセリフ
「手紙は時間と場所を越えて、心を届けてくれる」

今は電子メールで何気なく簡単にメッセージを送ることが出来ますが、
そこに本当の心を乗せて届けたことが果たしてどれくらいあるでしょうか?
大切な気持ちや思いは、ボタンひとつで届けるより、住所を書いて切手を貼って、
そうして相手に届けたいですよね。時間が掛かってもいい、そこに心がこもっているのなら……。

at 11:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アニメ感想 

2005年11月02日

灼眼のシャナ 第4話 「惑いのフレイムヘイズ」

今回はメロンパンではなく別のパン(ツ)だったね(マテ
無料配信4回目。原作は未読〜。

初っ端からツンデレ全開のシャナ。お着替えシーンはエロ過ぎだって(*´Д`)
悠二の宝具の正体にはもう気付いたっぽいね。

体育の授業。ここは本当に高校なんですか?
現代なら完璧にセクハラですよね〜(笑)。
そしてこの体育教師がマジでウザイんですがーーーー。
よし、よくやったシャナ!!ナイスキック!!
そのまま頭も踏んでしまえー(えー
いや、それはそれで別の趣味が開花されても困る(マテ

フレイムヘイズ同士は特に仲間というわけではない。
ということでシャナとマージョリーの対決が始まる。
悠二のことが気になってるシャナはマージョリーに翻弄されるばかり。
うわ〜んシャナが負けるのは見たくなかったよ……。
次回はマージョリー対フリアグネか?何だか楽しみ〜。

at 16:50|PermalinkComments(0)TrackBack(1)アニメ感想 

2005年11月01日

水樹奈々さんテレビ出演!

ちゃんと昨日見ましたよー。奈々さんのファンとして見ないわけにはいかないですからね。
ほんの5分ぐらいしかなかったのは残念ですが、テレビで奈々さんを見れただけでも十分です。
しかし私が持ってる奈々さんの曲はゲーム関連の曲ばかりで、シングルやアルバムは一枚も
持ってないんですよ……。奈々さんが主題歌を歌うアニメを一度も見たことがない(見れない)
のが原因かな?あとはお金がないこと(苦笑)。
あっ、でもでも、今回2位になった『ETERNAL BLAZE』は買いましたよ。なのは見れないけどな!!
今回初めて動いてるフェイトたんが見れました'`,、 ( ´∀`) '`,、

今回のことで奈々さんのことを多くの人に知ってもらえたかな?
そう思うとなんか嬉しいですね。これからもがんばってほしいです。

ところで秋葉原に行ったことがない人でもアキバ系って言うの?
それって何か変ですよね。単にオタクでいいと思いませんか?
私はアキバ系って言うの好きじゃないです……。

at 17:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)声優さん関連 

Memories Off 〜それから〜 again

ついに公式ホームページでも正式発表されました!
まさかあの『〜それから〜』を再び出すとは思わなかったよ。
だって、あの人の事件で縁は今後一切出てくることがないんだからな!
『〜それから〜again』では一応登場させるみたいだけど、声はどうするつもり?

(一応伏字にしました。察してしまった場合はスルーしてください)
ここにきて『〜それから〜again』を出そうとするKIDは神だな!!
さすが私が惚れたメーカーなことだけはあるぜ!!期待を裏切らないKIDさん最高!!
ところで葉夜の攻略は?眼鏡をはずしたのんと一蹴とのラブラブっぷりは見られないと!
勿体無いなぁ、電波あってこそのメモオフなのに……(ぇ
まぁ外伝だからね、しかたないよそれは。今回は目をつぶることにします……。
とりあえず、私が気になるのは『いのり編』ですね。一応いのりが公式なんだからさ。
メモオフ#5と矛盾がないように、上手く時間軸や設定を繋げてください。
そういえば#5のキャラは登場しないのかな?かな?まぁ出てくるとしたら歩ぐらいか……。
※歩はもともと『〜それから〜』のキャラです(笑)。

え〜っと最後に一言、いのりは髪を切れ!!(えー
※一応ポニーテールにはするらしい……。

at 17:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)メモリーズオフ関連 

ぱにぽにだっしゅ! 第18話 果報は寝て待て

OPは『ルーレット☆ルーレット』一条さんVerでした。

今回はメソウサを中心とした物語。それは妙子に「不幸になっていただけませんか?」
と言われたことから始まった……。

お昼寝から覚めたら額に時限爆弾を埋め込まれたメソウサ。
爆発までまだ7日あったはずなのに、メディアの所為であと3時間になってしまう。
メディア「えへ♪ごめんなさ〜い♪」
ベッキー「ベホイミ、なんとかなるか?」
ベホイミ「無理ッス」
ベッキー「無理だってさ」
メディア「終了〜〜〜〜♪」
メソウサ「助けてください〜助けてください〜。助けうぇっ!」(ガシッ)
メディア「とぉっ!」
(バキッ 空高く飛んでいくメソウサ)
メソウサ「あ〜れ〜〜〜」
メディア「うるさい子にはちょっと退室してもらいましたぁ」

今日の諜報部。川原で会議中。今回のミッションは校長先生の仮面を剥ぐこと。
しかし002(宮田)と003(来栖)はあまり乗り気じゃなかった。
とそこへメソウサが降ってくる。
002(宮田)「な〜に〜!?」
003(来栖)「今、川でジャボンって!」
001(綿貫)「ん?校長先生の妨害工作か!?」
メソウサ「なぜかクラゲに刺されました…」
「「「キャアーーーーーーーー!!!!!」」」
ちょっ宮田!スカートwwwww

残されたメソウサは妙子と遭遇。
メソウサ「とってください」
妙子「もらったものなので、わかりません」
メソウサ「じゃあ誰にもらったんですか?」
妙子「知らないおじさん」
メソウサ「そうだ、この爆弾をくれたおじさんを探せばいいんじゃないですか」
しかし妙子はもういない(笑)。ということで謎のおじさんのことを聞くべく妙子を捜し歩くことに。

一条祭再び。中から一条妹登場wwwwww

メソウサ、南条さんと玲に遭遇。玲のチャイナ姿ヤバス!!
ついでに気になったが、玲はバイクの免許持ってないだろ!!

一方、宮本研究室では爆弾の解体実験を試みていた。
実験協力=メソウサの着ぐるみを着た芹沢wwww
芹沢「この状況が飲み込めない……」
ベッキー「ベホイミ、この爆弾が一番近いって言ってたな」
ベホイミ「ウッス。タイプはこれっス」
芹沢「聞いいぃけえぇぇぇ!!!つーか解体実験にメソウサはいらないだろ!!」
メディア「リアリズムですよ〜」
芹沢「わからん!!」
メディア「リ・ア・リ・ズ・ム 。ていっ♪」
芹沢「んぐっ」(ぐったり)
哀れ芹沢・゜・(ノД`)・゜・

メソウサ、一条さんと遭遇。
一条さん「敵は己の中にあり」
それはいじめですか一条さん?(笑)

続いて鈴音と乙女に遭遇。
映画を観た帰りっぽい。相変わらず乙女はゲリツボ押されている(笑)。
メソウサは無視されっぱなし_| ̄|○

今度は柏木姉妹に遭遇。
場所はアイドルユニット桃組っ!!オーディション会場。
もうこの姉妹最高!!何だよ『寿』ってwwww

メソウサ「僕の命はあとわずかだ。でもなんかもうどうでもよくなってきたような……」
メソウサが諦めかけていたそのとき、くるみと6号さんに遭遇。
しかもくるみは妙子を知っていると言う。早速くるみの案内で喫茶店「エトワール」へ。

゛萌え
はじめました
1、猫系 (猫耳可)
2、女子高生
3、メガネっ娘
4、フリル系
5、ゴスロリ系
6、電波系(???)
くるみは2番に当てはまると思います!(えー

ようやく妙子を発見、しかし妙子はその人の顔を見ていないと言う。
そして時間もない!!メソウサはもう助からないのか……。
とそこへベッキーが到着!これで助かった…ってオイ!早くしないと……。
(キュイーーンピカン! ズゴゴォオオオオン!!!!!!)
胴上げしてる間に爆発しちゃいましたとさ♪


エンディング『ムーンライト・ラブ』
タロットカード
○ .The Chariot-戦車-(秋山乙女)
○ 将.Judgement-審判-(早乙女先生)

Cパート
妙子に爆弾を渡したと思われる人物がっ!。名前は一条だが果たして……?

予告の氷川へきる劇場⇒え〜〜〜〜!!以上!

今回は至って普通のお話。オチも分かりやすかったしね。
もっとくるみが活躍すると思ったんだけど残念です……。
アイキャッチは最高にエロかったけどな!!(*゚∀゚)=3ハァハァ

at 15:56|PermalinkComments(0)TrackBack(1)アニメ感想